また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1987125 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

北岳

日程 2019年08月21日(水) 〜 2019年08月22日(木)
メンバー
天候山麓晴れ、山頂霧
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間55分
休憩
1時間0分
合計
5時間55分
S広河原インフォメーションセンター06:1406:18広河原山荘06:2006:37白根御池分岐08:14大樺沢二俣08:3609:53草すべり分岐09:5510:14小太郎尾根分岐10:1510:39北岳肩ノ小屋10:5911:12両俣分岐11:1311:30北岳11:4212:00両俣分岐12:09北岳肩ノ小屋
2日目
山行
3時間18分
休憩
13分
合計
3時間31分
宿泊地05:5806:18小太郎尾根分岐06:2406:32草すべり分岐06:3507:34白根御池小屋07:3609:10白根御池分岐09:24広河原山荘09:2509:26広河原・吊り橋分岐09:2709:29ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 ハイドレーション 地図(地形図) 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ ネックゲーター アームウォーマー メガネケース

写真

広河原から。
曇ってるなぁ〜
2019年08月21日 06:15撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広河原から。
曇ってるなぁ〜
大樺沢を渡るが、曇ってるなぁ
2019年08月21日 07:40撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大樺沢を渡るが、曇ってるなぁ
小太郎尾根分岐から強い風が吹いていたが、山頂はなぜか穏やかだった。
2019年08月21日 11:37撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小太郎尾根分岐から強い風が吹いていたが、山頂はなぜか穏やかだった。
突然の訪問をうけていただきありがとうございました。
2019年08月22日 05:59撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
突然の訪問をうけていただきありがとうございました。

感想/記録
by K-tom

5日前くらいは晴れだったのに、急に秋雨前線が停滞し天候不良となってしまった。
本当なら白峰三山を縦走するつもりだったが、登っている最中から山頂付近の雲の厚さに嫌気がさし、下ってくる方々にお話を聞き、縦走を諦め、北岳山頂を単独で登頂する計画に変更した。

行きは、大樺沢コースから右俣コースを選んだ。前日の雨の影響で沢の水が多かったように思えたが、登り易く、景色もよく、分岐まで面白かった。右俣コースは登りがいのあるコースだったが、登り易い。それとたくさんの花々が咲き誇っていた。ガスの中で展望がないものの、多くのお花を見ることが出来たのが今回のもっともよかったことだった。稜線に出てからは強風と霧があったが、よろけるほどの風でもなく、また寒くもなかったのでまだマシだった。その日のうちに山頂に行き目的を達成した。山頂はそれまでの稜線と違い、不思議と風がなく穏やかだった。ただ景色が最高とされる山頂からは何も見えなかった。

帰りは、次回左俣コースを歩こうと思い、草スベリコースを歩いた。こちらもお花がたくさん咲いていた。しかし正直コースは大変に感じた。右俣コースより急なのではないだろうか。

今回縦走を断念し、山頂からの展望もなかったが、たくさんのお花が見れたことがせめてもの幸いだった。またこんど縦走しに来るからね。
訪問者数:363人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス 右俣 左俣 秋雨 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ