また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1930316 全員に公開 ハイキング御在所・鎌ヶ岳

雨乞岳

日程 2019年07月15日(月) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
鈴鹿スカイライン武平峠西出口左に駐車。橋を越えてスカイライン右手の武平峠登山口から。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間25分
休憩
56分
合計
5時間21分
S武平トンネル西登山口06:3007:20沢谷峠07:45クラ谷分岐07:5008:23七人山のコル08:3008:50東雨乞岳09:0309:13雨乞岳09:1809:28東雨乞岳09:4910:35沢谷峠10:4011:49武平トンネル西登山口11:51ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
スタートからゴールまで9か所のポイント表示があり、迷う可能性は低いです。この日は梅雨の中日で終始湿度120%、展望はガスのためゼロ。山ヒルの恐怖に怯えながらチャっチャっと進めました。
過去天気図(気象庁) 2019年07月の天気図 [pdf]

写真

クラ谷を沢沿いに登ります。基本この登山ルートは七人山コルまでは沢谷越え、降りても沢渡を幾度も繰り返し進んでいきます。梅雨時期はほとんどミストサウナ。
2019年07月15日 07:59撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クラ谷を沢沿いに登ります。基本この登山ルートは七人山コルまでは沢谷越え、降りても沢渡を幾度も繰り返し進んでいきます。梅雨時期はほとんどミストサウナ。
1
七人山コルを過ぎて限界樹林を越えて笹の中、東雨乞岳を目指します。ガスで展望なし・・・頂上ではきっと・・・
2019年07月15日 08:40撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七人山コルを過ぎて限界樹林を越えて笹の中、東雨乞岳を目指します。ガスで展望なし・・・頂上ではきっと・・・
1
東雨乞岳到着。まだダメか・・・
2019年07月15日 08:52撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東雨乞岳到着。まだダメか・・・
2
御在所岳方面。天空の城がかすかに現れたが直ぐにガスの中。幻かぁ・・・
2019年07月15日 08:54撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御在所岳方面。天空の城がかすかに現れたが直ぐにガスの中。幻かぁ・・・
2
では、雨乞岳に行きますか。
2019年07月15日 09:02撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
では、雨乞岳に行きますか。
2
頂上!地味〜・・・さらに展望なし
2019年07月15日 09:14撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上!地味〜・・・さらに展望なし
2

感想/記録

梅雨の時期、相方に鈴鹿方面の近場で行こうかと相談したところ鈴鹿セブンマウンテン最終ターゲットにチャレンジしたいとのことで決行。駐車場で登山準備中、早々にヒルを見つけジョニーを大量にふりかけ出発。コースの7、8割が沢巡り。アップダウンを繰り返します。(登山口は標高800mあたりで、頂上1238mを目指しますが累積標高差は700mを越えます)地味な山行でした。
訪問者数:255人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス コル テン 累積標高 山行 梅雨
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ