また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1903650 全員に公開 ハイキング北陸

野坂岳のササユリが無惨に刈取られ

日程 2019年06月23日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間1分
休憩
35分
合計
3時間36分
S野坂岳登山口10:2610:55橡の木地蔵(水場)11:0211:35一の岳(道標)11:3912:02二の岳(道標)12:15三の岳(道標)12:22避難小屋12:24野坂岳12:3712:38避難小屋12:43三の岳(道標)12:52二の岳(道標)13:08一の岳(道標)13:1513:21行者岩13:37橡の木地蔵(水場)13:4114:01野坂岳登山口14:02ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
一ヶ月ぶりの登山、足慣らしに地元の野坂さんに登ってみたら、登山道脇の草花が無惨に刈り取られていました。
過去天気図(気象庁) 2019年06月の天気図 [pdf]

写真

迷いがあって遅いスタートとなりました。どうか晴れますように。
2019年06月23日 10:31撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
迷いがあって遅いスタートとなりました。どうか晴れますように。
1
ヤマアジサイが迎えてくれた。
2019年06月23日 10:41撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマアジサイが迎えてくれた。
5
久しぶりのトチノキ地蔵さん
2019年06月23日 10:56撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久しぶりのトチノキ地蔵さん
4
谷筋から尾根へ変わるところで振り返る。
2019年06月23日 11:08撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷筋から尾根へ変わるところで振り返る。
4
一ノ岳の直下まで上がると、登山道の刈り払いが綺麗にしてある。しかし違和感が…
2019年06月23日 11:21撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ岳の直下まで上がると、登山道の刈り払いが綺麗にしてある。しかし違和感が…
シキミの実
2019年06月23日 11:35撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シキミの実
4
一ノ岳、どんよりと曇り空です。一か月ぶりなので案じたが、まだ余力があるので続行します。
2019年06月23日 11:37撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ岳、どんよりと曇り空です。一か月ぶりなので案じたが、まだ余力があるので続行します。
1
ササユリが一輪のみ、まわりをよくみると蕾が数株ある。
2019年06月23日 11:45撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ササユリが一輪のみ、まわりをよくみると蕾が数株ある。
6
一ノ岳から稜線へ、緑が鮮やか。山側の草が刈り取られている。
2019年06月23日 11:48撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ岳から稜線へ、緑が鮮やか。山側の草が刈り取られている。
ヤマボウシ
2019年06月23日 12:01撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマボウシ
6
ニノ岳から三ノ岳までの鞍部。少し寒く感じる。手元の温度計は20℃
2019年06月23日 12:07撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニノ岳から三ノ岳までの鞍部。少し寒く感じる。手元の温度計は20℃
1
コアジサイ
2019年06月23日 12:09撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コアジサイ
5
三ノ岳。ブナ林が続きます。
2019年06月23日 12:17撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ岳。ブナ林が続きます。
山頂直下のコアジサイ道を駆け上がる
2019年06月23日 12:22撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下のコアジサイ道を駆け上がる
4
避難小屋
2019年06月23日 12:23撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋
1
山頂に到着。今年の元旦以来半年ぶり。
2019年06月23日 12:24撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に到着。今年の元旦以来半年ぶり。
4
東隣の岩籠山は湧き上がるガスで見えない。
2019年06月23日 12:26撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東隣の岩籠山は湧き上がるガスで見えない。
1
琵琶湖と高島トレイル方面は何とか見通せます。
2019年06月23日 12:26撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
琵琶湖と高島トレイル方面は何とか見通せます。
山頂を通り過ぎて振り返る。親子連れが上がって来られた。ほぼ無風、汗冷えで寒いので長居は無用。
2019年06月23日 12:27撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂を通り過ぎて振り返る。親子連れが上がって来られた。ほぼ無風、汗冷えで寒いので長居は無用。
3
山頂直下のブナの大木。元旦に霧氷が見事だったことを思い出す。
2019年06月23日 12:43撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下のブナの大木。元旦に霧氷が見事だったことを思い出す。
3
ニノ岳まで下りてきたら日が差してきた。下山を早まったか?
2019年06月23日 12:52撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニノ岳まで下りてきたら日が差してきた。下山を早まったか?
2
再び一ノ岳のお地蔵さん。刈り取られたササユリの蕾が二輪供えられていた。唖然‼️
2019年06月23日 13:10撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び一ノ岳のお地蔵さん。刈り取られたササユリの蕾が二輪供えられていた。唖然‼️
2
ここもごっそりと刈り取られている。今年はトリカブトも見られない。
2019年06月23日 13:17撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここもごっそりと刈り取られている。今年はトリカブトも見られない。
1
行者岩越しに西方ヶ岳が覗いている
2019年06月23日 13:15撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者岩越しに西方ヶ岳が覗いている
今回は行者岩に立ち寄ってみます。
2019年06月23日 13:20撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は行者岩に立ち寄ってみます。
岩籠山と高度900m辺りに奇妙な雲の帯。この雲で山頂からの視界が遮られたよう。
2019年06月23日 13:21撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩籠山と高度900m辺りに奇妙な雲の帯。この雲で山頂からの視界が遮られたよう。
2
なんでここまで刈り取る必要があるのか?草木に興味のない人の仕業だ。
2019年06月23日 13:30撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんでここまで刈り取る必要があるのか?草木に興味のない人の仕業だ。
1
虚しさと怒りを残したまま下山です。
2019年06月23日 14:02撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
虚しさと怒りを残したまま下山です。
2

感想/記録

ひと月ぶりの登山。6月は休日と天候の巡り合わせが悪い。どんどんモチベーションは下がる一方。これではいかんということで重い腰を上げました。でもって近場の山。
野坂岳は正月に霧氷を見て以来の半年ぶり。
気温が上がらず、大汗をかくこともなく一の岳まで一時間で登れた。後は涼しいブナの稜線道をゆっくり歩いて、コアジサイの咲く急坂を登りきると山頂に着いた、。
山頂では北側からガスが湧き上がっていて360度の展望はない。南側の琵琶湖方面も鉛色の背景で冴えない。汗冷えで寒いのでおにぎりを食べて即行下山としました。

しかし、登山道の刈り取りがやり過ぎ。山肌に繁っている草木まで幅広く刈り込まれている。これではこれから咲く花が見られなくなる。二輪草等は来年咲くのだろうか?トリカブトも今年は見られないだろう。何とも虚しい。一の岳近辺もゴッソリ刈り取られてササユリの蕾が散乱して無惨なことになっていた。
極めつけは蕾の茎がお地蔵さんに供えられていて唖然とした。登山者が可哀想とでも思ったのか?
出会った人は20人弱、内トレランが4人、静かな野坂山でした。

翌日市役所に電話したら、管轄のスポーツ振興課は休みだと言う。一体誰が?山を愛する心がない者が業者に委託してのことだろう。
近々に子供会の登山かトレランの大会でもあるのだろうか? それにしてもこれはアカンでしょ⁉️

訪問者数:470人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

登録日: 2013/9/7
投稿数: 1
2019/6/24 15:27
 悲しい事です
初めまして
投稿を見て大変ショックでした。
花や動物との出会いを楽しみに山歩きしている者としては悲しいばかりです。
たとえ花に興味がなくとも咲こうとしている蕾までも無残に刈ってしまえる心が理解出来ません…と怒ってみても刈られたお花が戻てくるわけでもなく…虚しいですね。
観光資源でもあるのだから、市役所の方には考えて頂きたいですね。今後のお花が心配です。
あまりにもショックだったもので…コメント失礼しました。
登録日: 2015/5/11
投稿数: 200
2019/6/24 17:40
 Re: 悲しい事です
honekkoさん、こんにちは。
地元の山に半年ぶりに登ってみたら悲しいことになってました。

下山後も虚しい心は晴れず、段々と怒りが込み上げてきて市役所に電話してしまいました。明日もう一度スポーツ振興課に電話してみます。課長が友人の後輩らしいので。
安全第一と考えてやったことにしても余りにも配慮に欠けています。敦賀市民として恥ずかしいと思います。こんなこともわからないなんて。
コメントありがとうございました。
登録日: 2014/5/16
投稿数: 2
2019/6/24 23:08
 登山道整備
初めまして。
登山道脇の花が刈られていたとの事、ショックだったのしょうね。
ショックだったのは理解できます。」
でも、花を買った人達は、花を刈る事が目的ではなかったのでは無いでしょうか?
野坂岳は、市民は勿論、県外の登山者も多く、上級者から小学生時、時には幼稚園児まで登ってきていますよね。
草を刈った人たちは山の会の人だと思いますが、皆さんボランティアで、この暑い時期に、重い草刈り機を抱え、小学生の遠足登山時に怪我が無い様に、草が登山道を覆わないように、朝露に濡れないよう様に、毎年草が伸びる今の時期に草kリ登山をされています。
その人達の話を聞かせてもらうと、皆さん花が大好きで、春にはカタクリが登山者に踏み荒らされないように群落地にロープを張ったり、来年も沢山咲くようにと下草を刈ったりされています。
山の会の方以外の人が、定期的に草を刈ったり、登山道を整備されたりしているところを目撃したことはありません。
ボランティアで草刈りを行う人がいない中、また、山の会に若者が入会しない現状で、花と草を分別し鎌で草刈りが出来ない為、やむを得ずススキや笹、登山道を覆う草を刈り取ってしまう中の出来事ではないでしょうか?
福井県内にも登山やトレイルランナー人口は増えていますが、年々登山道整備を行う人が減っているとの事。山の会の人たちは地元の山が大好きである事を理解してあげて頂きたいと思います。
私も以前は、他の山に登って登山道整備が出来ていないとか不満を漏らしておりましたが、ボランティアで整備をされている方がいるんだと解って逆にありがたいなと思うようになりました。
鳥取県の大山が荒れた時、登山者は一木一石運動の協力した様に,
野坂岳に限らず、何か自分に協力することが出来ないだろうか、出来ないならせめてゴミは持ち帰ろうと思う人が増えればと思います。
厳しいコメント思われるかとは存じますが、お互いにこれからも野坂岳が良い山であるよう祈っていたいですね。
登録日: 2015/5/11
投稿数: 200
2019/6/25 7:26
 Re: 登山道整備
teizandakeさんおはようございます。
貴重なご意見ありがとうございます。
「山の会」の人が「まあいいやめんどくさい。いっしょに刈っちゃえ」となるんでしょうかね?ちょっと理解に苦しみます。会の方の直接の作業ではないと思いますが…。
登山道の谷側や人が踏み入らない山側の斜面まで、きれいに刈り取る必要はないと考えます。

近日中に一度登山道を歩いてみてください。何が悲しいのか、何がイケないのか、もう少し分かってもらえるでしょう。
地元の常連さん達が楽しみにしているササユリ。人気の野坂山なので遠方からも沢山来られます。ササユリが咲いているとホッとすると思います。

登山道は広い道幅が確保されているのに、更に根こそぎ刈り取ってしまうことに意味があるのでしょうか?
重い草刈り機を担ぎ上げて、ボランティアだから、子供のためだからで許されてしまうのでしょうか?
朝露に濡れたって擦り傷したってなんだいと思う親が少ない、こういうモンスターを気にするのでしょうかね。
登山道整備には自然を残す必要最低限のルールがあると思います。
数年前、登山経験のない引率者の学校登山で遭難騒ぎがありました。原因は怪我をする以前の問題です。
子供会や学校登山は初心者ばかりなので、経験者が下見もして細心の注意をしてやるべきです。
会の人に知り合いがいます。若者が入って来ず高齢の会員で、登山道の整備が大変やと言っておられました。ご苦労は理解します。また今度この件を聞いてみます。

ご存知かと思いますが「野坂岳ひとり旅」でほぼ毎日登っておられる穂高さんのブログです。参考までに。
https://blog.goo.ne.jp/hodaka-3190/e/5cd0011761ae809e9476cce503e2eaf3

最後に、野坂山がみんなに愛され続ける山でありますように。
登録日: 2014/5/16
投稿数: 2
2019/6/25 22:52
 Re[2]: 登山道整備
naojiroさん、返信ありがとうございます。
野坂岳に限らず地方の山に登って感じていることを書かせてもらいます。
地元登山ガイド協会の方が。長野県安曇野市のある山の登山道整備を行っている事をテレビで見たことがあり、また北アルプスの登山道は山小屋の方が整備をされている事を聞いた事があります。
それを見た時、日本百名山程有名ではない地方の山の整備は誰が行うのだろう?と疑問を持ちました。最初は市か県の観光課かと思っていました。
でも聞けば、多くの山の登山道のほとんどは地元山の会や地元地区の皆さんのボランティア活動に頼っているとの事でした。
登山中、草刈り作業最中に遭遇したことも何回かあり、話を聞かせてもらった時、皆さん草を刈らず1〜2年放置するとすぐ藪になってしまう。藪になってしまった後の草刈り(藪刈)はそれは大変な労力が必要と教えて頂きました。
敦賀三山でも、水芭蕉が咲いていてと言われる池も、すっかり藪に覆われ、たどり着くにも難儀で、たどり着いてもどこが池?という感じでした。
自然の力、回復力は人の想像を超え、時には人が手入れしないといけないと感じる事がある方もいらしゃると思います。勿論それも魅力の一つの山のありますが。
私自身も野の花が好きで山に登っており、今回の件でのショックが大きかったのだとは存じますが、草刈りをした方々も「えい、面倒だ刈ってしまえ!」とか「オレ達はボランティアだ!」等という気持ちで刈ったので無いと信じています。
北アルプスでは、草刈りや登山道整備に参加費用を払ってまで参加するボランティアがいます。
敦賀に限らず地方の山では考えられません。
皆さん!日当をいくら貰ったら山頂まで草刈り機を抱え、草を刈りますか?
私ならいくら要求するだろう?
日当1万円ほどでの、耕作放棄地や畔の草刈りでも、人手不足と聞きます。
皆さん!草刈り鎌を持って登山できますか?私は持って登っていないなあ。
山の会のメンバーも高齢化していると聞きます。後何年草刈りや登山道整備が出来る体力をお持ちなのでしょう?
もしかすれば、後5〜6年もすればその草刈りや登山道整備も出来なくなり、市や県には予算が付かず、三山で一番登山者の多い野坂岳ですら藪状態のところが増えるのではないでしょうか?栄螺から西方間や岩籠の山コースはどうでしょう?
藪は当たり前、山とはそういうところだ。遭難は自己責任だと言われることに理解はできますが、それが無い様に今の三山の登山道整備を何年も、何十年も地道に行ってこられた方々がいらっしゃるからこそ、今日の安全な山があるのだ感謝もしたいと思います。
また来年になったらきっと咲いてくれるササユリの生命力を信じるとともに、登山者の一人一人が、今の三山や地元の山を楽しめる様、何か自分たちに出来る事は無いかご一緒に考え、提言し、行動してみましょうよ。
会の人に、ここにササユリがあるよ、ここは刈らない方が良いのでは?と教えてあげる事でも、鎌を持ち機械では刈り難い所の草刈りを協力したり、または草刈り機の運搬を手伝ったり、何か参加できないか?
小さな倒木であれば登山者で声を掛け合い処理をする。落石による不安定な石があれば脇に寄せる等何かあるはずで、それができないとしても。せめてゴミの持ち帰りや「こんにちは、御苦労さまです」との声かけ等、何かできないだろうかと考えさせられるnaojiroさんの投稿でした。
私の投稿で御気分を害されたとしたら申し訳ございません。
ありがとうございました。
登録日: 2015/5/11
投稿数: 200
2019/6/27 16:56
 Re[3]: 登山道整備
色々調べてみました。山の会の人にも聞いてみました。小中生の子供会の登山がこれから夏に向かってあるようです。安全第一に高速道路仕様に刈り払いをされたようです。

teizanndakeさんは山の会サイドのご意見ですね。論点がズレてきたので整理します。野坂山の刈り払いについてです。
野坂山は人気の山なので、数年も放っておいたら藪になるなんてことはまずありません。西方・蠑螺ヶ岳は分かりませんが‥。
整備は本当にありがたいことで感謝してもしきれませんが、やり様に行き過ぎた所があるのでも少し気配りしてもらえませんか?という話です。これは大方の登山者の願いです。
スポーツ振興課のO課長さんにも電話で事情をお話しておきました。山の会さんにも話してもらえるようにと知人に頼んでおきました。

ところで私は何処の山へ行っても、ゴミを一個以上持ち帰ることにしています。
因みに今回の野坂山でも、リアルゴールドジェルの飲みさしと包装ビニールが落ちていたので持ち帰っています。
これでコメントをCLOSEとします。ご了承ください。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ