また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1874971 全員に公開 ハイキング京都・北摂

未踏の京都北山その8 美山町江和からオオクラノ尾と紅花山芍薬 

日程 2019年06月01日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
美山町江和の民ヶ谷林道入り口付近に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち42%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間40分
休憩
0分
合計
5時間40分
Sスタート地点06:5207:04P34708:12P66210:30オオクラノ尾10:53P79011:40P66412:32ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
民ヶ谷の登りに使った左岸尾根も下りに使った右岸尾根も一部藪で苦労した。特に朝は雨に濡れた葉っぱでシャツがグッショリ濡れた。
過去天気図(気象庁) 2019年06月の天気図 [pdf]

写真

登りは左岸尾根の先端からの予定なので林道入り口の膨らみに駐車した。今日は鮎釣の解禁日らしく美山川沿いの道は沢山の車が駐車していた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りは左岸尾根の先端からの予定なので林道入り口の膨らみに駐車した。今日は鮎釣の解禁日らしく美山川沿いの道は沢山の車が駐車していた。
1
この辺から登って行こう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺から登って行こう。
一応、登り易い尾根の先端側に回り込む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一応、登り易い尾根の先端側に回り込む。
P347標高点辺りは広場になっていて社が祀られていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P347標高点辺りは広場になっていて社が祀られていた。
1
標高点を過ぎると少し藪っぽい感じの尾根になった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高点を過ぎると少し藪っぽい感じの尾根になった。
しかしそれは少しの間だけだった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかしそれは少しの間だけだった。
霧が流れて幻想的な雰囲気に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧が流れて幻想的な雰囲気に。
2
良い事は続かずユズリハの藪になった。雨に濡れた葉っぱは手強くシャツがビショビショになった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良い事は続かずユズリハの藪になった。雨に濡れた葉っぱは手強くシャツがビショビショになった。
1
標高点手前も激藪状態、ザックが引っかかって歩きにくい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高点手前も激藪状態、ザックが引っかかって歩きにくい。
2
P652標高点辺りもユズリハの林で流石にPHさんもここには来てないだろうと諦めて歩き出す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P652標高点辺りもユズリハの林で流石にPHさんもここには来てないだろうと諦めて歩き出す。
しかし恐るべし、ここにも付いていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかし恐るべし、ここにも付いていた。
7
標高点の先も藪が続く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高点の先も藪が続く。
地面に落ちているものの誰かが歩いた跡がある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地面に落ちているものの誰かが歩いた跡がある。
やっと藪を抜け出た様だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと藪を抜け出た様だった。
今日初めての熊剥ぎ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日初めての熊剥ぎ。
3
台杉も見かける様になる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
台杉も見かける様になる。
2
またまた熊剥ぎ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またまた熊剥ぎ。
2
樹木が無い開けた尾根になった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹木が無い開けた尾根になった。
1
南に見えるのは比良の山なのだろうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南に見えるのは比良の山なのだろうか。
1
一寸高いのは武奈ヶ岳?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一寸高いのは武奈ヶ岳?
珍しく手が届く程の所に朴ノ木の花が咲いていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
珍しく手が届く程の所に朴ノ木の花が咲いていた。
5
北側は若丹の尾根か?馴染みが無いのでサッパリ解らん。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側は若丹の尾根か?馴染みが無いのでサッパリ解らん。
またまた台杉。そしてこの辺りにある筈の破線の道は確認できなかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またまた台杉。そしてこの辺りにある筈の破線の道は確認できなかった。
2
これは今日一番の大きさだった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは今日一番の大きさだった。
6
これもなかなかのものだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これもなかなかのものだ。
1
三角点手前辺りにはテープも散見された。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点手前辺りにはテープも散見された。
1
三角点に着いた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点に着いた。
1
三角点の標石、点名は田歌。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点の標石、点名は田歌。
4
ここにはきっちりと付いていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにはきっちりと付いていた。
6
こんな標識もあった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな標識もあった。
1
いつの間にか見覚えの無い所に来た。GPSで確認すると違う尾根だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつの間にか見覚えの無い所に来た。GPSで確認すると違う尾根だった。
修正して正常なルートに復帰。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
修正して正常なルートに復帰。
次の標高点P790辺り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次の標高点P790辺り。
少し行き来して探したがPHさんの標識は確認出来なかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し行き来して探したがPHさんの標識は確認出来なかった。
1
標高点を示すものはテープに書かれたこれだけだった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高点を示すものはテープに書かれたこれだけだった。
1
こちらの尾根も藪があって避けている内に違う尾根に迷い込みかける。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらの尾根も藪があって避けている内に違う尾根に迷い込みかける。
またまた熊剥ぎ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またまた熊剥ぎ。
1
雨は乾いたものの藪を歩くのは辛い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨は乾いたものの藪を歩くのは辛い。
我慢して歩いているとやがて藪は無くなった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
我慢して歩いているとやがて藪は無くなった。
P790に無かったからここは無理と思っていたら、意表を突かれる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P790に無かったからここは無理と思っていたら、意表を突かれる。
4
少し広めのピークとなっていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し広めのピークとなっていた。
今日一番大きなギンリョウソウ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日一番大きなギンリョウソウ。
3
親指程もありそうな大きさだった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
親指程もありそうな大きさだった。
2
また藪っぽさが復活するが道跡らしいものも残っていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また藪っぽさが復活するが道跡らしいものも残っていた。
この辺ははっきりした道跡だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺ははっきりした道跡だった。
広い尾根に出るがこの先辺りから今朝の林道目がけて道の無い斜面を降りて行く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広い尾根に出るがこの先辺りから今朝の林道目がけて道の無い斜面を降りて行く。
林道間近ではあるがここにも熊剥ぎ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道間近ではあるがここにも熊剥ぎ。
こんなのは絶対熊だろう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなのは絶対熊だろう。
今頃作花だろうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今頃作花だろうか。
1
数本咲いていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
数本咲いていた。
1
林道に降り着いた所は谷を渡る橋の所だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道に降り着いた所は谷を渡る橋の所だった。
1
通り道沿いだったので300円払って本物の紅花山芍薬を見に行った。入口の道路が解らず、右往左往したが何とか受付へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
通り道沿いだったので300円払って本物の紅花山芍薬を見に行った。入口の道路が解らず、右往左往したが何とか受付へ。
3
赤花は早く終わるらしいがまだまだ見頃のものも沢山あった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤花は早く終わるらしいがまだまだ見頃のものも沢山あった。
4
ただ少し離れているので望遠の撮影となる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ただ少し離れているので望遠の撮影となる。
花柱の先端の曲がりが良く解る写真。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花柱の先端の曲がりが良く解る写真。
2
白花も多く咲いていたが花柱は先日見た京北の花と似ている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白花も多く咲いていたが花柱は先日見た京北の花と似ている。
なかなか良い色のものがあった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなか良い色のものがあった。
2
一番見頃?かな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一番見頃?かな。
2

感想/記録
by yjin

前回の山歩きで白花なれど紅花山芍薬を見た。これで祟りが無くなったと喜んでいたら、今朝起きるとお腹がかゆい。左右の脇腹が赤くなっていた。触ってもそんなに異物感は無かった。しかし念のため虫眼鏡で観察すると足が生えているでは無いか。正真正銘のダニだった。幸いにも自分で処置できる位置だったので虫眼鏡とピンセットで簡単に取れた。お腹も膨れてなかったし血もまだ吸った形跡は無かった。

当日はズボンを這っていたのは取ったがまだまだ沢山いたのだろう。今日も藪歩きをしたので帰ってすぐザックは掃除機で着ていたものは洗濯機へ体はシャワーへ直行した。風呂場の鏡でも見たが大丈夫そうだった。もし、これで又噛まれていたらお祓いをせねばならない。

折角美山まで来たので帰りに通る美山町内久保の保護地の紅花山芍薬を300円払って見に寄った。雨の後は山蛭もいるらしいが見かける事は無かった。
訪問者数:164人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/11/11
投稿数: 4807
2019/6/1 19:03
 先日は
随分いい目をされて
とても羨ましく思っておりましたが
とんだお土産付きだった様で…💦

この前、odさんも噛まれておられたので
近頃私も念入りにチェックしています。

おまけに熊ハギもそれだけ続くと
ちょっと、かなりビビリますね。
登録日: 2012/8/24
投稿数: 204
2019/6/2 1:00
 Re: 先日は
長く連れ帰った事が無かったので油断していました。前回より今回の方が長く藪を歩いたのでこれからが楽しみです。もし今回も噛まれる事があれば家族会議で山への出入り禁止になりそうです。

あまり皆さんが行かないような所が多いですが熊の跡は京都北山全般で見かけます。この所、真面目に鈴を鳴らして歩いているので鹿などの動物にも遇わなくなりました。
登録日: 2017/2/25
投稿数: 1
2019/6/3 10:17
 始めて書き込みです
お久し振りです。ミヤマヨメナを見られたようですね。鈴鹿では久しく出会っていません。紅玉も鈴鹿でお目にかかりたいのですが白花ばかりです。yjinさんを見習ってもっと山に行きたいのですがウォーキングやガーデニング・夜景撮影それに主夫業となかなか時間が取れませんのでもっぱら例会参加がメインになりました。(笑)
登録日: 2012/8/24
投稿数: 204
2019/6/3 12:26
 Re: 始めて書き込みです
tarobouさん こんにちは

書き込み有り難うございます。お久しぶりですね。長靴で鈴鹿を歩いていたあの頃が懐かしいです。

最近は鈴鹿より京都北山に向かう方が多くなりました。しかしこちらの方が案内標識も少なく難しさを感じます。つい最近も道迷いが原因と思われる遭難事故があり、滑落により亡くなられたようです。また京都北山では鈴鹿で感じなかった熊剥ぎとの出会いなど緊張感もあり、それなりに面白さもあります。

花の名前有り難うございます。なる程今の時期に咲く花のようですね。てっきり初秋に咲く花が今咲いているのかと思っていました。花博士のお陰で疑問が解消しました。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ