また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1876089 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走中央アルプス

奥念丈岳 ☆鳩内峠から烏帽子岳〜念丈岳を経てピストン☆

日程 2019年06月01日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
鳩内峠登山口駐車場 20台位は駐車できそうです。
仮設トイレ、以前は1基だったのが3基になっていました。
登山口まで舗装されていますが狭い林道です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち72%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間59分
休憩
59分
合計
10時間58分
S鳩打峠04:2805:48セキナギ06:04飯島ルート・小八郎ルート分岐06:0506:15シロクモナギの頭06:1607:17烏帽子岳07:3708:14池ノ平山09:12奥念丈分岐09:16念丈岳09:2009:25奥念丈分岐10:19奥念丈岳10:4611:42奥念丈分岐11:4312:35池ノ平山13:12烏帽子岳13:1514:03シロクモナギの頭14:0414:13飯島ルート・小八郎ルート分岐14:23セキナギ14:2415:24鳩打峠15:26ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に危険個所はありません。
烏帽子岳は7/10から先に急登多しで登りごたえあります。
奥念丈岳分岐から奥念丈岳間も急坂多し・・ですが標高差は200mほどなので・・・。

念丈岳手前に残雪区間あるが、ごく短い区間でツボ足。
奥念丈岳分岐から先の下りには数ヵ所残雪みられるが通行には支障ないレベル。

奥念丈岳分岐から奥念丈岳間、腰下くらいの藪漕ぎ箇所あり、昨年整備されており道迷いの心配はなさそうだが一応注意。
その他周辺情報日帰り温泉は”信州まつかわ温泉 清流苑”がお勧め。
薬湯、露天風呂、サウナ @500円

写真

2年ぶりに来たら案内図が新しくなってました。
奥念丈岳のさらに先、越百山までの時間が示されてます。
行けるなら・・行きたい!
2019年06月01日 04:28撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2年ぶりに来たら案内図が新しくなってました。
奥念丈岳のさらに先、越百山までの時間が示されてます。
行けるなら・・行きたい!
4
早朝の登山道は気持ちがいいです。
そこにヤマツツジの彩があるので更に気持ちい!
オオルリらしき囀りを聞いたんだけど姿は見えず・・。
2019年06月01日 04:35撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早朝の登山道は気持ちがいいです。
そこにヤマツツジの彩があるので更に気持ちい!
オオルリらしき囀りを聞いたんだけど姿は見えず・・。
3
烏帽子岳までの案内標識新しい!
1/10〜9/10まで設置されていて分かりやすいです。
2019年06月01日 04:41撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岳までの案内標識新しい!
1/10〜9/10まで設置されていて分かりやすいです。
1
膝の調子が良くないので、小八郎岳は後回しにします。
結局帰りにも寄らずじまい・・(^-^;
2019年06月01日 04:50撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
膝の調子が良くないので、小八郎岳は後回しにします。
結局帰りにも寄らずじまい・・(^-^;
1
この時期の登山道脇にはいろんな花が咲いていていいんだけど・・これは誰ですか?
2019年06月01日 04:56撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時期の登山道脇にはいろんな花が咲いていていいんだけど・・これは誰ですか?
7
イワカガミ咲いてました。
2019年06月01日 05:42撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワカガミ咲いてました。
16
五合目先の展望台から烏帽子岳。
青空最高!
2019年06月01日 05:47撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五合目先の展望台から烏帽子岳。
青空最高!
24
飯島ルート分岐到着
この先しばらく行くと、この登山道の核心部、急登になります。
2019年06月01日 06:04撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飯島ルート分岐到着
この先しばらく行くと、この登山道の核心部、急登になります。
2
セキナギ・・
2019年06月01日 06:17撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
セキナギ・・
6
9/10を過ぎ・・・烏帽子岩が前方に見えてきた〜
2019年06月01日 06:59撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9/10を過ぎ・・・烏帽子岩が前方に見えてきた〜
4
烏帽子岩の直下、正面の岩陰から走り出してきたカモシカです。
おいらの左わきを駆け抜けて、松の木の陰から様子を窺っています。
好奇心旺盛なんだね!(^^)
2019年06月01日 07:01撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岩の直下、正面の岩陰から走り出してきたカモシカです。
おいらの左わきを駆け抜けて、松の木の陰から様子を窺っています。
好奇心旺盛なんだね!(^^)
11
お〜い!こっち向いて。
2019年06月01日 07:01撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お〜い!こっち向いて。
16
はい!
実に愛らしいです!
2019年06月01日 07:01撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はい!
実に愛らしいです!
32
烏帽子岩登ってます。
2019年06月01日 07:09撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岩登ってます。
11
烏帽子岩の頂から今登ってきた方角
下界は霧の中です。
2019年06月01日 07:12撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岩の頂から今登ってきた方角
下界は霧の中です。
12
雲海に浮かぶ南アルプスの峰々
甲斐駒ヶ岳、仙丈ケ岳、白峰三山、塩見岳、荒川三山。
2019年06月01日 07:13撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海に浮かぶ南アルプスの峰々
甲斐駒ヶ岳、仙丈ケ岳、白峰三山、塩見岳、荒川三山。
22
すぐ先には烏帽子岳山頂です。
2019年06月01日 07:13撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐ先には烏帽子岳山頂です。
7
烏帽子岳山頂に到着。
背後には中央アルプスの空木岳や南駒ケ岳、越百山など。
2019年06月01日 07:18撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岳山頂に到着。
背後には中央アルプスの空木岳や南駒ケ岳、越百山など。
18
南駒ケ岳と仙崖嶺
2019年06月01日 07:28撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南駒ケ岳と仙崖嶺
26
ドームのような田切岳とその背後に空木岳。
2019年06月01日 07:29撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドームのような田切岳とその背後に空木岳。
10
赤椰岳の手前に摺鉢窪カール、百離淵の崩落が進んでます。
摺鉢窪避難小屋も見える。
2019年06月01日 07:29撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤椰岳の手前に摺鉢窪カール、百離淵の崩落が進んでます。
摺鉢窪避難小屋も見える。
18
甲斐駒ヶ岳、仙丈ケ岳、北岳です。
2019年06月01日 07:32撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒ヶ岳、仙丈ケ岳、北岳です。
14
北岳、間ノ岳、農鳥岳
2019年06月01日 07:32撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳、間ノ岳、農鳥岳
12
悪沢岳、荒川中岳、赤石岳
2019年06月01日 07:33撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
悪沢岳、荒川中岳、赤石岳
10
シジュウカラが元気に囀りながら飛び回ってます。
2019年06月01日 07:33撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シジュウカラが元気に囀りながら飛び回ってます。
7
聖岳です。
2019年06月01日 07:33撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聖岳です。
10
奥に見えるのは安平路山かな!?
2019年06月01日 07:36撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥に見えるのは安平路山かな!?
5
地味な池ノ平山の山頂標識。
この日の最高地点ですが、先があるのでスルーします。
2019年06月01日 08:13撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地味な池ノ平山の山頂標識。
この日の最高地点ですが、先があるのでスルーします。
6
ショウジョウバカマ。
登山道脇は笹が生い茂っているので登山道の真ん中で咲いているのかな。
ここを通る登山者さんは踏みつけないよう優しく見守っているんだろうな。
2019年06月01日 08:15撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ショウジョウバカマ。
登山道脇は笹が生い茂っているので登山道の真ん中で咲いているのかな。
ここを通る登山者さんは踏みつけないよう優しく見守っているんだろうな。
13
これから向かう念丈岳とその奥に安平路山。
2019年06月01日 08:27撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから向かう念丈岳とその奥に安平路山。
4
念丈岳に向かう登山道、時折南アルプスが良く見える。
悪沢岳、荒川岳、赤石岳に聖岳です。
2019年06月01日 08:46撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
念丈岳に向かう登山道、時折南アルプスが良く見える。
悪沢岳、荒川岳、赤石岳に聖岳です。
9
池の平山はあんなに遠くなった。
2019年06月01日 08:47撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池の平山はあんなに遠くなった。
8
越百山や南駒ケ岳。
2019年06月01日 08:58撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越百山や南駒ケ岳。
7
念丈岳、いくつかのピークを越えていかないと・・・
2019年06月01日 09:01撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
念丈岳、いくつかのピークを越えていかないと・・・
11
残雪・・・
踏み抜き跡もありますが・・・、ツボ足で通り抜けられました。
ご愛敬程度・・(^^)
2019年06月01日 09:04撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪・・・
踏み抜き跡もありますが・・・、ツボ足で通り抜けられました。
ご愛敬程度・・(^^)
2
背後の池ノ平山
右にわずかに見えるのは烏帽子岳かな・・。
2019年06月01日 09:10撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
背後の池ノ平山
右にわずかに見えるのは烏帽子岳かな・・。
5
ここが奥念丈岳分岐か!?
一応念丈岳に寄って行きます。
2019年06月01日 09:11撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが奥念丈岳分岐か!?
一応念丈岳に寄って行きます。
3
念丈岳山頂
背後には安平路山です。
2019年06月01日 09:15撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
念丈岳山頂
背後には安平路山です。
28
池ノ平山
2019年06月01日 09:15撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池ノ平山
3
ガスが上がってきているけど塩見岳や荒川岳、赤石岳は見えてます。
2019年06月01日 09:15撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが上がってきているけど塩見岳や荒川岳、赤石岳は見えてます。
5
本高森山からのルートはこちらの峰を越えてきます。
一番左が大島山。
2019年06月01日 09:15撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本高森山からのルートはこちらの峰を越えてきます。
一番左が大島山。
3
左端に今日の目的地奥念丈だけ見えてるんだけど・・・
越百山や南駒ケ岳の存在感凄い!
2019年06月01日 09:16撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左端に今日の目的地奥念丈だけ見えてるんだけど・・・
越百山や南駒ケ岳の存在感凄い!
10
奥念丈岳分岐から下り始めて半ばくらいにいます。
一番低い与田切乗越から気持ちよさげな笹原の登りが奥念丈岳に向かって続いているではありませんか。
2019年06月01日 09:38撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥念丈岳分岐から下り始めて半ばくらいにいます。
一番低い与田切乗越から気持ちよさげな笹原の登りが奥念丈岳に向かって続いているではありませんか。
12
奥念丈岳まであと少し!
振り返ると左に池ノ平山、尾根伝いの右に念丈岳です。
2019年06月01日 10:15撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥念丈岳まであと少し!
振り返ると左に池ノ平山、尾根伝いの右に念丈岳です。
5
奥念丈岳山頂です。
ストックは・・落ちかけの案内標識を撮影のために押さえてます。
2019年06月01日 10:19撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥念丈岳山頂です。
ストックは・・落ちかけの案内標識を撮影のために押さえてます。
7
案内標識
とても南駒ケ岳まで行ける体力はないなあ!
2019年06月01日 10:19撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
案内標識
とても南駒ケ岳まで行ける体力はないなあ!
11
北の展望はあまりよくないけど樹林越しの越百山。
2019年06月01日 10:22撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北の展望はあまりよくないけど樹林越しの越百山。
6
念丈岳目指して下山ちう。
2019年06月01日 11:06撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
念丈岳目指して下山ちう。
3
与田切乗越から奥念丈岳。
写真で見るよりは急登ですよ。(^^)
2019年06月01日 11:18撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
与田切乗越から奥念丈岳。
写真で見るよりは急登ですよ。(^^)
15
越百山振り返りながら登ってます。
2019年06月01日 11:23撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越百山振り返りながら登ってます。
6
この日最もたくさん咲いていたバイカオウレン。
2019年06月01日 12:38撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この日最もたくさん咲いていたバイカオウレン。
8
烏帽子岳手前のピークから烏帽子岳。
2019年06月01日 13:01撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岳手前のピークから烏帽子岳。
3
烏帽子岩に登りました。
朝とは違い、霧が晴れて足下に伊那谷がすっきり見えます。
2019年06月01日 13:20撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岩に登りました。
朝とは違い、霧が晴れて足下に伊那谷がすっきり見えます。
5
セキナギ上の展望台からの眺めも好きです。
南アルプス一望・・
2019年06月01日 13:56撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
セキナギ上の展望台からの眺めも好きです。
南アルプス一望・・
7
マイズルソウ
2019年06月01日 14:53撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マイズルソウ
14

感想/記録

念丈岳から奥念丈岳への登山道を整備したニュースは昨年のことでしたが、ようやく行ってきました。\(^O^)/
少なくとも日帰りで行ってこられる自信もなかったし・・・。

久しぶりの烏帽子岳はやはり手強いです。
7合目を過ぎると半端ない急登が待ち構えています。
かつて他の山を登りながら、一度ならず「烏帽子岳よりは楽だなあ!」などと自分を励ましたこともある。

これを登り切ると烏帽子岩、岩登りの楽しさと眺望に優れている。
自分の家も見えているし。

烏帽子岩の手前で、岩陰から突然飛び出す黒い影。
一瞬「熊!?」かなり素早い動き、狭い尾根を自分の正面から左手の脇、おそらく1m以内の近さで駆け抜けた。
この山で初めてのカモシカでした。
「きっと立ち止まる。」と、そう思って待っていると案の定、カモシカ君は一本の松の向こうからこちらに関心を示してくれました。
しばらく見つめあった僕らですが、こうなると彼は自分からは立ち去ろうとはしないので、こちらが根負けして先にお暇(いとま)でした。

この日は最終目的地が先にあるので、この山行最高峰”池ノ平山”は素通り。
軽く藪漕ぎしながら念丈岳に向かう。
途中残雪あるけどご愛敬程度。
山頂手前のピークが三つほどあり、登っては下るを繰り返す。
念丈岳山頂からの眺望は素晴らしい。
南アルプスはもちろん、中央アルプスも日頃とは異なった表情を見せてくれる。
空木岳や南駒ケ岳の眺望は烏帽子岳の方が優れている気もするが、ここまで頑張ってきた達成感がある分、こちらの感動は大きい。
これから向かう中央アルプス本脈の奥念丈岳がそこにあるのも嬉しい。

奥念丈分岐は、念丈岳山頂から少し戻った場所に案内標識があります。
踏み出せばじきに藪漕ぎ激下り。
昨年整備してくださってあるおかげで道迷いはなさそう。
下り切れば与田切乗越。
あとは笹原にきれいにのびる急登を登るだけ。
登るにつれて背後に念丈岳、池ノ平山、その先に南アルプス南部の峰々が浮かび上がる。
急登を登り切って稜線に至ればそこが奥念丈岳。
林の中に山頂標識がありました。
眺望は東側の念丈岳や池の平山、樹幹越しに北の南越百山が望める程度。
自分にとって眺望はそれで十分でした。
奥念丈岳に到達できた、それで十分満足でした。


この日は登山口で4人の方とお会いしました。
先行されたお二人とは登山道でお話しさせていただいたところ地元の方・・・自分も地元ですが・・、お聞きすれば隣町の方だそうです。
後のお二人も草刈り機を担ぎ上げて、登山道の整備だとか・・。
何もせずに、ただ歩かせていただいているおいらは肩身が狭い。
心の中で平身低頭しておりました。<(_ _)>

下山の途中、念丈岳と池ノ平山の途中で作業をされている彼らと再びお会いできました。
レコではよく拝見させていただいている yama-take さんとそのお仲間の皆様でした。
素敵な皆様にお会いできて本当に嬉しかったです。
訪問者数:529人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ