また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1896576 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走御在所・鎌ヶ岳

鎌ヶ岳・御在所岳↑稲森谷↓中道 〜梅雨の晴れ間に富士山が見えた

日程 2019年06月17日(月) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
・湯の山温泉バス停付近に有料駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

湯の山温泉バス停駐車場 - 東海自然歩道 - 稲森谷 - 馬の背尾根の支尾根 - 馬の背尾根合流点 - 白ハゲ - カズラ谷分岐 - 岳峠 - 鎌ヶ岳 - 武平峠 - 長者池 - 望湖台 - 御在所岳 - 芭蕉池 - 朝陽台 - 富士見岩 - 中道 - 湯の山温泉街 - 湯の山温泉バス停駐車場
コース状況/
危険箇所等
・湯の山温泉バス停からの雲母峰方面の東海自然歩道は少し荒れ気味、通行止めの表示はありませんでした。
・御在所岳の中道は、登山道のメンテナンスがなされていました
・ヤマビルへの献血なし

写真

山麓の麦畑からの雲母峰-鎌ヶ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山麓の麦畑からの雲母峰-鎌ヶ岳
2
昨年開通した「湯の山かもしか大橋」を渡って東海自然歩道の登山口へ
右奥に鎌ヶ岳の山頂部
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨年開通した「湯の山かもしか大橋」を渡って東海自然歩道の登山口へ
右奥に鎌ヶ岳の山頂部
1
東海自然歩道で雲母峰方面へ
湯の山温泉バス停付近のこの駐車場には、その後「鹿の湯ホテル従業員用駐車場」の看板が新設されたようでした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東海自然歩道で雲母峰方面へ
湯の山温泉バス停付近のこの駐車場には、その後「鹿の湯ホテル従業員用駐車場」の看板が新設されたようでした
1
エゾビタキの幼鳥がさえずっていました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エゾビタキの幼鳥がさえずっていました
9
東海自然歩道の道標
・湯の山温泉から1.3km
・雲母高原まで3.6km
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東海自然歩道の道標
・湯の山温泉から1.3km
・雲母高原まで3.6km
巣材を収集中のオオルリ♀?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巣材を収集中のオオルリ♀?
10
砂防堰堤からの稲森谷
この日に歩いた場所では、イナモリソウは見られませんでした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂防堰堤からの稲森谷
この日に歩いた場所では、イナモリソウは見られませんでした
2
老朽化気味の東海自然歩道の橋
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
老朽化気味の東海自然歩道の橋
1
東海自然歩道の道標
・湯の山温泉バス停から1.3km
・雲母高原まで2.8km
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東海自然歩道の道標
・湯の山温泉バス停から1.3km
・雲母高原まで2.8km
フサザクラの果実
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フサザクラの果実
1
鳥獣保護区の標識
この時点で東海自然歩道からコースアウトしたことを確信しました
ここで沢が二又に分かれていました
左側の谷が稲森谷の本流のようです
尾根の取付の幹にテーピングがありましたが、右側の沢をしばらく進みました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥獣保護区の標識
この時点で東海自然歩道からコースアウトしたことを確信しました
ここで沢が二又に分かれていました
左側の谷が稲森谷の本流のようです
尾根の取付の幹にテーピングがありましたが、右側の沢をしばらく進みました
1
沢歩きから、左側の痩せ尾根に移動しました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢歩きから、左側の痩せ尾根に移動しました
1
イワウチワの果実
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワウチワの果実
3
痩せ尾根を進んで行くと、その後馬の背尾根に合流しました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
痩せ尾根を進んで行くと、その後馬の背尾根に合流しました
1
梅雨の晴れ間に山感?で、望遠レンズで撮影した画像に南アルプス越しの富士山が微かに写っていました、南側では雲が湧き始め
画像処理を行った所、カシミール3Dの展望図で照合できました
富士山までの距離:約213km
撮影時刻:10時39分
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梅雨の晴れ間に山感?で、望遠レンズで撮影した画像に南アルプス越しの富士山が微かに写っていました、南側では雲が湧き始め
画像処理を行った所、カシミール3Dの展望図で照合できました
富士山までの距離:約213km
撮影時刻:10時39分
4
馬の背尾根の展望地からの鎌ヶ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬の背尾根の展望地からの鎌ヶ岳
2
新名神高速道路の菰野インターチェンジ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新名神高速道路の菰野インターチェンジ
3
入道ヶ岳の東山麓にある新名神高速道路の鈴鹿パーキングエリア
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入道ヶ岳の東山麓にある新名神高速道路の鈴鹿パーキングエリア
1
ナナホシテントウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナナホシテントウ
3
ミヤマニガイチゴ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマニガイチゴ
3
鎌ヶ岳の山頂の神社
鳥居倒壊の恐れあり、というような注意書きがありました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎌ヶ岳の山頂の神社
鳥居倒壊の恐れあり、というような注意書きがありました
1
綿向山-雨乞岳-イブネ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綿向山-雨乞岳-イブネ
3
御在所岳方面からの鎌ヶ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御在所岳方面からの鎌ヶ岳
3
長者池畔のタニウツギに産み付けられたモリアオガエルの卵塊
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長者池畔のタニウツギに産み付けられたモリアオガエルの卵塊
4
ニホンカワトンボ♀
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニホンカワトンボ♀
2
御在所岳の山頂の一等三角点
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御在所岳の山頂の一等三角点
5
望湖台からの鈴鹿山脈の北部への山並み
最高峰の御池岳の山頂付近には雲が立ち込めていました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
望湖台からの鈴鹿山脈の北部への山並み
最高峰の御池岳の山頂付近には雲が立ち込めていました
3
タテヤマリンドウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タテヤマリンドウ
5
芭蕉池のコイと魚
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芭蕉池のコイと魚
2
レストラン「アゼリア」の跡地からの鎌ヶ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
レストラン「アゼリア」の跡地からの鎌ヶ岳
2
入道ヶ岳の山頂部
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入道ヶ岳の山頂部
2
撤去されていた山頂部のレストラン「アゼリア」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
撤去されていた山頂部のレストラン「アゼリア」
1
朝陽台広場
展望デッキからは北側の視界が良好
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝陽台広場
展望デッキからは北側の視界が良好
1
富士見岩
富士山ライブカメラのHPの画像を確認したところ
この日は昼過ぎには富士山の山頂部に雲がかかっていたようでした。東面の山頂部には最近冠雪した残雪が少しありましたが、西面は谷筋に細い線状に微かに残雪がありました
ここに到着した時には、富士山は雲に隠れていましたが、朝に馬の背尾根の枝尾根の展望地から撮影した画像に富士山が微かに写っていました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見岩
富士山ライブカメラのHPの画像を確認したところ
この日は昼過ぎには富士山の山頂部に雲がかかっていたようでした。東面の山頂部には最近冠雪した残雪が少しありましたが、西面は谷筋に細い線状に微かに残雪がありました
ここに到着した時には、富士山は雲に隠れていましたが、朝に馬の背尾根の枝尾根の展望地から撮影した画像に富士山が微かに写っていました
3
御在所ロープウェイの鉄塔
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御在所ロープウェイの鉄塔
4
大黒岩と御在所ロープウェイのゴンドラ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大黒岩と御在所ロープウェイのゴンドラ
4
手前から
・地蔵岩
・湯の山かもしか大橋と湯の山温泉街
・新名神高速道路
・菰野町の街並み
・四日市の街並み
・伊勢湾
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前から
・地蔵岩
・湯の山かもしか大橋と湯の山温泉街
・新名神高速道路
・菰野町の街並み
・四日市の街並み
・伊勢湾
3
雲母峰
その手前に馬の背尾根
さらに手前に長石尾根
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲母峰
その手前に馬の背尾根
さらに手前に長石尾根
3
伊勢湾に浮かぶセントレア
最奥に渥美半島の山並み
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊勢湾に浮かぶセントレア
最奥に渥美半島の山並み
2
国見尾根の天狗岩とゆるぎ岩
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国見尾根の天狗岩とゆるぎ岩
4
きらら湖(菰野ダム)、三重用水の調整池
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きらら湖(菰野ダム)、三重用水の調整池
2
湯の山カモシカ大橋と彩向陽(お城のようなホテル)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯の山カモシカ大橋と彩向陽(お城のようなホテル)
2
裏道にある藤内小屋
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏道にある藤内小屋
名駅の超高層ビル群
手前に木曽川
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名駅の超高層ビル群
手前に木曽川
2
四日市市街地と伊勢湾越しの知多半島
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四日市市街地と伊勢湾越しの知多半島
2
キバナヤマオダマキ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キバナヤマオダマキ
4
三滝川と大石公園
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三滝川と大石公園
2
湯の山温泉街の「寿亭」
温泉街の県道を下山
温泉街では窓ガラスの一部が割れた廃虚となった宿泊施設も目に付きました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯の山温泉街の「寿亭」
温泉街の県道を下山
温泉街では窓ガラスの一部が割れた廃虚となった宿泊施設も目に付きました
3
この日の晩
綺麗な満月が見えていました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この日の晩
綺麗な満月が見えていました
1
■湯の山かもしか大橋の観察日記
事業期間:平成21年度〜平成30年度
建設期間:平成27年度〜平成30年度
開通:平成30年8月24日
橋長:269m
幅員:9m
総事業費:約37億円
2015年4月18日:橋脚の土台部の工事開始
2015年10月31日:橋脚の出来始め
2016年8月1日:橋脚部の大部分完成
2017年5月8日:橋桁の出来始め
2017年7月3日:橋桁の延伸中
2018年6月14日:開通直前
2019年6月17日:開通後
元サイズ:1280x948px
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■湯の山かもしか大橋の観察日記
事業期間:平成21年度〜平成30年度
建設期間:平成27年度〜平成30年度
開通:平成30年8月24日
橋長:269m
幅員:9m
総事業費:約37億円
2015年4月18日:橋脚の土台部の工事開始
2015年10月31日:橋脚の出来始め
2016年8月1日:橋脚部の大部分完成
2017年5月8日:橋桁の出来始め
2017年7月3日:橋桁の延伸中
2018年6月14日:開通直前
2019年6月17日:開通後
元サイズ:1280x948px
1

感想/記録

登山口に向かう途中の車窓からは、御在所岳の山頂部に雲がかかっていましたが、登っている途中から雲が取れてきました。雲が次々に流れてきましたが、次第に青空が広がっていました。稜線部ではやや強い風が吹いていて、湿度が高くなく山上では快適でした。
梅雨時期でしたが、空気が乾燥していて、山上からは御嶽山や伊勢湾の神島など遠くまで見渡せました。

【バックナンバー 御在所岳】
・4月18日 (2015年)『鎌ヶ岳・御在所岳 ↑長石谷↓中道 イワザクラとアカヤシオ』http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-615469.html
・4月20日 (2013年)『御在所岳〜鎌ヶ岳 アカヤシオ・ヒガラの動画』http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-286805.html
・4月22日 (2014年)『鎌ヶ岳・御在所岳 岩桜咲く森の中クマさんに出会った〜。』http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-432571.html
・5月8日 (2011年)『鎌ヶ岳-御在所岳-国見岳 岩桜と★姫ツツジ(アカヤシオ)に彩られたピンクの山肌』http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-109937.html
・5月9日 (2013年)『御在所岳〜雄性先熟のリンドウとアカヤシオ 鈴鹿サーキット2013第A』 http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-296101.html
・6月2日 (2010年)『御在所岳-鎌ヶ岳(馬の背尾根)ハルリンドウの大群落・シロヤシオに間に合う・新緑の季節もいい山だね〜』 http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-66636.html
・6月14日 (2018年)『鎌ヶ岳・御在所岳↑稲森谷↓中道 〜梅雨の晴れ間に富士山が見えた』 https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1497160.html
・6月17日 (2019年)『鎌ヶ岳・御在所岳↑稲森谷↓中道 〜梅雨の晴れ間に富士山が見えた』 http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1896576.html
・6月24日 (2014年)『御在所岳(↑本谷・↓一ノ谷新道)静かな山の理由は…そうだったのか!』 http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-469394.html
・7月5日 (2016年)『御在所岳 ↑本谷↓中道〜ウチョウランとキンコウカ』 http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-910992.html
・8月1日 (2016年)『御在所岳 ↑本谷↓中道〜コモノギクとシュロソウ』 http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-930053.html
・8月7日 (2011年)『御在所岳・夜間登山〜蝶図鑑』 http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-126065.html
・8月31日 (2013年)『御在所岳 〜中道・一ノ谷新道の奇石紀行』 http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-339851.html
・9月7日 (2012年)『御在所岳〜本谷の花と相思鳥』http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-222530.html
・10月2日 (2011年)『鈴鹿サーキットでご来光〜御在所岳-イブネ-雨乞岳-鎌ヶ岳』http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-138650.html
・10月31日 (2015年)『御在所岳 中道からの朝焼け〜富士山が見えました!』http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-754463.html
・11月3日 (2010年)『御在所岳(滑落遭難者をヘリで救出・一ノ谷新道の鷹見岩付近)・国見尾根〜北西尾根登り返し』 http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-85187.html
・11月13日 (2012年)『御在所岳-イブネ-雨乞岳 〜ご来光と紅葉』http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-244726.html
・11月16日 (2013年)『御在所岳(本谷)・鎌ヶ岳(長石尾根)〜鈴鹿サーキット第ち2013』http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-370328.html
訪問者数:314人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ