また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1981597 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走剱・立山

赤牛岳〜水晶岳

日程 2019年08月16日(金) 〜 2019年08月18日(日)
メンバー , その他メンバー1人
天候雨、曇り、晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
◾行きの交通
7:50長野駅〜アルピコバス〜9:25扇沢
https://www.alpico.co.jp/access/express/nagano_omachi/
9:30扇沢〜黒部立山アルペンルート〜9:46黒部ダム
https://www.alpen-route.com/timetable/table.php?st=11627

◾帰りの交通
13:40新穂高ロープウェイ〜濃飛バス〜15:45松本バスターミナル
https://www.nouhibus.co.jp/highwaybus/matsumoto/#timetable
16:04松本駅〜特急ワイドビューしなの〜16:56長野駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち84%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間40分
休憩
16分
合計
5時間56分
S黒部ダム10:0510:09黒部湖駅10:28ロッジくろよん10:3213:42平乃小屋13:4914:14平ノ渡場・仮設14:1916:01奥黒部ヒュッテ(東沢出合)
2日目
山行
8時間33分
休憩
51分
合計
9時間24分
宿泊地04:5909:29赤牛岳09:5812:04温泉沢ノ頭12:0613:26水晶岳13:4614:23水晶小屋
3日目
山行
8時間10分
休憩
52分
合計
9時間2分
水晶小屋02:5603:41ワリモ北分岐03:4203:49岩苔乗越04:43黒部川水源地標04:4605:24三俣山荘05:3506:11三俣峠06:1207:09双六岳中道分岐07:1007:22双六小屋07:3007:33双六池08:00くろゆりベンチ08:10花見平08:21弓折乗越08:2208:47鏡平山荘08:5809:02鏡池09:28シシウドヶ原09:42イタドリが原09:53チボ岩09:5410:12秩父沢出合10:1310:42小池新道入口10:59わさび平小屋11:0611:17笠新道登山口11:1811:27中崎橋11:39お助け風穴11:53登山口(双六岳・笠ヶ岳方面)11:5811:58ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
2日目の奥黒部ヒュッテ出発時、電波が全く入らず記録再開できなかったため、スタート時間が4:59となってしまっていますが、実際は4:10頃に奥黒部ヒュッテを出発しています。
コース状況/
危険箇所等
奥黒部ヒュッテ〜水晶小屋間のコースタイム10時間20分の間、水場や退避場所はありません。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 調味料 飲料 ハイドレーション ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 サングラス タオル ストック ポール

写真

平ノ渡し、14:00の便に乗船
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平ノ渡し、14:00の便に乗船
1
こんな梯子がたくさんありました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな梯子がたくさんありました
奥黒部ヒュッテに到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥黒部ヒュッテに到着
翌朝、読売新道樹林帯を抜けたら、意外に良い道&振り返ると黒部湖が臨める素敵な景色✨
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝、読売新道樹林帯を抜けたら、意外に良い道&振り返ると黒部湖が臨める素敵な景色✨
1
右手に赤い山肌の薬師岳がどーんと見えてきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手に赤い山肌の薬師岳がどーんと見えてきます
赤牛岳に到着✨
思ったより大変じゃなかったヽ(*´∀`)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤牛岳に到着✨
思ったより大変じゃなかったヽ(*´∀`)
ガラガラの水晶小屋
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガラガラの水晶小屋
水晶小屋の前のテーブルにて絶景を見ながら夕食
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶小屋の前のテーブルにて絶景を見ながら夕食
1
翌朝(3日目)の朝
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝(3日目)の朝
鏡平山荘にてかき氷🍧
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鏡平山荘にてかき氷🍧

感想/記録
by view2

当初、木曜〜日曜の4日間で、黒部ダム〜赤牛岳〜高天原〜薬師岳〜折立を計画していたが、台風のため木曜・金曜が厳しくなってしまった。
計画を練り直し、金曜の黒部ダム〜奥黒部ヒュッテ間は風の影響を受けにくいとのことだったので、雨に濡れるのは覚悟で1日遅れで出発。
スタートからザーザー振りの雨には振られたが、12時頃には止んでそこそこ快適に歩けた。奥黒部ヒュッテは小屋宿泊者は自分達だけで、お風呂も入れてコンセントもあってトイレもキレイで快適だった。
2日目(奥黒部ヒュッテ〜水晶小屋)はすごく辛いかもと覚悟していたが、疲れないようペースゆっくり目で行ったところ、赤牛岳まではそんなに疲れなかった。気を抜いたその後の〜水晶岳〜水晶小屋までのほうが若干疲れペースが遅くなってしまった。
念のため早く(4時に)出発したのとそこまで時間もかからなかったため三俣山荘まで行くことも可能だったが、木曜〜金曜の悪天候の影響で普段混んでいる水晶小屋が空いているのではないかと見込んで、またとない機会なので水晶小屋に宿泊することに。やはりかなり空いていて、キレイで快適だった。
そして、こんな日に泊まってた人達や水晶岳で話しした人達はやはりちょっとぶっ飛んでいて、1日で折立から登って薬師岳登って水晶岳に来てこれから高天原へと言っていた方や、いつもコースタイム×0.5で計画してるという方などなど(^^;;
3日目は前日に贅沢(?)をした代わりに、朝(未明)3時少し前には出発しなければならなかった。暗い中歩くのは怖くて嫌だったが、危険箇所はなかった。どこにも寄り道せずに(鷲羽・三俣蓮華・双六岳いずれの山頂にも立ち寄らずに)バスに間に合うように急ぎ気味で下山した。
この赤牛岳山行をターゲットに今シーズンの体力作りも意識してきたこともあり、この天気の条件の中、どうにか工夫して、山友とともに憧れの赤牛岳に登れてとても良かった。
訪問者数:393人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

水場 山行 ヒュッテ 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ