また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2021606 全員に公開 ハイキング 槍・穂高・乗鞍

島々谷から行く霞沢岳

情報量の目安: S
-拍手
日程 2019年09月14日(土) ~ 2019年09月15日(日)
メンバー
 fu3252(CL)
, その他メンバー2人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
休日なので安曇支所に確認の上駐車させてもらいました
また深夜到着後、テントを張って仮眠しました
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9~1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち97%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間40分
休憩
30分
合計
7時間10分
S安曇支所前バス停05:4405:47島々(徳本峠入口)05:54島々宿登山口05:5605:58第1ゲート05:5906:20奥樽沢渓流入口06:2106:56ゲート(小嵩沢出合)06:5707:32二俣07:3507:47行き橋07:4807:58戻り橋07:5908:47島々谷川南沢08:4808:57瀬戸上橋08:5909:52岩魚留小屋09:5311:39力水11:5512:54徳本峠(徳本峠小屋)
2日目
山行
9時間34分
休憩
1時間16分
合計
10時間50分
徳本峠(徳本峠小屋)04:4305:47ジャンクションピーク05:4908:04K1ピーク08:1408:38K208:3908:59霞沢岳09:1709:35K209:3609:56K1ピーク10:0012:24ジャンクションピーク13:10徳本峠(徳本峠小屋)13:5014:53徳本口(徳本峠分岐)14:57明神館15:27小梨平(森のリゾート小梨/上高地野営場)15:33ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
島々谷林道で、通過直後10mほど後ろに上部から大きな落石がありました。通過する前にも同様の音を聞いており、頻繁に落石が発生している危険性があります。
沢沿いに崩落個所はありますが、適切に処理されており、注意すれば通過に問題はありません。
霞沢岳へのルートは急傾斜のため下りに注意が必要。落石に気をつけること。樹林帯はぬかるみが多く、スリップしやすいため注意が必要。
その他周辺情報安曇支所からすぐのところにあります
 竜島温泉せせらぎの湯 \510
過去天気図(気象庁) 2019年09月の天気図 [pdf]

装備

備考 LEDのランタンは暗い中での調理やテント内で便利

写真

島々谷の入口、ゲートを開けて入り、またゲートを閉じます
2019年09月14日 05:54撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
島々谷の入口、ゲートを開けて入り、またゲートを閉じます
沢沿いの林道が二俣まで続きます
2019年09月14日 06:07撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢沿いの林道が二俣まで続きます
林道に日本カモシカがいました、カメラを構えようとするとのそのそ去っていきました
2019年09月14日 06:43撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道に日本カモシカがいました、カメラを構えようとするとのそのそ去っていきました
二俣まで来ました
2019年09月14日 07:24撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二俣まで来ました
トイレを利用
2019年09月14日 07:27撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トイレを利用
山道に入ります
2019年09月14日 07:36撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山道に入ります
戦国の時代に徳本峠を越えた夫人の石碑
2019年09月14日 07:44撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戦国の時代に徳本峠を越えた夫人の石碑
ことわけはここに書かれています
2019年09月14日 07:45撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ことわけはここに書かれています
木道が整備されている
2019年09月14日 07:46撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道が整備されている
木橋も整備されている
2019年09月14日 07:58撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木橋も整備されている
炭焼き窯あと
2019年09月14日 08:01撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
炭焼き窯あと
モフモフのきれいなコケがたくさんありました
2019年09月14日 08:06撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モフモフのきれいなコケがたくさんありました
崩落個所
2019年09月14日 08:09撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落個所
小沢もいくつか渡るけど、濡れる心配はない
2019年09月14日 08:31撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小沢もいくつか渡るけど、濡れる心配はない
1
島々谷本流
2019年09月14日 08:56撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
島々谷本流
水量は多いです
2019年09月14日 08:58撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水量は多いです
苔むした山道
2019年09月14日 09:20撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔むした山道
岩魚留小屋に到着
2019年09月14日 09:41撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩魚留小屋に到着
もうやってないのかと思ったら、予約があれば開けるようです
2019年09月14日 09:41撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうやってないのかと思ったら、予約があれば開けるようです
拾った栃の実、いっぱい落ちていたけどほとんどは殻のみ、サルが食べるのだろうか?
2019年09月14日 09:44撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
拾った栃の実、いっぱい落ちていたけどほとんどは殻のみ、サルが食べるのだろうか?
本流の滝です
2019年09月14日 09:53撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本流の滝です
力水、おいしいです、ここで2L給水して持って上がりました
2019年09月14日 11:48撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
力水、おいしいです、ここで2L給水して持って上がりました
1
トリカブト?
2019年09月14日 11:50撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トリカブト?
クラシックな徳本峠小屋の前のテーブルで湯を沸かして夕食の準備
2019年09月14日 16:17撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クラシックな徳本峠小屋の前のテーブルで湯を沸かして夕食の準備
夜明け前、ランタンをつけて朝食です
2019年09月15日 03:35撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜明け前、ランタンをつけて朝食です
1
早朝の雲海と前穂〜奥穂
2019年09月15日 05:20撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早朝の雲海と前穂〜奥穂
陽が上がりました
2019年09月15日 05:32撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陽が上がりました
木々に朝日が当たってきれいです
2019年09月15日 05:33撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々に朝日が当たってきれいです
ジャンクションピークから、甲斐駒?に向こうに富士山が見えます
2019年09月15日 05:43撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャンクションピークから、甲斐駒?に向こうに富士山が見えます
1
雲海の向こうに八ヶ岳連峰
2019年09月15日 05:43撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海の向こうに八ヶ岳連峰
1
御岳と乗鞍
2019年09月15日 06:01撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御岳と乗鞍
樹林帯には小さな池がいくつか見られた
2019年09月15日 06:18撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯には小さな池がいくつか見られた
霞沢岳が高い
2019年09月15日 06:58撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霞沢岳が高い
1
K1ピークまでは急傾斜
2019年09月15日 07:24撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
K1ピークまでは急傾斜
1
前穂から奥穂、西穂に続く稜線
2019年09月15日 07:28撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前穂から奥穂、西穂に続く稜線
1
行くぞ、K2、霞沢岳本峰
2019年09月15日 08:11撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行くぞ、K2、霞沢岳本峰
1
K1の先の岩塔を越えて
2019年09月15日 08:29撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
K1の先の岩塔を越えて
焼岳がすぐそこです
2019年09月15日 08:42撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼岳がすぐそこです
1
きれいなコケがありました
2019年09月15日 08:42撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きれいなコケがありました
コケと赤い実(名前は聞いたけど忘れた)
2019年09月15日 08:43撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コケと赤い実(名前は聞いたけど忘れた)
ハイマツの中の道を行きます
2019年09月15日 08:48撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイマツの中の道を行きます
穂高をバックに、頂上で記念撮影
2019年09月15日 09:01撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高をバックに、頂上で記念撮影
4
再度富士山、頭がちょこっと出ています
2019年09月15日 09:07撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再度富士山、頭がちょこっと出ています
1
西穂、笠ヶ岳方面
2019年09月15日 09:08撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂、笠ヶ岳方面
2
前穂、奥穂方面、ジャンも見えます
2019年09月15日 09:09撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前穂、奥穂方面、ジャンも見えます
3
蝶が岳、常念岳の稜線
2019年09月15日 09:09撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蝶が岳、常念岳の稜線
2
島々谷の眺望
2019年09月15日 11:37撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
島々谷の眺望
昼近くになるとガスがかかり始めた
2019年09月15日 12:41撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼近くになるとガスがかかり始めた
テント場まで戻ってきた、帰りは遠かった
2019年09月15日 13:06撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場まで戻ってきた、帰りは遠かった
明神の林道に出ました
2019年09月15日 14:53撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明神の林道に出ました
上高地到着、世俗的ですが河童橋の記念撮影
2019年09月15日 15:37撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上高地到着、世俗的ですが河童橋の記念撮影
夕方になって穂高に雲がかかりました
2019年09月15日 16:59撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕方になって穂高に雲がかかりました
1
撮影機材:

感想/記録
by fu3252

40数年ぶりに島々谷に行ってきました。
前回の記憶があるわけではないですが、「岳人」の特集にあったクラシックルート島々谷という言葉の響きについその気になり、会の中で企画を上げてメンバーを募りました。
深夜に島々の安曇支所に車を駐車させてもらい、仮眠のあと駐在所に登山届を投函し、ゲートを開けて島々谷の林道を歩き始めました。
かつてウェストンや芥川などの文人も歩いたクラシックな道ですが、今もそこそこ人は入っているみたいで、ルートはしっかり整備されており、迷いそうなところはありません。
実際当日も何組かの登山者と出会いました。
美しい緑のコケや大きな自然林、豊かな水量の谷、そしてサルや日本カモシカとも出会い、とても快適に島々谷を歩けました。
力水で水を汲み少し重くなったザックで、小1時間頑張ると徳本峠に到着します。テント場からは明神、前穂がきれいに見えました。
テントを張った後は、夕食後まで小屋前のテーブルに陣取り、ビールなどを飲みながら、まったりと過ごしました。とても良い時間でした。
翌朝は3時過ぎに起床、小屋前のテーブルで朝食を作り、4時半過ぎの暗いうちに霞沢岳に向けて出発しました。
ヘッドランプをつけてジグザグの急登を歩いていると、周りが徐々に明るくなってきて、東の木々の間から朝日が差し込んできました。
ジャンクションピークまでの急登を登り切ると、東南方向の眺望が開けます。霞沢岳、乗鞍、御岳、南アルプスとその向こうに富士山の頭、そして八ヶ岳連峰が雲海の上に望めます。
ここからはしばらく樹林帯の中のアップダウンを繰り返し、K1ピーク手前の最低鞍部につくと、ここから一気に300mの急登が始まります。最後の急登を登り切るとK1ピーク、360°の眺望が得られます。特に明神から前穂、奥穂、西穂に続く稜線の景色がすばらしい。
ここからまたK2ピークのアップダウンがありますが、1時間ほど頑張ると霞沢岳頂上です。こちらも全周素晴らしい景観が得られますが、ピークは狭く、その割に登山者が多く、写真を撮って早々に引き返しました。
K1ピークからの下りは急傾斜のため、登り以上に気を使いかなり疲れます。また気温もだいぶ上がってきて、この標高でも27℃くらいあり、ジャンクションピークまでのだらだらしたアップダウンに、かなりばてました。水はたいして飲まないだろうと、たかをくくって多く持たなかったが、これも大反省です。
ジャンクションピークを越えて、やっとこさ徳本峠テント場に帰着。テントをたたむ前に、小屋で飲み物を買って大休止です。
一心地着いた後、テント撤収、ここからは一気に下ります。
明神を経て、休憩なしに上高地まで大よそ1時間半、結構飛ばしました。
さてバスと思ったら、予想以上の人出ですぐには乗れません。2時間後のバスになりました。我々は新島々行きなので切符を買って、お店で休んで時間待ちしましたが、平湯や沢渡行きは大変、スゴイ長さのバス待ちの列で、暑い中厳しかったと思います。
バスで安曇支所の駐車場に戻り、まず近くの竜島温泉へ。少しぬめった温めのお湯で体を休め、7時半ころ神戸に向けてスタートしました。
途中駒ヶ岳SAで夕食を取りましたが、ここも家族連れで結構な混雑。
眠い目をこすりながら、運転を交代しながら、結局神戸が24時半ころ、メンバーを送って帰宅が25時半ころになりました。
島々谷の美しい自然と霞沢岳の眺望はよかったけど、後半は暑さと距離に結構やられました。でも無事に完結できてよかった。お疲れさまでした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:466人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ