また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1868755 全員に公開 フリークライミング奥秩父

二子クライミング私生活、レイラ

日程 2019年05月26日(日) [日帰り]
メンバー
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

感想/記録

何だかんだで今週も二子へ。
平地は35℃近くになると予報。
まともなクライミングにならないだろうなと大して期待していなかったが、
予想に反して岩は先週よりも乾いており、フリクションも良かった。
(暑くなかったとは言ってない)

結果
高く登れ 再
ワーウアウト 再
私生活(龍勢)×RP 通算3日8便
レイラ5.11d ××RP 通算1日3便

朝から暑く8時過ぎ到着で岩場に気温計は既に23℃
新緑の木陰に入り涼しい風が抜けるが、5月の涼しさではない。
とりあえず広場でいつものアップ。ワークアウトの核心の一手が指先が動くので、いつもよりも保持感が良い。
アップが終わっていないのに冬のような身体の強張りが無いため、無駄に身体が動いてアンバンランス。

私生活1便目
朝一だがRPを狙っていく。
しかし核心手前の少し厳しいムーブを省エネ化しようとムーブを起こしたらスっぽ抜けてフォール。結局ワンテンでアップ便になってしまった。

私生活2便目
午後からは暑くなるのでRPは午前中しか狙えない。気合を入れて行ったつもりが、普段は外していくビレイ器をぶら下げたままだったりして結局抜けていた。
先週はドラゴで行って足裏感覚があるということの素晴らしさを認識したが、今週は暑さでゴムが負ける事も考えてハイアングルにした。
小さな突起や窪みに引っ掛ける足使いはやはり硬い靴の方がアシストを得られる分安心感がある。
最後の核心ムーブも先週教わったレイバックムーブの方がバランスで力の消耗を抑えられるので体幹で耐えてRP出来た。


そしてそこから繋げる龍勢は全く可能性を感じない。
私生活終了点でテンションを入れて練習してみてもかなり厳しい。
一度だけ右手カチ取りに成功したが、そこからクリップする為の2手が出せずに落ちた。12dとも言われるルートをアプローチとして登れるだけの実力が必要なようだ。

私生活PRして龍勢をトライする気にもなれずに、箸休めにずっと気になっていた広場エリアのレイラ5.11dをトライ。
マスターオンサイトトライ時は核心ムーブがわからなくてフォール。
スキップしてトップアウト。
その後にトライしている人の正解ムーブを見て2便目を出したが、よくわからなくてフォール。3便目でRPした。
私生活のマイライフ終了点くらいまでの強度かな、ムーブも面白いし、グラウンドフォールのリスクも低いので楽しめる。


石灰岩の妙。二子のフリクションは来てみないと本当によくわからない。雨が降ってる方が良くなることもあるし、今回のように週のはじめに大雨が降って暑い日が続いたときの方が乾いていたりする。壁に含まれる水分量がフリクションを左右しているのは間違いないけれど、その時の気温や日の当たり方などで変わってきてしまうので、とにかく雨が降ろうが雪が降ろうが猛暑だろうが、とりあえず触るという事が大事みたいだ。。。


【私生活】
一つのスタート地点から、ピヨピヨ、ピヨピヨピヨ、マイライフ、私生活、龍勢、乾杯という6本のラインが始まる。おそらくマイライフというラインが先にあり、そこをあえて厳しくも自然なラインを選び、さらに上部まで伸ばしたのが私生活だ。
スタートから強度の高いムーブが続き、マイライフ終了点とそこから3手出した先でもレストをする事が出来るが体幹を犠牲にして前腕を降るようなレストで完全に休みきれないまま、最後の核心セクションに入る。
終了点となるガバ?もリップにあるスローパーのようなもので終了点にクルップするまでかなり緊張する。
核心ムーブは顕著な縦ホールドを主に使うが、各所に使えそうなホールドが散らばっているためムーブは人によって異なる。
自分は縦ホールドを主に使うレイバックムーブを教わりそれを採用した。
一度落ちてテンションを掛けてレストしてしまうと、多少厳しいムーブでも出来てしまう事から、出来ないムーブを選択し続けてハマってしまう可能性があるので、落ちたらすぐにトライを再開し疲れた状態でムーブを固める必要がある。
訪問者数:107人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ