また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1904608 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走志賀・草津・四阿山・浅間

湯ノ丸山・烏帽子岳・三方ヶ峰周回〜ツツジとコマクサを訪ねて

日程 2019年06月23日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
湯ノ丸高原地蔵峠駐車場。当日はイベント開催で混んでいた。つつじ祭りは6月30日まで開催。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間3分
休憩
1時間30分
合計
9時間33分
S地蔵峠駐車場05:1906:07鐘分岐06:52湯ノ丸山07:29小梨平分岐08:07小烏帽子岳08:19烏帽子岳08:3308:46小烏帽子岳08:4909:21小梨平分岐09:45臼窪湿原・湯の丸山方面交差09:4610:01臼窪湿原分岐10:55地蔵峠駐車場10:5710:58烏帽子岳登山口12:08見晴岳12:0912:25三方ヶ峰13:3013:38池の平湿原13:4213:55池の平駐車場14:50烏帽子岳登山口14:52ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
花観賞のためゆっくりです。
コース状況/
危険箇所等
湯ノ丸牧場内、ウシが仕掛けた地雷が多数あり、要注意。
過去天気図(気象庁) 2019年06月の天気図 [pdf]

写真

早朝の湯ノ丸地蔵峠駐車場は数台の車しかなかった。出発するshilokoさん。
2019年06月23日 05:18撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早朝の湯ノ丸地蔵峠駐車場は数台の車しかなかった。出発するshilokoさん。
3
朝霧が薄っすらと漂う湯ノ丸牧場。
2019年06月23日 05:20撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝霧が薄っすらと漂う湯ノ丸牧場。
2
湯ノ丸牧場の柵内に、冬季はスキー場第1ゲレンデとなる斜面を登って行く。振り返ると小桟敷山から日の出。
2019年06月23日 05:22撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯ノ丸牧場の柵内に、冬季はスキー場第1ゲレンデとなる斜面を登って行く。振り返ると小桟敷山から日の出。
3
招かざる客の私たちを見つめるウシ。
2019年06月23日 05:28撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
招かざる客の私たちを見つめるウシ。
4
のんびりと草を食むウシの横を、元気に登ってくるshilokoさん。
2019年06月23日 05:30撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
のんびりと草を食むウシの横を、元気に登ってくるshilokoさん。
1
ホルスタイン種のウシもいる。shilokoさんはどこへ行ったのだろう?ウシしかいない。
2019年06月23日 05:33撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホルスタイン種のウシもいる。shilokoさんはどこへ行ったのだろう?ウシしかいない。
10
朝露に濡れるレンゲツツジ。
2019年06月23日 05:38撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝露に濡れるレンゲツツジ。
7
牧場内のツツジ平にも当然ウシがいる。
2019年06月23日 05:40撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牧場内のツツジ平にも当然ウシがいる。
5
湯ノ丸山はガスガス。レンゲツツジは5分〜7分咲き。蕾もまだ多い。
2019年06月23日 05:43撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯ノ丸山はガスガス。レンゲツツジは5分〜7分咲き。蕾もまだ多い。
1
ダケカンバ、ツツジの群生に佇むshilokoさん。
2019年06月23日 05:44撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダケカンバ、ツツジの群生に佇むshilokoさん。
1
満開のズミとレンゲツツジ。
2019年06月23日 05:47撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
満開のズミとレンゲツツジ。
1
ズミも濡れるツツジ平。
2019年06月23日 05:47撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズミも濡れるツツジ平。
7
白いズミ、赤橙のレンゲツツジ。
2019年06月23日 05:48撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白いズミ、赤橙のレンゲツツジ。
モミの葉に朝露。
2019年06月23日 05:49撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モミの葉に朝露。
4
ツツジ平の休憩テラス。正面には角間山。
2019年06月23日 06:01撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツツジ平の休憩テラス。正面には角間山。
1
シャクナゲのように輪生して咲いているレンゲツツジ。
2019年06月23日 05:56撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャクナゲのように輪生して咲いているレンゲツツジ。
3
サラサドウダンツツジ。
2019年06月23日 06:04撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サラサドウダンツツジ。
4
朝露に濡れる可愛らしい釣鐘の花。
2019年06月23日 06:04撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝露に濡れる可愛らしい釣鐘の花。
8
レンゲツツジ並木を歩いていく。
2019年06月23日 06:04撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
レンゲツツジ並木を歩いていく。
3
朝日に輝くレンゲツツジ。
2019年06月23日 06:06撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日に輝くレンゲツツジ。
2
鐘を鳴らすshilokoさん。
2019年06月23日 06:06撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鐘を鳴らすshilokoさん。
5
サラサドウダンツツジの蕾。丸い球状でさらに可愛らしい。
2019年06月23日 06:21撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サラサドウダンツツジの蕾。丸い球状でさらに可愛らしい。
3
小さな岩に立ち、ライオンキングだそうだ・・・。
2019年06月23日 06:21撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さな岩に立ち、ライオンキングだそうだ・・・。
3
桟敷山、田代湖、鍋蓋山、嬬恋村。
2019年06月23日 06:27撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桟敷山、田代湖、鍋蓋山、嬬恋村。
3
イワカガミ、レンゲツツジ。
2019年06月23日 06:27撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワカガミ、レンゲツツジ。
2
まだ蕾が多いズミ。
2019年06月23日 06:29撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ蕾が多いズミ。
コケモモ。
2019年06月23日 06:36撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コケモモ。
4
ガスガスの湯ノ丸山山頂。
2019年06月23日 06:51撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスガスの湯ノ丸山山頂。
8
雲海から山頂部だけ烏帽子岳が見える。
2019年06月23日 06:57撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海から山頂部だけ烏帽子岳が見える。
2
トウゴクミツバツツジ。
2019年06月23日 07:00撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トウゴクミツバツツジ。
4
コメツガの実も紫。
2019年06月23日 07:04撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コメツガの実も紫。
1
鞍部分岐のズミ。
2019年06月23日 07:29撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部分岐のズミ。
1
満開のズミ。
2019年06月23日 07:33撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
満開のズミ。
3
ベニバナイチヤクソウ。
2019年06月23日 07:42撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベニバナイチヤクソウ。
4
ムラサキヤシオ。
2019年06月23日 07:43撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ムラサキヤシオ。
6
イワカガミ、マイズルソウ。
2019年06月23日 07:44撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワカガミ、マイズルソウ。
3
満開のズミ。
2019年06月23日 07:46撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
満開のズミ。
3
グンナイフウロ。
2019年06月23日 07:47撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グンナイフウロ。
4
ハクサンチドリ。
2019年06月23日 07:52撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンチドリ。
7
ゴゼンタチバナ。
2019年06月23日 07:53撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナ。
4
ガスガスの烏帽子岳へ向かう。
2019年06月23日 07:53撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスガスの烏帽子岳へ向かう。
1
烏帽子岳南尾根に到着。
2019年06月23日 07:57撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岳南尾根に到着。
6
小烏帽子岳の上に少し青空が見える。
2019年06月23日 07:57撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小烏帽子岳の上に少し青空が見える。
3
岩の下にはイワカガミ。
2019年06月23日 08:01撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩の下にはイワカガミ。
2
小烏帽子岳。
2019年06月23日 08:05撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小烏帽子岳。
5
烏帽子岳へのビクトリーロード。青空が迎えてくれる。
2019年06月23日 08:09撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岳へのビクトリーロード。青空が迎えてくれる。
2
烏帽子岳山頂。日よけの帽子を被るshilokoさんと、レイダーキャップを被る鬼軍曹。ウシの地雷に被弾した。
2019年06月23日 08:21撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岳山頂。日よけの帽子を被るshilokoさんと、レイダーキャップを被る鬼軍曹。ウシの地雷に被弾した。
18
山頂から四阿山方面を眺めるshilokoさん。
2019年06月23日 08:23撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から四阿山方面を眺めるshilokoさん。
5
烏帽子岳南尾根の稜線を戻る。
2019年06月23日 08:50撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岳南尾根の稜線を戻る。
2
ミヤマハンショウヅル
2019年06月23日 08:53撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマハンショウヅル
2
半鐘を彷彿とさせる花の形。
2019年06月23日 08:53撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
半鐘を彷彿とさせる花の形。
8
砂礫地にはコマクサ。
2019年06月23日 08:56撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂礫地にはコマクサ。
11
スズラン。
2019年06月23日 08:59撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スズラン。
4
咲き乱れるイワカガミ。
2019年06月23日 09:01撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
咲き乱れるイワカガミ。
4
湯ノ丸山は頂上部のみガス。
2019年06月23日 09:01撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯ノ丸山は頂上部のみガス。
1
見事な枝ぶりのズミ。
2019年06月23日 09:08撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見事な枝ぶりのズミ。
1
見上げる白い花。
2019年06月23日 09:09撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見上げる白い花。
2
可愛らしく咲くレンゲツツジ。
2019年06月23日 09:13撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
可愛らしく咲くレンゲツツジ。
1
鞍部分岐まで戻ってきた。
2019年06月23日 09:17撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部分岐まで戻ってきた。
1
ツマトリソウ。
2019年06月23日 09:34撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツマトリソウ。
3
1500m以上の高原らしいシラカンバ林とレンゲツツジ。
2019年06月23日 09:45撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1500m以上の高原らしいシラカンバ林とレンゲツツジ。
1
中分岐を南下する。苔生す樹林帯。
2019年06月23日 09:48撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中分岐を南下する。苔生す樹林帯。
1
白窪湿原の南へ回り込むように、カラマツ帯を歩いていく。
2019年06月23日 09:55撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白窪湿原の南へ回り込むように、カラマツ帯を歩いていく。
1
湯ノ丸キャンプ場。晴れていれば良い景色だろう。
2019年06月23日 10:00撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯ノ丸キャンプ場。晴れていれば良い景色だろう。
2
再びゲレンデを下って行く。篭ノ登山、池ノ平湿原、見晴岳。
2019年06月23日 10:19撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再びゲレンデを下って行く。篭ノ登山、池ノ平湿原、見晴岳。
2
レンゲツツジを見ながら下って行く。ちなみにリフトは片道500円。
2019年06月23日 10:22撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
レンゲツツジを見ながら下って行く。ちなみにリフトは片道500円。
2
上毛に咲くシモツケ。
2019年06月23日 10:24撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上毛に咲くシモツケ。
2
積乱雲のように立ち上がる雲。
2019年06月23日 10:23撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
積乱雲のように立ち上がる雲。
2
斜面一面に咲くレンゲツツジ。
2019年06月23日 10:27撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面一面に咲くレンゲツツジ。
3
ウシが仕掛けた地雷を踏まないよう、慎重に歩くshilokoさん。
2019年06月23日 10:25撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウシが仕掛けた地雷を踏まないよう、慎重に歩くshilokoさん。
1
ウシが下で寛いでいる。レンゲツツジの群生、篭ノ登山。
2019年06月23日 10:31撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウシが下で寛いでいる。レンゲツツジの群生、篭ノ登山。
2
牧場の下麓は満開。
2019年06月23日 10:27撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牧場の下麓は満開。
8
ウシと一緒に寛ぐshilokoさん。やりたいように、好きなようにさせておく。
2019年06月23日 10:37撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウシと一緒に寛ぐshilokoさん。やりたいように、好きなようにさせておく。
4
湯ノ丸牧場にて記念に。
2019年06月23日 10:40撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯ノ丸牧場にて記念に。
7
器用に鼻をなめる白いウシ。
2019年06月23日 10:42撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
器用に鼻をなめる白いウシ。
5
岩塩なめている。
2019年06月23日 10:43撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩塩なめている。
3
黒いウシは座ったきり動かない。眠そう。
2019年06月23日 10:45撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒いウシは座ったきり動かない。眠そう。
2
凛々しいウシ。男前。
2019年06月23日 10:45撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凛々しいウシ。男前。
6
もう1頭は寝てしまった。気持ち良さそうだ。
2019年06月23日 10:47撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう1頭は寝てしまった。気持ち良さそうだ。
2
再び下りた地蔵峠から、東の三方ヶ峰へ向かう。
2019年06月23日 11:00撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び下りた地蔵峠から、東の三方ヶ峰へ向かう。
2
湯ノ丸スキー場のゲレンデを歩いていく。
2019年06月23日 11:13撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯ノ丸スキー場のゲレンデを歩いていく。
1
ツバメオモト。
2019年06月23日 12:00撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツバメオモト。
7
約1時間で見晴岳に到着。
2019年06月23日 12:06撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
約1時間で見晴岳に到着。
2
見晴岳保護地のコマクサ。
2019年06月23日 12:10撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴岳保護地のコマクサ。
9
柵の外から女王を眺める。
2019年06月23日 12:10撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柵の外から女王を眺める。
3
花付きの良いコマクサ。
2019年06月23日 12:11撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花付きの良いコマクサ。
5
三方ヶ峰へ移動する。池ノ平湿原。
2019年06月23日 12:15撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三方ヶ峰へ移動する。池ノ平湿原。
1
三方ヶ峰のコマクサ。
2019年06月23日 12:25撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三方ヶ峰のコマクサ。
5
シロバナコマクサもある。
2019年06月23日 12:26撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シロバナコマクサもある。
6
ハクサンチドリ。
2019年06月23日 12:30撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンチドリ。
5
三方ヶ峰の下で昼食。
2019年06月23日 12:51撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三方ヶ峰の下で昼食。
2
今日は鶏とキノコのうどん。夏らしくミョウガを載せる。
2019年06月23日 12:52撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は鶏とキノコのうどん。夏らしくミョウガを載せる。
9
ミツバオウレン。
2019年06月23日 13:36撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバオウレン。
5
池ノ平湿原、鏡池。
2019年06月23日 13:39撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池ノ平湿原、鏡池。
1
鏡池の周りにはヒメシャクナゲ。
2019年06月23日 13:39撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鏡池の周りにはヒメシャクナゲ。
3
兎平に出てきた。林道を駐車場方面へ下る。
2019年06月23日 13:53撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
兎平に出てきた。林道を駐車場方面へ下る。
1
コメツガ林と苔生した石群。
2019年06月23日 14:35撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コメツガ林と苔生した石群。
2
途中からは林道を歩いてゲートに。17時には通行止めとなる。
2019年06月23日 14:40撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中からは林道を歩いてゲートに。17時には通行止めとなる。
2
イベントは終了し、ガラガラとなった駐車場に到着。
2019年06月23日 14:52撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イベントは終了し、ガラガラとなった駐車場に到着。
3
帰りはアトリエ・ド・フロマージュに寄り道。生チーズソフトクリームを手にするshilokoさん。
2019年06月23日 15:43撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りはアトリエ・ド・フロマージュに寄り道。生チーズソフトクリームを手にするshilokoさん。
5
お土産は、飲むヨーグルト、フォンテンヌブロー、ブルベリー入りのチーズケーキ、ステックチーズケーキ、モナカ。
2019年06月23日 15:45撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お土産は、飲むヨーグルト、フォンテンヌブロー、ブルベリー入りのチーズケーキ、ステックチーズケーキ、モナカ。
4
ヤギとヒツジが柵内にいる。
2019年06月23日 15:49撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤギとヒツジが柵内にいる。
2
ここからは雨の6月24日月曜日。某所にある寺の蓮が咲いていた。
2019年06月24日 13:09撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは雨の6月24日月曜日。某所にある寺の蓮が咲いていた。
4
モモのような蕾。
2019年06月24日 13:10撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モモのような蕾。
3
渋川市の小野池あじさい公園へ、shilokoさんと出掛けた。
2019年06月24日 15:24撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渋川市の小野池あじさい公園へ、shilokoさんと出掛けた。
3
咲き乱れるアジサイの花。
2019年06月24日 15:25撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
咲き乱れるアジサイの花。
1
ガクアジサイ。
2019年06月24日 15:26撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガクアジサイ。
4
小野池ではカワセミが魚を狙っていた。
2019年06月24日 15:46撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小野池ではカワセミが魚を狙っていた。
4
カラフルなアジサイが咲く。
2019年06月24日 15:50撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カラフルなアジサイが咲く。
2

感想/記録

 夏至から続く激しい雨が、休日の予定を流していく。雨雲の隙間が現れる群馬の西端へ向かう。湯ノ丸高原のレンゲツツジと三方ヶ峰のコマクサ観賞へ。

 ガスガスの浅間山を見ながらサンラインを西へ。右折して東御嬬恋線を北上。黒斑山は見えないが篭ノ登山から西の山並みは見えていた。

 早朝5時、ガランとした地蔵峠駐車場。数台しか停まっていなかった。装備して出発。ぎんれい荘脇から牧場の柵内へ入る。ガスが漂う牧場。冬季は湯ノ丸スキー場第1ゲレンデとなる。

 リフトの下の斜面にはレンゲツツジが多数咲いている。見上げると黒くのっそりと動くものが見える。ウシが放牧され悠然と草を食んでいる。小桟敷山から日の出が上がり薄日が差す。足元の牛が仕掛けた地雷には注意を要する。

 登り上げるとツツジ平。レンゲツツジの群生地。5分から7分咲きだろうか。牧場内なのでそこにもウシが数頭いた。やはりレンゲツツジにはウシが似合う。

 時より差す日差しに、満開のズミが白く輝き、サラサドウダンが花を揺らせていた。牧柵から出て鐘分岐を湯ノ丸山方面へ。ガスに覆われた急坂を登り湯ノ丸山山頂へ。ガスで景観も無く烏帽子岳方面へ下る。

 標高を再び下げるとガスが薄くなり、雲海の隙間から烏帽子岳が見える。鞍部では満開のズミに出迎えられる。烏帽子岳南尾根へ登り返していく。ハクサンチドリ、グンナイフウロ、ムラサキヤシオなどが見られる花の道。

 イワカガミの群生を見ながら稜線へ到達すると、砂礫地にはコマクサ。稜線を北上して行く。ミヤマハンショウヅルが濃い紫色の花を咲かせていた。小烏帽子岳から先へ向かうと青空が見えてきた。

 烏帽子岳山頂には先行者1名。やはりガスガスで景観はない。一通り眺めて来た道を戻る。ガスが薄くなり、すれ違う登山者が増えてきた。鞍部から湯ノ丸山を南へ迂回するように中分岐へ向かう。

 この道では、湯の丸山のピークを通らない烏帽子岳のみの登山者が多いことに驚く。しかも10名以上の団体。リフトで上がり、ツツジ平から中分岐経由で烏帽子岳へ行けばかなり楽だ。

 登山者が屯す中分岐を南下し、白窪湿原を迂回するように樹林帯を歩く。苔生した岩があるカラマツ林が美しい。開けると湯ノ丸キャンプ場。過ごしやすそうなテン場。

 そこから北上しツツジ平へ。稼働したリフトが大勢の人を運んでいる。再び柵内に入り下って行く。つつじ祭りのイベントを開催しており、嬬恋小学校の合唱が聞こえる。俯瞰する駐車場は満車。

 放牧されたウシは、ぎんれい荘前の水場で休憩している。時折見せる青空と白い雲が夏の訪れを感じさせる。まどろむウシとレンゲツツジを観賞して地蔵峠へ。

 湯ノ丸高原ビジターセンター脇から登山道へ、三方見晴歩道を行き見晴岳を目指す。ゲレンデを歩き樹林帯内へ。林道と並行するように歩き、タルミからは林道とも離れ急斜面を登って行く。イワカガミがたくさん咲いていた。

 岩稜が見え始めると見晴岳山頂。アンテナ塔がそそり立っている。南の砂礫地にはコマクサが咲いていた。柵から遠い場所が多く、見えにくい。登り返して三方ヶ峰へ。

 あいにくの曇り空だがベンチには登山者が数名いた。こちらの方が近くて花付きの良いコマクサが多かった。頂上すぐ下の鞍部で昼食。今日は鶏とキノコのうどん。夏らしくミョウガを載せて食した。ザックの中身を胃袋に移し、重くなった体を揺らして鏡池へ。

 鏡池の周辺にはヒメシャクナゲが群生していた。木道を歩んで兎平へ。曇り空で午後2時の駐車場は空いていた。壮大な天然カラマツ林から下り込み、苔生した岩のコメツガ林を抜けて、再びゲレンデを歩く。ゲートを超えると地蔵峠。

 午前中の混雑が嘘のように空いている駐車場。イベントも終わり、出店や会場も撤収を始めている。私たちも着替えて帰路へ。

 途中、アトリエ・ド・フロマージュに寄り道。スイーツをお土産にし、二人で生チーズソフトクリームを贖い食べた。あまり甘くなくさっぱりと頂けた。

 雨が降る軽井沢町を抜けて、ガスガスの碓氷峠を下る。前橋に着くころには上空が黒い雲で覆われ始めている。明日の山行は諦めて、近所を散策することになるだろうと思っていた。
訪問者数:507人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/9/30
投稿数: 3534
2019/6/24 21:12
 お二人様お疲れさまでした!
growmonoさんshilokoさん
こんばんは
一日に2か所巡りましたね。
お二人様お疲れさまでした!
やっぱりこの時期は湯ノ丸山のレンゲツツジですね。
私も遅まきながら明日出かけてきます。
天気がよさそうなので楽しみです。
登録日: 2014/5/18
投稿数: 2176
2019/6/24 22:19
 俺達の二日分を一日で
健脚お二人さん こんばんは、
6月に入ってから気にしていた湯の丸山、烏帽子そしてコマクサと情報ありがとうございます。
当てにならない週末に天気です、そしてもっと当てにならない俺たちの山選びで今週末コマクサメーンで行きたいと思っていますが、当てにはならないですね・・・だってことごとく降水により週末の山が変わっていますので。
湯の丸から烏帽子稜線までの花はいつもどうりのようですね、意外とグンナイフウロウが多いのですよね、ハクサンチドリやイチヤクソウ、ウマノアシガタと花見にはうってつけですね、偽烏帽子下のガレ場内にコマクサが咲いていましたか、それとも遭難碑の所ですカネ、どちらにしてもコマクサが咲いていたのですね。
楽しみが増えました。
登録日: 2013/9/4
投稿数: 1614
2019/6/24 22:49
 よく歩きましたね
お二人さんこんばんは。
30番の写真は湯ノ丸から小梨平に下るときの右側にあったものですか?紫の濃いのがありましたが。35番と同じと思いちょっと見て通り過ぎてしまいました。お陰様でツツジの名前がわかりました。
それにしてもお二人さんよく歩きますね。若さですね。
池の平は梅雨が明けて暑くなったら避暑にと思っています。
登録日: 2014/7/10
投稿数: 1384
2019/6/24 23:34
 湯ノ丸山
梅雨でも行ける場所、考えることは一緒ですね(^^)/
イベントで雪山賛歌が湯ノ丸山で誕生したことを知りました。
黒い牛は昨年追われたので近寄りませんでした。
白い牛もよく覚えています
登録日: 2013/11/18
投稿数: 1261
2019/6/25 12:23
 つつじとコマクサ
 こんにちは、iiyuさん。
晴れ間を期待していませんでしたが、薄日が差して10時頃は青空も見られました。湯ノ丸、烏帽子岳では午前中で終わってしまうと思い、三方ヶ峰もついでに行ってきました。
赤城もいいですが、湯ノ丸や菅平もいいですよね。コマクサもきれいでしたよ。
登録日: 2013/11/18
投稿数: 1261
2019/6/25 12:32
 八の字周回
 こんにちは、yasioさん。
今日明日は晴れますが、週末はまたどんよりとした梅雨空になりそうです。みなさん当初の予定を変更して、なるべく晴れ間を求めて移動してますね。私たちも同様です。

 グンナイフウロは見晴岳や池の平湿原にも多いですよね。独特な花です。小烏帽子下のコマクサですね。遭難碑の所はよく見ませんでした。岩場のミヤマハンショウヅルが見事でしたね。

 池の平湿原はコマクサ、ハクサンチドリも咲き始めました。鏡池のヒメシャクナゲが小さいながらも可愛らしく咲いてました。今週末、なんとか天気がもてばいいですね。
登録日: 2013/11/18
投稿数: 1261
2019/6/25 13:08
 花めぐり
 こんにちは、yamayuriさん。
コメントでお寄せした通り、行ってまいりました。予報と異なり午後も何とか雨が降らずにすみました。

 トウゴクミツバツツジ、ムラサキヤシオは仰る通りの場所ですね。トウゴクミツバツツジは先週の赤城山では散り始めてましたね。ムラサキヤシオは先々週の平標山で満開でした。

 池の平湿原コマクサ、ハクサンチドリ、ヒメイチゲが咲いてました。もう少しすると、ニッコウキスゲ、ハクサンフウロですね。昨年は駐車場でニアミスでしたね。1年は早いです。
登録日: 2013/11/18
投稿数: 1261
2019/6/25 13:19
 ニアミス
 こんにちは、Jimny-Hikerさん。
ブログ画像拝見しました。ニアミスでしたね。tomoさんもいらっしゃったとは!先日はご迷惑をおかけしたので一言謝りたかったです。

 イベントは賑やかでしたね。下山して、そそくさと三方ケ峰へ逃げ込みました。草すべりのアサマコザクラ、しゃくなげ園のヤクシマシャクナゲも間に合ったようですね。

 私達もそうですが、天気が何とかもちそうなので、行き先を詰め込みたくなりますよ。お互い良い山行きでしたね。またお会いする日が来ることを願ってます。
登録日: 2014/8/1
投稿数: 3050
2019/6/27 22:27
 コマクサの季節
shilokoさん growmonoさん こんばんは

のんびりハイキングするのに、湯ノ丸高原は良いところですね。
この時期であれば、お花も多いので天候に関係なく楽しむことが
出来ると思います。天気が良ければ、なお良いといえますが…。
それにしても、shilokoが牛さんと仲良しだったとは知りませんで
した。自分は怖くて近くに行くことができません…。
                        埼玉のchii
登録日: 2016/3/2
投稿数: 677
2019/6/28 12:21
 Re: お二人様お疲れさまでした!
iiyuさんこんにちは、
25日はとてもよいお日和で
すばらしい山行きできたようでヨカッタです!
景色もすばらしくて気持ちよい青空に
心がすくようです^^

そういえば山スカートの女性多いかも?
お洒落さんが集うお山ですね。
お花たくさんなので女子は惹かれるのでしょうね。
登録日: 2016/3/2
投稿数: 677
2019/6/28 12:23
 Re: 俺達の二日分を一日で
yasioさんこんにちは、
今年初のコマクサが見ることができました♪

茶色くなっているのもありました。
霜にあたってしまったのカナ
まだまだ咲きそうです^^。

ハクサンチドリもかわいいですね、
いよいよ夏がやってきそうで楽しみです。
・・・その前に週末ごとに雨が降るのを何とかしてもらわないと(涙)。
登録日: 2016/3/2
投稿数: 677
2019/6/28 12:26
 Re: よく歩きましたね
yamayuriさんこんにちは、
25日は最高によい日でしたネ
お疲れ様でした

わたしもあんな輝くお空を熱望していたのですが・・・(泣)。

yamayuriさんたちが撮ったコマクサ、見落としたのがあります。
さすが、毎年行かれていらっしゃる!
お花スポットがあるのですね。

池の平はマムツシソウや蝶々もよさそうですね♪
登録日: 2016/3/2
投稿数: 677
2019/6/28 12:32
 Re: 湯ノ丸山
jimmyさんこんにちは、コメントありがとうございます。

”俺たちゃ街には棲めないからに〜”
って、いい歌詞ですね♪

牛さんってデリケートな生き物っぽいので、
チビッコが平気で触っていたりして、はたから見ていてハラハラしていました(汗。


早朝、霧の漂うレンゲツツジの中に佇む白い牛さんは
なんだか神聖な様子で神様みたいでした( *´艸`)
登録日: 2016/3/2
投稿数: 677
2019/6/28 12:35
 Re: コマクサの季節
chiiさんこんにちは。
子供のころ、家で1頭だけ飼っていた時は怖かったですがw
嫌がることをしなければ大丈夫カナと思います。
(お馬さんのほうが怖いです)

湯の丸のあの広々したかんじ、良いですね♪
チーズソフトもおいしかったので、また食べに行きたいです(^^)/

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ