また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1927372 全員に公開 ハイキング妙高・戸隠・雨飾

笹ヶ峰から妙高山

日程 2019年07月13日(土) [日帰り]
メンバー
 dzr(記録)
, その他メンバー2人
天候曇りと雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
笹ヶ峰キャンプ場駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち84%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間14分
休憩
1時間59分
合計
11時間13分
S笹ヶ峰登山口05:5206:42黒沢橋06:4308:11富士見平分岐08:2209:07高谷池ヒュッテ10:1010:29茶臼山10:3010:52黒沢池ヒュッテ10:5311:15大倉乗越11:1611:56長助池分岐12:0413:19妙高山(北峰)13:2213:26日本岩13:2713:30妙高山13:35日本岩13:3613:42妙高山(北峰)13:4614:50長助池分岐14:5515:33大倉乗越15:4516:03黒沢池ヒュッテ16:1016:44茶臼山17:05高谷池ヒュッテG
日帰り
山行
2時間51分
休憩
36分
合計
3時間27分
高谷池ヒュッテ06:4807:27富士見平分岐07:3008:50黒沢橋09:0909:53笹ヶ峰登山口09:5410:01笹ヶ峰バス停10:1410:15ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

笹ヶ峰登山口から出発。珍しく同行者。会社の後輩夫妻(予)。いろいろ準備あるのに申し訳ない。
2019年07月13日 05:57撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹ヶ峰登山口から出発。珍しく同行者。会社の後輩夫妻(予)。いろいろ準備あるのに申し訳ない。
黒沢橋まではずっと木道。よく敷いたよね。
2019年07月13日 05:57撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒沢橋まではずっと木道。よく敷いたよね。
黒沢橋。ここからが本格的な登り。
2019年07月13日 06:43撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒沢橋。ここからが本格的な登り。
十二曲がりにある標識。曲がりが終わったところにあるため、前半はピッチが長く、後半ほどピッチが狭いです。目安としてイマイチ・・・
2019年07月13日 07:15撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十二曲がりにある標識。曲がりが終わったところにあるため、前半はピッチが長く、後半ほどピッチが狭いです。目安としてイマイチ・・・
十二曲がり。しんどいです。
2019年07月13日 07:17撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十二曲がり。しんどいです。
富士見平。ガスっていてなにもみえない。
2019年07月13日 08:26撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見平。ガスっていてなにもみえない。
高谷池ヒュッテ到着。本日のテント場。本来410円/人なんですが、雪が残っていたので100円。
2019年07月13日 10:14撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高谷池ヒュッテ到着。本日のテント場。本来410円/人なんですが、雪が残っていたので100円。
テント張ってから時間あるので妙高山へ向かうことに。途中の黒沢池ヒュッテ。
2019年07月13日 10:56撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント張ってから時間あるので妙高山へ向かうことに。途中の黒沢池ヒュッテ。
大倉乗越。外輪山ですね。このアップダウンがダメージでかい。
2019年07月13日 11:20撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉乗越。外輪山ですね。このアップダウンがダメージでかい。
大倉乗越から、奇跡的に一瞬みえた火打山。
2019年07月13日 11:22撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉乗越から、奇跡的に一瞬みえた火打山。
大倉乗越から長助池分岐の途中の道が崩落していました。
2019年07月13日 11:29撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉乗越から長助池分岐の途中の道が崩落していました。
長助池分岐から少しだけ雪渓登りがあります。が、その後はひたすら夏道の急登。しんどいです。
2019年07月13日 13:03撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長助池分岐から少しだけ雪渓登りがあります。が、その後はひたすら夏道の急登。しんどいです。
山頂横の祠。
2019年07月13日 13:19撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂横の祠。
妙高山北峰。しかし、妙高山、3回目だけどいつも曇っている。
2019年07月13日 13:21撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妙高山北峰。しかし、妙高山、3回目だけどいつも曇っている。
三角点は北峰にあります。
2019年07月13日 13:23撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点は北峰にあります。
妙高山南峰。北峰より、こちらの方が9mだけ標高が高い。
2019年07月13日 13:37撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妙高山南峰。北峰より、こちらの方が9mだけ標高が高い。
取り忘れていた雪渓。まあ、アイゼンなくても平気です。
2019年07月13日 14:58撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取り忘れていた雪渓。まあ、アイゼンなくても平気です。
何とか高谷池ヒュッテに戻ってきました。テント設営し、荷物をデポしていたので、戻ってこざるえなかった。しかし、到着したら17時・・・水芭蕉がきれい。
2019年07月13日 17:10撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何とか高谷池ヒュッテに戻ってきました。テント設営し、荷物をデポしていたので、戻ってこざるえなかった。しかし、到着したら17時・・・水芭蕉がきれい。
同行者と小屋前のテーブルで晩御飯。奇跡的に雨が止みました。ワイン、重かった・・・。その分、お肉とかいろいろ頂きました。ありがとうございました!
2019年07月13日 17:55撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同行者と小屋前のテーブルで晩御飯。奇跡的に雨が止みました。ワイン、重かった・・・。その分、お肉とかいろいろ頂きました。ありがとうございました!
1
夜中から雨が本降り。テントで朝食。このドライカレー、何度も山に持ってきてたが出番なし。気づけば、賞味期限が2012年に切れてました・・・食べたけど、特に問題なし。
2019年07月14日 04:54撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜中から雨が本降り。テントで朝食。このドライカレー、何度も山に持ってきてたが出番なし。気づけば、賞味期限が2012年に切れてました・・・食べたけど、特に問題なし。
雨が止みそうにもない&展望ゼロ&昨日の歩きで満足(疲労)のため、火打山へは登らず、下山することへ。
2019年07月14日 06:42撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨が止みそうにもない&展望ゼロ&昨日の歩きで満足(疲労)のため、火打山へは登らず、下山することへ。
昨晩からの雨で登山道が田んぼのように。
2019年07月14日 07:57撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨晩からの雨で登山道が田んぼのように。
登山口に無事到着。下山届けも提出。
2019年07月14日 09:57撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口に無事到着。下山届けも提出。

感想/記録
by dzr

せっかくの3連休なので、会社の後輩夫妻(予)とテント泊で山へ。南は確実に雨で、新潟方面はまだマシそうなので、笹ヶ峰から高谷池ヒュッテでテント泊し、火打山と余力があれば妙高山登ることに。
朝の6時くらいから登山開始、テント場に着いたのが9時。設営完了したのが10時。で、火打山へ行くか、と思っていたら、1日目は妙高山、2日目に火打山へ行って下山という提案。妙高は、コースタイム上、6時間以上かかるのでちょっと無理では?と思ったけれど、テント置いて荷物軽くなっているので、いけるところまで行こう、ということでスタート。結局、行ってきたけれど、疲れました・・・結局、1名がバテてしまい、往復で7時間かかった。とは言え、ギリギリ雨に降られることもなく、ピークが一つ取れたので、満足。
晩御飯をご一緒し、お肉、スープなどのおすそ分けをいただく。おいしかったです。山でお肉焼くって発想がなく、衝撃的でした(笑)。
2日目は、夜から雨が降り続き、出発するときは小降りになったけれど、山頂方向はガスガスだったので、そのまま下山することに。つまり、笹ヶ峰から登り、高谷池でテント泊しておきながら、登ったのは妙高山のみ、というかなり奇妙な山行となりました。まあ、予定では火打山も登るつもりだったのが、雨で予定変更になっただけなので、仕方ない(笑)。
訪問者数:221人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/5/27
投稿数: 14
2019/7/15 17:32
 同じ工程でしたね
始めまして
「笹ヶ峰」が目に入ったので、記録拝見しました。
我々と同じ時間帯、同じ工程を歩いておられたようですね
我々のほうが常に10〜20分くらい先行していたようです。
たぶん山頂直下の祠の前あたりですれ違った方かな?
2日目本当は火打山へ楽々上る予定でしたが、雨模様に心が折れてそのまま帰ることにしました。(この辺も全く同じですね)
我々が登山口に戻ったのは9時半くらいでした。
火打山はもう一度再チャレンジするつもりですが、折れた心をいやすにはまだまだ時間がかかりそうです。
dzr
登録日: 2011/10/9
投稿数: 27
2019/7/15 21:07
 Re: 同じ工程でしたね
>aki2 2000さん
コメントありがとうございます。本当に同じコースですね!
たしかに頂上の祠ですれ違ったグループがいたのを覚えているので、そうかもしれません。
ちなみに、aki2 2000さんのテント場の写真に設営中の自分たちが写っていました
2日目の雨は、心折れますよね。自分たちも、紅葉シーズンにまた来ようと撤退しました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ