また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1953597 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 甲斐駒・北岳

甲斐駒ケ岳(暑さにやられた黒戸尾根!日向八丁周回はまた今度…(/_;))

情報量の目安: S
-拍手
日程 2019年08月03日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れ
(刃渡りより下部は非常に蒸し暑く体力消耗(-_-;))
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道20号線「白州農協前」交差点(「道の駅 はくしゅう」が角にあるところ)から約10分、尾白渓谷駐車場(無料)に車を停めました(手前と奥で100台位駐車可能)
駐車場内にはきれいなトイレの他、売店と自販機あり。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち89%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間41分
休憩
1時間6分
合計
10時間47分
S尾白川渓谷駐車場04:4204:46竹宇駒ヶ岳神社04:4706:09笹の平分岐06:1007:09刃渡り07:1207:31刀利天狗08:09五合目小屋跡08:1008:11屏風小屋跡08:1508:58七丈小屋09:1409:53八合目御来迎場10:35駒ヶ岳神社本宮10:3610:40甲斐駒ヶ岳10:5611:00駒ヶ岳神社本宮11:29八合目御来迎場11:3011:58七丈小屋12:0212:30屏風小屋跡12:4112:44五合目小屋跡13:22刀利天狗13:32刃渡り13:3314:19笹の平分岐14:2115:21竹宇駒ヶ岳神社15:2515:29尾白川渓谷駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
全体を通して良く整備されているので問題なく歩く事ができると思いますが途中クサリ・梯子が連続する部分も多くありますのである程度の腕力と体力は必要です。
その他周辺情報トイレは尾白渓谷駐車場と竹宇駒ヶ岳神社の入口にあります。その後は七丈小屋までありません。今回初めて見ましたが山頂の傍らにテント状の簡易トイレを見かけました(中は未確認)
登山ポストは駐車場奥に居るお猿さんのうしろにあります。(用紙・鉛筆あり)
最終コンビニは中央自動車道 韮崎ICから向かうと国道20号線「白州農協前」交差点の手前500m程の所にある「ローソン 山梨白州町店」が最後になると思います。(そのさらに手前にも3軒ほどセブンイレブンを見かけました)
今回は利用しておりませんが駐車場から5分程の所に日帰り温泉「白州・尾白の森名水公園 尾白の湯」があります。広い露天風呂2か所と広々とした内湯があります。大人820円(リンスインシャンプー・ボディソープ・ドライヤーあり)
過去天気図(気象庁) 2019年08月の天気図 [pdf]

写真

今日はヤマレコユーザーのchicrynさんとの山行。安全祈願をさせていただき早速スタート!(h)今回は憧れのhajime1106さんとの山行。内心ドキドキでのスタートでした(c)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はヤマレコユーザーのchicrynさんとの山行。安全祈願をさせていただき早速スタート!(h)今回は憧れのhajime1106さんとの山行。内心ドキドキでのスタートでした(c)
3
途中木々の隙間からは甲斐駒の山頂が確認できた(h)この時はまだまだ登る気120%!?(c)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中木々の隙間からは甲斐駒の山頂が確認できた(h)この時はまだまだ登る気120%!?(c)
1
樹林帯の中に差し込む陽光!湿度が非常に高くペースがなかなか上がらない(^_^;)(h)発汗が尋常ではなく何度タオルを絞ったことか(~_~;)(c)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯の中に差し込む陽光!湿度が非常に高くペースがなかなか上がらない(^_^;)(h)発汗が尋常ではなく何度タオルを絞ったことか(~_~;)(c)
3
スタートから2時間40分ほどで刃渡りを通過。頭上は晴れているのだが八ヶ岳や奥秩父をはじめ周囲の展望を得る事は出来なかった(h)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタートから2時間40分ほどで刃渡りを通過。頭上は晴れているのだが八ヶ岳や奥秩父をはじめ周囲の展望を得る事は出来なかった(h)
ガスが取れてすぐお隣の地蔵岳(オベリスク)を激写(h)hajimeさんお気に入りの休憩スポットですね!(c)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが取れてすぐお隣の地蔵岳(オベリスク)を激写(h)hajimeさんお気に入りの休憩スポットですね!(c)
1
刃渡り通過後はいよいよ黒戸尾根名物の梯子地帯に突入です!(h)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
刃渡り通過後はいよいよ黒戸尾根名物の梯子地帯に突入です!(h)
歩きにくい岩場にはクサリが設置されているので非常にありがたいm(__)m(h)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩きにくい岩場にはクサリが設置されているので非常にありがたいm(__)m(h)
スタートから約3時間、刃利天狗を通過(h)この辺りで日向八丁は現実的ではないかなと思い始めました(c)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタートから約3時間、刃利天狗を通過(h)この辺りで日向八丁は現実的ではないかなと思い始めました(c)
1
健脚が自慢の黒戸の番人さん!雪が無いので今日は足が長く見えますね 笑(h)周りの健脚具合も半端ないですね(c)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
健脚が自慢の黒戸の番人さん!雪が無いので今日は足が長く見えますね 笑(h)周りの健脚具合も半端ないですね(c)
2
静かな森の中足元の小さな世界にも注目(^^♪(h)hajimeさんの心にゆとりのある山行を垣間見れました(^^)(c)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
静かな森の中足元の小さな世界にも注目(^^♪(h)hajimeさんの心にゆとりのある山行を垣間見れました(^^)(c)
2
五合目小屋跡付近から仰ぎ見る甲斐駒ケ岳!御来迎場は見えているが山頂方面には残念ながらガスが纏わりついています(h)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五合目小屋跡付近から仰ぎ見る甲斐駒ケ岳!御来迎場は見えているが山頂方面には残念ながらガスが纏わりついています(h)
2
ここから本格的なアスレチックゾーンのはじまり!黒戸最長の梯子へ突入(h)だいぶへばってきましたが気持ちを入れ直して登ります!(c)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから本格的なアスレチックゾーンのはじまり!黒戸最長の梯子へ突入(h)だいぶへばってきましたが気持ちを入れ直して登ります!(c)
新旧2重になった橋を通過(高度感はありますが紐に掴まれば普通に通過できます)(h)暑い黒戸尾根の避暑スポットですね!(c)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新旧2重になった橋を通過(高度感はありますが紐に掴まれば普通に通過できます)(h)暑い黒戸尾根の避暑スポットですね!(c)
1
黒戸尾根は歴史のある信仰の道!いたる所で刀剣を見る事ができます(゜o゜)(h)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒戸尾根は歴史のある信仰の道!いたる所で刀剣を見る事ができます(゜o゜)(h)
1
木々の間から見る周回予定の日向八丁尾根方面!(遠いゾ)予想以上の蒸し暑さでペースが上がらずこのころから周回諦めムードが漂いはじめました(・・;)(h)私のペースが上がらず申し訳ない限りです(TT)(c)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々の間から見る周回予定の日向八丁尾根方面!(遠いゾ)予想以上の蒸し暑さでペースが上がらずこのころから周回諦めムードが漂いはじめました(・・;)(h)私のペースが上がらず申し訳ない限りです(TT)(c)
1
スタートから4時間10分程で七丈小屋に到着!ここで休憩&南アルプスの天然水(利用料¥100)を補給させていただきますm(__)m
小屋番さんが変わられグッズ販売など雰囲気がだいぶ変わりましたね(h)いつ来ても七丈小屋が見えた時の安堵感は格別です(c)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタートから4時間10分程で七丈小屋に到着!ここで休憩&南アルプスの天然水(利用料¥100)を補給させていただきますm(__)m
小屋番さんが変わられグッズ販売など雰囲気がだいぶ変わりましたね(h)いつ来ても七丈小屋が見えた時の安堵感は格別です(c)
4
ゴゼンタチバナ(h)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナ(h)
ツマトリソウ(h)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツマトリソウ(h)
1
御来迎場への急登をガンバリます!青空がまぶしい〜!
chicrynさんはこの辺りで残念ながら下山を決意。七丈小屋でお待ちいただき一人山頂に向けて出発(h)体調不良&足のつりでここが限界。お気をつけて〜(c)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御来迎場への急登をガンバリます!青空がまぶしい〜!
chicrynさんはこの辺りで残念ながら下山を決意。七丈小屋でお待ちいただき一人山頂に向けて出発(h)体調不良&足のつりでここが限界。お気をつけて〜(c)
1
スタートから5時間10分程で八合目(御来迎場)を通過(h)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタートから5時間10分程で八合目(御来迎場)を通過(h)
1
登山記念のプレートが取り付けられたクサリ場を通過(h)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山記念のプレートが取り付けられたクサリ場を通過(h)
ここは段差が大きいので雪が積もっている方が登りやすいかな?足の短い私は毎回難儀する(・・;)(h)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは段差が大きいので雪が積もっている方が登りやすいかな?足の短い私は毎回難儀する(・・;)(h)
1
こちらもステップが切ってあるので大丈夫ですがある程度の腕力は必要となります(h)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらもステップが切ってあるので大丈夫ですがある程度の腕力は必要となります(h)
ガスが流れ去ると迫力の摩利支天も!(h)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが流れ去ると迫力の摩利支天も!(h)
1
ミヤマダイコンソウ(h)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマダイコンソウ(h)
2本剣岩下部のルンゼを通過。ここは雪の季節には核心部となるところですね!(h)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2本剣岩下部のルンゼを通過。ここは雪の季節には核心部となるところですね!(h)
1
急登に汗が止まらないので2本剣岩を眺めながら木陰で少々休憩(^^♪(h)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登に汗が止まらないので2本剣岩を眺めながら木陰で少々休憩(^^♪(h)
2
黒戸定番風景を撮影したかったのですが今日はちょっと無理みたいですねぇ〜。心の瞳で鳳凰三山と富士山を妄想(h)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒戸定番風景を撮影したかったのですが今日はちょっと無理みたいですねぇ〜。心の瞳で鳳凰三山と富士山を妄想(h)
続いてジョーズ岩?を通過(゜o゜)(h)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
続いてジョーズ岩?を通過(゜o゜)(h)
青空は見えるのですが北岳方面には暑い雲がかかり3000m級の高嶺は次回に期待です
まぁ〜これがあるからまた来ちゃうのですがね(^_^;)(h)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空は見えるのですが北岳方面には暑い雲がかかり3000m級の高嶺は次回に期待です
まぁ〜これがあるからまた来ちゃうのですがね(^_^;)(h)
ミヤマシシウド(h)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマシシウド(h)
シャクナゲがあちらこちらに(^ ^)(h)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャクナゲがあちらこちらに(^ ^)(h)
こちらはピンクの斑が濃いタイプ(h)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらはピンクの斑が濃いタイプ(h)
1
ここまで来ると山頂で寛ぐ登山者さんの声が聞こえるようになりました。ここから先はヴィクトリーロード!(h)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで来ると山頂で寛ぐ登山者さんの声が聞こえるようになりました。ここから先はヴィクトリーロード!(h)
スタートから6時間。ようやく甲斐駒ケ岳(2967m)に到着です(^^)/(h)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタートから6時間。ようやく甲斐駒ケ岳(2967m)に到着です(^^)/(h)
5
パンをかじりながら少々休憩。北沢峠方面からの道(h)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パンをかじりながら少々休憩。北沢峠方面からの道(h)
足元に咲くタカネツメグサを眺めながら♪(h)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元に咲くタカネツメグサを眺めながら♪(h)
1
ガスが残念ですが鋸岳方面の眺望(h)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが残念ですが鋸岳方面の眺望(h)
1
少し待ちましたが仙丈のガスは取れませんね。遠く戸台方面を遠望(h)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し待ちましたが仙丈のガスは取れませんね。遠く戸台方面を遠望(h)
1
美しい白砂の先には未だ未踏の摩利支天。今日は多くの方々が北沢峠方面からガンバっておられました!(h)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美しい白砂の先には未だ未踏の摩利支天。今日は多くの方々が北沢峠方面からガンバっておられました!(h)
2
ガスの間から見え隠れする鋸岳方面への道。涼しい季節にまた再挑戦したい(^o^)(h)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスの間から見え隠れする鋸岳方面への道。涼しい季節にまた再挑戦したい(^o^)(h)
1
下山はズンズン下り御来迎場の手前で振り返ってパチリ♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山はズンズン下り御来迎場の手前で振り返ってパチリ♪
1
アキノキリンソウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アキノキリンソウ
1
ヨツバシオガマかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヨツバシオガマかな?
深い森の中はコケ類の楽園(^o^)(h)刀利天狗辺りの森の雰囲気は最高ですね!(c)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
深い森の中はコケ類の楽園(^o^)(h)刀利天狗辺りの森の雰囲気は最高ですね!(c)
1
立派なキノコ3兄弟!(h)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派なキノコ3兄弟!(h)
森の監視員?ギンリョウソウ!(h)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森の監視員?ギンリョウソウ!(h)
尾白川の川音が大きく聞こえるようになると長かった山旅もそろそろ終了!お疲れ様でしたぁ〜(h)七丈小屋でかなり休憩したはずなのにさすがは黒戸尾根!最後はガクガクでした〜(c)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾白川の川音が大きく聞こえるようになると長かった山旅もそろそろ終了!お疲れ様でしたぁ〜(h)七丈小屋でかなり休憩したはずなのにさすがは黒戸尾根!最後はガクガクでした〜(c)
1
おまけ
今回黒戸尾根を歩いたもう一つの目的はこれ!七丈小屋オリジナルTシャツ(¥3000)(h)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おまけ
今回黒戸尾根を歩いたもう一つの目的はこれ!七丈小屋オリジナルTシャツ(¥3000)(h)
6

感想/記録

まずもってこの度は私の身の程知らずの計画にお付き合い頂いたhajime1106さんにお詫び申し上げたいと思いますm(_ _)m

ここ数年、ある程度の距離を歩けるようになってきたと思い込み挑戦した日向八丁周回コースですが、準備不足と体力不足により結果的に甲斐駒にも届かずという散々な結果でした。

ただ、初めてご一緒させていただいたhajime1106さんとの山行は、豊富な登山経験や日常的なトレーニングなどとても有意義なお話をお聞きすることができ、当初の目的は達成できませんでしたが楽しい一日を過ごさせて頂きました。

今後は身の程にあった山行を心がけ、準備をした上でいつか涼しい時期に再挑戦できればと思います。
改めてhajime1106さん、楽しい山行をありがとうございました。また是非ご一緒させてください!

感想/記録

今回は以前からコメントのやり取りをさせていただいている甲斐駒の麓に在住のヤマレコユーザーchicrynさんのお誘いを受け黒戸尾根〜日向八丁尾根の周回を計画しました。
結果は刃渡りより下部の蒸し暑さに負け惨敗…(^_^;)
時々吹き抜ける風が心地よく感じる部分もありましたが吹き出す汗が止まらず七丈小屋までで計画より1時間近くの遅れ。早々に日向八丁尾根周回は断念する事にしました。
ご一緒いただいたchicrynさんはダメージが大きく残念ながら御来迎場の手前で登頂断念…。
自分ひとりは何とか山頂まで往復しましたがやはり暑さに負けた結果となりました。
chicrynさん、今回はお疲れ様でした!様々な山行経験や詳しい情報をお聞きする事ができ非常に有意義な1日を過ごすことができました。また涼しい時期にでも再計画しましょうねぇ〜(^_^)/
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:504人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/3/17
投稿数: 227
2019/8/5 6:36
 真夏の黒戸尾根お疲れ様でした
hajime1106さんchicrynさんこんにちは 日差しが肌をヒリヒリ痛さを感じるこの季節 甲斐駒黒戸尾根-日向八丁尾根 日帰り周回への山行に足を運ぶタフさがひしひし伝わって来ました。早朝出発でも噴き出る汗は抑えられず寝不足がちの身体に体力消耗度合は一段と増して来ることを単独が多い自身の山行でも考えないとな〜と感じました。日向八丁尾根 日帰り周回回避、chicrynさんの登頂回避のご判断は楽しく元気に下山でき次回目標への大きな宝物ですね
登録日: 2013/4/28
投稿数: 355
2019/8/5 8:16
 Re: 真夏の黒戸尾根お疲れ様でした
irukamokoさん いつもコメントいただきありがとうございますm(_ _)m
ある程度の暑さは覚悟しておりましたがムシムシ度がMAXでございまして見事に撃沈されてしまいました(^^;;
中央道から見る秀峰へ前回訪たのは一昨年の1月。「そろそろまたあの道を歩きたいなぁ〜」と思っていた時の偶然のお誘い、そして貴重な情報交換と次回再会への期待!
眺望こそほとんどありませんでしたが南アルプスの奥深い森の空気を山仲間と共に味わう事が出来ました(^O^)
再挑戦は涼しい時期を選んでになるでしょうか?ヘッデン下山になるかもしれませんが次回は未踏のルートをなんとか制覇したいものです!
それでは〜💨
登録日: 2013/4/21
投稿数: 63
2019/8/5 15:54
 Re: 真夏の黒戸尾根お疲れ様でした
irukamokoさん、はじめまして。
コメントありがとうございます!

甲斐駒山行中、hajime1106さんからirukamokoさんとの再会のお話聞かせて頂きました😃やはり山を介する出会いは素晴らしいものがありますね!

今回は計画の段階から本当に反省点ばかりの山行でした。irukamokoさんが仰るように下山の判断だけが唯一まともだったなぁと…
hajime1106さんから涼しい時期の再訪のお話をいただき心救われる思いです。

長い長い梅雨が明けた途端のこの猛暑☀
お互い体調には気をつけて山を楽しみましょう!それでは〜

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ