また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1869392 全員に公開 沢登り甲信越

笠菅山南西面 中ノ沢川支流無名沢遡行タキノ沢下降

日程 2019年05月27日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間40分
休憩
0分
合計
3時間40分
Sスタート地点08:5312:33ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

写真

無名沢出合い
2019年05月27日 09:04撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無名沢出合い
出合からしばらく。まだしょぼい。
2019年05月27日 09:04撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出合からしばらく。まだしょぼい。
最初の小滝。
2019年05月27日 09:08撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の小滝。
出合いのしょぼさの割りに釜は腰ぐらいある。
2019年05月27日 09:12撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出合いのしょぼさの割りに釜は腰ぐらいある。
沢のスケールを示す為に自分を入れた。
2019年05月27日 09:16撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢のスケールを示す為に自分を入れた。
ミニゴルジュ。ステミング気味に突破。水深は足が着かなかったので落ちて挟まると結構危ないかも。
2019年05月27日 09:17撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミニゴルジュ。ステミング気味に突破。水深は足が着かなかったので落ちて挟まると結構危ないかも。
4m弱ぐらい。
2019年05月27日 09:25撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4m弱ぐらい。
4m強ぐらい。花崗岩でフリクションが効く。甌穴がいっぱいあって、水晶でも溜まってないかなと暫く甌穴内の砂をさらって遊んだりした。収穫無し。
2019年05月27日 09:45撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4m強ぐらい。花崗岩でフリクションが効く。甌穴がいっぱいあって、水晶でも溜まってないかなと暫く甌穴内の砂をさらって遊んだりした。収穫無し。
右俣出合いの滝。これは登らず左俣へ。
2019年05月27日 09:56撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右俣出合いの滝。これは登らず左俣へ。
左俣に入るとこんな感じの籔沢。
2019年05月27日 10:00撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左俣に入るとこんな感じの籔沢。
タキノ沢のそのまた支流の源頭。
2019年05月27日 10:13撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タキノ沢のそのまた支流の源頭。
タキノ沢本流を見下ろす。7mぐらい。水線付近は適当な木が無いので懸垂できない。
2019年05月27日 10:28撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タキノ沢本流を見下ろす。7mぐらい。水線付近は適当な木が無いので懸垂できない。
ちょっと上流の森の中空から懸垂。2ピッチ目の支点から谷底までさらに8mくらい見下ろす。
2019年05月27日 10:44撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと上流の森の中空から懸垂。2ピッチ目の支点から谷底までさらに8mくらい見下ろす。
見上げる。
2019年05月27日 10:48撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見上げる。
降りられなかった滝。木はあるにはあるのだが雪国特有の斜面に沿って寝てる木なので、懸垂のロープを掛けるなら捨て縄が必要。
2019年05月27日 10:53撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降りられなかった滝。木はあるにはあるのだが雪国特有の斜面に沿って寝てる木なので、懸垂のロープを掛けるなら捨て縄が必要。
5mほど懸垂。
2019年05月27日 10:55撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5mほど懸垂。
5mぐらい面倒なので肩がらみで降りたふぁ、襟のない服だったので首が痛い(あたりまえ体操)
2019年05月27日 11:00撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5mぐらい面倒なので肩がらみで降りたふぁ、襟のない服だったので首が痛い(あたりまえ体操)
ゴボウで降りた。
2019年05月27日 11:22撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴボウで降りた。
色が鈍いけど多分ヤマカガシ。危うく踏むところだった。
2019年05月27日 11:30撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
色が鈍いけど多分ヤマカガシ。危うく踏むところだった。
段々のゴーロ。
2019年05月27日 11:36撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
段々のゴーロ。
白く飛んでるのは県道のアスファルト。20mぐらい見下ろす。
2019年05月27日 11:38撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白く飛んでるのは県道のアスファルト。20mぐらい見下ろす。
最後の滝。
2019年05月27日 12:20撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の滝。

感想/記録

 仕事で中ノ沢に行く度に通りすぎるので気になっていた沢。記録は見当たらない。
土曜日仕事だったので月曜代休。

 無名沢は出合は貧弱だが、結構奥まで水があるし、私のへなちょこクライミングに見あったレベルの小滝がコンスタントに現れ、楽しかった。中ノ沢川本流とはコルゲート管で連絡するしょぼい沢なのだが、意外とでかい(7寸)岩魚もいた。
 180m二俣は水量こそおよそ一対一だが、右の方が明るい。今回はタキノ沢下降のため左に入る。二俣を過ぎると藪が酷くなる。(もっとも、こんな誰も来ないような沢は常に藪が酷くて、ちゃんとした沢屋さんからしたら面白くないだろうけど。その中で更に酷い藪。)ハイイヌガヤがちくちくする。
 
 いい加減籔がどうしようもなくなってきたところで強引に尾根を越えてタキノ沢(のそのまた支流)に移る。水の無い沢底に笹が広がる。
 滝が出てきて降りられない。支点を取れる斜面から2ピッチの懸垂でタキノ沢本流に降りるとようやく水があり、おたまじゃくしが多い。それから頑張ればクライムダウンできなくも無さそうだけど1ピッチの懸垂をする滝が4個ほど。最後は巨岩のゴーロで一気に高度を下げ、15メートルほどの滝で県道に下りる。この最後の滝も2ピッチで降りなきゃならんのだが、2ピッチ目の支点が見つからない。とりあえずテラスまで8mほど降り、籔の中の振り子トラバースで隣のルンゼに移ってみたりもしたがそこからだとロープが引っかかって回収できない。プルージックで少し登り返して再び振り子トラバースでテラスに戻り、今度はロープいっぱいまで懸垂して滝の中セミになったままロープを回収し、そこからは草と枯れた藤のツタを使って強引にクライムダウンした。県道から丸見えの滝で20分ぐらいセミになってしまった。恥ずかしい。

隣の赤松沢も遡行して笠菅山に登るつもりだったが、最初の2本の沢が思ったより面白かったし、今持ってる20mロープの限界も感じたのでこれでおしまい。三川温泉に入って帰る。
訪問者数:113人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ