また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1869681 全員に公開 ハイキング関東

谷川岳観賞コース散策

日程 2019年05月27日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
土合駅下車。
帰りはロープウェイ駅からバスで水上駅からJR
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間50分
休憩
0分
合計
4時間50分
Sスタート地点08:3013:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
旧国道なので一ノ倉沢出合までは舗装道路、その先は砂利道で幽ノ沢まで、幽ノ沢出合は残雪で道が塞がれUターン。
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

写真

1年ぶりに土合駅です。
(08:47)
2019年05月27日 08:47撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1年ぶりに土合駅です。
(08:47)
8
土合駅です
(09:01)
2019年05月27日 09:01撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土合駅です
(09:01)
1
バス道を歩きます
2019年05月27日 09:06撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バス道を歩きます
1
土合橋
渡らずに右に行けば白毛門
2019年05月27日 09:08撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土合橋
渡らずに右に行けば白毛門
橋の上から
2019年05月27日 09:09撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋の上から
3
右に曲がり蓬峠方面へ
(09:10)
2019年05月27日 09:10撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右に曲がり蓬峠方面へ
(09:10)
2
こんな道です
2019年05月27日 09:11撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな道です
2
滝の上、湯檜曽川です
2019年05月27日 09:11撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝の上、湯檜曽川です
2
なんと❗通行止め
(09:14)
2019年05月27日 09:14撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんと❗通行止め
(09:14)
1
橋を岩が覆い、冠水しています。
濡れる事を覚悟すれば行けますが、通行止になっているので、
予定変更。
逆コースにしました。
2019年05月27日 09:16撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋を岩が覆い、冠水しています。
濡れる事を覚悟すれば行けますが、通行止になっているので、
予定変更。
逆コースにしました。
7
遭難者の慰霊広場
(09:27)
2019年05月27日 09:27撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遭難者の慰霊広場
(09:27)
1
モノレール乗り場を通り
2019年05月27日 09:33撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モノレール乗り場を通り
先に進みます
天神平が見えます
〔天神平は💠カタクリの花の真っ盛り〕
帰りの🚌バスのチラシで知りました。
2019年05月27日 09:41撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先に進みます
天神平が見えます
〔天神平は💠カタクリの花の真っ盛り〕
帰りの🚌バスのチラシで知りました。
2
〔谷川岳山岳資料館〕がありました。
中にはたくさんの古いアイゼン、ピッケル、ザイル等々がぎっしり展示してありました。
必見です。
2019年05月27日 09:42撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
〔谷川岳山岳資料館〕がありました。
中にはたくさんの古いアイゼン、ピッケル、ザイル等々がぎっしり展示してありました。
必見です。
4
周辺マップ
2019年05月27日 09:46撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
周辺マップ
この地点標高750メートル
2019年05月27日 09:46撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この地点標高750メートル
タニウツギでしょうか、あちこちに。
♪卯の花の匂う・・・ホトトギスはやも来鳴きて
ホトトギスよいずこに?
2019年05月27日 09:46撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タニウツギでしょうか、あちこちに。
♪卯の花の匂う・・・ホトトギスはやも来鳴きて
ホトトギスよいずこに?
8
クルマバソウ発見?
しかし、葉の数が少ない
2019年05月27日 09:50撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クルマバソウ発見?
しかし、葉の数が少ない
2
クルマムグラかも
2019年05月27日 13:09撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クルマムグラかも
3
デカイ葉っぱです
ヤグルマソウ?
2019年05月27日 10:05撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
デカイ葉っぱです
ヤグルマソウ?
デカイ葉っぱ群
2019年05月27日 12:57撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
デカイ葉っぱ群
白毛門です
(湯檜曽川の反対側)
ここから始まる100キロトレイルというのがあるようです。
2019年05月27日 10:13撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白毛門です
(湯檜曽川の反対側)
ここから始まる100キロトレイルというのがあるようです。
3
マチガ沢の岩壁
(10:18)
2019年05月27日 10:18撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マチガ沢の岩壁
(10:18)
8
巌剛新道登山口
10代で初めて谷川岳に登った時ここから入りました。
もう記憶がほとんどありません。
2019年05月27日 10:21撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巌剛新道登山口
10代で初めて谷川岳に登った時ここから入りました。
もう記憶がほとんどありません。
1
これ、カメバソウ?
2019年05月27日 10:23撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これ、カメバソウ?
4
マチガ沢の水をいただきました。
冷たさが美味しいです。
(10:25)
2019年05月27日 10:25撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マチガ沢の水をいただきました。
冷たさが美味しいです。
(10:25)
4
三つ葉
2019年05月27日 10:27撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三つ葉
(鳥取)大山で見たのは枯れ色でしたけど
2019年05月27日 10:44撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(鳥取)大山で見たのは枯れ色でしたけど
エイレンソウかな
花は無いけど
2019年05月27日 10:44撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エイレンソウかな
花は無いけど
1
こんな車が観光客を乗せて走っていました。
2019年05月27日 10:46撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな車が観光客を乗せて走っていました。
1
岩壁が見えてきました
(10:50)
2019年05月27日 10:50撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩壁が見えてきました
(10:50)
8
秋に赤い実のなるガマズミでしょうか
2019年05月27日 10:51撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋に赤い実のなるガマズミでしょうか
4
ヘルメットをぶら下げた一行です
2019年05月27日 10:53撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘルメットをぶら下げた一行です
一ノ倉沢の岩壁です
(10:53)
2019年05月27日 10:53撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ倉沢の岩壁です
(10:53)
8
清水越新道
2019年05月27日 10:55撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清水越新道
帰りに、ここで食事をしていると、雪渓を降りてきたグループがありました。
2019年05月27日 10:58撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りに、ここで食事をしていると、雪渓を降りてきたグループがありました。
7
この先は
2019年05月27日 10:56撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先は
1
こんな道になりました。
2019年05月27日 11:05撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな道になりました。
1
幽ノ沢の岩壁が見えてきました
(11:16)
2019年05月27日 11:16撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幽ノ沢の岩壁が見えてきました
(11:16)
7
雪で倒された小枝がとうせんぼ
2019年05月27日 11:17撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪で倒された小枝がとうせんぼ
道路が雪で見えなくなりました。
2019年05月27日 11:18撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道路が雪で見えなくなりました。
恐る恐る渡って見ましたが
引き返すことにしました。
岩肌に遭難者を悼むプレートがたくさん打ち付けてありました。
(11:19)
2019年05月27日 11:19撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
恐る恐る渡って見ましたが
引き返すことにしました。
岩肌に遭難者を悼むプレートがたくさん打ち付けてありました。
(11:19)
4
幽ノ沢の雪解け水が勢いよく流れています。
2019年05月27日 11:30撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幽ノ沢の雪解け水が勢いよく流れています。
旧清水越え国道の石組
2019年05月27日 11:36撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧清水越え国道の石組
2
笠ヶ岳(左)と白毛門(右)
2019年05月27日 12:12撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳(左)と白毛門(右)
5
山側にいたアサギマダラ
思わず「デカイ」と声が出てしまいました。
道路を渡って谷筋へ行かれました。
2019年05月27日 12:26撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山側にいたアサギマダラ
思わず「デカイ」と声が出てしまいました。
道路を渡って谷筋へ行かれました。
3
白い花が咲いています
2019年05月27日 12:41撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白い花が咲いています
2
木漏れ日と野鳥の声する林
2019年05月27日 12:58撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木漏れ日と野鳥の声する林
西黒尾根登山口
行きでは気がつきませんでした。
2019年05月27日 13:05撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西黒尾根登山口
行きでは気がつきませんでした。
フデリンドウ?
2019年05月27日 13:11撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フデリンドウ?
15
ロープウェイ駅は目の前です。
バスは13時20分発
(13:15)
2019年05月27日 13:15撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェイ駅は目の前です。
バスは13時20分発
(13:15)
3

感想/記録

土合橋を渡って、沢沿いの道を行くつもりでしたが、雪解けの増水で通行止に。
予定を変更して、復路に予定していたコースを逆に歩くことにしました。

〔谷川連峰&白毛門、上から見るか?下から見るか?〕

もう半世紀も前に湯檜曽川沿いの道を土合駅に向かって歩いた記憶がありますが、改めてじっくり谷川連峰の大岩壁、そして反対側の白毛門を見上げながら歩くのもいいもんだな!と感じました。

私を追い越して行ったソロの姉さん、幽ノ沢では後からやってこられて、しばらくお話ししました。
夏場、岩壁を見上げると赤や黄色や目立つ服の人が登っているのが見えるんです。
と言っていました。

昨年白毛門に向かったとき、ブヨが多くて悩まされましたので、今回は花粉対策眼鏡を使いました。
目の前に集まるブヨ達が集まっては来るものの本懐を遂げられず残念そうでした。
黒いネットを夫妻(多分)で被って颯爽としている姿も目撃しました。

今回、隠れた目的が2つありました。
1つは、クルマバソウの花を見る。
もう1つは、ホトトギスの声を聴く。


🌿クルマバソウらしきものはありましたが、葉の数が少ないし、クルマムグラかも知れません。
いずれにしても花は見れませんでした。

🐦野鳥の鳴き声はたくさん聴きましたが、ホトトギスは残念ながら聴くことができませんでした。
訪問者数:494人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ