また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1865797 全員に公開 ハイキング志賀・草津・四阿山・浅間

破風岳・御飯岳 小串鉱山でノスタルジックに浸る

日程 2019年05月26日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
毛無峠まで自家用車

☆Googleナビで「毛無峠」と入れたら細い道を案内され、山麓で閉鎖されているゲートで行き止まりになってしまいました。
正確には、県道112号をひたすら真っ直ぐに万座方面に登って行くのが正解です。県道112号は別名 大前須坂線です。大前須坂線は舗装がしっかりと整備された道路が小串まで続くので、比較的安心な山道です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち81%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間45分
休憩
44分
合計
3時間29分
Sスタート地点04:1904:33毛無山04:4305:31前御飯05:3505:45御飯岳06:0106:11前御飯06:39毛無山06:52毛無峠07:17破風岳07:3107:46毛無峠07:48ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【コース状況】
●毛無峠⇄毛無山:鉱山で利用されていた鉄の滑車が残る山で、駐車場から目の前に見えます。踏み跡明瞭なので迷う事はないでしょう。登り切ったところが毛無山です。
●毛無山⇄前御飯:とても気持ちの良い笹の登山道が伸びています。眺めも素晴らしく、北アルプスや北信五岳が良く見えました。
●前御飯⇄御飯岳:広い樹林帯の辺りには雪が残っていて、一部ルートが不明瞭でした。チェンスパ等の滑り止めは必要ありませんが、踏み抜きは有ります。
また、一部は急登で、多少泥濘みもありました。
●毛無峠⇄破風岳:かなり急な笹の斜面を九十九折で登る登山道です。上部の方はかなり斜度があり、登山道もすれ違いが厳しいほどの細いトラバースになっています。万が一踏み外しや転倒などしてしまうと、笹藪でも止まらずに落ちていく斜度だと感じました。要注意です。

【トイレ】
無いです

【コンビニ】
長野方面から来る時は、高山村の市街地まで入ってしまうとコンビニは無いですので、須坂市内又は市の境のコンビニが最後になると思います。また小布施方面からも小布施のコンビニが最終です。
その他周辺情報【下山後温泉】
小布施温泉 あけびの湯
朝6:00〜9:00 は 朝風呂料金で入れました。500円/大人1人(通常は600円、夜22:00 まで)

https://obuse-akebinoyu.co.jp/

なお、お隣の小布施温泉 穴観音の湯は 朝風呂はやっていませんでした。営業は10:00〜 になります。

【下山後アイス】
小布施トゥエル、行こうと思ってたら なんと軽井沢に移転してしまったらしく 小布施には無くなっていました。。。
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 タオル ツェルト ストック カメラ

写真

Google先生に騙されて到着までに時間ロスσ(^_^;) 日の出を良い場所で見たかったのに〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Google先生に騙されて到着までに時間ロスσ(^_^;) 日の出を良い場所で見たかったのに〜
3
ダッシュで毛無山に登ります!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダッシュで毛無山に登ります!
7
小串鉱山の名残りを潜って行きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小串鉱山の名残りを潜って行きます
5
反対側は後ほど登る予定の破風岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
反対側は後ほど登る予定の破風岳
5
ヤバイ!焼けて来た!間に合うかな〜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤバイ!焼けて来た!間に合うかな〜。
13
息も絶え絶え。。。なんとか毛無山登り切りました〜(^.^)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
息も絶え絶え。。。なんとか毛無山登り切りました〜(^.^)
6
ご来光 間に合った♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ご来光 間に合った♪
3
もう、間も無く、、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう、間も無く、、
6
おはようございます(^^)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おはようございます(^^)
17
今日も素晴らしいお天気だー♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日も素晴らしいお天気だー♪
8
見事な朝焼けです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見事な朝焼けです
12
みんな眩しいー!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みんな眩しいー!
3
堪能したので、御飯岳へ向かいます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堪能したので、御飯岳へ向かいます
7
いや〜、ここもすごくイイです! 笹藪ステキ☆
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いや〜、ここもすごくイイです! 笹藪ステキ☆
7
振り返って毛無山からの笹藪道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って毛無山からの笹藪道
6
北アルプスはまだピンクの朝靄の中です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプスはまだピンクの朝靄の中です
4
不帰ノ剣から唐松岳、五竜岳まで
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不帰ノ剣から唐松岳、五竜岳まで
4
鹿島槍から種池山荘方面まで
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿島槍から種池山荘方面まで
4
ここからの眺めは最高です!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからの眺めは最高です!
5
樹林帯に入ると少し雪が残ってました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯に入ると少し雪が残ってました
2
たまに踏み抜くけど歩きやすい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たまに踏み抜くけど歩きやすい
3
急登の途中から 槍ヶ岳も見えてきた!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登の途中から 槍ヶ岳も見えてきた!
3
今日も暑くなりそうです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日も暑くなりそうです
3
三角点も立派です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点も立派です
4
標高2000m超えてるけど 山頂の眺望は樹林からチラチラとだけ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高2000m超えてるけど 山頂の眺望は樹林からチラチラとだけ
4
これは横手山だな〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは横手山だな〜
6
冬季限定ルート方面、笹藪で行き止まりでした。雪が無いとダメですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬季限定ルート方面、笹藪で行き止まりでした。雪が無いとダメですね
2
御飯岳 で ごはん 食べました(^^)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御飯岳 で ごはん 食べました(^^)
8
ピストンで戻ります。途中の雪はこんな感じ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピストンで戻ります。途中の雪はこんな感じ
2
来るときココで道迷いして左に入っちゃいました。続く方、足跡辿らないでください〜!
夏道はここを右方面に降ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来るときココで道迷いして左に入っちゃいました。続く方、足跡辿らないでください〜!
夏道はここを右方面に降ります
2
毛無山への笹道が素晴らしい景色です!御飯岳の眺望はコレが魅力ですねぇ♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
毛無山への笹道が素晴らしい景色です!御飯岳の眺望はコレが魅力ですねぇ♪
5
携帯パノラマでも☆
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
携帯パノラマでも☆
9
毛無山まで戻りました。御飯岳を振り返る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
毛無山まで戻りました。御飯岳を振り返る
6
さて、次は破風岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、次は破風岳
5
小串鉱山跡地をアップ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小串鉱山跡地をアップ
4
鉄塔下。戦中はコレで大量の硫黄を須坂駅まで運び出してたのでしょうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔下。戦中はコレで大量の硫黄を須坂駅まで運び出してたのでしょうか。
7
毛無峠の県境看板
ここを降ると小串鉱山跡地に入れるようですが立ち入り禁止です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
毛無峠の県境看板
ここを降ると小串鉱山跡地に入れるようですが立ち入り禁止です
2
結構な急登をジグザグで上がりますね(・・;)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構な急登をジグザグで上がりますね(・・;)
7
九十九折 キツイ〜
ちょいちょい振り返って写真休憩しないと。。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
九十九折 キツイ〜
ちょいちょい振り返って写真休憩しないと。。。
6
急登笹藪からの眺め
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登笹藪からの眺め
3
鉱山は今でも茶色なんですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉱山は今でも茶色なんですね
3
ようやく稜線の分岐です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく稜線の分岐です
2
穏やかな道を5分ほど行くと
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穏やかな道を5分ほど行くと
3
破風岳に着きました!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
破風岳に着きました!
4
おお〜、シブイ鋳型の山頂看板
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おお〜、シブイ鋳型の山頂看板
10
山頂は切れ落ちてます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は切れ落ちてます
6
アルプスの眺めも素晴らしいですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アルプスの眺めも素晴らしいですね
4
妙高、火打、焼山も かな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妙高、火打、焼山も かな?
10
北アルプス最北端
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプス最北端
3
双耳峰の鹿島槍♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双耳峰の鹿島槍♪
3
爺ヶ岳と後ろは立山かな? やたらと白い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爺ヶ岳と後ろは立山かな? やたらと白い
4
毛無山の向こうは 本白根山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
毛無山の向こうは 本白根山
6
鉄塔と駐車場。駐車場の車はほとんど登山者では無かったけど、何故か台数が多いです。鉱山跡地マニアとか??
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔と駐車場。駐車場の車はほとんど登山者では無かったけど、何故か台数が多いです。鉱山跡地マニアとか??
5
よく見ると長野側にも鉄塔と道路がある。大きな鉱山だったようです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よく見ると長野側にも鉄塔と道路がある。大きな鉱山だったようです
3
名残惜しいけど帰らねば!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名残惜しいけど帰らねば!
3
破風岳を振り返って。ステキなお山でした!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
破風岳を振り返って。ステキなお山でした!
8
こんな感じでノスタルジックな気分に浸りつつ登山というのも新鮮でとても楽しめました〜♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じでノスタルジックな気分に浸りつつ登山というのも新鮮でとても楽しめました〜♪
10

感想/記録

昨日も今日も 所用でガッツリ登山に出かけられず、でも梅雨も間も無くやってくるし天気は二日間とも素晴らしい。。。うーん、約束の時間までに帰れる地元のどこかに行こう!と決めて出身地所縁の山に日の出を見に行く事にしました。

子供の時にいつも遊んでいた近所を流れる川底が真っ赤で、当然魚は全く居ませんでした。祖父母からは「須坂は大きな鉱山2つもあるから、そこの山から流れてくる川はみんな死んでしまったんだよ」と聞いていて 幼児にはその印象が強烈過ぎて 鉱山イコール怖いものというイメージのまま だいぶ大きくなるまで払拭出来ずに育ったのを覚えています。
登山をやるようなにって、地元の山を地図で見ていると鉱山跡地の印を発見。祖父母から聞いたあの鉱山の話だ!と分かってからと言うもの、いつかのんびり見てみたい山の1つとなっていました。
今日は昼前までに帰宅したいので、登山距離も短い小串鉱山周辺の山はちょうど良いかも!と 張り切って夜中に出発しました。

到着するや否や、目に飛び込む光景はあまり見かけた事の無い 殺伐とした雰囲気。朝日が昇ると、鉱山周辺の山は 私の知っているあの川の色と同じ赤茶けた赤褐色の色が混じる山肌をしているな、というのも複雑な気分になりました。
けれども、戦前から戦中、そして高度成長期までの戦後の大きな産業だった硫黄鉱山のお陰で須坂市が潤って、国が潤って、今の私たちの生活に続いているんだな〜と思うと、ここで活き活きと労働していた方々にも思い馳せてみたりとか この歳になって改めて地元の近代歴史を振り返る良い機会になりました!
こんな登山も良いですね♪ 次回は時間たっぷりの時に、四阿山までの稜線も繋いでみたいと思います。
訪問者数:459人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/4/19
投稿数: 1722
2019/5/26 18:05
 今日はそちらを見つめていましたよー
なんと、破風岳、池にツツジが映るころになったらharubo33 さんに連絡入れて一緒に行こうって言おうと思いながら、今日は四阿山でした。
最近、孤高のブナの足尾銅山の鉱毒の山に行ってきたところなので、
興味深く拝見しました。やはり、魚に被害、さらには人間には?って思います。
破風岳の池のほうからの登山口とは違うんかな?ケガした時に登山口だけ見てきたのですが。いつかまたお願いします。
登録日: 2016/11/23
投稿数: 263
2019/5/26 19:14
 Re: 今日はそちらを見つめていましたよー
hapiraさんこんばんはー♪ 四阿山だったんですね! もっと望遠で寄れればhapiraさん見えたのか〜 笑
池の方からの登山口は、牧場の方からですかね? 一緒に行きましょうヨ♪ 今日はタイムリミットもあって破風岳で戻りましたけど、時間があれば土鍋山とかその先も行きたかったし、hapiraさんとならどこでも楽しいの間違いなしなので(^^)
足尾銅山のレコ、タイムリーだなぁって読ませて頂きましたよ〜。私も小串に行こうと決めた後だったので。人には?って当然思いますよね。無毒な訳はなく、坑夫達は短い寿命だったのかなぁって想像してました。
山を通じて今更ながら、賢くなろうとしてますよー 笑
登録日: 2013/10/18
投稿数: 2508
2019/5/26 21:37
 「こんな登山も良いですね」
こんばんは。
恥ずかしながら「へえこんな山があるんだ!」でした(※慌てて地図を見る→そっか、あの辺なんだ。)

(※以下、引用ばかりになってすみませんが…)
>梅雨も間も無くやってくるし
→そっか、そうだった、梅雨が近いんだ。忘れてました(笑)
でも、6月頃の、たまに来る「晴れ」は空気が澄んで素晴らしいですけどね(数年前の四阿山などで体験)。

>約束の時間までに帰れる地元のどこかに
→アサカツってやつですね。朝7時台に下山とか(笑)、いくら地元とはいえ、ご健脚ならではの事ですね。
時間の有効活用!イイですね。

>子供の時に〜鉱山イコール怖いものというイメージのまま だいぶ大きくなるまで払拭出来ず
→あー、子供あるあるですね、大人に聞いた怖い話を引きずるのは。
私も幼少期、ちょっと変人の叔父がいて、「便所には怖い魔物が住んでるんだぞ」などと変なことを言うもんで、結構大きくなるまでトイレに行くのにドキドキしてましたから(笑)

>鉱山周辺の山は 私の知っているあの川の色と同じ赤茶けた赤褐色の色が混じる山肌をしているな、というのも複雑な気分に
→複雑さ、分かる気がします。

>この歳になって改めて地元の近代歴史を振り返る良い機会に
→年を重ねると、だんだん歴史が好きになるようです。学生時代は歴史なんて大嫌いな教科だったのに、です(※あ、私から見たら貴女はまだまだ「若者」の部類でしょうが…)。

>こんな登山も良いですね♪
→私も「たまにはこんな登山も」という山行をしたいのですが、どうしてもメジャーどころが多くなってしまいます(メジャー山域で行ってないところが大杉なこともあって)。

>四阿山までの稜線も繋いでみたいと思います。
→地図を見ると四阿山、確かに繫げそうな距離にありますね。

>Google先生に騙されて到着までに時間ロス
→私も昨日、それに近いことがありました。ナビではありませんが、スマホ検索で「騙された〜」ってやつ。
近々上げるレコに書くと思います(番宣?)。
登録日: 2016/11/23
投稿数: 263
2019/5/27 5:14
 Re: 「こんな登山も良いですね」
tsukadonさんおはようございます〜(^^)
アサカツしてきましたよー♪ さすがに100名でも200名でも無いので 詳しく知ってる!という方は多くないのでは?と思う山域ですよ〜。群馬県境の奥深い場所でした!
アプローチまでちょっと遠いですねぇ。県外の方なら、長野から入って山行後に万座に抜けて温泉満喫して帰るとかってパターンも行けそうな立地でした(^^)
そんな遠い場所に行くのに朝からGoogle先生に騙されたのでだいぶ損した気分にもなっちゃいましたよσ(^_^;) tsukadonさんの騙されたレコも楽しみに待ってまーす!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ