また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1925456 全員に公開 ハイキング槍・穂高・乗鞍

日帰り・槍ヶ岳

日程 2019年07月13日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候曇時々晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
新穂高ロープウェイ駐車場。深夜はロープーウェイ駅から沢を渡った処に。午前3時着であったが、一番下の駐車場は満車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち74%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
14時間6分
休憩
2時間1分
合計
16時間7分
S新穂高温泉駅03:2903:41小鍋谷ゲート04:09穂高平小屋04:47白出沢出合05:53滝谷避難小屋05:5805:59藤木レリーフ06:0607:07槍平小屋08:53飛騨沢千丈乗越分岐09:0210:46飛騨乗越10:5711:11槍ヶ岳山荘11:3911:50槍ヶ岳12:2312:35槍ヶ岳山荘12:5012:59飛騨乗越13:0214:04飛騨沢千丈乗越分岐14:0815:36槍平小屋15:3716:20藤木レリーフ16:24滝谷避難小屋16:2517:54白出沢出合17:5618:42穂高平小屋18:4319:16小鍋谷ゲート19:30新穂高温泉駅19:3119:36ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
肩の小屋での宿泊も念頭に入れた山行き。山頂からの下山をJr.に相談。翌日の雨も考え、日帰りでとJr.
ただ、下りのスピードが出なかったとは、彼の反省。
コース状況/
危険箇所等
槍の穂先は、Jr.曰く「高度感があり高いが、難しさはないよな。大峰山の湧出岩に比べれば」「恐さは、西穂独標から西穂に向かう時の方がすごかった」
新穂高ロープーウェイ駅から少し先、林道の近道があるが、あまり整備されておらず、危ないと感じた。ツマラナクとも林道を歩いたほうが安全で早い。

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 地図(地形図) 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 保険証 携帯 カメラ アイゼン ストック
備考 槍ヶ岳山荘に前日電話で問い合わせ。軽アイゼンは不要かもとの事ながら、心配であればの言葉に持参。結果は不要。

写真

午前3時30分、登山届を投入。スタート。
2019年07月13日 03:29撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午前3時30分、登山届を投入。スタート。
1
穂高平小屋。帰路では整備をされている方が…。外から伺う限り、かなり綺麗でオシャレな感じが。
2019年07月13日 04:09撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高平小屋。帰路では整備をされている方が…。外から伺う限り、かなり綺麗でオシャレな感じが。
1
奥穂高への南西尾根分岐。
2019年07月13日 04:46撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂高への南西尾根分岐。
白出沢出合。林道歩きはココまで。白出沢の堤防で朝食を。
2019年07月13日 04:48撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白出沢出合。林道歩きはココまで。白出沢の堤防で朝食を。
1
チビ谷と云う処。チビと云うほど小さくはない。
2019年07月13日 05:37撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チビ谷と云う処。チビと云うほど小さくはない。
滝谷避難小屋。
2019年07月13日 05:57撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝谷避難小屋。
滝谷くらいから、前日までの雨がためか、かなりの水量。肩の小屋での宿泊を取り止め、日帰りに傾く一つの要因。
2019年07月13日 05:58撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝谷くらいから、前日までの雨がためか、かなりの水量。肩の小屋での宿泊を取り止め、日帰りに傾く一つの要因。
1
滝谷は、こんな木橋を渡る。
2019年07月13日 05:58撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝谷は、こんな木橋を渡る。
1
滝谷からの北穂・かっこいい。
2019年07月13日 06:23撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝谷からの北穂・かっこいい。
2
Jrと南岳。意外に広い、この沢。
2019年07月13日 06:23撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Jrと南岳。意外に広い、この沢。
2
槍平小屋に到着。南岳への登頂チャレンジの男性と出会う。
2019年07月13日 06:53撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍平小屋に到着。南岳への登頂チャレンジの男性と出会う。
1
槍平小屋のテン場。
2019年07月13日 07:06撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍平小屋のテン場。
1
槍平小屋を過ぎて20分程度。大喰沢の雪渓。このルート一番大きかった。結局アイゼンは不要に。
2019年07月13日 07:24撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍平小屋を過ぎて20分程度。大喰沢の雪渓。このルート一番大きかった。結局アイゼンは不要に。
1
初めて青空が見えてきた。
2019年07月13日 08:27撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初めて青空が見えてきた。
1
笠ヶ岳方向。ガスの中。
2019年07月13日 08:46撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳方向。ガスの中。
飛騨沢千丈乗越分岐。晴れたり曇ったり。森林限界を過ぎると曇っていたほうが登りやすい。贅沢な悩み。
2019年07月13日 08:57撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛騨沢千丈乗越分岐。晴れたり曇ったり。森林限界を過ぎると曇っていたほうが登りやすい。贅沢な悩み。
標高2,600mの標識。これ以降3,000mまで標識がある。
2019年07月13日 09:05撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高2,600mの標識。これ以降3,000mまで標識がある。
晴れたり曇ったり。
2019年07月13日 09:07撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れたり曇ったり。
花も綺麗!
2019年07月13日 09:14撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花も綺麗!
上りは厳しいが、かっこいい!
2019年07月13日 09:29撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上りは厳しいが、かっこいい!
1
2,700mの標識。
2019年07月13日 09:30撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2,700mの標識。
なかなか広々したルート。
2019年07月13日 09:42撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなか広々したルート。
1
Jr.のんびりと。
2019年07月13日 09:56撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Jr.のんびりと。
1
2,900mの標識。2,600mの標識から1時間15分程度。疲れた。ただし飛騨乗越までは、まだまだ辛かった。
2019年07月13日 10:21撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2,900mの標識。2,600mの標識から1時間15分程度。疲れた。ただし飛騨乗越までは、まだまだ辛かった。
飛騨乗越。
ここまでの急登をすべて忘れさせる眺望。
2019年07月13日 10:50撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛騨乗越。
ここまでの急登をすべて忘れさせる眺望。
2
飛騨乗越からの槍の穂先。
2019年07月13日 10:51撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛騨乗越からの槍の穂先。
2
飛騨乗越を過ぎて暫く、漸く3,000m
2019年07月13日 10:58撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛騨乗越を過ぎて暫く、漸く3,000m
飛騨乗越から南岳方面。
2019年07月13日 11:11撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛騨乗越から南岳方面。
1
飛騨乗越からの槍の穂先。
2019年07月13日 11:12撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛騨乗越からの槍の穂先。
最後、登ると。
この光景。
2019年07月13日 11:28撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後、登ると。
この光景。
3
久しぶりに食べる山小屋の昼食。
2019年07月13日 11:49撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久しぶりに食べる山小屋の昼食。
3
穂先、最後の梯子。Jrも慎重になる。
2019年07月13日 12:20撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂先、最後の梯子。Jrも慎重になる。
1
穂先、下りの途中。
2019年07月13日 12:33撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂先、下りの途中。
さぁ、下りよう!
少しばかり、体にわるい事もして。笑っ
2019年07月13日 12:41撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さぁ、下りよう!
少しばかり、体にわるい事もして。笑っ
1
槍の穂先を少し降りる。ガスが晴れての槍ヶ岳山荘と。
2019年07月13日 12:44撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍の穂先を少し降りる。ガスが晴れての槍ヶ岳山荘と。
1
槍の向こう。表銀座ルートが綺麗に見える。常念岳もいつもの通り美しい。
2019年07月13日 12:54撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍の向こう。表銀座ルートが綺麗に見える。常念岳もいつもの通り美しい。
1
さぁ、下りよう!
2019年07月13日 12:55撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さぁ、下りよう!
下りる前に、近くの人に撮ってもらう。
2019年07月13日 12:56撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りる前に、近くの人に撮ってもらう。
3
槍平小屋近くの沢?川?
この辺りは、かなり川?沢?水場が多い。水量も相当。雨が続くと通行が困難との表示も。
2019年07月13日 15:43撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍平小屋近くの沢?川?
この辺りは、かなり川?沢?水場が多い。水量も相当。雨が続くと通行が困難との表示も。
1
帰りにチビ谷、もう一度。
2019年07月13日 16:46撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りにチビ谷、もう一度。
謎の避難場所。キジ打禁止の文字まで。
2019年07月13日 16:51撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
謎の避難場所。キジ打禁止の文字まで。

感想/記録

Jr.が、直前の木曜。
「土日って暇?」「山行きたい」「北アルプス」「森林限界こえるとこ」のLINE。
山行きプロポーザルは、白馬岳・燕岳・双六岳・立山・槍ヶ岳。
彼の希望は、数年前体調不良。横尾山荘で断念した槍ヶ岳。

槍ヶ岳山荘での一泊二日を企図したが、日帰りも併せ想定。
槍の穂先から下山。少し休憩しても13時前。
彼は、その日に下りると。下山は結構厳しいと言ったが。
案の定、十分過ぎる時間を掛けての下山。
訪問者数:576人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ