また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1849743 全員に公開 ハイキング京都・北摂

未踏の京都北山その3 ハナノ木段山から奧八丁山

日程 2019年05月15日(水) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
美山町佐々里の林道 道の谷線入口付近、府道38号線の道路の膨らみに駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間22分
休憩
7分
合計
7時間29分
Sスタート地点07:1508:31ハナノ木段山12:12掛橋谷山12:1413:41奥八丁山13:4614:44ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
周回コースを歩いたが利用者が少ないのか藪漕ぎ状態の所が多かった。
水無峠は南北共に廃道なのか道跡すら発見出来ず。
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

写真

林道 道の谷線入口付近に駐車する。行き止まりの道路なのでほぼ車は通らないと思う
(帰りに奧から一台車が出て来た)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道 道の谷線入口付近に駐車する。行き止まりの道路なのでほぼ車は通らないと思う
(帰りに奧から一台車が出て来た)
道の谷橋を渡ってすぐハナノ木段山への斜面に取り付く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の谷橋を渡ってすぐハナノ木段山への斜面に取り付く。
小さな谷の右岸を登って行く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さな谷の右岸を登って行く。
最初は斜面も急で息が上がる。いかにも山蛭が居そうだったが今日は見る事が無かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初は斜面も急で息が上がる。いかにも山蛭が居そうだったが今日は見る事が無かった。
おや、これは何だ?
このの後、頂上で同じものに出合った。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おや、これは何だ?
このの後、頂上で同じものに出合った。
登山道らしい道跡が斜面に続いていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道らしい道跡が斜面に続いていた。
1
尾根には古い鹿避けフェンスが残っていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根には古い鹿避けフェンスが残っていた。
鹿避けフェンスの大半は壊れて倒れたままだった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿避けフェンスの大半は壊れて倒れたままだった。
おやおや、随分古いが網に絡まって死んだ鹿の骨らしい。山を歩くと時々見かける風景だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おやおや、随分古いが網に絡まって死んだ鹿の骨らしい。山を歩くと時々見かける風景だ。
1
何か花は無いかと見回すがこんなものしか無かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何か花は無いかと見回すがこんなものしか無かった。
2
その他にはこんなもの。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その他にはこんなもの。
2
撮ってくれと言わんばかりの花もあった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
撮ってくれと言わんばかりの花もあった。
2
少し藪っぽい所もあった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し藪っぽい所もあった。
最初の標高点は三角点。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の標高点は三角点。
3
こんな山名板が付いていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな山名板が付いていた。
2
作者だろうか?裏側にはこう書かれていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
作者だろうか?裏側にはこう書かれていた。
山頂を過ぎると優しい谷の源頭部が出て来た。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂を過ぎると優しい谷の源頭部が出て来た。
歩き易い尾根となる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩き易い尾根となる。
時々は密集した木が行く手を阻む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時々は密集した木が行く手を阻む。
大きな枯れ木も出てくる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな枯れ木も出てくる。
これも大きな木だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これも大きな木だった。
ポツポツと赤テープもあった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ポツポツと赤テープもあった。
1
行く手を阻む大きな倒木。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行く手を阻む大きな倒木。
なかなか良い感じの木があった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなか良い感じの木があった。
2
少しだけ開けた所から南の山々。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しだけ開けた所から南の山々。
2
大きく南へ曲がる辺りの風景。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きく南へ曲がる辺りの風景。
宿り木って木の枝と同じ生え方なんだ、知らなかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宿り木って木の枝と同じ生え方なんだ、知らなかった。
1
ここの宿り木は全部ぶら下がって生えていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの宿り木は全部ぶら下がって生えていた。
登りも辛いけど下りも結構辛いものだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りも辛いけど下りも結構辛いものだ。
派手に皮をめくられている、熊かな〜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
派手に皮をめくられている、熊かな〜。
3
北水無峠への道がある筈だが、痕跡は解らなかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北水無峠への道がある筈だが、痕跡は解らなかった。
強いて言えばこれなのかな?しかし続きは全く見つからない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
強いて言えばこれなのかな?しかし続きは全く見つからない。
地形図にある破線の道跡らしい辺りをトラバースしながら上を見、下を見するが痕跡すら見つからない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地形図にある破線の道跡らしい辺りをトラバースしながら上を見、下を見するが痕跡すら見つからない。
次の尾根でも探したが解らなかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次の尾根でも探したが解らなかった。
予定に無かった標高点P682に寄ってみる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予定に無かった標高点P682に寄ってみる。
尾根の盛り上がりがその様だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根の盛り上がりがその様だ。
ここはテープすら無かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここはテープすら無かった。
1
次の南水無峠へ向かって尾根を降りて行く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次の南水無峠へ向かって尾根を降りて行く。
登りばかりでも一つのピークに着くとほっとする。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りばかりでも一つのピークに着くとほっとする。
1
杉の大木に出合う。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉の大木に出合う。
1
元は二本だったのだろうが、今は繫がって一本に見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
元は二本だったのだろうが、今は繫がって一本に見える。
4
複雑な形のものも。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
複雑な形のものも。
1
省エネでピークへ寄らずトラバースする。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
省エネでピークへ寄らずトラバースする。
地形図ではこの鞍部辺りに南水無峠へ続く道跡があるはず。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地形図ではこの鞍部辺りに南水無峠へ続く道跡があるはず。
何故か林道があった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何故か林道があった。
使われなくなって久しいのか道路の真ん中に木が生えている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
使われなくなって久しいのか道路の真ん中に木が生えている。
道路は右へ山道は左へ続く。多分この辺りが南水無峠だろう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道路は右へ山道は左へ続く。多分この辺りが南水無峠だろう。
辿る山道も藪になっている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
辿る山道も藪になっている。
かき分けて進まねばならない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かき分けて進まねばならない。
尾根道と違う山道を辿って見る。しかし尾根とは段々外れてくるので藪漕ぎで尾根道に復帰する。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根道と違う山道を辿って見る。しかし尾根とは段々外れてくるので藪漕ぎで尾根道に復帰する。
やっと掛橋谷山の三角点に着いた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと掛橋谷山の三角点に着いた。
2
古いこれがあった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古いこれがあった。
1
花の無い中、ミヤマウズラの蕾があった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花の無い中、ミヤマウズラの蕾があった。
P731標高点辺り。ここには標識は無かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P731標高点辺り。ここには標識は無かった。
1
奧八丁山のピーク。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奧八丁山のピーク。
ここにはこれがあった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにはこれがあった。
4
なかなか尾根の進行方向を読むのが難しい。今日は何度小さい間違いを繰り返したものか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなか尾根の進行方向を読むのが難しい。今日は何度小さい間違いを繰り返したものか。
1
これも中々立派な木だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これも中々立派な木だった。
倒木があって明るくなっていたが表示は無かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木があって明るくなっていたが表示は無かった。
1
もっと歩き易いかと思っていたが中々ハードな尾根だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もっと歩き易いかと思っていたが中々ハードな尾根だった。
この辺りで数本の杉が皮を剥かれていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りで数本の杉が皮を剥かれていた。
1
矢張り熊が居るのだろうな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
矢張り熊が居るのだろうな?
2
沢音も大きくなった来て駐車地は近い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢音も大きくなった来て駐車地は近い。
おお!林道が見えてきた。もう熊の心配もいらない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おお!林道が見えてきた。もう熊の心配もいらない。
1

感想/記録
by yjin

カシミールで2015年辺りから後のログを全てオンにして確認すると、京都北山も南丹市辺りが大きく抜け落ちている。そこでボチボチでも歩いて見るかとルートを作り始めた。今日はその3としてハナノ木段山辺りを歩いて見る事にした。

歩いて見ると京都北山でもメイン所と違って藪っぽい尾根で意外に時間が掛かった。新しい熊剥ぎの痕もあり、ルンルン気分で歩ける所では無かった。今後は短めにコースを組んで確実に未踏を減らせて行きたいものだ。
訪問者数:157人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ