また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1869026 全員に公開 ハイキング日光・那須・筑波

守子登山口から西平岳〜釈迦ヶ岳(高原山)、暑くて辛い周回

日程 2019年05月26日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
守子登山口までは、細いが舗装された林道です。
登山口前に5台程度の駐車が可能。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち62%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間18分
休憩
44分
合計
8時間2分
S守子登山口08:3008:51守子神社08:5209:44西平岳登山口11:21西平岳11:2311:37休憩地11:5412:04中岳12:0512:32高原山12:3813:32剣ヶ峰13:4313:58矢板市最高地点14:07八海山神社14:1115:05ミツモチ山15:0716:32守子登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
GPS軌跡は、主に標高の低い部分のルートと、全ての標高をカシミール3Dで手直し。
コース状況/
危険箇所等
釈迦ヶ岳山頂直下は急坂。
中岳は、それ以上に急。
ミツモチ付近からの下山は、踏み跡がほとんどないため道迷い注意。
その他周辺情報来週・再来週の週末は、山の駅たかはらからシャトルバスが出るようです。
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

写真

守子登山口からスタート。
晴天、気温26℃(汗)。
駐車地には既に2台が駐車していた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
守子登山口からスタート。
晴天、気温26℃(汗)。
駐車地には既に2台が駐車していた。
入山してすぐにヤマツツジ・・・もう終わりかけ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入山してすぐにヤマツツジ・・・もう終わりかけ。
ここだけで見たギンリョウソウ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここだけで見たギンリョウソウ。
少し標高を上げると、終盤ではあるがヤマツツジの群生があちこちで見られる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し標高を上げると、終盤ではあるがヤマツツジの群生があちこちで見られる。
シロヤシオも出てきたが、終盤の上に花付きが非常に悪い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シロヤシオも出てきたが、終盤の上に花付きが非常に悪い。
1
守子神社に一礼。
背後にもヤマツツジ。
暑いせいか、昨晩焼肉食べ放題(飲み放題)だったせいか、すでにお疲れ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
守子神社に一礼。
背後にもヤマツツジ。
暑いせいか、昨晩焼肉食べ放題(飲み放題)だったせいか、すでにお疲れ。
今日はここを左へ曲がり、まず西平岳を目指す。
それにしても、ほとんど風がなく、暑くてたまらん。
飲み水が1.8ℓで足りるかも心配。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はここを左へ曲がり、まず西平岳を目指す。
それにしても、ほとんど風がなく、暑くてたまらん。
飲み水が1.8ℓで足りるかも心配。
シロヤシオとヤマツツジ・・・ヤマツツジが圧倒的に主張する。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シロヤシオとヤマツツジ・・・ヤマツツジが圧倒的に主張する。
2
この辺りは、道間違い注意。
もう少し先まで歩いた後、踏み跡がない&マークもないので地図を確認したら、方向がズレていたので戻った。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りは、道間違い注意。
もう少し先まで歩いた後、踏み跡がない&マークもないので地図を確認したら、方向がズレていたので戻った。
1
三ヶ所渡渉する・・・水はほとんどない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ヶ所渡渉する・・・水はほとんどない。
林道脇にイワニガナ?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道脇にイワニガナ?
西平岳登山口。
ここからひたすら高度を上げていく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西平岳登山口。
ここからひたすら高度を上げていく。
標高1200m地点・・・汗が止まらない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1200m地点・・・汗が止まらない。
終盤のミツバツツジが出てきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
終盤のミツバツツジが出てきた。
1
ヤマツツジは、開花前の木が多くなってくる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマツツジは、開花前の木が多くなってくる。
標高1300m・・・矢印が上向き。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1300m・・・矢印が上向き。
綺麗なシロヤシオが出てきた。
背景に、釈迦ヶ岳と鳶。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗なシロヤシオが出てきた。
背景に、釈迦ヶ岳と鳶。
2
満開のミツバツツジと釈迦ヶ岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
満開のミツバツツジと釈迦ヶ岳。
3
標高1400m。
暑いので休み休み上って行くが・・・ちょっと帰りたくなってきた(汗)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1400m。
暑いので休み休み上って行くが・・・ちょっと帰りたくなってきた(汗)。
まだ蕾さえあるミツバツツジ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ蕾さえあるミツバツツジ。
シロヤシオも。
来週が良さそうな雰囲気。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シロヤシオも。
来週が良さそうな雰囲気。
1
終盤のアカヤシオが出てきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
終盤のアカヤシオが出てきた。
野仏。
標高1400m付近ですれ違った方は、ここで引き返したらしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
野仏。
標高1400m付近ですれ違った方は、ここで引き返したらしい。
標高1600m。
1500mの道標は、未だに見たことがない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1600m。
1500mの道標は、未だに見たことがない。
展望が開けた場所から中岳。
斜面にある赤はアカヤシオだろう。
見るのは楽しみであるが、今日あそこを越えていくのは辛い(汗)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望が開けた場所から中岳。
斜面にある赤はアカヤシオだろう。
見るのは楽しみであるが、今日あそこを越えていくのは辛い(汗)。
この辺りは、アカヤシオの木だらけ。
最盛期に来てみたい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りは、アカヤシオの木だらけ。
最盛期に来てみたい。
西平岳の表示。
でも、山頂じゃないよね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西平岳の表示。
でも、山頂じゃないよね。
あまり見たことがない、ミネザクラとアカヤシオの競演。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あまり見たことがない、ミネザクラとアカヤシオの競演。
1
この辺が、西平岳山頂だと思うが・・・場所がハッキリしない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺が、西平岳山頂だと思うが・・・場所がハッキリしない。
ザレ場に出てきた。
少し風があって涼しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザレ場に出てきた。
少し風があって涼しい。
会津駒ヶ岳、鶏頂山。
結果からいうと、ここで景色を堪能しておいて良かった。
少し風に当たってから先に進む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
会津駒ヶ岳、鶏頂山。
結果からいうと、ここで景色を堪能しておいて良かった。
少し風に当たってから先に進む。
1
シャクナゲの蕾。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャクナゲの蕾。
1
実のなりかけたヒメイチゲ。
ちょっと気分が悪くなってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
実のなりかけたヒメイチゲ。
ちょっと気分が悪くなってきた。
中岳に上る直前に大休止。
予想通り、ここは風が良く吹く上に日陰で体に優しい。
この先食欲がなくなりそうなので、無理やり菓子パン1個をほおばる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳に上る直前に大休止。
予想通り、ここは風が良く吹く上に日陰で体に優しい。
この先食欲がなくなりそうなので、無理やり菓子パン1個をほおばる。
1
ちょっとは元気が出てきたので、先に進む。
綺麗なアカヤシオが、ちょっとだけ疲れを紛らわせてくれる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとは元気が出てきたので、先に進む。
綺麗なアカヤシオが、ちょっとだけ疲れを紛らわせてくれる。
4
中岳山頂に登頂?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳山頂に登頂?
今年の2月に来た時、このトラバース道で怖い目に合った。
なるほど、足の置き場がほとんどない。
確かこの辺りから、強引に尾根によじ登った。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年の2月に来た時、このトラバース道で怖い目に合った。
なるほど、足の置き場がほとんどない。
確かこの辺りから、強引に尾根によじ登った。
まだ蕾を残すアカヤシオ。
来週には、ピークを過ぎてしまいそう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ蕾を残すアカヤシオ。
来週には、ピークを過ぎてしまいそう。
アカヤシオと釈迦ヶ岳。
あの斜面を登って行くと思うと気が滅入る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカヤシオと釈迦ヶ岳。
あの斜面を登って行くと思うと気が滅入る。
5
2月には、よじ登るのに苦労した急斜面(振り向いて撮影)。
雪が無ければ何でもないルート。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2月には、よじ登るのに苦労した急斜面(振り向いて撮影)。
雪が無ければ何でもないルート。
標高を10m上げる毎に立ち止まる。
釈迦ヶ岳に登頂せず、最短ルートで戻る・・・なんてことまで考えたりしたが、なんとか前進し続ける。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高を10m上げる毎に立ち止まる。
釈迦ヶ岳に登頂せず、最短ルートで戻る・・・なんてことまで考えたりしたが、なんとか前進し続ける。
ようやく釈迦ヶ岳に登頂。
こんなに苦労するとは思わなかった。
頂上には、ドローンを飛ばしている人を含め、休憩者多数。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく釈迦ヶ岳に登頂。
こんなに苦労するとは思わなかった。
頂上には、ドローンを飛ばしている人を含め、休憩者多数。
遠望は悪くなっていた。
日光連山でさえ霞む。
食欲が出ないので、小休止して下山を開始する。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠望は悪くなっていた。
日光連山でさえ霞む。
食欲が出ないので、小休止して下山を開始する。
調子が良ければ鶏頂山にも行きたかったが、今日は無理。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
調子が良ければ鶏頂山にも行きたかったが、今日は無理。
釈迦ヶ岳の山頂直下には、まだほとんど花が咲いていない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釈迦ヶ岳の山頂直下には、まだほとんど花が咲いていない。
少し標高を下げると、稜線の下にムシカリが沢山咲いている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し標高を下げると、稜線の下にムシカリが沢山咲いている。
蕾を付けたシロヤシオが出て来た。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蕾を付けたシロヤシオが出て来た。
この辺りのアカヤシオは終盤。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りのアカヤシオは終盤。
コヨウラクツツジ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コヨウラクツツジ。
1
特に寄る必要も無かったが、一応剣ヶ峰に登頂。
案外涼しいので、休憩がてらオニギリ1個を食べる。
残りの飲み水は心もとない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
特に寄る必要も無かったが、一応剣ヶ峰に登頂。
案外涼しいので、休憩がてらオニギリ1個を食べる。
残りの飲み水は心もとない。
ここが正念場の、矢板市最高点への登り返し。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが正念場の、矢板市最高点への登り返し。
ヒメイチゲなんかを撮りながら、ゆっくり登って行く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒメイチゲなんかを撮りながら、ゆっくり登って行く。
やっと着いた矢板市最高点。
ここからは、ほとんど下りのみ・・・最後には登りがあるけど(汗)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと着いた矢板市最高点。
ここからは、ほとんど下りのみ・・・最後には登りがあるけど(汗)。
八海山神社脇のケルンは、相変わらず高い。
石が平たいからかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八海山神社脇のケルンは、相変わらず高い。
石が平たいからかな?
歩いて来た山々を見ながら小休止。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いて来た山々を見ながら小休止。
咲き始めのシロヤシオ。
来週辺りが良さそうだが、花付きは良くない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
咲き始めのシロヤシオ。
来週辺りが良さそうだが、花付きは良くない。
2
ここからミツモチへ向かう。
小さいが、ミツモチへの道標がある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからミツモチへ向かう。
小さいが、ミツモチへの道標がある。
程なく、林道に合流。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
程なく、林道に合流。
林道脇には、今日一の花付きのシロヤシオ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道脇には、今日一の花付きのシロヤシオ。
1
ミツバツツジ。
これは見事だが、他の木は終盤のものが多い。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバツツジ。
これは見事だが、他の木は終盤のものが多い。。
2
ヤマツツジは、ほとんどが蕾。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマツツジは、ほとんどが蕾。
青空コースからヤシオコースへ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空コースからヤシオコースへ。
シロヤシオが咲いてはいるが、ちょっと寂しい感じ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シロヤシオが咲いてはいるが、ちょっと寂しい感じ。
アップにすれば、綺麗だけどねぇ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップにすれば、綺麗だけどねぇ。
1
展望台に登ってみたが、遠望はイマイチ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台に登ってみたが、遠望はイマイチ。
展望台の脇にズミ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台の脇にズミ。
三色ツツジ。
シロヤシオが寂しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三色ツツジ。
シロヤシオが寂しい。
この三本はなかなか見事。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この三本はなかなか見事。
踏み跡が見えないので、この辺りから適当に目的の尾根へ向かう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み跡が見えないので、この辺りから適当に目的の尾根へ向かう。
時々目印はあるが、踏み跡はない。
基本には尾根歩きだが、その尾根が広いので進む方向が分かり辛い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時々目印はあるが、踏み跡はない。
基本には尾根歩きだが、その尾根が広いので進む方向が分かり辛い。
ヤマツツジが出てくる。
熊との遭遇が怖いので、拍手なんかをしながら進む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマツツジが出てくる。
熊との遭遇が怖いので、拍手なんかをしながら進む。
1
一昨年に見た刺股・・・かと思ったが、違う木かも。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一昨年に見た刺股・・・かと思ったが、違う木かも。
1
返って、道間違いしそうな目印もある。
地図やGPSは手放せない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
返って、道間違いしそうな目印もある。
地図やGPSは手放せない。
随分ハッキリした踏み跡だが、左右に延びているだけ・・・獣道?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
随分ハッキリした踏み跡だが、左右に延びているだけ・・・獣道?
尾根ロスト中。
進行方向左手(東)の尾根が正解そうなので、そちらに向かう。
残りの飲み水が少ない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根ロスト中。
進行方向左手(東)の尾根が正解そうなので、そちらに向かう。
残りの飲み水が少ない。
尾根に近づくと、ヤマツツジが出てきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に近づくと、ヤマツツジが出てきた。
なんか目印があったので、ここから下方に向かうが・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんか目印があったので、ここから下方に向かうが・・・
えらく急な場所に出てしまった。
こんな場所見たことないので地図を良く見ると、少し前に地図を見たときに、見方を間違えていたようで、もっと東に向かう必要があった。
この頃には、熊のことなんか頭からなくなっていた・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
えらく急な場所に出てしまった。
こんな場所見たことないので地図を良く見ると、少し前に地図を見たときに、見方を間違えていたようで、もっと東に向かう必要があった。
この頃には、熊のことなんか頭からなくなっていた・・・
ようやく目的の尾根を歩いて、右手に林道を発見。
適当な所から林道に降りる。
熊に会わなくて良かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく目的の尾根を歩いて、右手に林道を発見。
適当な所から林道に降りる。
熊に会わなくて良かった。
開花前のフタリシズカ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開花前のフタリシズカ。
1
林道を登り返すが、地味にキツイ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を登り返すが、地味にキツイ。
なんとかゴール。
水の残量はゼロ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとかゴール。
水の残量はゼロ。
1

感想/記録

暑さが気になりましたが、一度高原山のツツジを見に行ってみることにしました。

目的のツツジは、標高を上げるにつれ、ヤマツツジ・シロヤシオ・ミツバツツジ・アカヤシオと、4種類見られて良かったのですが、通ったコース上には、あまり花付の良いシロヤシオはありませんでした。

そしてまだ5月だと言うのに、予想以上の暑さ!
序盤から大量の汗が噴出し、気力・体力の消耗が激しい。
途中、撤退すら頭を過ぎりました。
周回するには飲み水も少なかったようで、反省です。

下山時のルートでの道迷いは想定内でしたが、地図の読み間違いとは、まだまだ修行が足りないようです。
訪問者数:338人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ