また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 187118 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 奥秩父

1Day縦走【上日川峠-大菩薩嶺-★★★-笹子雁ヶ腹摺山-笹子峠】

情報量の目安: S
-拍手
日程 2012年04月30日(月) [日帰り]
メンバー
 qwg
天候薄曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 自転車
上日川峠までマイカーで送ってもらいました。
日影ゲートに前日自転車をデポして、家までサイクリング。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち82%の区間で比較) [注意事項]

コースタイム [注]

上日川峠6:11-(0:45)-6:56標高1960m付近6:59-(0:11)-7:10大菩薩嶺-(0:21)-7:32大菩薩峠-(1:00)-8:32小金沢山8:43-(1:01)-9:45黒岳-(0:30)-10:15湯ノ沢峠のお花畑10:28-(0:18)-10:46大蔵高丸-(0:54)-11:41大谷ヶ丸11:51-(0:44)-12:36大鹿山-(0:11)-12:48大鹿峠13:00-(0:39)-13:39お坊山-(0:55)-14:35笹子雁ヶ腹摺山手前ピーク14:46-(0:12)-14:59笹子雁ヶ腹摺山15:03-(0:25)-15:29笹子峠-(0:04)-15:33笹子峠登山口-(0:11)-15:45沢徒渉ポイント15:48-(0:18)-16:07日影ゲート

歩行時間8:47+休憩時間1:08=全行程9:56
標準コースタイム15:10、短縮率66%
コース状況/
危険箇所等
○上日川峠-福ちゃん荘-雷岩-大菩薩嶺
日本100名山のアプローチだけあって、大変歩きやすいです。
福ちゃん荘までは、登山道と舗装路を選べます。私は、ウォーミングアップのため舗装路を歩きました。
福ちゃん荘で道を分けます。唐松尾根を登りました。一気に標高差340mを稼ぎ、雷岩に出ます。雷岩からは、緩やかな登りで程なく大菩薩嶺に到着します。雪解け後のため、ぬかるんでました。

○大菩薩嶺-雷岩-大菩薩峠-熊沢山-石丸峠-狼平-小金沢山
大菩薩峠まで気持ちの良い尾根を下っていきます。足場は、石ころですので、走る場合は、注意が必要です。眺めが良いので脇見をしていると足をくじきますので注意して下さい。
大菩薩峠からうっそうとした樹林帯を登り熊沢山まで登ります。突然視界が開け防火帯が現れ、またまた気持ちの良い尾根道となります。高度を下げ石丸峠を通過。石丸峠先200mに牛ノ寝通りへの分岐を分けます。1957mの小ピークを越え。狼平を過ぎてから小金沢山への登りとなります。たいした急登はなく、開けた山頂に到着します。

○小金沢山-牛奥ノ雁ヶ腹摺山-川胡桃沢ノ頭-黒岳-湯ノ沢峠
細かいアップダウンをくり返しながら徐々に高度を下げていきます。牛奥ノ雁ヶ腹摺山までは、1400m、累積標高+68m、-93mと数字からもなだらかなことが分かります。
奥ノ雁ヶ腹摺山から高度を140mほど下げ、コルから登り返します。200mほど歩くと登山道に鹿の屍があります。異臭が漂っていますので、すぐに分かると思います。
川胡桃沢ノ頭は、標識がなければ分からないようなピークです。この先も登り基調です。小さな下りを交えて黒岳に到着します。黒岳手前には、大峠への分岐があります。
黒岳からは、小ピークを二つ越えて、一気に下降します。標高差240m、距離770m、俯角22度でした。左側がガレていてスリルがあります。

○湯ノ沢峠-大蔵高丸-ハマイバ丸-天下石-米背負峠-大谷ヶ丸
湯ノ沢峠から東に少し下ると避難小屋と水場、トイレがあるようです。湯ノ沢峠先に「湯ノ沢峠のお花畑」があり、時期になると花が咲くようです。
大蔵高丸へは、尾根を直登するコースが廃止され、東に大きく巻くコースが整備されています。
ハマイバ丸までは、標高差10m以下の小さなアップダウンが続き、緩やかに高度を落としていきます。
小さなピークを越えながら天下石への登り返しをして、米背負峠まで高度を落としていきます。ハマイバ丸から米背負峠まで、1840m、累積標高+60m、-260m、俯角7.6度です。
大谷ヶ丸までは、100mほどの登り返しとなります。この区間は展望がありません。

○大谷ヶ丸-コンドウ丸-曲り沢峠-大鹿山-大鹿峠
途中不明瞭で滑りやすい尾根道を一気に高度を下げます。ややなだらかになった標高1400m地点には、防火帯があり、間違って誘われてしまいます。右手に細い登山道がありますが、標識はありませんでした。
コルからちょっとした登りでコンドウ丸に到着します。
コンドウ丸から曲り沢峠まで歩きやすい下りです。曲り沢方面への下降点がありますが、荒れているとの注意書きがありました。曲り沢峠は、コルという感じは余りなく、大鹿山手前まで下っていきます。
トレイルは、大鹿山に直登するコースと、左を巻くコースに分かれます。大鹿山は、展望もなく、その後の下りは足場が悪く急斜面でした。
大鹿峠は、ベンチがあります。標高は1,110mくらいです。ほぼ笹子峠(1,100m)と同じ標高です。

○大鹿峠-お坊山-トクモリ-米沢山-笹子雁ヶ腹摺山-笹子峠
大鹿峠からお坊山まで距離1,370m、標高差300m、俯角20度と今回のコースで一番きつい部分です。尾根をジグザグに登りつつ、山頂が近づくにつれ、やや左を巻いて傾斜をゆるめていきます。
お坊山を過ぎると、笹子の村落が眺められます。富士山は、尾根の左側に見えるようになります。
お坊山から先は、急斜面の岩尾根となり、途中クサリなども設置されてます。急なアップダウンをいやという程くり返します。トクモリや米沢山のピーク以外に沢山のピークがあります。米沢山からは、笹子雁ヶ腹摺山が眼前にそびえ立っているのが見えてきます。
最後の小ピークを過ぎ、距離370m、標高差100m、俯角23度の急斜面を登りきると、本日最後のピーク笹子雁ヶ腹摺山に到着です。南面と西面の展望が良く、富士山も見ることができます。
山頂からは笹子駅に直接下る道を分け、一気に高度を下げます。山頂直下は、傾斜がありますが、良く整備されています。鉄塔が現れると急斜面も終わりです。尾根を巻くような感じで徐々に下っていき、2個目の鉄塔にぶつかり、その先尾根に出たところで尾根沿いに下ると笹子峠です。

○笹子峠-笹子峠登山口-甲州街道峠道-日影ゲート
笹子峠から、良く踏まれたトレイルを下るとすぐに赤い鳥居の天神宮があります。やがて左下に車道が見えて登山口に到着です。旧甲州街道は、勝沼側が日影ゲート手前のところで土砂崩れのため、笹子駅側も閉鎖されているようです。駐車場には車が見あたりませんでした。
登山口から日影ゲート手前までは、甲州街道峠道という登山道が整備されてます。距離1,600m、高低差200m、俯角10度で、歩きやすい道です。
過去天気図(気象庁) 2012年04月の天気図 [pdf]

写真

車道から福ちゃん荘が見えてきました。ここまで車で登ってこられます。そこまでズルすると登山する価値が下がるので、自制します。
2012年04月30日 06:23撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道から福ちゃん荘が見えてきました。ここまで車で登ってこられます。そこまでズルすると登山する価値が下がるので、自制します。
唐松尾根から、富士山と日川ダム
2012年04月30日 07:01撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松尾根から、富士山と日川ダム
雷岩。本日大縦走する稜線に到着です
2012年04月30日 07:06撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷岩。本日大縦走する稜線に到着です
大菩薩嶺までプチピストンしました。多分3度目のピーク。日本百名山&山梨百名山です
2012年04月30日 07:11撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大菩薩嶺までプチピストンしました。多分3度目のピーク。日本百名山&山梨百名山です
賽ノ河原から大菩薩嶺を振り返る
2012年04月30日 07:25撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
賽ノ河原から大菩薩嶺を振り返る
親不知ノ頭から富士山。曇りなのでうっすらです
2012年04月30日 07:27撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
親不知ノ頭から富士山。曇りなのでうっすらです
1
大菩薩峠。お土産屋さんもあって、風情があります。でも車が置いてあって、ありゃって感じです
2012年04月30日 07:32撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大菩薩峠。お土産屋さんもあって、風情があります。でも車が置いてあって、ありゃって感じです
熊沢山。前方に岩山がありましたので、あれがピークと思われます。登りませんでした
2012年04月30日 07:43撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊沢山。前方に岩山がありましたので、あれがピークと思われます。登りませんでした
眼下に石丸峠。まっすぐな防火帯を一気に下ります
2012年04月30日 07:46撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下に石丸峠。まっすぐな防火帯を一気に下ります
同じポイントから右にパンすると小金沢山が見えます
2012年04月30日 07:47撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じポイントから右にパンすると小金沢山が見えます
石丸峠。左が小金沢山方面となっていますが、正面に見えるのが小金沢山です
2012年04月30日 07:49撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石丸峠。左が小金沢山方面となっていますが、正面に見えるのが小金沢山です
牛ノ寝通り分岐
2012年04月30日 07:53撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牛ノ寝通り分岐
先ほどの防火帯を振り返る
2012年04月30日 07:56撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ほどの防火帯を振り返る
小金沢山。本日2つめの山梨百名山
2012年04月30日 08:32撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小金沢山。本日2つめの山梨百名山
牛奥ノ雁ヶ腹摺山。お二人程ボーッと富士山を眺めてました。そういう時間大切ですよね
2012年04月30日 09:03撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牛奥ノ雁ヶ腹摺山。お二人程ボーッと富士山を眺めてました。そういう時間大切ですよね
私もボーッとしたかったですが、先が長いので富士山を撮ってスルー
2012年04月30日 09:03撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
私もボーッとしたかったですが、先が長いので富士山を撮ってスルー
なんか獣臭がすごい。熊?。思わず熊鈴をチャリチャリ鳴らしたら、鹿の屍が登山道に横たわっていました。手負いだったのでしょうか
2012年04月30日 09:17撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんか獣臭がすごい。熊?。思わず熊鈴をチャリチャリ鳴らしたら、鹿の屍が登山道に横たわっていました。手負いだったのでしょうか
何となく気分の悪い状態で、川胡桃沢ノ頭
2012年04月30日 09:22撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何となく気分の悪い状態で、川胡桃沢ノ頭
黒岳手前、大峠への分岐
2012年04月30日 09:43撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒岳手前、大峠への分岐
黒岳先の小ピークから。これから縦走する山々が。ちょっと右が切れてます
2012年04月30日 09:53撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒岳先の小ピークから。これから縦走する山々が。ちょっと右が切れてます
湯ノ沢峠は、笹の背が高く、休憩にはちょっと×でした。給水もしなくて良さそうだったので、避難小屋まで下らず、その先へ
2012年04月30日 10:10撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯ノ沢峠は、笹の背が高く、休憩にはちょっと×でした。給水もしなくて良さそうだったので、避難小屋まで下らず、その先へ
湯ノ沢峠のお花畑は、見晴らしの良いレストポイント。花の季節だったら最高です
2012年04月30日 10:28撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯ノ沢峠のお花畑は、見晴らしの良いレストポイント。花の季節だったら最高です
振り返ると黒岳からガレた部分のヘリを歩いてきたのがよく分かります
2012年04月30日 10:28撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると黒岳からガレた部分のヘリを歩いてきたのがよく分かります
湯ノ沢峠のお花畑から大蔵高丸を望む
2012年04月30日 10:28撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯ノ沢峠のお花畑から大蔵高丸を望む
大蔵高丸からも富士山の眺めが良いです
2012年04月30日 10:46撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大蔵高丸からも富士山の眺めが良いです
山梨百名山の標柱は、残念ながら反対向き。本日3つめ
2012年04月30日 10:47撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山梨百名山の標柱は、残念ながら反対向き。本日3つめ
1
ハマイバ丸からの眺望も抜群でした
2012年04月30日 11:03撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハマイバ丸からの眺望も抜群でした
天下石もお山の山頂のようです。ピークを踏み忘れてスルーしてしまいました。裏側から5級くらいのボルダーでしょうか
2012年04月30日 11:18撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天下石もお山の山頂のようです。ピークを踏み忘れてスルーしてしまいました。裏側から5級くらいのボルダーでしょうか
米背負峠到着です
2012年04月30日 11:27撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
米背負峠到着です
米背負峠から大蔵沢林道へ下降できます
2012年04月30日 11:27撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
米背負峠から大蔵沢林道へ下降できます
この辺一体は、この白くて四角い標柱が多いです
2012年04月30日 11:28撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺一体は、この白くて四角い標柱が多いです
大谷ヶ丸。3人組のパーティがおいしそうに昼食中。わたしはゼリー飲料で空腹を満たします。満腹感はないけど、食休みの必要がないので、運動中にはベストな選択と自分自身に言い聞かせます。
2012年04月30日 11:42撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大谷ヶ丸。3人組のパーティがおいしそうに昼食中。わたしはゼリー飲料で空腹を満たします。満腹感はないけど、食休みの必要がないので、運動中にはベストな選択と自分自身に言い聞かせます。
突然防火帯が出現。そのまま防火帯を下りそうになりますが、場所を確認して、正規のルートへ。写真右側のうっすらした踏み跡です
2012年04月30日 12:06撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
突然防火帯が出現。そのまま防火帯を下りそうになりますが、場所を確認して、正規のルートへ。写真右側のうっすらした踏み跡です
真新しい標識のコンドウ丸
2012年04月30日 12:14撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真新しい標識のコンドウ丸
曲り沢峠に着きました。日も差さず寒々しい感じでした
2012年04月30日 12:25撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曲り沢峠に着きました。日も差さず寒々しい感じでした
曲り沢峠から曲り沢を経由して景徳院方面へ下降できます
2012年04月30日 12:26撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曲り沢峠から曲り沢を経由して景徳院方面へ下降できます
曲り沢への下降路は、道が良くない?
2012年04月30日 12:26撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曲り沢への下降路は、道が良くない?
景徳院へ下降するには、大鹿山手前からのほうがよさげです
2012年04月30日 12:31撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
景徳院へ下降するには、大鹿山手前からのほうがよさげです
ここが大鹿山?と写真を撮りましたが、まだ先のようです
2012年04月30日 12:34撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが大鹿山?と写真を撮りましたが、まだ先のようです
大鹿山山頂。雑木に覆われていて展望は良くありません
2012年04月30日 12:36撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大鹿山山頂。雑木に覆われていて展望は良くありません
ここまで歩いてきてやっと花らしい花に出会いました。山ツツジですね
2012年04月30日 12:45撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで歩いてきてやっと花らしい花に出会いました。山ツツジですね
大鹿峠のベンチでひと休み。ここまで人工のベンチは大菩薩峠で見かけたぐらいです
2012年04月30日 12:47撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大鹿峠のベンチでひと休み。ここまで人工のベンチは大菩薩峠で見かけたぐらいです
風が強かったので、ズボンの下を履きました。おろしたての真っ赤なトレランシューズと真っ赤なズボン
2012年04月30日 12:58撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風が強かったので、ズボンの下を履きました。おろしたての真っ赤なトレランシューズと真っ赤なズボン
脱皮して歩き開始です
2012年04月30日 13:00撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
脱皮して歩き開始です
1
お坊山の登り斜面には、破れ傘がいたるところに群生してました。ビニール袋一杯に持ち帰って、天ぷらでいただきました
2012年04月30日 13:17撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お坊山の登り斜面には、破れ傘がいたるところに群生してました。ビニール袋一杯に持ち帰って、天ぷらでいただきました
近くには、アブラチャンか檀香梅の花が咲いてました
2012年04月30日 13:17撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近くには、アブラチャンか檀香梅の花が咲いてました
つらい登りの末お坊山に到着
2012年04月30日 13:39撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つらい登りの末お坊山に到着
お坊山から先急勾配のアップダウンです。泣きが入りました
2012年04月30日 13:41撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お坊山から先急勾配のアップダウンです。泣きが入りました
お坊山のちょいさきからも、富士山が見えます。天気が良ければ言うこと無し
2012年04月30日 13:42撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お坊山のちょいさきからも、富士山が見えます。天気が良ければ言うこと無し
高度を下げつつ何度も登り返しをして、やっと米沢山到着。この先も厳しい下りで、すっかり足がよれてしまいました
2012年04月30日 14:06撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高度を下げつつ何度も登り返しをして、やっと米沢山到着。この先も厳しい下りで、すっかり足がよれてしまいました
手前のピークから笹子雁ヶ腹摺山を見上げます。またあんなに登るのね。最後の登りに気合いを入れます
2012年04月30日 14:35撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前のピークから笹子雁ヶ腹摺山を見上げます。またあんなに登るのね。最後の登りに気合いを入れます
笹子雁ヶ腹摺山。「着いたどー」と叫んでしまいました。長かった。
大谷ヶ丸までは、かなりの数のかたと出会いましたが、ここまでだれ一人会いませんでした。本日4つめの山梨百名山
2012年04月30日 15:00撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹子雁ヶ腹摺山。「着いたどー」と叫んでしまいました。長かった。
大谷ヶ丸までは、かなりの数のかたと出会いましたが、ここまでだれ一人会いませんでした。本日4つめの山梨百名山
笹子雁ヶ腹摺山からの富士山。雲でほとんど見えません。本日これで見納めです。下山中登山者のかたとすれ違いましたけど、つらそうでした。確かにきつい登りです
2012年04月30日 15:00撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹子雁ヶ腹摺山からの富士山。雲でほとんど見えません。本日これで見納めです。下山中登山者のかたとすれ違いましたけど、つらそうでした。確かにきつい登りです
鉄塔1個目。どでかいです
2012年04月30日 15:11撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔1個目。どでかいです
鉄塔2個目。先ほどより小さくて古い
2012年04月30日 15:23撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔2個目。先ほどより小さくて古い
笹子峠に到着。右に下ります
2012年04月30日 15:29撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹子峠に到着。右に下ります
赤い鳥居。天神宮と書いてありました
2012年04月30日 15:30撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤い鳥居。天神宮と書いてありました
笹子峠登山口到着。ここからは車道
2012年04月30日 15:33撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹子峠登山口到着。ここからは車道
トンネル向こうの笹子方面も通行止め
2012年04月30日 15:34撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トンネル向こうの笹子方面も通行止め
車道を下ろうとしたら、甲州街道峠道の案内がありました。道が良さそうで車道をショートカットできそうなのでこちらを選択
2012年04月30日 15:34撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道を下ろうとしたら、甲州街道峠道の案内がありました。道が良さそうで車道をショートカットできそうなのでこちらを選択
ベンチなんかもあります
2012年04月30日 15:37撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベンチなんかもあります
一旦車道に出て、100m先また登山道へ
2012年04月30日 15:39撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦車道に出て、100m先また登山道へ
唐松と檜の植林の中を良く整備されたトレイルがまっすぐ伸びてます
2012年04月30日 15:42撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松と檜の植林の中を良く整備されたトレイルがまっすぐ伸びてます
橋の架かってない沢でひと休み。きれいな水ですが、飲用はやばそうなので顔だけ洗いました
2012年04月30日 15:48撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋の架かってない沢でひと休み。きれいな水ですが、飲用はやばそうなので顔だけ洗いました
自害沢天明水の分岐がありました。天明水と呼ばれる水場はネットで調べてみましたが見あたらないようです
2012年04月30日 15:53撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自害沢天明水の分岐がありました。天明水と呼ばれる水場はネットで調べてみましたが見あたらないようです
自害沢出合から先は、遊歩道の様相に
2012年04月30日 15:54撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自害沢出合から先は、遊歩道の様相に
車道に出て甲州街道峠道は終わり。清水橋という名称のようです
2012年04月30日 15:56撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道に出て甲州街道峠道は終わり。清水橋という名称のようです
振り返るとこんな感じ。ここから日影ゲートまでは940mほどのアスファルト道を下ります
2012年04月30日 15:57撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返るとこんな感じ。ここから日影ゲートまでは940mほどのアスファルト道を下ります
記念撮影
2012年04月30日 15:57撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
記念撮影
3
日影ゲート手前は、路肩崩落。人が通れる程度しか道が残ってません
2012年04月30日 16:03撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日影ゲート手前は、路肩崩落。人が通れる程度しか道が残ってません
日影ゲートと、おなじみの折りたたみ自転車
2012年04月30日 16:19撮影 by DMC-FX9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日影ゲートと、おなじみの折りたたみ自転車
3

感想/記録
by qwg

○計画
今年の目標第一段を実行しました。大菩薩嶺から笹子峠までの1day縦走です。
交通手段は、笹子峠に前日自転車をデポしておき、当日上日川峠までヨメに送ってもらうことにしました。帰りは自転車で自宅まで帰る事にして、もし無理そうなら、電車で輪行することにします。
ルートは、上日川峠-大菩薩嶺-大菩薩峠-石丸峠-小金沢山-牛奥ノ雁ヶ腹摺山-黒岳-湯ノ沢峠-大蔵高丸-ハマイバ丸-米背負峠-大谷ヶ丸-コンドウ丸-曲り沢峠-大鹿山-大鹿峠-お坊山-米沢山-笹子雁ヶ腹摺山-笹子峠-笹子峠登山口までです。
沿面距離28.5km、累積標高+2280m、-2820m、標準コースタイム14時間25分の長丁場です。標準コースタイムの70%として10時間5分ですので、朝6時に上日川峠を出発して、16時に笹子峠登山口に到着です。笹子峠から甲府の自宅まで自転車で1時間30分として薄暗くなるころには自宅に戻れそうです。

逆コースのほうが登り主体でヒザの調子の良くない私には都合が良いのですが、これですと富士山を背中に歩くことになり、楽しみが減る可能性があります。コースタイムも登りが多い分伸びると思います。

当初4月28日(土)に計画していたのですが、Microsoftの作りの悪いクラウドサーバ移行に頓挫して仕事になってしまいました。楽しみにしていた春スキーの予定を中止して30日(月)にずらしました。
28日は快晴。Microsoftなんか大っ嫌いだ! ユーザのことを考えない身勝手なサービス停止に一人毒づいてました。


○前日
自転車をデポしに行くと日影ゲート先で路肩崩壊のため車両通行止め(平成23年9月から未定)の立て看板が立ってました。
とりあえず車で登ってみると国道20号分岐から3.1kmのところでゲートが降りてました。笹子峠から45分程度の歩きが増えてしまいますが、致し方ありません。
上日川峠-日影ゲートまでの歩行は、沿面距離31km、累積標高+2280m、-3080m、標準コースタイム15時間10分、目標コースタイム10時間37分となりました。


○山行当日

・予定よりやや遅れて上日川峠に到着しました。お互い気をつけてとお別れして6:11登山開始です。

・先日単3電池を交換したばかりのPolar GPSセンサが早々にバッテリーチェックのアラーム。大変持ちが悪いです。価格が高い割に不満点の多い心拍計です。マルチスポーツ用途となっていますが、ランニングのシーンでしか評価してないような気がします。超有名なトレイルランナーも使用していますが、満足してるのか?とっても疑問です。

・今回は薄曇りで、富士山がかすかに見える程度です。28日に歩けてれば最高の眺めだったのにと羨みながら歩きに徹します。

・大菩薩嶺から続く稜線は、気持ちいいです。ところどころ草原のように開けていて、気分良く歩けます。

・後半のバテは予想より少なかったのですが、やはり左ヒザの痛みは出ました。
今回、サポータから、キネシオテープに変更してみました。貼って2時間程度で伸びてくるため、休憩のたびに追加でベタベタ上に貼り足していきました。これがなかなか良くて、以前のように足が曲げられなくなる程の痛みが出ませんでした。
私の場合、左膝の外側半月板のあたりが痛むのですが、その部分にアンダーラップを折りたたんだ「こより」を当てて、膝のお皿を持ち上げるようにキネシオテープで固定します。
縦に切れ目を入れたキネシオテープで皿のまわりを固定して、太もも上部まで貼ります。外側の痛みのある部分でクロスするようにX字に貼ります。
追加で貼る場合は、外側を重点的に貼っていきます。後半は大腿四頭筋が疲労しているので、長めに切って太ももの筋力をカバーしてあげると良いようです。

・キネシオテープですが、表面が滑りにくい素材のため、ズボンとの相性が良くありません。ヒザを上げるたびに、太ももの部分がすれてズボンとの抵抗が気になります。
この日は、薄日が差したりで多少暑かったから半ズボンになりましたが、ロングズボンの場合、対策を考えないといけません。
テーピングを追加で貼っていくときも、太もものかなり上までめくらないといけません。ズボンを下ろすという恥ずかしい手法もありますが、人が多いとちょっと・・・。

・南下する今回のルートは、下り中心のためコースタイムを短くできますが、筋ダメージが大きかったです。3日経ったのに大腿四頭筋の筋肉痛がまだ残ってます。
しかも、後半急稜なアップダウンをいやという程繰り返すため、精神的にもきついです。人に会わなくなるのもモチベーションの低下につながります。逆行程のほうが、先に進むにつれて、人が多くなりますので、気が紛れると思います。

・30km越の山行は久しぶりでした。以前よりも体力がついてるようで、後半のペースダウンが少なかったのは、評価できる点だと思います。今年の目標の一つが良い感じで行けましたので、第二段の目標クリアが楽しみです。


○帰りのサイクリング
ずーと楽ちんな下りです。国道20号線は、車の交通量が多くて怖いですが、信号に引っかかる率が低いので、我慢して走りました。
距離22.9km、所要時間50分、平均時速27.1Km/h(信号停止含む)。


○食料、水分
ゼリー飲料10個持参(ハイカロリー系8個、アミノ酸系1個、プロテイン系1個)全て消費しました。アミノ酸は、山行前に持ってきたものを1個飲んで、途中4時間くらいのところで1個飲みました。プロテインは、山行終了後、日影ゲートのところで飲みました。
ハイドレーションパックにミネラルウォータ1.5リットル。200mlほど余りました。


○装備
24リットルザック、容量2リットルのハイドレーションパックにミネラルウォータ1.5リットル(1.3リットル消費)、ゼリー飲料10個(全て消費)、スマートフォン、スマホ充電用リチュウムイオンバッテリ、心拍計GPSウオッチ、ハンドタオル、デジカメ、ポール、地図(コピー)、キネシオテープ、カッターナイフ、タオル、家と自転車の鍵、予備単三電池1個、ビニール袋、熊鈴、靴擦れテープ。
トレランシューズ、登山用カーゴパンツ、長袖ドライシャッツ、指先を切ったイボ付き軍手。

○未使用のもの
テーピング、ゴアテックスレインウェア(上のみ)、お金、ペーパー、ファーストエイドと薬少々、予備単四電池3個、ヘッドライト、ハンドライト、レスキューシート、免許証、保険証。

○自転車にデポしたもの
クリアグラス、手袋、オーバーズボン、ジャケット、輪行袋。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:2425人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ