また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1875208 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥多摩・高尾

雲取山(峰谷〜鴨沢)

日程 2019年06月01日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々曇り、午後雲が広がったが雨は降らず。山上は風もあり涼しかった。
アクセス
利用交通機関
電車バス
行きは奥多摩駅発7:45峰谷行きのバス。
帰りは鴨沢16:03に乗ろうと駆け足で下ったが10分及ばず…次のバスは何と18:38! バス停近くの飲食店でビールを飲みながら考えたが、深山橋まで歩き18:18のバスを待った…バス停には同じく間に合わなかったっぽい登山者が数人並んでいた。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち82%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ほぼ乾燥しており歩き易かった。危険を感じる箇所は特になし。峰谷〜千本ツツジは行き交う人は少なかったが、それ以外では多くの登山者がいた。
その他周辺情報鴨沢バス停近くに生ビール飲める飲食店あり。
過去天気図(気象庁) 2019年06月の天気図 [pdf]

写真

奥多摩からのバスは思ったより空いていた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥多摩からのバスは思ったより空いていた
1
林道のショートカットのつもりがバリルートに迷い込みクモの巣まみれに
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道のショートカットのつもりがバリルートに迷い込みクモの巣まみれに
峰谷側の登山道入口はすでに標高1000m近い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峰谷側の登山道入口はすでに標高1000m近い
赤指山分岐は標高1286mナリ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤指山分岐は標高1286mナリ
まだ咲き始めで蕾が多かった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ咲き始めで蕾が多かった
1
千本ツツジは1〜2週後が見頃かな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千本ツツジは1〜2週後が見頃かな?
1
ところどころ元気なツツジも
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところどころ元気なツツジも
七ツ石山山頂の七つの石
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七ツ石山山頂の七つの石
1
たまたま山頂は無人だった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たまたま山頂は無人だった
七ツ石山から望む雲取山は遠く見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七ツ石山から望む雲取山は遠く見える
1
雲取山への道は広くて歩きやすい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲取山への道は広くて歩きやすい
1
閉鎖された奥多摩小屋
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
閉鎖された奥多摩小屋
1
七ツ石山を振り返る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七ツ石山を振り返る
1
すぐそこに避難小屋が見えてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐそこに避難小屋が見えてきた
こっち側は山梨県
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっち側は山梨県
1
雲が出てきた山頂にて
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲が出てきた山頂にて
避難小屋は綺麗に掃除されていました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋は綺麗に掃除されていました
1
今日いちばん怖かった橋
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日いちばん怖かった橋
1
鴨沢からの登山道入口の看板
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鴨沢からの登山道入口の看板

感想/記録

トレーニングを兼ねて日帰りで雲取山へ行ってきました。距離があるのでそれなりの覚悟で望みましたが鎖も梯子もなく、小ピークには巻き道が用意され登り返しが少なくて大変歩きやすいコースでした。階段だらけの丹沢と対照的に階段がほとんど無いのは地形や地質のせいかもしれませんが、登山道整備に対する自治体の方針の差のようなものも感じられ興味深いです。丹沢仕様に慣れている身にとっては足休めに座れるベンチがあると良いなぁと思いました。
訪問者数:177人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

林道 避難小屋 巻き道 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ