また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1951583 全員に公開 ハイキング 志賀・草津・四阿山・浅間

ようやく行けた浅間山【前掛山】(車坂峠→Jバンド→草すべり)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2019年08月03日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ のち くもり
アクセス
利用交通機関
車・バイク
ビジターセンターの無料駐車場を利用しました。
少し北方向に進んだところにスキー場の駐車場もあるので、駐車場の心配はありません。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち63%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間51分
休憩
1時間23分
合計
8時間14分
S高峰高原ビジターセンター04:2704:39車坂山04:4004:58コマクサ展望台05:0105:30槍ヶ鞘05:40トーミの頭05:5406:08黒斑山06:33蛇骨岳06:38蛇骨岳標柱07:0107:15仙人岳07:1707:31虎ノ尾07:44Jバンド07:4608:00Jバンド取付08:10賽の河原分岐08:1508:58立入禁止告示板09:42前掛山09:5210:03立入禁止告示板10:35賽の河原分岐10:3810:50湯ノ平分岐11:31トーミの頭11:5112:41高峰高原ビジターセンター12:41ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
体感グレーディング:4B(グレーディング表通り)
難所としては、Jバンドと草すべりでしょうか。
Jバンドはちょっとした岩場ですが、難度としては特に難しいわけではありません。
草すべりは、結構な急坂。軽い岩場もあるので、注意が必要です。ここは技術的というより、登るときの体力的に大変。
過去天気図(気象庁) 2019年08月の天気図 [pdf]

写真

暗いうちから出発して、表コースを登っていきます。
それにしてもこの階段のあるエリア、こんなに浮いてましたっけ? 来たのが久しぶりすぎて覚えていません。
2019年08月03日 05:31撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暗いうちから出発して、表コースを登っていきます。
それにしてもこの階段のあるエリア、こんなに浮いてましたっけ? 来たのが久しぶりすぎて覚えていません。
2
浅間山からの日の出のタイミングでトーミの頭に到着。
2019年08月03日 05:49撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間山からの日の出のタイミングでトーミの頭に到着。
2
下の方は雲海が広がっています。
2019年08月03日 05:50撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下の方は雲海が広がっています。
外輪山を歩いていきます。
このミニチュアっぽい光景がかなり好き。
2019年08月03日 07:12撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
外輪山を歩いていきます。
このミニチュアっぽい光景がかなり好き。
2
北側の眺望もなかなか。雲でモヤっているのが残念ですが。
2019年08月03日 07:13撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側の眺望もなかなか。雲でモヤっているのが残念ですが。
仙人岳に到着。まだまだ逆光です。
2019年08月03日 07:23撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙人岳に到着。まだまだ逆光です。
3
今回の核心部であるJバンドを下っていきます。
ちょっとした岩場ではありますが、気を付けていれば問題なく通過できるレベルで、難度は低め。落石は怖いですが、それは運次第。
2019年08月03日 07:46撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回の核心部であるJバンドを下っていきます。
ちょっとした岩場ではありますが、気を付けていれば問題なく通過できるレベルで、難度は低め。落石は怖いですが、それは運次第。
2
Jバンドを下から見上げるとこんな感じ。斜面(というか崖)に対して斜めに道があるので、見た目に比べると楽です。
2019年08月03日 07:52撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Jバンドを下から見上げるとこんな感じ。斜面(というか崖)に対して斜めに道があるので、見た目に比べると楽です。
4
黄色い花と蝶。
2019年08月03日 08:04撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄色い花と蝶。
さて、前掛山に登っていきますよ。
2019年08月03日 08:17撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、前掛山に登っていきますよ。
1
日陰などない斜面の登りが続きます。朝なのでまだマシ。
2019年08月03日 08:34撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日陰などない斜面の登りが続きます。朝なのでまだマシ。
1
折り返し地点。(進行方向が変わるという物理的な意味での)
火口の方も見た感じは登れなくもなさそうですけど。
2019年08月03日 09:04撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
折り返し地点。(進行方向が変わるという物理的な意味での)
火口の方も見た感じは登れなくもなさそうですけど。
1
前掛山に到着。火口の中が覗けないからか、いまいちダイナミックさに欠けます。雲が出てきて眺望も微妙ですし。
2019年08月03日 09:22撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前掛山に到着。火口の中が覗けないからか、いまいちダイナミックさに欠けます。雲が出てきて眺望も微妙ですし。
7
車坂峠へ戻りますが、草すべりの登りはかなりヘビー。距離を歩いて疲れているのもありますが、暑くてヘロヘロ。
2019年08月03日 11:13撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車坂峠へ戻りますが、草すべりの登りはかなりヘビー。距離を歩いて疲れているのもありますが、暑くてヘロヘロ。
4
ビジターセンターの近くに、ニッコウキスゲのお花畑がありました。
2019年08月03日 13:06撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ビジターセンターの近くに、ニッコウキスゲのお花畑がありました。
4

感想/記録
by tris

ようやく浅間山(前掛山)に登れました。

登ろうと思ったときにはレベル2で登れず、先月も登るために麓まで来ていたものの大雨が降っていて断念、という挫折を繰り返したものの、今回ようやく登れました。

まぁ今回も前夜に麓で車中泊していて、夜中に凄まじい豪雨だったので心配だったのですが、雨雲レーダーを見ると上の方はそれほど降っていない様子だったので、なんとか登れたというところ。また今回もダメなのかと思ってしまいました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:3363人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ