また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1889883 全員に公開 ハイキング御在所・鎌ヶ岳

鈴鹿 入道ヶ岳 鹿鹿鹿🦌🦌

日程 2019年06月12日(水) [日帰り]
メンバー
天候曇ときどき小雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
宮妻峡の大駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち53%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
宮妻峡から入道ヶ岳への新道コースは標高500mあたりまではとても急登でした。入道ヶ岳から水沢峠、峠から15分下までの道も時々急な登り降りがありました。何れも私は何かにつかまりながらでないと進めませんでした。けっこう恐るべしです。

写真

宮妻峡駐車場から1分。ここを左に下りました。昔のことは覚えていません。
2019年06月12日 07:36撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宮妻峡駐車場から1分。ここを左に下りました。昔のことは覚えていません。
これもかつてお世話になったはずのバンガロー。か、その次の世代。
2019年06月12日 07:37撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これもかつてお世話になったはずのバンガロー。か、その次の世代。
沢を横切ります。けっこうな水量。
2019年06月12日 07:39撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢を横切ります。けっこうな水量。
2
時々手を使う急登。
2019年06月12日 07:44撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時々手を使う急登。
1
でも、尾根に出ると緩やかです。
2019年06月12日 08:02撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも、尾根に出ると緩やかです。
1
馬酔木をくぐりながら前進しました。
2019年06月12日 08:12撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬酔木をくぐりながら前進しました。
1
さっきまでの急な登りの面影はありません。
2019年06月12日 08:19撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっきまでの急な登りの面影はありません。
草原がありました。花をつけたウツギが美しいです。
2019年06月12日 08:25撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草原がありました。花をつけたウツギが美しいです。
3
笹原に出ました。鹿が3頭目の前を横切りました。
2019年06月12日 08:52撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹原に出ました。鹿が3頭目の前を横切りました。
4
こんな急な斜面!?

2019年06月12日 08:55撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな急な斜面!?

2
道標が傾いていました。
2019年06月12日 08:56撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道標が傾いていました。
5
北峰まですぐです。目の前のあせびから鹿が飛び出してきました。
2019年06月12日 08:57撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北峰まですぐです。目の前のあせびから鹿が飛び出してきました。
2
所々にウツギがあり満開です。
2019年06月12日 08:58撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々にウツギがあり満開です。
4
馬酔木はこんもりと美しい
2019年06月12日 08:58撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬酔木はこんもりと美しい
1
笹と馬酔木、美しいなぁ。
あっ!鹿!
でもあっという間で写真は一枚も有りません。
2019年06月12日 08:59撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹と馬酔木、美しいなぁ。
あっ!鹿!
でもあっという間で写真は一枚も有りません。
1
北峰からピークに向かいます。
2019年06月12日 09:08撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北峰からピークに向かいます。
1
入道ヶ岳の頂上に出ました。鳥居が見えます。
2019年06月12日 09:16撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入道ヶ岳の頂上に出ました。鳥居が見えます。
3
入道ヶ岳頂上。椿大神社(つばきおおかみやしろ)
2019年06月12日 09:13撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入道ヶ岳頂上。椿大神社(つばきおおかみやしろ)
4
北峰に戻りながら水沢峠を目指します
2019年06月12日 09:15撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北峰に戻りながら水沢峠を目指します
2
奥宮がありました。
2019年06月12日 09:24撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥宮がありました。
2
奥宮の御社
2019年06月12日 09:24撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥宮の御社
4
こんな感じで下りました。
2019年06月12日 09:36撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じで下りました。
左に巻き道も有りましたが、正面突破しました。
2019年06月12日 09:39撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左に巻き道も有りましたが、正面突破しました。
2
岩ゴロ地帯
2019年06月12日 10:00撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩ゴロ地帯
雨だけでなく霧も
2019年06月12日 10:24撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨だけでなく霧も
1
雲が晴れて水沢岳が見えました
2019年06月12日 10:48撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲が晴れて水沢岳が見えました
2
水沢峠です。鎌ヶ岳まで行こうという気持ちもありましたが諦めます。
2019年06月12日 10:55撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水沢峠です。鎌ヶ岳まで行こうという気持ちもありましたが諦めます。
水沢峠から15分はけっこうな急勾配。こんな所から下ってきて、
2019年06月12日 11:16撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水沢峠から15分はけっこうな急勾配。こんな所から下ってきて、
2
こんな所を下りました
2019年06月12日 11:11撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな所を下りました
1
でも、林道に出たら楽勝で、
2019年06月12日 11:43撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも、林道に出たら楽勝で、
ここはゲートのちょっと下です。クルマも数台停められます。
2019年06月12日 12:06撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここはゲートのちょっと下です。クルマも数台停められます。
1
撮影機材:

感想/記録
by truman

35年ぶりに鈴鹿に登りました。梅雨の晴れ間を狙いましたが、曇時々小雨で山々の視界は殆ど無しとちょっと期待はずれでした。

宮妻峡から入道ヶ岳への登りは、標高500mまでは「マジ?」と思うほどの急登。でも標高600mから上は緩やかな尾根。

馬酔木と笹原になった途端、鹿が3頭道を横切りました。さらに進むと一頭が馬酔木の背後から飛び出しました。
更にまた、また、また!
鹿鹿鹿だらけの入道ヶ岳でした。多分人間は私だけでした。
でも、あっという間で写真は一枚も無しでした。早朝の丹沢でも鹿はよく見かけますが、こんなには。

ここから水沢峠までは登り下りが多く急登急降下も随所にあるけっこうな難路でした。
水沢峠に着いた時に、鎌ヶ岳は諦めることにしました。
今日は17時から栄でOB会があるのです。

清洲の湯吉郎で汗を流し都会人?に戻りました。カッターシャツとブレザーに着替えて別人になって栄に向かいました。
馬酔木と笹原、目の前を横切る鹿がとても印象に残る入道ヶ岳でした。
訪問者数:240人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

急登 林道 巻き道 道標 梅雨 草原
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ