また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1984171 全員に公開 沢登り 奥多摩・高尾

鷹ノ巣谷

情報量の目安: S
-拍手
日程 2019年08月18日(日) [日帰り]
メンバー
 YAMA555(SL)
, その他メンバー3人
天候曇り → 詰めから雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
草加集合、草加IC〜外環〜関越〜所沢ICより下道。
奥多摩駅を過ぎたすぐを右折し日原方面へ。先日遡行した倉沢谷本谷のさらに先。東日原の駐車場に車を置きました(500円也)。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
08:19
距離
12.5 km
登り
1,751 m
下り
1,746 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間59分
休憩
20分
合計
8時間19分
S日原駐車場08:2408:29東日原バス停08:3208:38中日原バス停09:12巳ノ戸尾根分岐点09:1514:22ヒルメシクイノタワ14:3515:53稲村岩分岐16:09稲村岩16:1016:16巳ノ戸尾根分岐点16:33稲村岩を経て鷹ノ巣山方面登山口16:40東日原バス停16:43ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ルートはEtrex20XのGPSデータです。
鷹ノ巣谷遡行、岩村岩尾根登山道を下降。
コース状況/
危険箇所等
●参考資料
東京起点沢登りルート120 日原川水系 鷹ノ巣谷 1級

●入渓
駐車場で沢靴を履き車道歩き、鷹ノ巣登山口から入り巳ノ戸橋を渡って少し進んだところから登山口を離れ沢の方に下降して入渓する。比較的わかりやすい。

●序盤(石積み堰堤あたりまで)
入渓からしばらくは緩やかな登りと細かい小滝、水量はまずまず多く流れは適度にある。釜を持つ沢も所々にあるがほぼ脇を濡れずに歩くことが出来る。意図的に濡れなければ、ほぼ濡れずに行ける。遡行図から標高差1000m、時間もそれなりにかかる沢なのでリーダー判断ではなるべく濡れずにスムーズにいく感じでした。YAMAは多少遊びながら登りました。

●中盤以降
ルート1203段12m、3段12mと続きます。その後も小滝がありB臑2段18mが待ち構えています。念のためロープ出しています。
2段大滝18m、水流を外し右側の壁を登ります。数ヶ所残置あり。中盤に細かいところがありますがロープで確保されていれば全員テンションかけることなく登れました。上段はもっと登り易い感じで、落ち口が若干微妙ですが同じく、念のためロープ出しています。

●後半詰め
大滝を越えても小滝は結構続き、登りる沢になってきます。金左小屋窪あたりから水量は一気に少なくなり、水は冷たくなりました。水がなくなってからもしばらく詰めますが、標高1300m超えた付近から最後ザレになり直登困難。左に避けて再び詰め上げました。雨が降ってきたこともあり、最後の直登は土が滑って四つん這いになりながら登りました。この辺から少し虫が発生。

●下山
岩村岩尾根に詰め上げてからはひたすら下り。特に悪いところもなくすんなりでしたが、大雨のせいで登山道は沢のようになっていました。登山口まで1時間50分程度。
その他周辺情報●温泉
もえぎの湯にて汗を流しました。鍵付きロッカーあり。露天風呂あり。
食事処あり。
過去天気図(気象庁) 2019年08月の天気図 [pdf]

写真

8:20東日原の駐車場に到着。おおよそ3時間位かかったか。
駐車場は空いていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:20東日原の駐車場に到着。おおよそ3時間位かかったか。
駐車場は空いていました。
日原のバス停でお手洗いを済ませます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日原のバス停でお手洗いを済ませます。
沢装備で車道を少し歩き鷹ノ巣登山口です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢装備で車道を少し歩き鷹ノ巣登山口です。
ここから沢に降りて行く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから沢に降りて行く。
巳ノ戸橋を渡ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巳ノ戸橋を渡ります。
橋を渡って少ししたところから下降して入渓。
この時は天気が良さそうだった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋を渡って少ししたところから下降して入渓。
この時は天気が良さそうだった。
1
沢の雰囲気はイイですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢の雰囲気はイイですね。
2
橋の下をくぐって鷹ノ巣谷に入ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋の下をくぐって鷹ノ巣谷に入ります。
最初から釜を持った小滝。
今日は長いので最初は遠慮して入らずに登る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初から釜を持った小滝。
今日は長いので最初は遠慮して入らずに登る。
その後小滝が続く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その後小滝が続く。
雰囲気はイイ感じ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雰囲気はイイ感じ。
堰堤は右から巻く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤は右から巻く。
その後も小滝が続く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その後も小滝が続く。
1
トイ状5m。膝上位まで釜に入って右側を登る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トイ状5m。膝上位まで釜に入って右側を登る。
その後のナメ滝8×12mが見えてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その後のナメ滝8×12mが見えてきた。
1
右側に残置がありましたが、ここは滝の脇を登ることにします。
YAMAトップで。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右側に残置がありましたが、ここは滝の脇を登ることにします。
YAMAトップで。
1年目2年目のメンバーがいるので念のためロープ出す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1年目2年目のメンバーがいるので念のためロープ出す。
1
マー問題はなかったですが、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マー問題はなかったですが、
ナメを上から見るとこんな感じ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナメを上から見るとこんな感じ。
1
その後もきれいな滝が次々。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その後もきれいな滝が次々。
意外に集まると水量もあるし。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
意外に集まると水量もあるし。
3段12mの滝だとおもう。
念のためロープ出す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3段12mの滝だとおもう。
念のためロープ出す。
1
,賄个辰晋綢譴鯏呂襪里任垢、YAMAは渡ったけど皆はそのまま登りトラバースして滝に降りた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
,賄个辰晋綢譴鯏呂襪里任垢、YAMAは渡ったけど皆はそのまま登りトラバースして滝に降りた。
3段12mかな。
ここも下段は比較的登りやすい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3段12mかな。
ここも下段は比較的登りやすい。
皆サクサク登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
皆サクサク登ります。
3段の一番上は右側にスリングが残置してあった。これに思いっきりテンションかけて登りました。残置があって助かりましたわ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3段の一番上は右側にスリングが残置してあった。これに思いっきりテンションかけて登りました。残置があって助かりましたわ。
小滝を越えていくと。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小滝を越えていくと。
正面に大滝が見えてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面に大滝が見えてきた。
近くなってくると見上げる角度が大きくなってくる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近くなってくると見上げる角度が大きくなってくる。
B臑2段18m
美しい滝です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
B臑2段18m
美しい滝です。
中間地点で段になっています。
とりあえず中間で区切って下段と上段にて登ることに。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中間地点で段になっています。
とりあえず中間で区切って下段と上段にて登ることに。
滝の右側の壁。
Sリーダーがトップ。中間付近が若干登りづらい感じがしましたが概ね登りやすい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝の右側の壁。
Sリーダーがトップ。中間付近が若干登りづらい感じがしましたが概ね登りやすい。
セカンドでYAMAが登り残り3名を上から見る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
セカンドでYAMAが登り残り3名を上から見る。
皆サクッと登ってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
皆サクッと登ってきました。
ちなみに中間地点は木で確保。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちなみに中間地点は木で確保。
2段18m上段。こちらの方が比較的楽そうでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2段18m上段。こちらの方が比較的楽そうでした。
でも落ち口がちょっといやらしい感じです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも落ち口がちょっといやらしい感じです。
大滝2段18mの上部の支点。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大滝2段18mの上部の支点。
その後も小滝が続く。
そしてだんだんと標高を上げていくような急さになってくる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その後も小滝が続く。
そしてだんだんと標高を上げていくような急さになってくる。
1
沢自体は特に問題なく登れる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢自体は特に問題なく登れる。
適度な小滝が連続するので後半は意外に面白い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
適度な小滝が連続するので後半は意外に面白い。
ワサビ田跡がこんな上部にもあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワサビ田跡がこんな上部にもあります。
せっかくなので水流状をシャワーで登る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
せっかくなので水流状をシャワーで登る。
1
イイ感じで登れます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イイ感じで登れます。
だんだんと水流が細くなってくる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だんだんと水流が細くなってくる。
右側なんだかお化けみたいな木。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右側なんだかお化けみたいな木。
標高を上げていくと沢水の温度が一気に冷たくなり、冷気で満たされてきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高を上げていくと沢水の温度が一気に冷たくなり、冷気で満たされてきます。
金左小屋窪との分岐かな。
YAMA達は右、水の戸沢方面へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金左小屋窪との分岐かな。
YAMA達は右、水の戸沢方面へ。
しばらく登ると水流がなくなりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく登ると水流がなくなりました。
更にまだ登りやすい詰め。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更にまだ登りやすい詰め。
最後ガレガレになってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後ガレガレになってきた。
1
この上もう登れそうにないので、左にトラバースしてみる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この上もう登れそうにないので、左にトラバースしてみる。
ちょっといやらしいトラバース。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっといやらしいトラバース。
この辺で大雨が降ってきて足元が滑る。
四つん這いになりながら最後の詰め。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺で大雨が降ってきて足元が滑る。
四つん這いになりながら最後の詰め。
ようやく稜線が見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく稜線が見えました。
登山道に復帰。
大雨です。沢渡渉中じゃなくて良かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道に復帰。
大雨です。沢渡渉中じゃなくて良かった。
大雨で登山道が沢みたいに。
沢を遡行している時よりも下山の方がびしょぬれになってしまった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大雨で登山道が沢みたいに。
沢を遡行している時よりも下山の方がびしょぬれになってしまった。
無事に巳ノ戸橋に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事に巳ノ戸橋に到着。

感想/記録

8月に入り4本目の沢登りと今年は例年に比べて大きな山に登っていないのが若干気にはなりますが、今回も涼を求めて奥多摩日原水系の鷹ノ巣谷を遡行してきました。ルート120で標高差1000mあり体力勝負と言うことで湯檜曽本谷に向けて少々荷物を背負って挑みました。

入渓は比較的楽チンで最初から沢靴仕様。遡行図のコメントは中盤になるまでないため、序盤は大したことないのかなと思っていましたが結構、小滝あり、釜あり、水量もまずまずあるので楽しみながらスタートです。

中盤に入り多段10m級の滝が出てきますが、いずれも比較的登り易く、奥多摩でも結構人気の沢らしいので厳しいところにはお助けスリングが掛けられ助かりました。念のため数ヶ所ではロープを出したところがありますが、慣れている人なら1回も出さずに登れそうです。

大滝2段18mは水量も豊富でとても美しい滝でした。ただこの滝は登れずに向かって右側の岩を登ります。中間地点にテラスがありここでピッチを区切って登りました。下段の方が立っている感じで、上段は登りやすいですが最後の落ち口が少々いやらしかったかな。

昨年から始めたkishiechanはもう沢登りが板についていて心配ないし、今年から始めたNさんも10m級の高度感ある滝もなんのそので頼もしいかぎりです。
下山時に大雨に振られ、沢登りの時よりもびしょ濡れだったのはご愛嬌ですが、遡行終了してからで良かったです。
今までは奥多摩は暗いイメージで敬遠しがち、丹沢方面が多かったのですが、沢にヒルがいないし水量も豊富なジャブジャブ出来る沢が多くマイブームです。

お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:1811人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ