また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1847777 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

ベニドウダン・ヤマツツジを見に東おたふく・黒岩谷西尾根→全縦路・西おたふく山へ2019/05/12(日)快晴単独

日程 2019年05月12日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴北方向は一時薄雲広がる
アクセス
利用交通機関
電車
JR住吉駅 08:35発→住吉道・東おたふく山→黒岩谷西尾根→
     最高峰昼食→全縦路西向け→西おたふく山→住吉道→
JR住吉駅 14:37発快速、三宮・元町で買い物後帰宅

花が素晴らしかった去年2018/05/17の記録はこちらです。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1467038.html
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち51%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間28分
休憩
29分
合計
6時間57分
SJR住吉駅 スタート地点07:3407:57白鶴美術館08:40石切道登山口08:46五助ダム08:4808:49ナイフリッジへの分岐08:5008:57住吉川下流側分岐08:5909:04西滝ヶ谷方面分岐09:19住吉谷出合09:2009:51雨ヶ峠09:5310:18東お多福山10:30土樋割峠11:17一軒茶屋11:28六甲山11:4412:06西お多福山13:04住吉谷出合13:0713:17西滝ヶ谷方面分岐13:1913:23打越峠分岐13:35五助山への分岐13:41石切道登山口14:13白鶴美術館14:31JR住吉駅 ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
今年は花の時期が読めないので、赤い花を見に六甲へ。
最近出発が遅くいつも時間切れになるので、久しぶりに1時間ほど早く出てみました。

夏日の予報が出ていて、天気は雨より熱中症が気になります。
早めの出発はその面からも正解でした。
コース状況/
危険箇所等
特に危険箇所はありません。
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

写真

住吉→東おたふく・土樋割峠迄は所々にツツジが残っていただけで、淡々と歩くのみでした。
アオダモ?@土樋割峠
2019年05月12日 10:33撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
住吉→東おたふく・土樋割峠迄は所々にツツジが残っていただけで、淡々と歩くのみでした。
アオダモ?@土樋割峠
1
一刀両断岩(勝手に命名)のところにはシロバナノウンゼンツツジが咲き残っていました@黒岩谷西尾根
2019年05月12日 10:43撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一刀両断岩(勝手に命名)のところにはシロバナノウンゼンツツジが咲き残っていました@黒岩谷西尾根
1
アップで。
黒岩谷西尾根に上がったところのドウダンツツジは全く残っていませんでした。前回も見なかったので、ひょっとしたら咲かなかったのかも。
2019年05月12日 10:43撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップで。
黒岩谷西尾根に上がったところのドウダンツツジは全く残っていませんでした。前回も見なかったので、ひょっとしたら咲かなかったのかも。
1
今年は少し早かったようです。
2019年05月12日 10:51撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年は少し早かったようです。
2
ベニドウダンもはき始めでしょうか、花が少し小さいように感じました。
2019年05月12日 11:04撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベニドウダンもはき始めでしょうか、花が少し小さいように感じました。
1
コケリンドウ、今年は早く咲いたようで、たくさん見つけました@六甲最高峰
2019年05月12日 11:44撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コケリンドウ、今年は早く咲いたようで、たくさん見つけました@六甲最高峰
2
ドウダンツツジも満開のようです@六甲最高峰への東屋付近
2019年05月12日 11:47撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドウダンツツジも満開のようです@六甲最高峰への東屋付近
1
恒例自分撮り@全縦路X車道
2019年05月12日 12:04撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
恒例自分撮り@全縦路X車道
1
今年も見事です、真っ赤なハルモミジ@西おたふく山周回路
2019年05月12日 12:19撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年も見事です、真っ赤なハルモミジ@西おたふく山周回路
1
ヤブで近づけないので種類不明のツツジ、色はコバノミツバツツジに近く、花弁など花はモチツツジに近い。アカヤシオなら\(^O^)/。
2019年05月12日 12:26撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤブで近づけないので種類不明のツツジ、色はコバノミツバツツジに近く、花弁など花はモチツツジに近い。アカヤシオなら\(^O^)/。
1
東おたふくのヤマツツジは所々に点在、西おたふくのものは群生に近く、谷の向こう側の斜面が赤くなっていました@西おたふく山峠の小径
2019年05月12日 12:34撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東おたふくのヤマツツジは所々に点在、西おたふくのものは群生に近く、谷の向こう側の斜面が赤くなっていました@西おたふく山峠の小径
1
これもヤブに阻まれてこれ以上近づけません@西おたふく山下山路
2019年05月12日 12:45撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これもヤブに阻まれてこれ以上近づけません@西おたふく山下山路
1
大岩徒渉点で住吉道へ。前回から木橋が再度無くなっていて、徒渉点は写っている丸太の少し下流で石伝いに。
2019年05月12日 13:19撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岩徒渉点で住吉道へ。前回から木橋が再度無くなっていて、徒渉点は写っている丸太の少し下流で石伝いに。
1

感想/記録
by jj3bhn

最高峰までは静かな六甲でした。
雨が峠は魚屋道との交差点なのでそちらを行く人たちは大勢いましたが、東おたふく山はまた静かでした。

東おたふく山への登山道周辺に所々真っ赤なヤマツツジが咲いていて、足を止めてカメラを構えます。土樋割り峠への下りになると更にヤマツツジが増えます。植生の違いが本当に顕著です。

黒岩谷西尾根のドウダンツツジは全滅、ベニドウダンには少し早かったようで花が少し小さいように感じました。それでも赤い花がたくさんぶら下がっているのを見ると毎年ちゃんと時期には咲く自然の不思議を感じました。
一軒茶屋→最高峰・全縦路はとても賑やか。おにぎりの昼食の間も次々に登山者が登ってきました。

今回も去年に続き「コケリンドウ」に会えました。今年は特に花の付きが多かったようです。来年もまた花を咲かせて欲しいものです。

全縦路ではヤマツツジは殆ど見かけませんでしたが、西おたふく山→住吉道への下山し始めの800m付近は特に素晴らしい色がそこかしこに見えて、カメラを構える時間が多くなってしまいました。
訪問者数:114人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ