また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1893170 全員に公開 ハイキング大峰山脈

奈良県 弥山と八経ヶ岳

日程 2019年06月14日(金) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち57%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間11分
休憩
22分
合計
4時間33分
S行者還トンネル東口08:3509:44一ノ垰09:47一の垰プレート09:4809:59奥駈道出合10:0110:15弁天ノ森10:29聖宝ノ宿跡10:3111:02弥山小屋11:1411:31大峰山11:3611:56弥山小屋12:17聖宝ノ宿跡12:32弁天ノ森12:43奥駈道出合13:08ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

トンネル東口から林道に入ります。
2019年06月14日 08:30撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トンネル東口から林道に入ります。
1
崩落している個所は慎重に進みます。
2019年06月14日 08:32撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落している個所は慎重に進みます。
林道をしばらく進むと右手に登山口があります。
2019年06月14日 08:37撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道をしばらく進むと右手に登山口があります。
道標の「一ノ多和」(いちのたわ)は大峯奥駈道 第57の靡(なびき)の名称です。地図上では「一ノ峠」(いちのたわ)になります。
2019年06月14日 09:08撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道標の「一ノ多和」(いちのたわ)は大峯奥駈道 第57の靡(なびき)の名称です。地図上では「一ノ峠」(いちのたわ)になります。
雨の中、蛙は元気です。
2019年06月14日 09:09撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨の中、蛙は元気です。
1
一ノ峠まではかなりの急登です。
2019年06月14日 09:28撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ峠まではかなりの急登です。
一ノ峠に到着しました。
2019年06月14日 09:43撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ峠に到着しました。
1
笹原の間を縫って道が続いており、いかにも奥駈道らしい雰囲気です。
2019年06月14日 09:44撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹原の間を縫って道が続いており、いかにも奥駈道らしい雰囲気です。
梅濮(バイケイソウ)が群生していました。
2019年06月14日 09:55撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梅濮(バイケイソウ)が群生していました。
山道に咲く白い花。
枝の色からブナ?と思いましたが、違っていたようです。
2019年06月14日 10:00撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山道に咲く白い花。
枝の色からブナ?と思いましたが、違っていたようです。
1
トンネル西口からの道との合流地点、「奥駈出会」に到着しました。下山時はここまで戻って西口へ降ります。
2019年06月14日 10:01撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トンネル西口からの道との合流地点、「奥駈出会」に到着しました。下山時はここまで戻って西口へ降ります。
「弁天の森」に到着。
2019年06月14日 10:14撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「弁天の森」に到着。
錫杖。
2019年06月14日 10:29撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
錫杖。
「聖宝理源大師(しょうぼうりげんだいし)」像に到着。奥駈道の中興の祖とのことです。
2019年06月14日 10:30撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「聖宝理源大師(しょうぼうりげんだいし)」像に到着。奥駈道の中興の祖とのことです。
弥山山頂手前の階段
2019年06月14日 10:47撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥山山頂手前の階段
近畿最高峰に到着!
2019年06月14日 11:30撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近畿最高峰に到着!
4
山頂のケルン、木札、錫杖です。この頃、雨と風が一層激しくなってきました。雨が下から吹き上げてくる感じです。
2019年06月14日 11:36撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂のケルン、木札、錫杖です。この頃、雨と風が一層激しくなってきました。雨が下から吹き上げてくる感じです。
2
まだまだ蕾の大山蓮華(オオヤマレンゲ)
2019年06月14日 11:45撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ蕾の大山蓮華(オオヤマレンゲ)
2
葉も枝も針だらけの針蕗(ハリブキ)
2019年06月14日 11:45撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
葉も枝も針だらけの針蕗(ハリブキ)
1
トンネル西口へはこのような急な下りが延々と続きます。
2019年06月14日 12:46撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トンネル西口へはこのような急な下りが延々と続きます。
行者還トンネル西口に下山しました
2019年06月14日 13:10撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者還トンネル西口に下山しました
行者還トンネル西口横の滝です。大雨のせいで水量も多めですね。
2019年06月14日 13:12撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者還トンネル西口横の滝です。大雨のせいで水量も多めですね。
1

感想/記録

雨の中、弥山と八経ヶ岳に登ってきました。
トンネル東口の登山口(正式名称は「行者還トンネル上北山(かみきたやま)」)から登り、一ノ垰から大峰奥駈道に入り、その後は弥山経由で八経ヶ岳へ。その後は同じ道を戻り、奥駈出会よりトンネル西口へ下山しました。
登山開始直後は小雨程度でしたが、さすが日本有数の多雨地域だけあってか、間もなくどしゃ降りとなりました。
立ち止まると濡れた体が冷えるため、常に体を動かし続ける必要があり、結果ハイペースな登山となりました。奥駈道を駆け抜けた感じです。
天気と展望には恵まれませんでしたが、百名山の登頂と、憧れの奥駈道を体験できたことで個人的には満足の登山でした。
訪問者数:441人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ