また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1931633 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

常念乗越しで撤退

日程 2019年07月13日(土) 〜 2019年07月14日(日)
メンバー , その他メンバー2人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車タクシー
※穂高駅〜一の沢登山口までタクシー往復(¥9800)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち86%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間38分
休憩
14分
合計
4時間52分
S一ノ沢登山口11:0811:21山ノ神12:22王滝ベンチ12:49烏帽子沢12:5113:33笠原沢14:58最終水場15:1016:00常念小屋
2日目
山行
3時間37分
休憩
12分
合計
3時間49分
常念小屋06:3007:07最終水場07:1808:19笠原沢08:44烏帽子沢08:4509:22王滝ベンチ10:05山ノ神10:17一ノ沢登山口10:19ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
※胸突き八丁の登り口から雪渓横断有り

写真

一の沢登山口までタクシーで来ました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一の沢登山口までタクシーで来ました
1
山の神にご挨拶(写真の方は別のパーティー)
2019年07月13日 11:25撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山の神にご挨拶(写真の方は別のパーティー)
1
一の沢、雪解けで増水してます
2019年07月13日 11:50撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一の沢、雪解けで増水してます
1
ゴゼンタチバナ
2019年07月13日 12:03撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナ
1
雪渓が出てきた
2019年07月13日 14:07撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓が出てきた
1
胸突き八丁の取り付き
2019年07月13日 14:15撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
胸突き八丁の取り付き
1
お花に癒やされる
2019年07月13日 14:27撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お花に癒やされる
1
雨に降られず乗越に到着
2019年07月13日 15:56撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨に降られず乗越に到着
1
槍ヶ岳が見えました
2019年07月13日 15:57撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳が見えました
1
14日
常念岳に登らず、下山します
2019年07月14日 06:34撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14日
常念岳に登らず、下山します
1
胸突き八丁の水場から見る雪渓
2019年07月14日 07:17撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
胸突き八丁の水場から見る雪渓
1
崩落している〜
2019年07月14日 07:21撮影 by Canon PowerShot S110, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落している〜
1
緑濃い登山道
2019年07月14日 07:36撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緑濃い登山道
1
この橋、増水していたら渡れないよね
2019年07月14日 07:49撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この橋、増水していたら渡れないよね
1
無事、登山口に着きました
2019年07月14日 10:19撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事、登山口に着きました
1
撮影機材:

感想/記録
by mogu

山の会の夏合宿で常念から蝶ヶ岳の縦走コースが出たので、このコースまだ歩いて居なかったので早速申し込んだ。しかし今年の梅雨は雨が多く山行当日もああまり天気は良くない、横尾山荘に予約を入れていましたが、当日キャンセルするとキャンセル料が発生してしまう。みんなで協議した結果、取りあえず山荘はキュンセルして常念岳まで登って様子を見ようとなりました。一の沢登山口から登りはじめる。

この登山道は初めてのアルプスを登ったところ、そして福田さんと残雪期に燕から常念岳まで歩いて下ったので今回で3回目になる。胸突き八丁の登りまでは沢沿いの道を上る、胸突き八丁の登り口に付くと沢には雪渓がまだ有り水場の所では雪渓を渡らなくてはならず、踏み抜きに注意して渡った。急登をフウフウ言いながら乗越に到着〜穂高の稜線は雲の中だったが少ししたら槍ヶ岳が見えた。取りあえず雨には遭わずに着いたけど蒸し暑くて大汗を書きながらの登りは堪えました。ともかく常念小屋にチェックイン、部屋は私達とご夫婦の5人でした。夜中から雨が強く降り朝方まで降っていたので縦走は止めて常念岳にも登らずに来た道を下山しました。常念から蝶までの稜線歩きは天気の良いときにまた来ましょう。
訪問者数:127人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ