また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1904654 全員に公開 ハイキング氷ノ山

氷ノ山ぶん廻し尾根

日程 2019年06月22日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
三田自宅―<地道>―三田西IC―<舞鶴道>―春日IC―<北近畿豊岡道>―八鹿氷ノ山IC―<R9>―関宮―<県87>―ハチ高原駐車場(自転車デポ)ー氷ノ山国際スキー場駐車場

※県道87号線、大久保村落〜ハチ高原間は、道路工事のため完全通行止めになっています。迂回路としては、少し東側にある丹戸の道を使えばいいとのことです。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間52分
休憩
1時間19分
合計
7時間11分
S奈良尾08:3209:11氷ノ山スキー場セントラルロッジ09:17東尾根登山口09:2109:40東尾根避難小屋09:4910:14一の谷休憩所10:1510:52神大ヒュッテ11:0411:29氷ノ山11:4011:51こしき岩11:5311:58仙谷分岐12:02ヤキョウガ山12:27氷ノ山越12:3712:39一口水12:54赤倉頭13:03布滝頭13:20大平頭避難小屋13:26大平頭13:39大久保分岐13:55小代越14:00高丸山14:1214:45鉢伏山15:0015:04鉢伏山ケルン15:18村工ケルン15:25スキー場分岐15:2815:43ハチ高原 駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
●奈良尾(県道)〜東尾根登山口(少し下って登り)
 県道から八木川に降りるのは2か所あるが、福定村落から降りるのは難しかった記憶があり、奈良尾村落の国際スキー場”一人乗り登高リフト乗り場”から少し下った場所から降りた。今回のルートの最下ポイントとなる八木川に掛かる橋(標高約520m)を渡る。田んぼや畑の横の道をジグザグに登って、氷ノ山国際スキー場のベース部分からスキー場わきを登っていく。むし暑くて汗が止まらない。しばらく登ると左にそれて、また田んぼや畑の横の道を直線に登って国際スキー場のセントラルロッジに着く。ここには登山届ポストがある。ここからぐるっと左へ巻くように奈良尾キャンプ場よこの林道を進むと、東尾根登山口に着く。(途中にりっぱなトイレ小屋もあり)

●東尾根登山口〜東尾根避難小屋(登り)
 約30分間の急登で、ずっと樹林のなかを登る。

●東尾根避難小屋〜神大ヒュッテ(登り)
 氷ノ山山頂から東方向に伸びた東尾根を西進して登るが、尾根道とは言っても、けっこう登る。一の谷あたりから水場があって助かる。神大ヒュッテ前にも湧き水を採る設備が作られている。しかし今回は水栓や元栓をひねっても水は出てこなかった。

●神大ヒュッテ〜氷ノ山頂上(登り)
 登っていてときおり北側(右側)の展望がひらけて気持ちが良い。標高が上がって蒸し暑さもなくなってきて、さらに風も吹いていて気持ちがよくなってきた。

●氷ノ山頂上〜氷ノ山越え(下り)
 結構急な坂もある。粘土質の斜面で滑って転倒しないように。また、岩の間をすり抜ける急坂などもあるので、滑って足などをぐねらさないように注意。

●氷ノ山越え〜大平頭避難小屋(アップダウン)
 ほとんどの登山者は氷ノ山越えを右折して親水公園へ下ってしまう。ここを直進する登山者は1割ぐらいか? そのためこの先、急に登山者がいなくなる。なんで、みんな寄ってたかって同じコースばかり歩くのだろう(笑)。こんな素晴らしいコース、もったいない。
 ブン廻し尾根への直進コースはしばらく小さいアップダウンが続く。赤倉頭は巻き道があって、左へ巻いたほうが良い。なんどもブナ原生林に囲まれて歩く。ブナの新緑に風にそよいで気持ちがいい。

●大平頭避難小屋〜高丸山〜鉢伏山(アップダウン)
 ”おおなるがしら避難小屋”を過ぎると、広いが超スリッピーな粘土質の登山道を下る。一応ロープが張ってあるが、ジグザグに下ればいい。その先には、これから進む鉢伏山までのブン廻し尾根が一望できる場所が続く。フォトジェニックな場所でとても気持ちが良い。ブン廻し尾根は草原が拡がっていて、こんな開放的な稜線はなかなかない。アップダウンはあるが、展望がよいのでさほど気にならない(人によるが・・・)。最後の登りをこなせば鉢伏山に着く。鉢伏山は、冬場、ハチ高原スキー場とハチ北スキー場の境界点。いつもは、ハチ北スキー場側の斜面に大の字に寝転んで展望を楽しみながら昼寝するのだが、今回はガスで展望が効かず、少々寒かったのでその気になれず。

●鉢伏山〜ハチ高原駐車場(下り)
 ついつい、ハチ北スキー場の斜面を降りたくなってしまうが、これを降りてしまうとクルマまでたどり着くのが大変になってしまう。少し戻って、南側に下りる道に入る。長い階段状の道を降りると石碑のある舗装林道(の峠部分)にぶつかり、右に曲がって林道をくだり、途中でまた右折してハチ高原スキー場にはいる。スキー場の芝の上を、適当にくだっても、クルマを停めてあるハチ高原駐車場にぶつかるだろう。たぶん・・・。

●ハチ高原駐車場〜奈良尾・国際スキー場の一人乗りリフト駐車場(下り)
 自転車パート。県道87号線、大久保村落〜ハチ高原間は、道路工事のために完全通行止めになっていたので、少し東側にある丹戸のくねくね道を下った。すべて下りなので自転車で快走するのがちょうどいい。なお、相棒がいるので、リフト駐車場に停めておいたクルマに自転車を積んでハチ高原駐車場へもどった。
-
その他周辺情報●ロングルートにつき、遠方の方には前泊が望ましい。福定村落にある『旅館 岳水』はオススメ。登山者にだけお弁当が無料でついてきたり、登山口への送り迎えなど、なにかと配慮してくれる。今回は泊まらなかったが、野菜たっぷりのカモ鍋も美味。HPの割引券をもっていけば、結局、1泊2食・弁当つきで7,000円となる。とっても割安感があり、ありがたい。(協定料金自体があがっているかも?)
http://www.fureai-net.tv/gakusui/

●温泉情報など
 クルマで約30分。”ようか但馬蔵”という道の駅の裏手にある”とがやま温泉天女の湯”を利用するのが便利である。泉質もいいし、広い露天風呂ものびのび出来る。ただ、この温泉は最近、異常な程、混み合うようになってきているので今回は避けた。
http://www.togayama-tennyo.jp/

今回利用したのは、むかしから善く利用していた養父温泉(道の駅・但馬楽座)。露天風呂はないが、泉質はいい。500円。少々値が張るが、但馬牛のレストランもある。
http://tajima-rakuza.com/temp.html
-
過去天気図(気象庁) 2019年06月の天気図 [pdf]

写真

奈良尾村落の国際スキー場”一人乗り登高リフト乗り場”駐車場(2F)にクルマを停めて出発。
2019年06月22日 08:28撮影 by ILCE-7M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奈良尾村落の国際スキー場”一人乗り登高リフト乗り場”駐車場(2F)にクルマを停めて出発。
1
このすぐ下の分岐から八木川に降りて行く。
2019年06月22日 08:30撮影 by ILCE-7M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このすぐ下の分岐から八木川に降りて行く。
1
雪はもうとっくにないのに、ユキノシタが旬。
2019年06月22日 08:32撮影 by ILCE-7M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪はもうとっくにないのに、ユキノシタが旬。
2
八木川を渡る。今回のルートの最下点520m。
2019年06月22日 08:33撮影 by ILCE-7M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八木川を渡る。今回のルートの最下点520m。
2
国際スキー場のベースからスキー場斜面を登っていく。
2019年06月22日 08:43撮影 by ILCE-7M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国際スキー場のベースからスキー場斜面を登っていく。
2
ウツボグサ。
2019年06月22日 08:50撮影 by ILCE-7M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウツボグサ。
3
アザミも旬。
2019年06月22日 08:58撮影 by ILCE-7M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アザミも旬。
2
セントラルロッジに向かって登る。
2019年06月22日 09:01撮影 by ILCE-7M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
セントラルロッジに向かって登る。
2
セントラルロッジの向こう側は、国際スキー場の検定バーン。
2019年06月22日 09:05撮影 by ILCE-7M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
セントラルロッジの向こう側は、国際スキー場の検定バーン。
2
薄緑のガスタンクが、登山届BOX。
2019年06月22日 09:06撮影 by ILCE-7M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薄緑のガスタンクが、登山届BOX。
1
東尾根登山口。ふつうは、みなさんここから登る。この前に、クルマは4〜5台ほど駐車できる。
2019年06月22日 09:12撮影 by ILCE-7M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東尾根登山口。ふつうは、みなさんここから登る。この前に、クルマは4〜5台ほど駐車できる。
1
7月16日〜8月31日まで、氷ノ山山頂小屋は使えないそうなのでご注意を。
2019年06月22日 09:12撮影 by ILCE-7M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7月16日〜8月31日まで、氷ノ山山頂小屋は使えないそうなのでご注意を。
1
東尾根に向かって登る。
2019年06月22日 09:25撮影 by ILCE-7M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東尾根に向かって登る。
2
東尾根の避難小屋にて小休止。
2019年06月22日 09:37撮影 by ILCE-7M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東尾根の避難小屋にて小休止。
2
ガスがかかって幻想的な東尾根。
2019年06月22日 09:56撮影 by ILCE-7M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスがかかって幻想的な東尾根。
4
一の谷の水場に、ミズタビラコ(水田平子)が咲いていた。
2019年06月22日 10:22撮影 by ILCE-7M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一の谷の水場に、ミズタビラコ(水田平子)が咲いていた。
2
神大ヒュッテまでくると、もう涼しくなってきた。
2019年06月22日 10:48撮影 by ILCE-7M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神大ヒュッテまでくると、もう涼しくなってきた。
1
氷ノ山山頂1509.6m。兵庫県の最高峰。
2019年06月22日 11:34撮影 by ILCE-7M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷ノ山山頂1509.6m。兵庫県の最高峰。
1
ヘビイチゴかなあ?
2019年06月22日 12:12撮影 by ILCE-7M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘビイチゴかなあ?
2
ほとんどの登山者は氷ノ山越えを右折して親水公園へ下ってしまう。ここを直進して分廻し尾根にいく登山者は1割ぐらいか?
2019年06月22日 12:32撮影 by ILCE-7M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほとんどの登山者は氷ノ山越えを右折して親水公園へ下ってしまう。ここを直進して分廻し尾根にいく登山者は1割ぐらいか?
1
氷ノ山越えはその昔、交易の要衝で行き倒れもあったらしい。
2019年06月22日 12:32撮影 by ILCE-7M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷ノ山越えはその昔、交易の要衝で行き倒れもあったらしい。
2
ハナニガナが旬。
2019年06月22日 12:41撮影 by ILCE-7M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハナニガナが旬。
2
ブナの原生林をすすむ。
2019年06月22日 13:02撮影 by ILCE-7M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナの原生林をすすむ。
5
これから進む鉢伏山までのブン廻し尾根が一望できる場所。しかし今回、鉢伏山はガスで見えない。
2019年06月22日 13:29撮影 by ILCE-7M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから進む鉢伏山までのブン廻し尾根が一望できる場所。しかし今回、鉢伏山はガスで見えない。
3
ブン廻し尾根をアップ。トレラン練習にもいい。
2019年06月22日 13:29撮影 by ILCE-7M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブン廻し尾根をアップ。トレラン練習にもいい。
6
緑の斜面が気持ちよか。
2019年06月22日 13:43撮影 by ILCE-7M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緑の斜面が気持ちよか。
5
アップダウンもあるぜよ。
2019年06月22日 13:49撮影 by ILCE-7M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップダウンもあるぜよ。
3
このあたりは、公認オリエンテーリングの場所にもなっている。
2019年06月22日 13:50撮影 by ILCE-7M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりは、公認オリエンテーリングの場所にもなっている。
2
あと、もうちょっと。
2019年06月22日 14:08撮影 by ILCE-7M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あと、もうちょっと。
1
鉢伏山もガスの中だった。昼寝できず。
2019年06月22日 14:40撮影 by ILCE-7M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉢伏山もガスの中だった。昼寝できず。
3
長い階段状をくだる。
2019年06月22日 15:00撮影 by ILCE-7M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い階段状をくだる。
1
アカツメクサ。
2019年06月22日 15:36撮影 by ILCE-7M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカツメクサ。
2
ブン廻し尾根コースは、あちこちにエスケープルートがあって誘惑されるが、ちゃんと鉢伏山に登ってルート完走となる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブン廻し尾根コースは、あちこちにエスケープルートがあって誘惑されるが、ちゃんと鉢伏山に登ってルート完走となる。
5

感想/記録

 梅雨なのか、梅雨じゃないのか? 先週末土曜日、うっとおしい雨模様の天気予報が、曇りに変わったので、憂さ晴らしにいつもの氷ノ山・ぶん廻しコースに行ってきました。たくさん汗もかいたけど、爽快な風にあたって気分がリセットできましたよ。
-
訪問者数:307人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/7/13
投稿数: 1539
2019/6/24 14:56
 いつもの
いつものぶん廻し尾根でしたが、いつものとこでの昼寝ができず残念でしたね〜
関東はとっくに梅雨入りし今年は梅雨らしく雨ばかりでなかなか気分がリセットできません
西日本はまだ梅雨入りしてないみたいでいいですね〜
ガスガスでも雨よりは全然マシ。
登録日: 2008/6/16
投稿数: 1918
2019/6/25 9:10
 Re: いつもの
カノスケどん、まいどです。
最近、行くとこがパターン化してきて、
いいのやら、わるいのやら
判らんようになってきてしまいました。
いい場所で、いいルートであることは
間違いないんですがね。

もうちょっと、
モチベーションと体力があれば
新規開拓できるんですが、
かつての敗退したルートの
リベンジでもしようかなぁ?
クマ

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ