また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1872850 全員に公開 沢登り関東

滝子山へのAnother Way 「滝子沢左俣」

日程 2019年05月31日(金) [日帰り]
メンバー , その他メンバー7人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
◆初狩方面から、権現橋手前(檜平からの登山道と大鹿林道の合流地点) の駐車スペースへのアクセス
 ・国道20号を「唐沢橋」で渡る
 ・中央本線のガードを潜る
 ・すぐ、滝子川を渡ると、川に沿った細い道(車一台がやっと通れるくらい)が右から出合うので、その道に入る。
 ・チェーンの車止め。チェーンの中ほどがS字ホックになっており、手で開けられる。
 ・その先で、中央自動車道のガードを潜る。
 ・やがて林道の二俣。右に進む。道なりに行くと、写真,良玄院そこに駐車スペース有。
 ・権現橋までは、歩いて5分ほど。 
 
  

コースタイム [注]

権現橋9:20→9:26入渓→10:10奥の二俣→11:05一条クラック滝→12:078mハング滝→13:31四ツ俣→14:32滝子山南東の登山道→16:10駐車スペース
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

写真

大鹿林道と檜平からの登山道が合流する地点に、この標識が有ります。
2019年05月30日 08:58撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大鹿林道と檜平からの登山道が合流する地点に、この標識が有ります。
帰りは、桧平からこの登山道を戻って来ます。
2019年05月30日 08:58撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは、桧平からこの登山道を戻って来ます。
ここで、沢装備を整えましょう。
2019年05月30日 08:58撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで、沢装備を整えましょう。
5分ほど西へ歩くと、滝子沢に架かる権現橋。手前で右に上がる林道を進みますが、その前に、橋から上流を見てみましょう・・・→
2019年05月30日 09:17撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5分ほど西へ歩くと、滝子沢に架かる権現橋。手前で右に上がる林道を進みますが、その前に、橋から上流を見てみましょう・・・→
・・・→堰堤、堰堤、堰堤・・・。こりゃ、たまらん!
暫くは、滝子沢左岸の林道を進みます。
2019年05月30日 09:18撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・・・→堰堤、堰堤、堰堤・・・。こりゃ、たまらん!
暫くは、滝子沢左岸の林道を進みます。
林道終点から、入渓。
2019年05月30日 09:26撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道終点から、入渓。
入渓して30分位はゴーロ歩き。水流は伏流していて見えません。河原の石に○印と連続No。私が確認した番号は、これが最後。
2019年05月30日 09:38撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入渓して30分位はゴーロ歩き。水流は伏流していて見えません。河原の石に○印と連続No。私が確認した番号は、これが最後。
やっと、水流が出てきました。
2019年05月30日 10:01撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと、水流が出てきました。
コガクウツギ。 ハッとするほど白い!
2019年05月30日 10:03撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コガクウツギ。 ハッとするほど白い!
1
釜を持つ4mの小滝(?)。容易に越えられた。
2019年05月30日 10:08撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釜を持つ4mの小滝(?)。容易に越えられた。
1
まだ、流れは細い。
2019年05月30日 10:12撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ、流れは細い。
顕著な奥の二俣。右へ。奥に15mの滑滝が見える。
2019年05月30日 10:19撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
顕著な奥の二俣。右へ。奥に15mの滑滝が見える。
近づくと、こんな! 独特の岩の形!
う〜ん、これで滑滝? ここはフリーソロで。
2019年05月30日 10:26撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近づくと、こんな! 独特の岩の形!
う〜ん、これで滑滝? ここはフリーソロで。
1
よいこらしょっと。
15mも高度差がありますから、落ちたら大変です。
2019年05月30日 10:31撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よいこらしょっと。
15mも高度差がありますから、落ちたら大変です。
滝が連続します。
2019年05月30日 10:34撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝が連続します。
弱点を見つけ乍ら、思い思いに。
2019年05月30日 10:49撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弱点を見つけ乍ら、思い思いに。
こんな登り方も、力を使わなくていいね。
2019年05月30日 10:54撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな登り方も、力を使わなくていいね。
1
いよいよ核心の15m一条クラック滝。水流はこのクラックの中。ぬめっている。
2019年05月30日 11:05撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ核心の15m一条クラック滝。水流はこのクラックの中。ぬめっている。
1
クライマーのKさんが、左のコーナーから高巻いて落ち口立木からロープをセット。
2019年05月30日 11:22撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クライマーのKさんが、左のコーナーから高巻いて落ち口立木からロープをセット。
上手くセット出来ました。
2019年05月30日 11:25撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上手くセット出来ました。
1
一番手のHさん。つるつる滑ってしまい、なかなか高度を稼げないでいます。特に下半分がひどい!
2019年05月30日 11:36撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一番手のHさん。つるつる滑ってしまい、なかなか高度を稼げないでいます。特に下半分がひどい!
見守るメンバーの肩にも、力が入る。
2019年05月30日 11:38撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見守るメンバーの肩にも、力が入る。
1
2番手はmizuki。無事登り上げて、落ち口を見下ろします。下で順番を待つメンバーと、落ち口で見守るKさん。
2019年05月30日 11:58撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2番手はmizuki。無事登り上げて、落ち口を見下ろします。下で順番を待つメンバーと、落ち口で見守るKさん。
1
一条クラック滝のすぐ上に、7mハング滝。
2019年05月30日 12:07撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一条クラック滝のすぐ上に、7mハング滝。
トポには直登不可能と記載。しかし、リーダーのIさんが右岸から回り込みロープをセット。登りたい者は登る。
2019年05月30日 12:26撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トポには直登不可能と記載。しかし、リーダーのIさんが右岸から回り込みロープをセット。登りたい者は登る。
さらに上。
2019年05月30日 12:39撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに上。
やがて、四ツ俣。
写真は、一番右のルンゼ(中央の尾根の右)と右から2番目のルンゼ(尾根の左側、細い水流あり)
私達は、檜平方面へ下るので、滝子山の南東尾根へ登り上げる方がベスト。右から2番目を選択。
2019年05月30日 13:31撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やがて、四ツ俣。
写真は、一番右のルンゼ(中央の尾根の右)と右から2番目のルンゼ(尾根の左側、細い水流あり)
私達は、檜平方面へ下るので、滝子山の南東尾根へ登り上げる方がベスト。右から2番目を選択。
ルンゼの最後は立ちはだかる茶色い壁で終了。ここを登り上げるとイワカガミ!
2019年05月30日 14:02撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルンゼの最後は立ちはだかる茶色い壁で終了。ここを登り上げるとイワカガミ!
立木ホールドで急斜面を登り上げると・・・→
2019年05月30日 14:02撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立木ホールドで急斜面を登り上げると・・・→
・・・→ドンピシャ! 
南東尾根の登山道に出ました。滝子山を往復して・・・→
2019年05月30日 14:32撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・・・→ドンピシャ! 
南東尾根の登山道に出ました。滝子山を往復して・・・→
・・・→さあ、下山です。
ミツバツツジと、リーダーのI氏。
2019年05月30日 15:05撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・・・→さあ、下山です。
ミツバツツジと、リーダーのI氏。
ヤマツツジも密度が濃い!
2019年05月30日 15:28撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマツツジも密度が濃い!
アカマツの尾根
2019年05月30日 16:05撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカマツの尾根
1
そして、振出しへ。
2019年05月30日 16:14撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、振出しへ。

感想/記録
by mizuki

・大菩薩連嶺の南端に位置する滝子山。ハイカーにはお馴染みの山。
・私も、「道証地蔵→滝子山→初狩駅」、「寂しょう尾根」で、2度ほど登っているが、その南面に食い込む滝子沢の存在をずっと知らなかった。
・2〜3年前に、とある雑誌に取り上げられていたのをきっかけに、興味が湧き、Iさんにお願いして、実現!
・Iさん所属山岳会のメンバーを合せ、総勢8人の大所帯。

・権現橋からは伏流となったゴーロ帯をひたすら歩く。
・少々、飽きてくる頃、奥の二俣到着。右俣の奥に15mのスラブ滝が光って見えている。私がこれまで持っていたスラブ滝のイメージとは、ほど遠い形相。不定形の箱型の大岩を、ランダムに急斜面の大岩壁にくっつけたような滝。
・奥の二俣からは、滝の連続。フリーソロで越えられる易しい滝から、かなり神経を使って慎重に越える大落差の滝。そしてハイライトの一条クラック滝や7mハング滝など、飽きさせない。

・この前半と後半の対比的な渓相が、滝子沢の魅力の一つだろう。
・詰めの藪漕ぎが無いのもいい。

・ヤマツツジもミツバツツジも旬。気持ちの良い沢登だった。
訪問者数:365人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ