また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1865332 全員に公開 ハイキング奥武蔵

【奥武蔵】伊豆ヶ岳東尾根〜武川岳

日程 2019年05月25日(土) [日帰り]
メンバー
 sa1649(CL)
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路 西武秩父線 西吾野駅
帰路 名郷BS

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち58%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間23分
休憩
55分
合計
7時間18分
S西吾野駅08:0008:26森坂峠08:2810:58伊豆ヶ岳11:2811:58山伏峠13:07前武川岳13:0813:22武川岳13:4113:53前武川岳13:5414:21天狗岩14:2315:18ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
伊豆ヶ岳直下が20mほどガレています。残置ロープはありますが初心者が直登するには経験者の同行が必要かと思います。
左側に巻き道もあるようです。
支尾根は所々で、通行止めにしてあります。

写真

西吾野駅から森坂峠を越え下久通の集落入り口まで来ました。
2019年05月25日 08:38撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西吾野駅から森坂峠を越え下久通の集落入り口まで来ました。
1
鄙びた家なのです。
2019年05月25日 08:39撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鄙びた家なのです。
下久通集落の中心あたりには石仏が4体。集落の方々の大切な生活の一部なのでしょう。旧名栗村に多い平家落人伝説もある集落なのでしょうか。
2019年05月25日 08:39撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下久通集落の中心あたりには石仏が4体。集落の方々の大切な生活の一部なのでしょう。旧名栗村に多い平家落人伝説もある集落なのでしょうか。
今風の民家もあります。
2019年05月25日 08:55撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今風の民家もあります。
取り付きの琴平神社ですが、かなり行き過ぎました。無駄話に夢中になりすっかり通り過ぎていました。でも斜面の中腹にあり見落としやすいのです。この鳥居の右側から適当に登りましたが社殿の裏手には踏み跡もありました。
2019年05月25日 08:55撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取り付きの琴平神社ですが、かなり行き過ぎました。無駄話に夢中になりすっかり通り過ぎていました。でも斜面の中腹にあり見落としやすいのです。この鳥居の右側から適当に登りましたが社殿の裏手には踏み跡もありました。
東南尾根との分岐です。愛嬌のあるドラえもん君、丁度一服できるのです。
2019年05月25日 09:37撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東南尾根との分岐です。愛嬌のあるドラえもん君、丁度一服できるのです。
3
標高670mの「山名」板。質素なのです。
2019年05月25日 10:11撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高670mの「山名」板。質素なのです。
バラカ平という場所、板は外れかけています。テント設営も出来る雰囲気の良い場所なのですが、水場は?
2019年05月25日 10:24撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バラカ平という場所、板は外れかけています。テント設営も出来る雰囲気の良い場所なのですが、水場は?
伊豆ヶ岳直下のガレ場、写真で見るよりも急斜面です。ここから山頂にいきなり出ると休憩中の方がどこから登って来たの…という表情。
2019年05月25日 10:53撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊豆ヶ岳直下のガレ場、写真で見るよりも急斜面です。ここから山頂にいきなり出ると休憩中の方がどこから登って来たの…という表情。
1
ここからは一般道。でも人気の少ない一般道の様子、多くの皆さんは子の権現方面へ。
2019年05月25日 11:56撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは一般道。でも人気の少ない一般道の様子、多くの皆さんは子の権現方面へ。
1
ブナ林の疎林。暑さに変わりありませんが、時折吹く風はまだ薫風なのです。
2019年05月25日 13:08撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナ林の疎林。暑さに変わりありませんが、時折吹く風はまだ薫風なのです。
前武川岳、標高が稼げないダラダラとした登りのピークなのです。
2019年05月25日 13:09撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前武川岳、標高が稼げないダラダラとした登りのピークなのです。
1
天狗岩、石灰岩のようです。このあたり石切り場も近くにあるのです。
下りなので巻き道を行きます。
2019年05月25日 14:23撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岩、石灰岩のようです。このあたり石切り場も近くにあるのです。
下りなので巻き道を行きます。
1
天狗岩の中段。
2019年05月25日 14:27撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岩の中段。
天狗岩の取り付き、登りでしたら行けるでしょう。約40〜50mあります。
2019年05月25日 14:32撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岩の取り付き、登りでしたら行けるでしょう。約40〜50mあります。
2
下山できました。私の膝も山靴も無事に耐えてくれました。
2019年05月25日 14:53撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山できました。私の膝も山靴も無事に耐えてくれました。
1
名郷バスBS前の商店の軒先です。バス時間を一つ遅らせて、その場でのお疲れ様の一杯は旨かった。
2019年05月25日 15:23撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名郷バスBS前の商店の軒先です。バス時間を一つ遅らせて、その場でのお疲れ様の一杯は旨かった。
3
仕事納めになってしまった山靴、記念の一枚です。
2019年05月25日 15:24撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仕事納めになってしまった山靴、記念の一枚です。
6

感想/記録
by sa1649

季節はずれの暑さの中での低山バリエーションルート伊豆ヶ岳東尾根。西吾野駅から森坂峠、下久通そして東尾根へ向かう登山者は誰もいませんでした。途中、下山者にも会うことなく終始私たちだけの尾根歩きでした。奥武蔵野バリーエーションルートは取り付きさえ間違わなければ、もし仮に間違ったとしても適当でも強引にでも主尾根まで出れば必ず踏み跡のある尾根道があります。その後は、わりあい安心して静かな尾根道を楽しむこと出来ます。
今回は、地形図で現在地を読み合わせしながらの山行が少しは実践出来ました。普段は使わないと忘れてしまうのが地図読みです。その点でも奥武蔵は手ごろな地図読み山行が出来ます。地図読みの楽しさを知り、安全山行の自信にもつながって行くでしょう。
奥武蔵シーズンもそろそろ終盤です。参加いただきましたメンバーの皆さんありがとうございました。
訪問者数:153人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ