また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1868634 全員に公開 ハイキング東北

焼石岳 グルルルル

日程 2019年05月26日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
○秋田県側からのアプローチは、林道が開通してませんでした。
 三合目まで徒歩で約35〜40分。残雪や倒木も多く、開通までには少々時間がかかりそうな雰囲気。

○岩手県側 つぶ沼コース
 駐車場も広く、キャンプ地でもあり快適。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間24分
休憩
23分
合計
4時間47分
Sつぶ沼コース登山口07:5909:09石沼09:43つぶ沼コース分岐09:4410:06銀明水避難小屋10:43姥石平分岐11:0411:24銀明水避難小屋11:34つぶ沼コース分岐11:57石沼12:43つぶ沼コース登山口12:4412:46ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
○秋田県側からは、すぐに残雪の上を歩くようになる。
 釈迦懺悔までしか行ってませんが、その先、渡河地点まで下れば、相当な量だったでしょう。ルートファインディングに気を遣いそう。

○つぶ沼コース
 秋田側からのアプローチをあきらめ、たどり着く。中沼コースがメジャーだと知ったのは、そのコースと合流し情報をいただいてから。「つぶ沼からですか〜」と一様な反応。確かに長いかな。
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

写真

おはようございます。
いつもの焼石岳は、秋田県側からのアプローチ。
林道に入ってすぐにゲート封鎖で、歩いてます。
これじゃね。
2019年05月26日 05:07撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おはようございます。
いつもの焼石岳は、秋田県側からのアプローチ。
林道に入ってすぐにゲート封鎖で、歩いてます。
これじゃね。
3
メンテナンスにしばらく時間かかりそう。
山菜採りできていたグループは、残雪多いからって、帰っていった。
2019年05月26日 05:16撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
メンテナンスにしばらく時間かかりそう。
山菜採りできていたグループは、残雪多いからって、帰っていった。
このシーズンは、山での積雪は多かったんだね。
同じ時間に上り始めた方は、どうやら途中で引き返したらしい。
2019年05月26日 05:26撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このシーズンは、山での積雪は多かったんだね。
同じ時間に上り始めた方は、どうやら途中で引き返したらしい。
1
三合目の駐車スペースまで30分少々。
長かったな。
2019年05月26日 05:40撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三合目の駐車スペースまで30分少々。
長かったな。
3
当然コースも残雪が多い。
2019年05月26日 05:50撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
当然コースも残雪が多い。
2
夏道もそれなりに出ているし、ステップも切れるから不安はない。
2019年05月26日 05:54撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏道もそれなりに出ているし、ステップも切れるから不安はない。
1
4合目過ぎて・・・
2019年05月26日 05:55撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4合目過ぎて・・・
1
当然右に巻いていく。
2019年05月26日 06:02撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
当然右に巻いていく。
1
巻き終わったところ。
上ると景色はいいんだけどね。
2019年05月26日 06:07撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻き終わったところ。
上ると景色はいいんだけどね。
1
ここで雪の上歩きたくなりますが、コースは右。
そこで『グルル、グルル』と威嚇された。
いくら探しても見えないが『グルル』は近い。
「おお〜い」・・・『グルルル』
「へいへい」・・・『グルルグルル』
2019年05月26日 06:08撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで雪の上歩きたくなりますが、コースは右。
そこで『グルル、グルル』と威嚇された。
いくら探しても見えないが『グルル』は近い。
「おお〜い」・・・『グルルル』
「へいへい」・・・『グルルグルル』
10
釈迦懺悔方面に上って、時間をつぶす。
30分ほど音を出し続けるが、笹藪を動く気配がない。
もう一度確かめようと同じ地点に進むと
『グルルルグルルル』
譲ってくれないみたいなので、引き返すことにした。
2019年05月26日 06:26撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釈迦懺悔方面に上って、時間をつぶす。
30分ほど音を出し続けるが、笹藪を動く気配がない。
もう一度確かめようと同じ地点に進むと
『グルルルグルルル』
譲ってくれないみたいなので、引き返すことにした。
11
時間もあるし、岩手県側に足を伸ばして登ることにした。
2019年05月26日 07:25撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時間もあるし、岩手県側に足を伸ばして登ることにした。
2
コースがあるのをしっていた程度の予備知識。
登山コースとあるから、疑問も持たずに歩き出す。
2019年05月26日 07:59撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コースがあるのをしっていた程度の予備知識。
登山コースとあるから、疑問も持たずに歩き出す。
1
秋田側とうって変わっての乾いた道。
2019年05月26日 08:02撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋田側とうって変わっての乾いた道。
3
ん?意外と長いか?
2019年05月26日 08:04撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ん?意外と長いか?
2
気持ちいいが、遠景はない。
2019年05月26日 08:06撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちいいが、遠景はない。
5
ねじねじのブナ。
2019年05月26日 08:26撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ねじねじのブナ。
3
沢を渡河するところで残雪が。
2019年05月26日 08:37撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢を渡河するところで残雪が。
2
少し遠景。この前後に遠景は望めない。
2019年05月26日 08:46撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し遠景。この前後に遠景は望めない。
2
残雪地帯に入る。
2019年05月26日 08:54撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪地帯に入る。
3
いい天気。
2019年05月26日 09:02撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい天気。
6
初めての岩手側。
見える山のイメージがわかない。
2019年05月26日 09:06撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初めての岩手側。
見える山のイメージがわかない。
5
ここで、ドラゴンアイを見に来たという男性とすれ違うが、すでに消えていたと残念そうに引き返していた。
2019年05月26日 09:07撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで、ドラゴンアイを見に来たという男性とすれ違うが、すでに消えていたと残念そうに引き返していた。
2
きれいなブルー
2019年05月26日 09:11撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きれいなブルー
5
まだあるね。
2019年05月26日 09:22撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだあるね。
2
気持ちはいいが、ずっと同じ景色の中を歩いている感じ。
2019年05月26日 09:25撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちはいいが、ずっと同じ景色の中を歩いている感じ。
3
ここまでも非常に丁寧にピンクテープがある。
おかげで、初めての私でも不安なくこれた。
2019年05月26日 09:32撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまでも非常に丁寧にピンクテープがある。
おかげで、初めての私でも不安なくこれた。
5
丁寧です。
2019年05月26日 09:41撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丁寧です。
5
ここを登ると・・・
2019年05月26日 09:41撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを登ると・・・
2
あっちにもピンクテープ・・・
中沼コース、ここが分岐の様だ。
なるほど迷いやすい。
2019年05月26日 09:43撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっちにもピンクテープ・・・
中沼コース、ここが分岐の様だ。
なるほど迷いやすい。
2
ここら辺から多くの人と出会う。
「ああ〜、つぶ沼からですか〜」と一様な反応である理由がわかった。
2019年05月26日 09:44撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここら辺から多くの人と出会う。
「ああ〜、つぶ沼からですか〜」と一様な反応である理由がわかった。
2
どうりで疲れているわけだ。
2019年05月26日 09:55撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どうりで疲れているわけだ。
5
5時に中沼コースをスタートした方が下山してきた。
「ここから銀明水まで30分、そっから山頂1時間半かな」との情報、ありがとうございました。
2019年05月26日 09:56撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5時に中沼コースをスタートした方が下山してきた。
「ここから銀明水まで30分、そっから山頂1時間半かな」との情報、ありがとうございました。
6
銀明水で休憩して帰ろっと。
2019年05月26日 09:56撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
銀明水で休憩して帰ろっと。
2
思いの外早くついた。
登られるかたも多い。少し行ってみよう。
2019年05月26日 10:03撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
思いの外早くついた。
登られるかたも多い。少し行ってみよう。
2
雪はゆるんでいて、山靴のままで問題なし。
2019年05月26日 10:03撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪はゆるんでいて、山靴のままで問題なし。
3
あらま、いいゲレンデじゃない。
2019年05月26日 10:08撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あらま、いいゲレンデじゃない。
3
遠くの山はなんだろう。おもしろい形。
2019年05月26日 10:12撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くの山はなんだろう。おもしろい形。
2
ゲレンデをつめる。
2019年05月26日 10:12撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲレンデをつめる。
3
サングラス忘れて、目がしばしばする。
2019年05月26日 10:17撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サングラス忘れて、目がしばしばする。
3
雪のあるとき、スキーで来る人いるのかな?
2019年05月26日 10:20撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪のあるとき、スキーで来る人いるのかな?
2
もう少しで、姥石平。
2019年05月26日 10:26撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう少しで、姥石平。
3
ミヤマキンバイの咲き始め。
2019年05月26日 10:30撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマキンバイの咲き始め。
8
いつもと違うコースでのアプローチも悪くないな。
次は中沼コースですけどね。
2019年05月26日 10:30撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつもと違うコースでのアプローチも悪くないな。
次は中沼コースですけどね。
6
きれいね。
2019年05月26日 10:31撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きれいね。
8
最後の雪渓を登る。
2019年05月26日 10:36撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の雪渓を登る。
2
数株、早めのハクサンイチゲさん。
2019年05月26日 10:43撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
数株、早めのハクサンイチゲさん。
8
姥石平に残雪はなく、もう1〜2週間で楽園になっているでしょう。
2019年05月26日 10:44撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姥石平に残雪はなく、もう1〜2週間で楽園になっているでしょう。
9
今日は、ここが山頂ということで。
2019年05月26日 10:45撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は、ここが山頂ということで。
10
さい、ピンボケたか。
2019年05月26日 10:46撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さい、ピンボケたか。
7
ゆっくりできてよかった
2019年05月26日 10:49撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゆっくりできてよかった
4
ああ、そうか。来た道を戻るんだった。
わかっちゃいるけど、途中で中沼コースなるものがあることを知ったショックが軽く尾を引いている。
2019年05月26日 10:59撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ああ、そうか。来た道を戻るんだった。
わかっちゃいるけど、途中で中沼コースなるものがあることを知ったショックが軽く尾を引いている。
5
花の時期と天気と休み・・・
行き先に悩む時期になりました。
2019年05月26日 11:01撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花の時期と天気と休み・・・
行き先に悩む時期になりました。
8
さて、戻りましょう。
2019年05月26日 11:04撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、戻りましょう。
3
ざくざく下る。
2019年05月26日 11:17撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ざくざく下る。
3
雪質は、いわゆるストップ雪。
2019年05月26日 11:20撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪質は、いわゆるストップ雪。
3
あっという間に銀明水。
2019年05月26日 11:29撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっという間に銀明水。
4
あとは誰にも会わずに下る・・・
2019年05月26日 11:29撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとは誰にも会わずに下る・・・
2
新たな発見のあった今日でした。
ありがとうございました。
2019年05月26日 11:55撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新たな発見のあった今日でした。
ありがとうございました。
6

感想/記録

次回もし岩手側からのアプローチの機会があったら、中沼コースにしますね。

前日から入られていた皆様が、山開きの準備をされていたレコを拝見し、なるほど初回でも迷わずに歩けるものだと関心、感謝いたしました。ご苦労様です。
分岐にあった「つぶ沼コース」「中沼コース」の真新しい幟も、わかりやすかったです。

で、秋田県側のクマさん。
『グルルル』は過去にも何度も経験しましたが、だいたいはガサガサガサと藪の中を離れていくんですが、このクマさんはまったく動く気配がない。

木の上にもいないし、藪に目をこらしても全く見つけられないが、近い。
あちらさんには私が見えているんだと思いますが、
「おお〜い」・・・『グルルル』
「へいへいへい!!」・・・『グルル、グルルルル』
「へいへい!!」・・・『グルルゥ』
あまりの呼応の良さに笑いがこみ上げてくる。

30分ほど離れてから、もう一回近づくと、
叫ぶ前から・・・『グゥ〜ルルルルゥゥゥ』
はいはい、わかったわかった。
「おっけ〜」・・・(グ〜グルとは言わなかった)

1時間の林道歩きと併せて、引き返すのも悩みますが、
今日のところはクマさんの粘り勝ちということで。子連れだったのかな?

時間をつぶした釈迦懺悔からの景色がよく、岩手県側にまわって登り返したのでした。

いろいろありましたが、今日もよい山旅でした。
ありがとうございました。
訪問者数:345人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ