また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1853641 全員に公開 山滑走槍・穂高・乗鞍

乗鞍岳 BC 全面快適ザラメと雷鳥

日程 2019年05月18日(土) [日帰り]
メンバー
天候まあまあの晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
ほうのき平駐車場に車を駐めましたが、早朝はまだだいぶ空いていました。
戻ってきた時も空きはありました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.3〜1.4(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち76%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間55分
休憩
1時間3分
合計
4時間58分
S畳平バスターミナル07:4307:47鶴ヶ池08:03不消ヶ池08:11摩利支天分岐08:25肩ノ小屋08:29剣ヶ峰口09:05蚕玉岳09:0809:12乗鞍岳頂上小屋09:18乗鞍岳10:0711:27肩の小屋口11:3812:08摩利支天分岐12:21不消ヶ池12:29県境ゲートバス停12:34鶴ヶ池12:41畳平バスターミナルG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
一部夏道が出ている部分もありますが、かなりの部分で残雪が豊富です。朝は朝日岳のトラバースの部分が少し堅めでアイゼンを装着しましたが、まもなくゆるんでざくざくになったと思われます。

写真

まだ開いていません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ開いていません。
登山道を歩き始めます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道を歩き始めます。
まだまだ雪が多いです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ雪が多いです。
槍ヶ岳がちょこんと見えています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳がちょこんと見えています。
2
朝はクラストしていましたが、戻ってきた時にはざくざくでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝はクラストしていましたが、戻ってきた時にはざくざくでした。
畳平。日本ではないような風景です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
畳平。日本ではないような風景です。
富士見沢。中間部の除雪が始まっているのかな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見沢。中間部の除雪が始まっているのかな。
剣ヶ峰が見えてきました。ここから一気に雪が増えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰が見えてきました。ここから一気に雪が増えます。
トラバース。しっかりしたステップがありますのでノーアイゼンで大丈夫でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバース。しっかりしたステップがありますのでノーアイゼンで大丈夫でした。
朝日岳と蚕玉岳のコル。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳と蚕玉岳のコル。
南アルプス南部。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプス南部。
2
南アルプス北部。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプス北部。
3
いったん道路を歩いて
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いったん道路を歩いて
再びトラバース。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再びトラバース。
足元の斜面。帰りにこの斜面を滑ってみました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元の斜面。帰りにこの斜面を滑ってみました。
怖いトラバースはここまで。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
怖いトラバースはここまで。
帰りはこの斜面を登ってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りはこの斜面を登ってきました。
夏道に沿って進みます。結局山頂までスキーはザックに付けたままでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏道に沿って進みます。結局山頂までスキーはザックに付けたままでした。
ここは夏道がかなり出てきています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは夏道がかなり出てきています。
でもすぐに雪はつながります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でもすぐに雪はつながります。
朝は雪が緩んでいなくて堅めでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝は雪が緩んでいなくて堅めでした。
振り返ると北アルプスの絶景。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると北アルプスの絶景。
1
剣ヶ峰まであと少し。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰まであと少し。
剣ヶ峰と蚕玉岳の間の斜面。雪はタップリです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰と蚕玉岳の間の斜面。雪はタップリです。
小屋はまだほぼ埋もれていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋はまだほぼ埋もれていました。
今シーズン初めての剣ヶ峰山頂です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今シーズン初めての剣ヶ峰山頂です。
北アルプス。こちら側は青空が多かったです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプス。こちら側は青空が多かったです。
御嶽山をズーム。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽山をズーム。
3
山頂でゆっくりと食事とし、雪が緩むのを待ちます。では山頂直下のルートを滑り降ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂でゆっくりと食事とし、雪が緩むのを待ちます。では山頂直下のルートを滑り降ります。
稜線の雪は堅めでしたが、斜面はすっかり緩んでいてびっくり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線の雪は堅めでしたが、斜面はすっかり緩んでいてびっくり。
1
出来るだけノートラックバーンを選んで滑ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出来るだけノートラックバーンを選んで滑ります。
ここは気持ち良かったです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは気持ち良かったです。
1
少し狭くなって急になりますが、まだ滑るのに問題なし。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し狭くなって急になりますが、まだ滑るのに問題なし。
隅のノートラックを滑り降ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
隅のノートラックを滑り降ります。
どこも快適ザラメです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこも快適ザラメです。
シールで肩の小屋の方に戻ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シールで肩の小屋の方に戻ります。
この頃から青空がずいぶんと多くなりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この頃から青空がずいぶんと多くなりました。
摩利支天岳の斜面がいかにも美味しそうでしたので、帰る前に滑ってみることにしました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
摩利支天岳の斜面がいかにも美味しそうでしたので、帰る前に滑ってみることにしました。
多くの人が登っています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多くの人が登っています。
山頂直下の斜面をズーム。私のシュプールが良く分かります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下の斜面をズーム。私のシュプールが良く分かります。
3
すぐ近くに雷鳥がいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐ近くに雷鳥がいました。
8
では最後のひと滑り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
では最後のひと滑り。
若干緩みすぎていますが、でも気持ち良く滑ることが出来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
若干緩みすぎていますが、でも気持ち良く滑ることが出来ました。
1
これは帰りのバスで眺めた雪の壁。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは帰りのバスで眺めた雪の壁。

感想/記録

この日は晴れ予報ながら西から雲がかかり始めていましたので、個人的には微妙な天気でしたが、早朝だけならなんとか晴れるかなと期待して乗鞍岳にバックカントリー(テレマークスキー)に出かけて来ました。少しでも早く登るため、長野県側では無く、岐阜県側から朝一番のバスで畳平まで上がりました。おかげで少し薄雲がかかり始めていましたが、まあまあの大展望を楽しむことが出来ました。
朝は稜線の雪は堅めで、かつ稜線ではふらつくほどの強風が吹いていてかなり寒く、斜面もかちかちかなあと覚悟していたのですが、実際滑ってみたらすっかりゆるんでいたのには少しびっくり。全面快適ザラメ斜面を気持ち良く滑ることが出来ました。
訪問者数:312人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

アイゼン ザック コル トラバース
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ