また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1853306 全員に公開 ハイキング金剛山・岩湧山

金剛山 林道足谷線(日暮)〜頂上〜林道足谷線(松尾)

日程 2019年05月18日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

写真

上赤坂城跡に向かう
駐車場に愛車を
停めました。
既に2台 駐車有り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上赤坂城跡に向かう
駐車場に愛車を
停めました。
既に2台 駐車有り。
7
右上は坊領ルートです。
H30年8月11日に
踏破しました(笑)。
本日は左へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右上は坊領ルートです。
H30年8月11日に
踏破しました(笑)。
本日は左へ。
4
初めてのルートです。
さァ、行ってみましょう!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初めてのルートです。
さァ、行ってみましょう!
6
一丁田池。
右手上にため池がある模様。
未確認です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一丁田池。
右手上にため池がある模様。
未確認です。
4
廃屋過ぎた辺りから
舗装は終わってます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
廃屋過ぎた辺りから
舗装は終わってます。
3
木漏れ日の中を早足で。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木漏れ日の中を早足で。
3
しばらくして
林道足谷「支線」
とのことです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくして
林道足谷「支線」
とのことです。
2
川の向こう側に
道が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川の向こう側に
道が見えます。
2
林道足谷線と合流します。
ここを右へ。
日暮林道とあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道足谷線と合流します。
ここを右へ。
日暮林道とあります。
1
レコでよく見る廃車です。
車種 調べましたが不明。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
レコでよく見る廃車です。
車種 調べましたが不明。
7
右手に橋を渡る橋があり。
「岩坂登山口」とのこと。
坊領ルートに
繋がるのでしょうね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手に橋を渡る橋があり。
「岩坂登山口」とのこと。
坊領ルートに
繋がるのでしょうね。
2
その先 左に数字の4。
ここからも登れるみたい。
水分ルートに
繋がるみたいです。
二つとも登ってみたい(笑)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その先 左に数字の4。
ここからも登れるみたい。
水分ルートに
繋がるみたいです。
二つとも登ってみたい(笑)。
3
「猿滝」です。
なかなか見応えありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「猿滝」です。
なかなか見応えありました。
10
林道ですから緩い勾配です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道ですから緩い勾配です。
1
早足で歩いてますと
車の音が近づいてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早足で歩いてますと
車の音が近づいてきました。
2
凄い勢いでジープが通過。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凄い勢いでジープが通過。
3
「松尾登山口」です。
1本目の材木を吊上げ中。
この先に行きたい、
と告げると
「一寸待って下さいヤ」
とのこと。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「松尾登山口」です。
1本目の材木を吊上げ中。
この先に行きたい、
と告げると
「一寸待って下さいヤ」
とのこと。
9
1本目積み込んで
通らせていただきました。
振り返って 2本目吊上げ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1本目積み込んで
通らせていただきました。
振り返って 2本目吊上げ。
3
ワイヤー多数。
伐採、積込、搬出の
真っ最中です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワイヤー多数。
伐採、積込、搬出の
真っ最中です。
1
トラックも待機しています。
登山者の皆さま、
作業者の人には
お声がけが必要です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラックも待機しています。
登山者の皆さま、
作業者の人には
お声がけが必要です。
4
暫くして 舗装路終点。
標識が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暫くして 舗装路終点。
標識が見えます。
1
「日暮」とあります。
これ以上の前進は
出来ません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「日暮」とあります。
これ以上の前進は
出来ません。
2
左手に林道足谷線の標識。
さて、戻りましょうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手に林道足谷線の標識。
さて、戻りましょうか。
1
「日暮」の標識の右手、
踏み跡があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「日暮」の標識の右手、
踏み跡があります。
2
こんな感じです。
行ってみましょう!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じです。
行ってみましょう!
3
すぐ 踏み跡無くなり
沢となりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐ 踏み跡無くなり
沢となりました。
1
進もうか、戻ろうか
迷いました(笑)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
進もうか、戻ろうか
迷いました(笑)。
1
すぐまた 沢の真ん中を。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐまた 沢の真ん中を。
3
サンマイ谷ルートを
思い出します。
嫌な予感がします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サンマイ谷ルートを
思い出します。
嫌な予感がします。
2
あれまあ、やはり(笑)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれまあ、やはり(笑)。
4
過ぎると、歩き易くなり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
過ぎると、歩き易くなり。
2
慎重になります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
慎重になります。
2
この先が見えず 不安。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先が見えず 不安。
4
この辺りで
引き返しましょうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りで
引き返しましょうか?
2
本日 雨でなく良かった。
難関です。
こわごわ右から巻きました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日 雨でなく良かった。
難関です。
こわごわ右から巻きました。
3
なんと こんな処に
赤と黄色のテープ発見。
進めるということ❓
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんと こんな処に
赤と黄色のテープ発見。
進めるということ❓
6
先日の彦ニャン喪失の
二の舞を防ぐために
「くまぶしくん」を
リュックにしまいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先日の彦ニャン喪失の
二の舞を防ぐために
「くまぶしくん」を
リュックにしまいます。
15
リュックを降ろして
ひとつずつクリアするしか
ありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リュックを降ろして
ひとつずつクリアするしか
ありません。
4
最後の大滝を悪戦苦闘して
左から巻きました。
この後 沢は登れず。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の大滝を悪戦苦闘して
左から巻きました。
この後 沢は登れず。
2
左側に突如
間伐展示林の看板。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左側に突如
間伐展示林の看板。
3
引き返すことは出来ません。
この急斜面を登るしか
ありません。
本日一番の踏ん張り処です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
引き返すことは出来ません。
この急斜面を登るしか
ありません。
本日一番の踏ん張り処です。
5
少し登って赤テープ発見。
喜ぶべきか?(笑)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し登って赤テープ発見。
喜ぶべきか?(笑)。
3
続いて赤杭。
四輪駆動でよじ登ると
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
続いて赤杭。
四輪駆動でよじ登ると
3
棘刺藪でしかも急登。
このルートは
最初で最後ですネ(笑)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
棘刺藪でしかも急登。
このルートは
最初で最後ですネ(笑)。
8
だいぶ時間をかけて。
またまた赤杭発見。
良かったです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶ時間をかけて。
またまた赤杭発見。
良かったです。
5
見上げると、
まだまだあるんですよ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見上げると、
まだまだあるんですよ。
4
右手をパチリ。
林道歩きのつもりでしたので
装備不十分(笑)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手をパチリ。
林道歩きのつもりでしたので
装備不十分(笑)。
18
急斜面 半端ないです。
もう少しです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面 半端ないです。
もう少しです。
4
振り返って。
この左 藪藪から
登って来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って。
この左 藪藪から
登って来ました。
6
一休みです。
いつもの栄養補給です。
お陰様で くまぶしくんは
無事でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一休みです。
いつもの栄養補給です。
お陰様で くまぶしくんは
無事でした。
14
水分ルートに合流し
頂上に向かいます。
標高800鍛賄澄
あとは平坦です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水分ルートに合流し
頂上に向かいます。
標高800鍛賄澄
あとは平坦です。
1
青崩道に合流します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青崩道に合流します。
3
セトで二度目の一休み。
大好きなパイン飴(笑)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
セトで二度目の一休み。
大好きなパイン飴(笑)。
10
調査中。
ガマズミと判明しました。
juliaさん
有難うございます(笑)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
調査中。
ガマズミと判明しました。
juliaさん
有難うございます(笑)。
12
いつものポイントで。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつものポイントで。
8
葛城山 真っ赤です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
葛城山 真っ赤です。
10
ミツバツチグリ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバツチグリ。
9
本日 13℃。
ひんやり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日 13℃。
ひんやり。
2
山頂に到着。
頑張りました−(笑)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に到着。
頑張りました−(笑)。
23
金剛山赤坂古道の看板。
山頂広場の大時計に向かって
左にあります。どれどれ
確認してみましょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金剛山赤坂古道の看板。
山頂広場の大時計に向かって
左にあります。どれどれ
確認してみましょう。
1
林道足谷線、
日暮で終点となっています。
当然です!(笑)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道足谷線、
日暮で終点となっています。
当然です!(笑)。
2
昼食です。
いつもの手作りおにぎり🍙
エンドウ豆入り。
おかずは玉子焼きと沢庵、
ウィンナーです。
嗜好を変えて 初めて
狐どん兵衛にしました(笑)。

拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼食です。
いつもの手作りおにぎり🍙
エンドウ豆入り。
おかずは玉子焼きと沢庵、
ウィンナーです。
嗜好を変えて 初めて
狐どん兵衛にしました(笑)。

16
SONONAOさんが
珈琲と一緒に
hot toast sandをと
差入れ下さいました。
いつも すみません(笑)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
SONONAOさんが
珈琲と一緒に
hot toast sandをと
差入れ下さいました。
いつも すみません(笑)。
20
ari38さんが
作ってらしたんですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ari38さんが
作ってらしたんですね。
14
珈琲と共に
美味しく頂きました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
珈琲と共に
美味しく頂きました。
8
青崩道で下山します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青崩道で下山します。
2
ここを左に。
坊領ルートに入ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを左に。
坊領ルートに入ります。
1
鉄塔、上松尾に到着。
1時方向に、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔、上松尾に到着。
1時方向に、
1
足谷林道に向かう標識。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足谷林道に向かう標識。
2
標高600鍛賄澄
急坂をジグザグに
下りていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高600鍛賄澄
急坂をジグザグに
下りていきます。
2
慎重に下りました。
林道足谷線が
見えてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
慎重に下りました。
林道足谷線が
見えてきました。
1
朝から作業してらした
二人の姿が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝から作業してらした
二人の姿が見えます。
2
林道足谷線に着地しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道足谷線に着地しました。
1
振り返ってパチリ。
お二人に 朝方のお礼を
お伝えしました。
笑顔で
応えて頂きました(笑)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ってパチリ。
お二人に 朝方のお礼を
お伝えしました。
笑顔で
応えて頂きました(笑)。
5
トキワツユクサ
と判明しました。
juliaさん、Thanks(笑)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トキワツユクサ
と判明しました。
juliaさん、Thanks(笑)。
15

感想/記録

夏までにロングコースの制覇を目指し、本日は林道足谷線にしました。
「日暮」までのつもりでしたが 無茶しました(笑)。
松尾登山口ルートは 下山には打ってつけと判明しました。
工事終了を見極めて もう一度 通ることにします。
明日も頑張ります(笑)。
訪問者数:328人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/5/9
投稿数: 1030
2019/5/18 21:04
 傷だらけ〜(>_<) お疲れさまでした(*^^*)
sanshoさん、こんばんは〜

あらまぁ…今日も大変なルートでしたね。傷だらけになりながらも、頑張られたんですね〜 お疲れさまです(*^^*)

58.白い花は、ガマズミではないでしょうか(^ ^) 可愛いお花です
81.トキワツユクサです。白いツユクサですね〜 私、実際にはまだ見たことないお花です。羨ましいなぁ〜(*´∀`*)

明日も、ファイトᕦ(ò_óˇ)ᕤですね
お気をつけてくださいませ〜ネ(*^^*)
登録日: 2015/6/8
投稿数: 231
2019/5/18 21:58
 Re: 傷だらけ〜(>_<) お疲れさまでした(*^^*)
julia-828さん、こんばんわー。いつも有難うございます。
助かっております(笑)。
先ほど、熱いお風呂に浸かりました、両手両足に痛みが走りました。
日暮からの登頂はお勧め出来ません、行かれないように(笑)。
今回は お花を撮る余裕があまり無かったです。
彦ニャンを探しに行こうかと思いましたが(笑)。
明日もロングルートです。どちらにしようか迷っております。
登録日: 2018/5/13
投稿数: 62
2019/5/21 21:04
 はじめまして
日暮の滝から大変なルートを登られましたね。
レコには載せてませんが、私も昨年4月初旬に下りで使ってみた事があります。
その時も痛い植物だらけでしたが…まだ通れるルートが存在してたんです。
というのも冬頃に伐採(伐採期間は通行禁止)が行われるみたいで、私が行った時は
かろうじて通れました。下の駐車場に下山時に朝に登りで使ったという人が丁度いて
痛かったという話で盛り上がりました(^^;
ちなみに52番目の写真だと思うんですが、黄色杭の処の西にある尾根を通ります。
5月中旬なので、もう痛い藪だらけで通れなかったとは思いますが御参考になれば。
(私の去年10/7に黄色杭の処まで様子を見にいっているレコで場所はわかるかも?)

行った事無いルートを色々歩かれておられるので、いつか行くかもと
幾つかログをGPSに放り込ませて貰ってます。
有難う御座いますm(_ _)m
登録日: 2015/6/8
投稿数: 231
2019/5/21 22:58
 Re: はじめまして
Thunder birdさん、こんばんわー。初めまして。投稿 有難うございます。
2018年10月7日のレコは登る前に拝見させていただきましたー(笑)。
奥赤坂山へのルートでしたので 敢えて右に進路を取りました。
今度 直進してみます(笑)。
小生のルートは 絶対お勧め出来ません! 退路を断って 突き進みました。
何度も後悔と後戻りしたいとの葛藤の連続(笑)。
今後も、未踏破ルートの制覇に向け 頑張りたいと思います。
参考になるルートがありましたら御教授賜りますと幸甚でございます。
登録日: 2018/5/13
投稿数: 62
2019/5/22 21:42
 Re[2]: はじめまして
私の奥赤坂山へのルートは、ロープ無しの蟻地獄で
10歩進んで9歩戻されますのでお勧めはしませんけど…
谷の横の木々がある処なら楽かもしれません。

後、良く考えたら黄色杭は水分道の処のでしたね。
今回登られた谷から黄色杭までの間にある別の黄色杭を
説明しようとしてました。
ここで説明するよりって事で2018年4月8日の時の簡易レコを
載せましたので、興味があれば御覧下さい。(^^;
(言葉足らずでわかりにくいですが、簡易という事で御容赦)
今回のsanshoさんの川を行く度胸は毛頭ありませんw
登録日: 2015/6/8
投稿数: 231
2019/5/22 22:29
 Re[3]: はじめまして
Thunder birdさん、こんばんは–。
コメント 有難うございます。2018年4月8日のレコ拝見いたしました。
確かに3/6の写真に辿り着きました。
下山 大変だったでしょう?。
登録日: 2018/5/13
投稿数: 62
2019/5/23 21:27
 Re[4]: はじめまして
私が使ってから1年たっている(台風もあった)ので、川の状態が変わっているかも
知れませんが、sanshoさんのログの時間軸で9:00から9:20の区間は同じ処を
歩いてます。9:20から10:00までの区間、私は川の北側にある尾根道で回避してます。
(この上流区間が危険な区間で、さぞ大変だったろうと思ったわけです)
私は危険地帯を回避してますので、sanshoさんほど大変では無かったですよ(^^;

金剛山の未踏破ルートの制覇、気を付けて行って来て下さい。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ