また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2010097 全員に公開 ハイキング 京都・北摂

京都市のご当地アルプス 比叡アルプスに行ってみる

情報量の目安: A
-拍手
日程 2019年09月08日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス
京阪バス 比叡平行きの地蔵谷バス停下車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.0~1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち48%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間37分
休憩
15分
合計
5時間52分
Sスタート地点08:3410:55一本杉10:5711:40掛橋石鳥居11:5012:00てん子山12:38白鳥山12:3913:07圓光寺13:0814:02出町柳駅14:0314:17荒神 飛び石14:26ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に危険箇所は無し
過去天気図(気象庁) 2019年09月の天気図 [pdf]

写真

地蔵谷バス停を降りてすぐ谷に向かう橋を渡る。
2019年09月08日 08:35撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵谷バス停を降りてすぐ谷に向かう橋を渡る。
橋の名前はこうらしい。
2019年09月08日 08:35撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋の名前はこうらしい。
渡って直ぐの左岸の尾根に取り付く。
2019年09月08日 08:36撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡って直ぐの左岸の尾根に取り付く。
2
薄い踏み跡はある。
2019年09月08日 08:37撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薄い踏み跡はある。
多分、地図にある実線の尾根道は建物から上がっているが今は使われていない様だ。因みに尾根道は京都北山の1997年版も2011年版にも載っている。
2019年09月08日 08:38撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多分、地図にある実線の尾根道は建物から上がっているが今は使われていない様だ。因みに尾根道は京都北山の1997年版も2011年版にも載っている。
割合はっきりしている道が続く。
2019年09月08日 08:41撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
割合はっきりしている道が続く。
暑い頃から来年の花の準備は万端らしい。
2019年09月08日 08:47撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暑い頃から来年の花の準備は万端らしい。
子供の頃、栗など秋の味覚を収穫する際、良くこの蜂には刺されたものだ。
2019年09月08日 08:52撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
子供の頃、栗など秋の味覚を収穫する際、良くこの蜂には刺されたものだ。
2
京都市内を振り返る。
2019年09月08日 08:59撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
京都市内を振り返る。
大阪のビル群も辛うじて見える。
2019年09月08日 08:59撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大阪のビル群も辛うじて見える。
2
多分登り初めて直ぐの所から比叡アルプスなんだろうが標識の類は全く無い。ルートを示す赤ペンキのみがある。
2019年09月08日 09:00撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多分登り初めて直ぐの所から比叡アルプスなんだろうが標識の類は全く無い。ルートを示す赤ペンキのみがある。
尾根上のピークの一つ。
2019年09月08日 09:08撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根上のピークの一つ。
しっかりした踏み跡が続く。
2019年09月08日 09:11撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しっかりした踏み跡が続く。
多少花崗岩の岩が出てくるものの歩く上で困難な所は無い。
2019年09月08日 09:14撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多少花崗岩の岩が出てくるものの歩く上で困難な所は無い。
ここにも赤ペンキ。
2019年09月08日 09:24撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにも赤ペンキ。
標高点辺りのピーク。
2019年09月08日 09:27撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高点辺りのピーク。
標識は新しい。最近更新されたのだろう。
2019年09月08日 09:28撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標識は新しい。最近更新されたのだろう。
6
何回目かのピーク。
2019年09月08日 09:36撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何回目かのピーク。
多少岩もある。これがアルプスの所以かな。
2019年09月08日 09:36撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多少岩もある。これがアルプスの所以かな。
はっきりした尾根道。
2019年09月08日 09:37撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はっきりした尾根道。
こんな岩や
2019年09月08日 09:39撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな岩や
こんな岩がある。
2019年09月08日 09:43撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな岩がある。
アップダウンを繰り返しながら尾根道は続く。
2019年09月08日 09:45撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップダウンを繰り返しながら尾根道は続く。
京都南部、石清水八幡宮辺りを望む。
2019年09月08日 10:02撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
京都南部、石清水八幡宮辺りを望む。
2
何故かボルトとナットが落ちている。
2019年09月08日 10:08撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何故かボルトとナットが落ちている。
先に進むとワイヤーもあったのでこの関係だろうか。
2019年09月08日 10:09撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先に進むとワイヤーもあったのでこの関係だろうか。
見晴らしが悪い尾根なので唐突に松ヶ崎線22番高圧線鉄塔に出る。
2019年09月08日 10:11撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴らしが悪い尾根なので唐突に松ヶ崎線22番高圧線鉄塔に出る。
1
こんな所も自転車が通っているのか新しい轍が有る。
2019年09月08日 10:15撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな所も自転車が通っているのか新しい轍が有る。
何個目かのピーク。
2019年09月08日 10:17撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何個目かのピーク。
NHKの中継基地が近くに見えてきた。
2019年09月08日 10:24撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
NHKの中継基地が近くに見えてきた。
1
石鳥居との尾根道に合流。以前はここに比叡アルプスの標識が有ったが今日は無いし過去に読めていた標識もサッパリだった。
2019年09月08日 10:26撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石鳥居との尾根道に合流。以前はここに比叡アルプスの標識が有ったが今日は無いし過去に読めていた標識もサッパリだった。
1
冬になると目立つ赤い実。
2019年09月08日 10:26撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬になると目立つ赤い実。
1
一寸、先の標高点にも寄ってみる。
2019年09月08日 10:34撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一寸、先の標高点にも寄ってみる。
有ったり無かったりするこの地の標識、今日は綺麗で新しい物に見えた。
2019年09月08日 10:35撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有ったり無かったりするこの地の標識、今日は綺麗で新しい物に見えた。
3
その先にある今日初めての城跡。
2019年09月08日 10:36撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その先にある今日初めての城跡。
城跡。この城跡の名前ははっきりしないらしい。
2019年09月08日 10:45撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
城跡。この城跡の名前ははっきりしないらしい。
中継基地に着いた。
2019年09月08日 10:52撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中継基地に着いた。
京都南部の眺め。
2019年09月08日 10:53撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
京都南部の眺め。
1
UFOにも見える四明岳山頂の建物。
2019年09月08日 10:55撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
UFOにも見える四明岳山頂の建物。
2
17年の台風で折れてボリュームの半減した一本杉。
2019年09月08日 10:56撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
17年の台風で折れてボリュームの半減した一本杉。
4
見晴らし台から琵琶湖の南端。
2019年09月08日 10:58撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴らし台から琵琶湖の南端。
4
ホテル前を通過。
2019年09月08日 11:04撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホテル前を通過。
ここからほんの100mほど東海道自然歩道を辿る。
2019年09月08日 11:07撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからほんの100mほど東海道自然歩道を辿る。
直ぐに比叡山ドライブウェイを潜って北白川方面へ。
2019年09月08日 11:09撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直ぐに比叡山ドライブウェイを潜って北白川方面へ。
春先にはモリアオガエルの卵が一杯あった堰堤の池。
2019年09月08日 11:13撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
春先にはモリアオガエルの卵が一杯あった堰堤の池。
今まで気にしなかったが道路沿いの電柱は四明支線らしい。
2019年09月08日 11:17撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今まで気にしなかったが道路沿いの電柱は四明支線らしい。
少し古そうな石柱。
2019年09月08日 11:19撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し古そうな石柱。
横には辨財天道の文字。
2019年09月08日 11:19撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横には辨財天道の文字。
何かの社。
2019年09月08日 11:20撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何かの社。
四明支線はここの建物(養魚場?)で終わりだった。
2019年09月08日 11:21撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四明支線はここの建物(養魚場?)で終わりだった。
道端の説明板。ほぼ全ての谷には名前があるらしい。今まで下ってきた谷は病ダレ谷らしい。
2019年09月08日 11:24撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道端の説明板。ほぼ全ての谷には名前があるらしい。今まで下ってきた谷は病ダレ谷らしい。
アケビもも熟れるのはまだ先みたいだ。
2019年09月08日 11:32撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アケビもも熟れるのはまだ先みたいだ。
1
石鳥居。1997年版の京都北山では大鳥居となっていた。
2019年09月08日 11:40撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石鳥居。1997年版の京都北山では大鳥居となっていた。
鳥居を過ぎて直ぐに尾根に上がる。
2019年09月08日 11:52撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥居を過ぎて直ぐに尾根に上がる。
クリーンセンターがよく見える。
2019年09月08日 11:53撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クリーンセンターがよく見える。
1
鉄塔は松ヶ崎線24番鉄塔。
2019年09月08日 11:53撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔は松ヶ崎線24番鉄塔。
1
鉄塔下にはトマトの苗木があった。誰かここでトマトを食べたかな?
2019年09月08日 11:53撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔下にはトマトの苗木があった。誰かここでトマトを食べたかな?
乗り越えていた倒木も今は処理されて問題なく通れる。
2019年09月08日 11:55撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗り越えていた倒木も今は処理されて問題なく通れる。
かなり広い尾根道。
2019年09月08日 11:57撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなり広い尾根道。
尾根を横切る道路。多分この道路は北側にある音羽川の堰堤工事用のものだったのだろう。音羽川を遡った時、沢山の堰堤があった。
2019年09月08日 11:59撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根を横切る道路。多分この道路は北側にある音羽川の堰堤工事用のものだったのだろう。音羽川を遡った時、沢山の堰堤があった。
一乗寺城東側の跡。
2019年09月08日 12:02撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一乗寺城東側の跡。
道で分断されるが
2019年09月08日 12:03撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道で分断されるが
西側の城跡。
2019年09月08日 12:03撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西側の城跡。
ここまでが城跡。
2019年09月08日 12:07撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまでが城跡。
65番でトレイルに復帰。
2019年09月08日 12:16撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
65番でトレイルに復帰。
中央は妙法の法の火床。
2019年09月08日 12:36撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央は妙法の法の火床。
2
ここから北に折れる。
2019年09月08日 12:47撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから北に折れる。
一乗寺山。以前は36峰の山名板が付いていたが今は一枚も無い。
2019年09月08日 12:52撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一乗寺山。以前は36峰の山名板が付いていたが今は一枚も無い。
1
秋海棠。ベゴニア属で中国原産らしい。人家に近い谷に咲いていた。
2019年09月08日 13:09撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋海棠。ベゴニア属で中国原産らしい。人家に近い谷に咲いていた。
1
詩仙堂の下側まで帰って来た。
2019年09月08日 13:11撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
詩仙堂の下側まで帰って来た。
一乗寺下り松。
2019年09月08日 13:14撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一乗寺下り松。
河合橋まで帰って来た。河合橋は耐震工事をしていたがこの松は無事に生き延びた様だ。
2019年09月08日 14:04撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河合橋まで帰って来た。河合橋は耐震工事をしていたがこの松は無事に生き延びた様だ。
3
賀茂川と高野川合流点で水遊びに興じる人々。今日も1日暑かった。
2019年09月08日 14:05撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
賀茂川と高野川合流点で水遊びに興じる人々。今日も1日暑かった。
撮影機材:

感想/記録
by yjin

長らく行ってない比叡アルプスに行ってみる事にした。もともとこんな名前は知らなかったが一本杉から石鳥居への下山時に比叡アルプスの表示があったので知る事となった。また地蔵谷を歩いた時にも比叡アルプス登山口なる標識も見かけたしマニアの間では一般的なのかも知れない。ただ手持ちのどの地図を見てもその名は載ってないので希少価値のある名前かも知れない。

手持ちの地図を見た限りでは1997年には実線の登山道となっていて過去には一般的な道であったらしい。今日辿った感想では地蔵谷入り口からの登り口は個人の敷地に入る感じで利用しづらい気がした。

金勝アルプスや湖南アルプスに比べて数段見劣りする感じがするので何時しか忘れ去られる運命のものだろうか。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1565人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ