また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1845631 全員に公開 雪山ハイキング妙高・戸隠・雨飾

妙高山 燕温泉から偵察 徘徊 撤退

日程 2019年05月12日(日) [日帰り]
メンバー
天候温かく良く晴れてました
アクセス
利用交通機関
電車バス
【往路】
新潟駅0517−長岡駅0631(乗換)0639−直江津駅0807(乗換)0812−関山駅0853
バス0903−燕温泉0935
【復路】
バス燕温泉1620−関山駅1652(乗換)1715−直江津駅1759(乗換)1843−新潟2055(乗換)2104−白山2108
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間45分
休憩
10分
合計
4時間55分
S河原の湯10:0010:01惣滝分岐10:29麻平分岐12:402100m地点14:09麻平分岐14:1714:25惣滝分岐14:2614:29河原の湯14:3014:54燕温泉黄金の湯14:55ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
北地獄沢コースとの合流手前から尾根筋の高度を上げ2100m付近までで厳しいトラバースになりここで撤退。
コース状況/
危険箇所等
燕温泉からの林道?遊歩道?が残雪でトラバースが数ヶ所。橋からは雪ベッタリ。たまに夏道出ている。赤テープやペンキはほぼ皆無で夏道がわかってないと繋ぎが分かりにくい。
その他周辺情報燕温泉は500円程度で日帰り入浴可。無料の露天「黄金の湯」は入れましたが,お風呂という意味ではまた改めてシャワーや入浴が必要となります。
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

写真

関山駅前からの妙高山
2019年05月12日 08:58撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
関山駅前からの妙高山
どこまで行けるか。麻平からの分岐の燕新道の道標は見当たらず。
2019年05月12日 10:30撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこまで行けるか。麻平からの分岐の燕新道の道標は見当たらず。
赤ペンキやテープは皆無。尾根伝いに登りすぎて,戻ります。
2019年05月12日 10:30撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤ペンキやテープは皆無。尾根伝いに登りすぎて,戻ります。
思った程ペースはあがらず,雪付の先の夏道の繋ぎがわからず,帰りの交通機関も時間制約もあり,山頂は早々に断念して登れるところまで行くことに。
2019年05月12日 10:56撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
思った程ペースはあがらず,雪付の先の夏道の繋ぎがわからず,帰りの交通機関も時間制約もあり,山頂は早々に断念して登れるところまで行くことに。
写真中央の夏道はいったん沢の方に下り,滝の上を過ぎますが,その先の繋ぎが??
2019年05月12日 11:10撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真中央の夏道はいったん沢の方に下り,滝の上を過ぎますが,その先の繋ぎが??
光明の滝なのかな
2019年05月12日 11:21撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
光明の滝なのかな
妙高山まではいけないまでも詰めれるところまで高度稼ぎます
2019年05月12日 11:47撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妙高山まではいけないまでも詰めれるところまで高度稼ぎます
対岸の前山。下にいた時,沢筋が雪崩れるところに遭遇。演習場の火器のような鈍い,腹まで響くような重い音が谷に響き渡りました。
2019年05月12日 12:04撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
対岸の前山。下にいた時,沢筋が雪崩れるところに遭遇。演習場の火器のような鈍い,腹まで響くような重い音が谷に響き渡りました。
トラバースで稜線に繋げそうだったが,グズグズの急斜面でアイゼンも効かず結構シビア。さらには踏み抜いて岩と雪のすき間に落ちたところで戻ることにする。写真中央付近まで行って,またド緊張のトラバースで戻ってきたところ。
2019年05月12日 13:03撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバースで稜線に繋げそうだったが,グズグズの急斜面でアイゼンも効かず結構シビア。さらには踏み抜いて岩と雪のすき間に落ちたところで戻ることにする。写真中央付近まで行って,またド緊張のトラバースで戻ってきたところ。
夏道は沢から天狗堂に上り詰めるルートだが,この時期の急登は難しいそうに思える。
2019年05月12日 13:03撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏道は沢から天狗堂に上り詰めるルートだが,この時期の急登は難しいそうに思える。
外輪。夏道は大倉分岐から登れるがこの時期登れるようには見えない。燕温泉から燕新道で高谷池ヒュッテに抜けるのはまだ無理そう。
2019年05月12日 13:31撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
外輪。夏道は大倉分岐から登れるがこの時期登れるようには見えない。燕温泉から燕新道で高谷池ヒュッテに抜けるのはまだ無理そう。
外輪の神奈山。関温泉からはコースタイム3:30とある。時間はともかくこちらの方が尾根沿いでいけそう。
2019年05月12日 13:31撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
外輪の神奈山。関温泉からはコースタイム3:30とある。時間はともかくこちらの方が尾根沿いでいけそう。
雪が解けた夏道にはイワナシとショウジョウバカマが
2019年05月12日 13:44撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が解けた夏道にはイワナシとショウジョウバカマが
麻平までは急登ですが,その上部からは雪解けを集めて落とす霧滝になってました。
2019年05月12日 14:19撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
麻平までは急登ですが,その上部からは雪解けを集めて落とす霧滝になってました。
シビアだったので大分降りてきて新緑にホッとします。
2019年05月12日 14:24撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シビアだったので大分降りてきて新緑にホッとします。
橋のたもとに露天「河原の湯」の看板ありましたが,崖のようになっていて,また5月は入れない,という記事も見かけておりスルー。この先も沢に続く残雪トラバースが数か所ありそれなりに緊張。
2019年05月12日 14:27撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋のたもとに露天「河原の湯」の看板ありましたが,崖のようになっていて,また5月は入れない,という記事も見かけておりスルー。この先も沢に続く残雪トラバースが数か所ありそれなりに緊張。
源泉のせいなのか,滝のせいなのか,上部は煙ってます。
2019年05月12日 14:42撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
源泉のせいなのか,滝のせいなのか,上部は煙ってます。
黄金の湯は入れました。時間できたのでここでしばらくゆっくり。親子連れ,長岡からバイクの野湯好きの方,東京から長岡の結婚式の帰りの方,ご夫婦(無論別々)など次々に入る方がやってくる人気の露天。
2019年05月12日 14:55撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄金の湯は入れました。時間できたのでここでしばらくゆっくり。親子連れ,長岡からバイクの野湯好きの方,東京から長岡の結婚式の帰りの方,ご夫婦(無論別々)など次々に入る方がやってくる人気の露天。
1
長湯して洗い流すこともできないのでしっかり硫黄臭が付きました。
2019年05月12日 15:58撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長湯して洗い流すこともできないのでしっかり硫黄臭が付きました。
回りの雰囲気はとても良いです。
2019年05月12日 15:59撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
回りの雰囲気はとても良いです。
燕温泉全景
2019年05月12日 16:01撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕温泉全景
バスはこんなんです。行きは自分だけ。帰りは2名。運転者さんは以前は立山でバスドライバーをやっていて,聞けば厳寒期も戻る強者でした。
2019年05月12日 16:16撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バスはこんなんです。行きは自分だけ。帰りは2名。運転者さんは以前は立山でバスドライバーをやっていて,聞けば厳寒期も戻る強者でした。
関山からえちごトキめき鉄道で直江津に。結構,若い方,学生も多く,ローカル色濃いです。直江津で44分待ち時間で,駅前の定食屋?居酒屋?の鳥まんで日替わり定食650円。コスパ高いですが時間なく10分で掛け込む。ビールでも飲みながらゆっくり食べたかったな〜
2019年05月12日 17:14撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
関山からえちごトキめき鉄道で直江津に。結構,若い方,学生も多く,ローカル色濃いです。直江津で44分待ち時間で,駅前の定食屋?居酒屋?の鳥まんで日替わり定食650円。コスパ高いですが時間なく10分で掛け込む。ビールでも飲みながらゆっくり食べたかったな〜
訪問者数:103人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ