また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1863810 全員に公開 ハイキング霊仙・伊吹・藤原

ノタノ坂から御池岳20190525

日程 2019年05月25日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
小又谷駐車場を利用しました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間26分
休憩
53分
合計
5時間19分
S君ヶ畑登山者用駐車場09:4310:12ノタノ坂10:2311:24土倉岳11:3211:45土倉岳・下降点11:5112:35奥の平12:3612:45御池岳12:5813:06天狗の鼻13:0713:10ボタンブチ13:1113:22青のドリーネ13:26T字尾根・下降点13:3213:48T字尾根のコル13:4913:52T字尾根最高点14:12T字尾根中心点 P91814:1514:31T字尾根 P87814:3214:57T字尾根登山口14:5815:01君ヶ畑登山者用駐車場15:02ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
小又谷登山者用駐車場9:43ーノタノ坂10:23ー11:24土倉岳11:32ー11:51土倉岳・下降点ー奥の平12:35ー12:45御池岳12:58ー天狗の鼻13:06ーボタンブチ13:10ー
青のドリーネ13:22ーT字尾根・下降点13:32ーT字尾根のコル13:48ーT字尾根最高点13:52ーT字尾根中心点 P918 14:12ーT字尾根 P878 14:31ーT字尾根登山口
14:57ー小又谷登山者用駐車場15:01

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス ツェルト ストック カメラ

写真

小又谷駐車場道路の左右両方に駐車場が増えたんですね
2019年05月25日 09:44撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小又谷駐車場道路の左右両方に駐車場が増えたんですね
ノタノ坂への恒例の川渡り。飛び石を渡って、なんとかクリア
2019年05月25日 09:49撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ノタノ坂への恒例の川渡り。飛び石を渡って、なんとかクリア
緑がきれい。癒やされます
2019年05月25日 09:51撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緑がきれい。癒やされます
橋の床の網は一部抜けています。網の部分に足を置かないほうが良さそうです。
2019年05月25日 09:55撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋の床の網は一部抜けています。網の部分に足を置かないほうが良さそうです。
稜線に出ました。
2019年05月25日 10:19撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に出ました。
稜線の鉄塔
2019年05月25日 10:32撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線の鉄塔
右を見れば藤原岳、天狗岩
2019年05月25日 10:32撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右を見れば藤原岳、天狗岩
2
土倉岳山頂
2019年05月25日 11:24撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土倉岳山頂
1
土倉岳からテーブルランドを望む
2019年05月25日 11:25撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土倉岳からテーブルランドを望む
2
藤原岳アップ
2019年05月25日 11:35撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤原岳アップ
テーブルランドを目指す
2019年05月25日 11:35撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テーブルランドを目指す
振り返って土倉岳
2019年05月25日 11:41撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って土倉岳
テーブルランド到着
2019年05月25日 11:51撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テーブルランド到着
カルスト台地と藤原岳
2019年05月25日 12:02撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カルスト台地と藤原岳
奥の平から
2019年05月25日 12:39撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥の平から
御池岳山頂。登山者が立ち代わり現れる。
2019年05月25日 12:50撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御池岳山頂。登山者が立ち代わり現れる。
2
天狗の鼻から、これから下降するT字尾根
2019年05月25日 13:07撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗の鼻から、これから下降するT字尾根
2
ボタンブチから天狗の鼻の登山者を
2019年05月25日 13:09撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ボタンブチから天狗の鼻の登山者を
T字尾根が長そう😅
2019年05月25日 13:10撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
T字尾根が長そう😅
1
ここから下降
2019年05月25日 13:29撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから下降
新緑に癒やされる
2019年05月25日 14:06撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑に癒やされる
T字尾根中心点
2019年05月25日 14:16撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
T字尾根中心点
1

感想/記録
by m-kit

御池岳をノタノ坂から登り、テーブルランドを縦断、ミノガ峠に下山することを計画していたが、家の用事を済ませてからの出発になったし、かなりの暑さになる予報なので、当初の計画を大幅に短縮して登ることにした。でも、今後のために御池川林道でミノガ峠まで行けるか確認。その結果、多少の落石は見られるものの、君ケ畑から問題なくミノガ峠まで自動車で行けることを確認した。距離は約10km。ミノガ峠に自転車を置いておけば、長い林道歩きを回避できそうだ。
それはまた今度、ということにして登山開始。小又谷駐車場には7,8台の自動車。私の出発が最後だろう。川を渡り、川の左岸を登る。送電線巡視路の標識や、それに伴い、細い橋が川にかかっているが、そちらに行かずによく踏まれた登山道を登る。やがて、しっかりした橋を渡り、尾根に取り付く。九十九折の急登。案外早く、青空を背景に稜線が見えてきた。ノタノ坂からの稜線は日差しは樹林で遮られており、少し風が吹いていて助かる。汗が引いてきた。視界はないが、鉄塔のあるところまで登ると藤原岳が見える。このあたりの傾斜は緩やかで登りやすい。土倉岳まで登るとようやく御池岳のテーブルランドが見えてきた。眼の前に高く立ちはだかる。でも、それほどの距離はない。ガレのあとにコバイケイソウの急斜面を登り切るとテーブルランド到着。ノタノ坂からひたすら登りだが、それほどきつい箇所は少なく登りやすい印象だ。コースタイムも予定より短縮できた。
テーブルランドでは東ボタンブチから奥の平、御池岳山頂と歩いた。それほど暑さは感じなかったが、もう13時。今日は猛暑で暑さに体が慣れていないので注意、とTVの天気予報で聞いていたので、ここで、もう降りることにした。天狗の鼻、ボタンブチを経てT字尾根を下降。ガレの急降下が案外長くて滑りやすい。ここは登りに使ったほうが良さそうだ。冬に断念した尾根最高点〜コルの岩場を通過する。この尾根でも樹林に日差しは遮られているが、風がなく暑い。アップダウンの連続で足の裏が熱くなってくる。多くの方がT字尾根↑、ノタノ坂↓とされているが、なるほど妥当だと納得した。
早めに切り上げたつもりだったが、やはり体が暑さになれてなかったか、それとも日頃の睡眠不足が効いたか、結構疲れた。今日も、テーブルランド以外、上り下りでは誰も会いませんでした😅。
帰りに奥永源寺、道の駅に寄って冷たいコーヒーで一息入れて帰りました。
訪問者数:158人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ