また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1850798 全員に公開 ハイキング中央アルプス

簫ノ笛山

日程 2019年05月16日(木) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
最後まで舗装路。
古城公園の駐車場に停めても良いし、磐田の森まで上がっても良い。
磐田の森の駐車場は、以前に比べると1/3ほどのサイズになってしまいましたが、問題なく停められます。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間30分
休憩
2分
合計
3時間32分
Sスタート地点10:1412:34簫ノ笛山12:3613:46ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
10:14 スタート(0.00km) 10:14 - ゴール(5.07km) 13:46
コース状況/
危険箇所等
信じられませんでしたが、整備された登山道です。
ただ、急坂に次ぐ急坂。一部は危険なレベルの急坂です。
野生動物との遭遇にも注意は必要です。
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

写真

いきなりの渡渉。
なんとか足を濡らさずに渡れました。
2019年05月16日 10:20撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いきなりの渡渉。
なんとか足を濡らさずに渡れました。
最初の迷いポイント。
渡渉してすぐを右手に折れる。
林道を歩いているので、どうしても見落としがち。
ちなみに、この林道は、ほんの少し(100mほど?)進んだ所で行き止まりとなります。そこには砂防ダムがあります。
2019年05月16日 10:25撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の迷いポイント。
渡渉してすぐを右手に折れる。
林道を歩いているので、どうしても見落としがち。
ちなみに、この林道は、ほんの少し(100mほど?)進んだ所で行き止まりとなります。そこには砂防ダムがあります。
歩きやすい登山道です。
2019年05月16日 10:28撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩きやすい登山道です。
カケスの殺害現場。
2019年05月16日 10:30撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カケスの殺害現場。
いままで歩いてきた立派な登山道は消え、もはや道とは呼べない状態に。
2019年05月16日 10:44撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いままで歩いてきた立派な登山道は消え、もはや道とは呼べない状態に。
崩落箇所。
2019年05月16日 10:48撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落箇所。
道ではなく、ただの斜面。
ようやく尾根が見えてきた。
2019年05月16日 10:55撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道ではなく、ただの斜面。
ようやく尾根が見えてきた。
尾根に登ると、そこには歩きやすい登山道が。
2019年05月16日 11:01撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に登ると、そこには歩きやすい登山道が。
広場。
こんなカンジで、笹刈りされている。
2019年05月16日 11:23撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広場。
こんなカンジで、笹刈りされている。
ガサゴソと音。
残念ながら、広角レンズ。
2019年05月16日 12:07撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガサゴソと音。
残念ながら、広角レンズ。
限界までトリミング。
イヌ?クマ?
2019年05月16日 12:07撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
限界までトリミング。
イヌ?クマ?
急坂に、ついにロープが。
まだ新しいロープ。
2019年05月16日 12:10撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急坂に、ついにロープが。
まだ新しいロープ。
別の尾根と合流。
そちらにも行ってみたい気もするが。
笹刈りされていなかったら、ここは帰りに絶対間違えるポイントだと思う。
2019年05月16日 12:21撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別の尾根と合流。
そちらにも行ってみたい気もするが。
笹刈りされていなかったら、ここは帰りに絶対間違えるポイントだと思う。
山頂標。
良く見ると、愛知県と書かれたプレートに赤ペンキを塗ってあった。
2019年05月16日 12:28撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂標。
良く見ると、愛知県と書かれたプレートに赤ペンキを塗ってあった。
山頂の様子。
2019年05月16日 12:29撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の様子。
まだ先が続いている。
尻無山を経て、マセナギに出るはずだが、とても行ってみる余力はなし。
2019年05月16日 12:34撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ先が続いている。
尻無山を経て、マセナギに出るはずだが、とても行ってみる余力はなし。
山頂からの眺望はご覧の通り。
樹間から、駒ヶ根の街がチラッと見える。
2019年05月16日 12:35撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からの眺望はご覧の通り。
樹間から、駒ヶ根の街がチラッと見える。
同じ場所で撮った2枚。
「火乃要鎮」ってのはおもしろいな、と。
2019年05月16日 13:24撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じ場所で撮った2枚。
「火乃要鎮」ってのはおもしろいな、と。
帰路、ここで間違えたのだと分かる。
知らずに歩いていると、どうしても左に行きたくなる。
左のルートは、いままで歩いてきた道の続き。そして、赤テープも見える。
その道はこの先で、なんとなくフェードアウトします。
2019年05月16日 13:37撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰路、ここで間違えたのだと分かる。
知らずに歩いていると、どうしても左に行きたくなる。
左のルートは、いままで歩いてきた道の続き。そして、赤テープも見える。
その道はこの先で、なんとなくフェードアウトします。
1
これが目印。
とにかく、尾根を登って行くべし。
2019年05月16日 13:37撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが目印。
とにかく、尾根を登って行くべし。
撮影機材:

感想/記録

本日もダイエッ登山。
軽く池山へ、と思っていたんだけど、林道が途中まで、ということで急遽、以前から気になっていた、簫ノ笛山に挑戦してみることにする。

マイナーな山。道なき道に早期撤退も覚悟して登ったのだが…。
信じられないことに、完璧に整備された登山道。
ぼくは道を間違えて、道なき道を登るハメになったけれど、本来のルートは、完璧に整備されている。
こんな山、と言ってはなんだが、マイナーな山には違いない。
一体、誰が、何のために、整備してくれたのだろう。

ただし、整備されているとは言っても、とんでもない急坂の連続ではある。
非常に堪えた。

また、野生動物との遭遇も。
イノシシ一家(4〜5頭?)にニアミス。ヘビを踏みそうになる。そして、クマ。
クマの糞が点在しており、イヤだなと思いながら登る。
聞いたことのない、もの悲しげな、遠吠えが聞こえる。
しばらくして、近くの薮で物音。
ギョッとして身構える。
黒い生き物が現れる。
「い、犬…?」
思わず、声に出して聞いてしまう。
もちろん、答えてはくれない。
いまどき、野良犬などいるだろうか?それとも、不届き者が捨てたのか?
イヌでないとしたら、クマしか考えられないが…。

これまでの山歩きで、数々の野生動物に遭遇してきた。
サル、リス、タヌキ、シカ、カモシカ、キツネ、テン、イノシシ、オコジョ…。
しかし、幸運なことに、クマに出会ったことはない。そして、野良犬にも。
だから、あれが子クマだったのかイヌだったのか、確信が持てない。
誰か、確かめてきて。

登山道を整備していただいたどなたかに敬意を表し、多くの人に登ってもらいたい山。
簫ノ笛山って、名前もステキでしょ?
訪問者数:229人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/8/15
投稿数: 1072
2019/5/17 7:27
 簫ノ笛山
ryo1212さん、おはようございます。
はじめまして。

この山は以前、中央道の駒ヶ岳SAに寄ったとき、正面にドーンと見えた山だったので、気になっていました。
ryo1212さんのこのレコを見て、自分も登りたくなりました。
自宅から遠いので、気軽には行けそうもありませんけど。

>簫ノ笛山って、名前もステキでしょ?
自分もそう思います。
深田久弥氏も「日本百名山」の中で、「 簫ノ笛山、どんないわれか知らないが美しい名前である」と書いているみたいですね。
登録日: 2016/6/16
投稿数: 16
2019/5/17 9:14
 Re: 簫ノ笛山
コメントありがとうございます。
これまでに数々のクソレコをアップしてきましたが、「このレコを見て、自分も登りたくなりました」などと言ってもらったのは初めての経験です。感激です。

深田久弥、簫ノ笛山にも言及しているんですね。深田といえば、空木岳の名前も絶賛していたように記憶していますが、この簫ノ笛山の先は、空木の登山道に通じているはずです。
「自宅から遠い」とのこと、もしゆっくりとお時間とれましたら、簫ノ笛山経由で空木岳まで登ってみて下さい。
ぼくもそれまでに、簫ノ笛山の先のレコをアップできれば、と思いますが、…ごめんなさい、期待しないで下さい。
登録日: 2016/8/15
投稿数: 1072
2019/5/17 11:33
 Re[2]: 簫ノ笛山
ryo1212さん、返信ありがとうございます。

クソレコだなんて、とんでもない!
道迷いポイントや登山道の状況など、わかりやすくてとても参考になります。

本当のクソレコというのは、写真を数枚アップしてコメントも書かず、コース状況や危険箇所等の情報、感想の記載が一切ないにもかかわらず、インターネットに一般公開しているようなレコのことをいうのです。(←あくまで自分の考えですが。)

>簫ノ笛山経由で空木岳まで登ってみて下さい。
空木岳自体は、昨年名古屋に長期出張しているときに、駒ヶ根高原スキー場からピストンで登りました。
最後の最後で山頂でガスられてしまいましたが、素晴らしい山でした。
登録日: 2016/6/16
投稿数: 16
2019/5/17 19:28
 Re[3]: 簫ノ笛山
ガスられましたか。空木というか、中央アルプスは、最初晴れていても途中で結構ガスっちゃうんですよね。ぼくも何度かやられました。
でも、ぼくも空木は大好きな山です。
懲りずにまた是非お出かけ下さい。
それにしても「駒ヶ根高原スキー場からピストン」はすごい!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ