また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1848866 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

六甲山 ハーブ園の東側ルート

日程 2019年05月11日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間32分
休憩
24分
合計
2時間56分
Sスタート地点15:4316:18合の谷16:23新神戸駅16:2816:33布引の滝(雌滝)16:3616:38布引の滝(雄滝)16:4116:43布引の滝(雌滝)16:52布引貯水池16:5817:13桜茶屋(市が原)17:34ハーブ園山頂駅18:08布引の滝(雄滝)18:1218:12見晴らし台18:1518:39新神戸駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ハーブ園の閉園時間の警告看板(摩耶山への縦走路からの分岐と市ヶ原から摩耶山へショートカットからの分岐にそれぞれある)をすぎてからはそこそこ急ですべりやすそう。ハーブ園開園中に通れる風の丘中間駅へのゲートを過ぎてからはさらに急で道もすこし迷いやすそう。
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ザック 飲料 コンパス GPS 携帯 時計 タオル

写真

新神戸駅でてすぐの看板にある2018年台風被害の状況地図。長い間更新されてない。すでにトゥエンティクロスも菊水山も通れる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新神戸駅でてすぐの看板にある2018年台風被害の状況地図。長い間更新されてない。すでにトゥエンティクロスも菊水山も通れる
1
この看板の先がどうなってるのか、閉園後も新神戸まで抜けれるのか気になって今回のハイキング
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この看板の先がどうなってるのか、閉園後も新神戸まで抜けれるのか気になって今回のハイキング
1
gpsログでうろうろしてるのがこの分岐右に言ったら風の丘中間駅への門が。閉園中は通れないとの事。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
gpsログでうろうろしてるのがこの分岐右に言ったら風の丘中間駅への門が。閉園中は通れないとの事。
1
この門の先がハーブ園。ここには鍵なさそうだから中には入れるみたい。でも閉園後なので進まず。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この門の先がハーブ園。ここには鍵なさそうだから中には入れるみたい。でも閉園後なので進まず。
1
山道がおわる直前。ちょっと迷った。これは振り返っての撮影。橋を渡ったらそのまま沢沿いに進むのが正解。違法(?)農園みたいなのの方に行ったら行き止まりだった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山道がおわる直前。ちょっと迷った。これは振り返っての撮影。橋を渡ったらそのまま沢沿いに進むのが正解。違法(?)農園みたいなのの方に行ったら行き止まりだった。
1
こんなところに出てくる。布引貯水池に行く手前の見晴台の少し山側の道路に出てきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなところに出てくる。布引貯水池に行く手前の見晴台の少し山側の道路に出てきた。
1

感想/記録
by seiun

縦走路の摩耶山への途中にあるハーブ園への分岐がどうなってるのか知りたくて見てきた。
せっかくgps時計を買ったので試しに散歩がてら。

別に鍵はかかってなかったから、ハーブ園のゲートから先も見ておけばよかったけど、とりあえず縦走路の稲妻坂途中からのエスケープもできることは分かった。
とはいえ全体的に滑りやすいから雨の日はおとなしく市ヶ原までもどったほうがよさそう。
あとぶらんこ毛虫まつりだった。
訪問者数:94人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ