また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1875940 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

東おたふく山 楽器を担いでお山へ

日程 2019年06月01日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
往路・復路:阪急芦屋川
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち48%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間52分
休憩
4時間28分
合計
8時間20分
Sロックガーデン入口11:5611:57高座の滝11:5812:04芦屋地獄谷12:0812:20小便滝12:2112:54ピラーロック12:5513:02風吹岩13:11横ノ池13:2113:58雨ヶ峠13:5914:07東おたふく山18:1418:18雨ヶ峠18:53なかみ山18:58荒地山18:5919:05プロペラ岩19:0619:16ブラックフェース(基部)19:46鷹尾山19:52城山19:5320:16城山登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
基本、よく整備された登山道。(芦屋地獄谷、荒地山周辺はスリップ注意!)

写真

ロックガーデン入口。今日はここから東おたふく山を目指します。
2019年06月01日 11:56撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロックガーデン入口。今日はここから東おたふく山を目指します。
2
洞窟カフェ。本日、営業中。
2019年06月01日 11:58撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
洞窟カフェ。本日、営業中。
7
お洒落な看板。(営業は10時から4時まで)
2019年06月01日 11:58撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お洒落な看板。(営業は10時から4時まで)
3
高座の滝。まずは護摩堂にお参りしました。
2019年06月01日 11:58撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高座の滝。まずは護摩堂にお参りしました。
2
地獄谷入口で準備を整える。
2019年06月01日 12:06撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地獄谷入口で準備を整える。
3
今日は楽器を持参。(ザックに入り切らず、フタからはみ出しています)
2019年06月01日 12:04撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は楽器を持参。(ザックに入り切らず、フタからはみ出しています)
14
小滝を乗り越えて進みます。
2019年06月01日 12:20撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小滝を乗り越えて進みます。
4
小便滝。(チョロチョロでした)
2019年06月01日 12:23撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小便滝。(チョロチョロでした)
2
A懸垂岩上部から大阪方面の眺望。
2019年06月01日 12:31撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A懸垂岩上部から大阪方面の眺望。
10
風吹岩方面を見上げる。
2019年06月01日 12:31撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風吹岩方面を見上げる。
5
メタボチェックポイント。
2019年06月01日 12:43撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
メタボチェックポイント。
8
白いウツギ。
2019年06月01日 11:55撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白いウツギ。
5
モチツツジ。
2019年06月01日 12:46撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モチツツジ。
3
万物相の奇景。(大勢のハイカーさんが、いらっしゃいました)
2019年06月01日 12:54撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
万物相の奇景。(大勢のハイカーさんが、いらっしゃいました)
4
いかにも悪そうなイノシシ。
2019年06月01日 13:02撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いかにも悪そうなイノシシ。
5
風吹岩。
2019年06月01日 13:04撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風吹岩。
4
横池に立ち寄る。
2019年06月01日 13:14撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横池に立ち寄る。
3
白いハスのお花が、ちょうど見頃でした。
2019年06月01日 13:16撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白いハスのお花が、ちょうど見頃でした。
17
とっても、綺麗でした。
2019年06月01日 13:18撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とっても、綺麗でした。
20
コアジサイ。
2019年06月01日 13:49撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コアジサイ。
8
雨ヶ峠。
2019年06月01日 14:00撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨ヶ峠。
1
東おたふく山に到着。緑の草原が美しい。
2019年06月01日 14:45撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東おたふく山に到着。緑の草原が美しい。
7
木陰で休憩します。
2019年06月01日 14:07撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木陰で休憩します。
5
湯を沸かし、カップラーメンとコーヒーを頂きました。
2019年06月01日 14:15撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯を沸かし、カップラーメンとコーヒーを頂きました。
8
この景色を見ながらランチを取りました。
2019年06月01日 14:15撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この景色を見ながらランチを取りました。
3
持ち込んだ楽器。カホンという、パーカッションの一種です。(とても丈夫で、椅子として座ることもできます)
2019年06月01日 17:49撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
持ち込んだ楽器。カホンという、パーカッションの一種です。(とても丈夫で、椅子として座ることもできます)
17
両足で挟んで固定して、素手で叩いて演奏します。
2019年06月01日 15:26撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
両足で挟んで固定して、素手で叩いて演奏します。
21
iphoneとスピーカー。(ラジカセより断然、軽い。便利な世の中になったものです)
2019年06月01日 17:31撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
iphoneとスピーカー。(ラジカセより断然、軽い。便利な世の中になったものです)
11
夕暮れ時。すっかり遅くまで、遊びました。
2019年06月01日 18:10撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕暮れ時。すっかり遅くまで、遊びました。
6
対岸の、葛城山と金剛山がよく見えていました。
2019年06月01日 18:14撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
対岸の、葛城山と金剛山がよく見えていました。
8
荒地山。
2019年06月01日 19:01撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒地山。
8
プロペラ岩上部からの眺望。
2019年06月01日 19:06撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
プロペラ岩上部からの眺望。
4
プロペラ岩。
2019年06月01日 19:08撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
プロペラ岩。
3
ブラックフェース。
2019年06月01日 19:18撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブラックフェース。
3
城山ベンチから神戸方面の夜景。
2019年06月01日 19:54撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
城山ベンチから神戸方面の夜景。
11
城山下のベンチから、大阪方面への夜景。
2019年06月01日 20:05撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
城山下のベンチから、大阪方面への夜景。
19
城山登山口まで下りてきました。お疲れ様でした。
2019年06月01日 20:15撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
城山登山口まで下りてきました。お疲れ様でした。
7

感想/記録
by kickey

今日は、東おたふく山に行きました。

芦屋地獄谷から入り、小滝を乗り越えて進む。小便滝から、A懸上部を経て、万物相へ。もうお昼時も過ぎて、下山準備中のハイカーさん多数。「ここから下りれる?」「慎重に行けば、下りれますよ。さっきも、下りる人とすれ違いました。」
でも、しばし思案の末、中央稜に登り返して、高座の滝へ下りられました。一番間違いの無いコースですね。

今日は、横池にも立ち寄る。ハスのお花が、ちょうど見頃を迎えており、とっても綺麗でした。雨ヶ峠を越えて、東おたふく山へ。ここでランチ休憩。カップラーメンとコーヒーを頂きました。ランチ後、ザックに入れていたカホンを下ろして、iphoneの音楽に合わせて、演奏を楽しみました。

以前、東おたふく山を訪れた時、ここでマーチングバンドが演奏しているのを見て、いつかやってみようと考えていました。手が痛くなるまで、たっぷり3時間ほど遊んで、満足して引き上げました。

帰りは、荒地山のプロペラ岩に寄り道し、城山から下山しました。すっかり暗くなってから下山したので、街の夜景が綺麗でした。

今日も良い山でした。

訪問者数:253人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/8/27
投稿数: 106
2019/6/2 23:52
 カホンの演奏
こんばんは!
なんだか不思議な気持ちになる山歩き。夕暮れまで演奏とかとても気持ち良さそうですね。
自由なスタイルとパワフルな山行、人との出会いなどいつも楽しみに読ませていただいています。
登録日: 2018/4/27
投稿数: 12
2019/6/3 6:01
 多趣味ですね!
山でカホン!?かっこいー!
以前、小説の写真も拝見しました。
花の名をよく知ってらっしゃるし、本当に多趣味ですね!
登録日: 2009/9/24
投稿数: 229
2019/6/3 14:14
 こんな登山の楽しみも有るんですね
kickeyさん、こんにちは
毎回楽しく拝見しています。
カホンという楽器は知りませんでしたが、楽器を持って行って山で景色を眺めながら演奏するのって、何か楽しそうで憧れます。ただ、残念ながら自分にはそんな才能は無かったですが。。せいぜい以前kickeyさんがなさってたような読書位でしょうか。
夜の夜景を見るのも以前からトライしてみたいのですが、いつも早く温泉に入りたくなって降りちゃうのでなかなか実現できないでいます。そろそろのんびりと山を楽しむことを覚えないといけないなあと感じさせられました。
登録日: 2013/6/16
投稿数: 345
2019/6/3 22:43
 Re: カホンの演奏
MuscleTurtleさん、こんばんは。
私の誕生日に、自分へのプレゼントとして購入したカホン。家では音がうるさいと、家族からクレームが来る。わざわざスタジオまで行くのも億劫になり、永らくタンスの肥やしになっていました。
折角の機会なので、お山に連れ出し、思いっきり音を出して来ました。
自分専用の屋外ステージは、最高ですね!
登録日: 2013/6/16
投稿数: 345
2019/6/3 22:46
 Re: 多趣味ですね!
haru_pさん、こんばんは。
カホンは、叩くと高い音と低い音が出るだけのごくシンプルな楽器です。
音を出していると、好奇心旺盛な鳥たちが、なんか変な人がいるぞ、集まって来ます。
思う存分に、楽しんで山を下りました。

ヤマレコには、お花を愛する方が多数いらっしゃいます。その人達のお花への愛情溢れるレコを眺めている内に、私も随分と詳しくなりました。ヤマレコの大先達に感謝です。
登録日: 2013/6/16
投稿数: 345
2019/6/3 22:49
 Re: こんな登山の楽しみも有るんですね
chamchamさん、こんばんは。
東おたふく山は、春や秋の良く晴れた日に、ふと訪れたくなるお山です。いつもは、気持ち良くお昼寝ですが、今回は楽器を持ち込みました。
私は学生の頃、軽音楽サークルに所属してバンドを組んでいました。担当する楽器はドラム。学祭や街の小さなライブハウスでの演奏は、今では良き想い出ですね。
登録日: 2016/5/17
投稿数: 598
2019/6/6 11:25
 鳥たちとの共演
遅いコメントですみません、最近レコ見れず。。やっとスマホデビューしました。荒地山の近くに、おたふく山あるんですね。。
アドベンチャーコースまた 歩きたいです
山で楽器…いいですね〜
バリバリ 縦走テン泊やガッツリ歩かれるkickeyさんの新たな一面…
そんな「遊びココロ」があったなんて
カホンというの初めて知りました。何キロくらいあるのかな?
そうそう、比良で迷子になってる時、初めてマジのSOSホイッスルを吹きましたよ、こっちは必死で、ピーピーピー‼と吹くたび「ヒー」と鳥が返事してくるの。なんか癒されました。
カホンで共演、素敵♪ 動物たちも 音 リズム 好きなんですね
登録日: 2013/6/16
投稿数: 345
2019/6/6 12:32
 Re: 鳥たちとの共演
スマホデビュー、おめでとうございます。
東おたふく山は、六甲には珍しい笹原の草原です。訪れるのには、緑が眩しいこの季節が一番でしょうか?

コンガや、ボンゴに比べると、カホンはマイナーな楽器ですね。気軽に、持ち運べるのはこのくらいでしょうか?経験的に、山で大きな音を出した場合、地面にいる動物たちは逃げていくが、鳥たちはあまり警戒しない、様な気がします。

笛をピー・ピー吹いて、返事してくれる鳥は、新参者に縄張りを荒らされたと勘違いした鳥が、自分のエリアであることを主張しているのかも...。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ザック イノシシ チング 草原 バンド
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ