また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1903282 全員に公開 ハイキング赤目・倶留尊高原

赤目渓谷滝づくし(赤目四十八滝-長坂山)

日程 2019年06月23日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち36%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間10分
休憩
26分
合計
4時間36分
S赤目滝バス停09:0909:14日本サンショウウオセンター09:1511:09岩窟滝11:2312:56長坂山12:5813:35赤目滝バス停13:4413:45ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
良好
過去天気図(気象庁) 2019年06月の天気図 [pdf]

写真

赤目口駅下車(無人駅です)。
2019年06月23日 08:38撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤目口駅下車(無人駅です)。
9時の三重交通バスで赤目滝バス停へ。予定時間より早めに着きました。
2019年06月23日 09:08撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9時の三重交通バスで赤目滝バス停へ。予定時間より早めに着きました。
日本サンショウウオセンターで500円払って渓谷に入ります。
2019年06月23日 09:15撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本サンショウウオセンターで500円払って渓谷に入ります。
1
霊蛇滝。
2019年06月23日 09:24撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霊蛇滝。
1
不動滝。五瀑のひとつです。
2019年06月23日 09:26撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動滝。五瀑のひとつです。
乙女滝。
2019年06月23日 09:35撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乙女滝。
1
五瀑のひとつ、千手滝。
2019年06月23日 09:42撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五瀑のひとつ、千手滝。
1
角度を変えて。
2019年06月23日 09:44撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
角度を変えて。
五瀑のひとつ、布曳滝。
2019年06月23日 09:51撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五瀑のひとつ、布曳滝。
樹の葉も美しかったです。望むらくはもう少し日光が。
2019年06月23日 10:08撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹の葉も美しかったです。望むらくはもう少し日光が。
1
姉妹滝。
2019年06月23日 10:20撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姉妹滝。
笄滝(こうがいたき)。渡渉しないと見えませんが、わざわざ渡っていかなくてもよかったかも。
2019年06月23日 10:25撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笄滝(こうがいたき)。渡渉しないと見えませんが、わざわざ渡っていかなくてもよかったかも。
五瀑のひとつ、荷担滝(にないだき)。
2019年06月23日 10:42撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五瀑のひとつ、荷担滝(にないだき)。
1
角度を変えて。
2019年06月23日 10:47撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
角度を変えて。
1
雛壇滝。
2019年06月23日 10:49撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雛壇滝。
五瀑のひとつ、琴滝。
2019年06月23日 10:58撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五瀑のひとつ、琴滝。
岩窟滝。滝が続くのはここまでです。このまままっすぐ行くと、香落渓に抜けられます(さらに進むと、曽爾村へ)。
2019年06月23日 11:09撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩窟滝。滝が続くのはここまでです。このまままっすぐ行くと、香落渓に抜けられます(さらに進むと、曽爾村へ)。
琵琶滝に戻ってきました。
2019年06月23日 11:34撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
琵琶滝に戻ってきました。
荷担滝遠景。
2019年06月23日 11:41撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荷担滝遠景。
長坂山への登山道に入ります。最初は結構急登です。
2019年06月23日 11:59撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長坂山への登山道に入ります。最初は結構急登です。
1
稜線のビューポイントから。
2019年06月23日 12:19撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線のビューポイントから。
頂上の手前の稜線から。
2019年06月23日 12:54撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上の手前の稜線から。
山頂到着。ただ、ここまで来る途中に602mのピークがあった筈なんですが。
2019年06月23日 12:56撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂到着。ただ、ここまで来る途中に602mのピークがあった筈なんですが。
1
三角点あり。
2019年06月23日 12:56撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点あり。
植林帯のテープには惑わされてはいけないそうです。
2019年06月23日 13:15撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林帯のテープには惑わされてはいけないそうです。
ここに降りてきました。ここからバス停までは10分程度です。
2019年06月23日 13:23撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここに降りてきました。ここからバス停までは10分程度です。
ソフトクリームはお店によって値段が違います。これは380円。
2019年06月23日 13:39撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ソフトクリームはお店によって値段が違います。これは380円。
1
へこきまんじゅうを買いました。
2019年06月23日 13:46撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
へこきまんじゅうを買いました。
1
バスで赤目口へ。
2019年06月23日 13:56撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バスで赤目口へ。

感想/記録
by pers

赤目四十八滝へは、一昨年に来ていますが、もう一度写真を撮りなおしたくて、機会を窺っていました。しかし、台風やらなんやらでなかなか予定が立たず、今回ようやく同行者を見つけて再訪してきました。前回はそのまま香落渓に抜けましたが、今回は岩窟滝から引き返して、長坂山に登る計画。

近鉄大阪線車内で合流し、赤目口下車。三重交通バスで赤目滝までほぼ10分。お手洗いをすませて、日本サンショウウオセンターから赤目渓谷に入ります。ここしばらく、午後ににわか雨や雷雨が続いていたので、天気が気になっていましたが、途中ぱらっときただけで、最後まで荒れることはありませんでした。贅沢を言えば、もう少し陽光が欲しかったのですが。

ほどほどに雨が降っていたせいか、水量もまあまああり、樹々の葉もしっとりしていました。路面も濡れてはいるのですが、つるつる滑るほどでもなく、また通路が冠水することもありません。

敢えて言うまでもないことですが、四十八滝というのは「沢山ある」ということで、48の滝があるわけではありません。パンフレットに名前が載っている滝の数は22で、そのうち特に名高い滝を赤目五瀑と呼んでいます。落差の大きな滝はありませんが(布曳の滝くらい)、形のいい滝が多く、さらに五瀑以外でも段々になった滝など味わい深い滝が連続します。

前回は東に抜けましたが、今回は岩窟滝で昼食を摂って元に戻ります。途中に長坂山への登り口があるので、ここから登山道に入ります。大日滝(冬には氷結するという話で、氷瀑を楽しみにしていたのですが、昨冬は凍らなかったようです)を下見については、今日はできませんでした。

長坂山への登りは、最初から結構急登が続きます。かなり汗をかいたあたりでようやく最初のピークに到達。一旦下りにかかって、そこそこ急な下りの後、林道に出ます。少し林道を歩いてから再び登山道に入り、ちょっとだけ急な登りをこなすと、あとはなだらかな稜線歩きです。ただ、数箇所のビューポイントを除くと眺望は不良です。長坂山頂上には三角点があり、山名標も沢山かかっていますが、今日の最高地点は最初の急登を終えたところだったんですよね。あっちは別の山だったの? なんかもやもやしました。

下りはかなり急な坂を覚悟していましたが、ガレているもののさほどでもありません。飽きが来る前に車道に出ることができました。その後、バスの時間まで15分ほどあったので、ソフトクリームとへこきまんじゅうを買って帰還。同行のまあさんは立ち寄り湯に寄り道なさいました。

なお、今日はViewRangerではなくて、新たにApple Watchに対応したヤマレコマップを試してみました。まず、ヤマレコ上の計画をそのままインポートできるのはいいことだと思います。ただ、地図の拡大縮小がぎこちなかったり、現在位置の反映が遅いように思いました(少し動いてみて位置が正しいかどうかを確認しにくい)。それから、ViewRangerでは予定ルートからちょっとずれただけでも、うざったいくらいに道迷い警告を送ってくるのですが、ヤマレコマップはある程度ずれないと警告が来ないので、行き過ぎてしばらくしないと気付かない恐れがあります。さらにViewRangerとの比較では、ViewRangerでは他のアプリケーションを使っていても、しょっちゅう画面がViewRangerに戻ります。これまたしつこく感じるところはありますが、歩いている間に最も必要なアプリなので、手首を上げるだけで確認できるというのは正しい態度とも言えます。ヤマレコマップはしばらくするとバックグラウンドに戻ってしまうので、その都度ボタンを押して呼び出さなければなりません。このあたり、今後の改善課題かと思いました。
訪問者数:286人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2018/8/16
投稿数: 6
2019/6/23 18:33
 ヤマレコマップの改善
使いやすいアプリを おねがいします。
登録日: 2016/7/31
投稿数: 166
2019/6/23 21:37
 Re: ヤマレコマップの改善
私にコメント頂いてもあれなんですが、もう何回か使ったら、運営に感想を伝えるつもりです。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ