また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 2022812 全員に公開 ハイキング近畿

三ッ森山

日程 2019年09月15日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間46分
休憩
40分
合計
6時間26分
S半作嶺北登山口07:1607:59半作峠08:0610:48三ッ森山11:1513:09半作峠13:1513:39半作嶺北登山口13:42ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
半作峠北登山口駐車地7:02→半作峠8:00~8:06→△845.1 9:15→西のピーク10:17→三ツ森山10:49~11:09→西のピーク巻き道→△845.1 12:26→半作峠13:09~13:15→半作峠北登山口駐車地13:42
コース状況/
危険箇所等
三ツ森山西のピークは登り下り共、激急坂道。ロープ有。
三ツ森山西のピークの巻き道は以前に比べ獣道化しているのでお勧め出来ません。

写真

三ツ森山 半作嶺の登山口です。
2019年09月15日 07:03撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツ森山 半作嶺の登山口です。
7
半作峠まで植林帯が続きます。
2019年09月15日 07:13撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
半作峠まで植林帯が続きます。
1
動物の頭蓋骨はたまに山で見ますが、頭蓋骨以外の骨の散乱は初めて見ました。
2019年09月15日 07:46撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
動物の頭蓋骨はたまに山で見ますが、頭蓋骨以外の骨の散乱は初めて見ました。
13
早朝のお陰で涼しく登りやすいです。
2019年09月15日 07:48撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早朝のお陰で涼しく登りやすいです。
6
半作峠に着きました。
2019年09月15日 07:59撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
半作峠に着きました。
2
半作峠は2体のお地蔵さんが祀られています。
2019年09月15日 07:59撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
半作峠は2体のお地蔵さんが祀られています。
8
私達は歩いては立ち止まり、屈み込んで小さな花を撮っています。このスクワットが結構応える年になってきました。
2019年09月15日 08:19撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
私達は歩いては立ち止まり、屈み込んで小さな花を撮っています。このスクワットが結構応える年になってきました。
14
南方面が開けています。
2019年09月15日 08:23撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南方面が開けています。
2
太陽光パネルがある鉄塔。避雷針の様にも見えるが何だろうね?
2019年09月15日 08:30撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太陽光パネルがある鉄塔。避雷針の様にも見えるが何だろうね?
9
正面に嶽山が見えます。
2019年09月15日 08:31撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面に嶽山が見えます。
23
久し振りの南紀の山を味わっています。
2019年09月15日 08:44撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久し振りの南紀の山を味わっています。
33
△845.1 四等三角点(伊谷)にタッチ。
2019年09月15日 09:15撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
△845.1 四等三角点(伊谷)にタッチ。
11
荒々しい露岩が出て来ました。
2019年09月15日 09:42撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒々しい露岩が出て来ました。
3
先程「ここから先はもっと激登りになるので巻き道にでも行く」と相方に聞くときっぱり登るとの事。やるじゃん!
2019年09月15日 09:54撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先程「ここから先はもっと激登りになるので巻き道にでも行く」と相方に聞くときっぱり登るとの事。やるじゃん!
8
私も必死のパッチ。
2019年09月15日 10:02撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
私も必死のパッチ。
7
三ツ森山西のピークに到着。大人3人位でパツパツの狭いピーク。
2019年09月15日 10:17撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツ森山西のピークに到着。大人3人位でパツパツの狭いピーク。
11
東に三ツ森山が迫って見えます。
2019年09月15日 10:16撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東に三ツ森山が迫って見えます。
4
西のピークから南方面を眺める。下に見える集落は熊野(ゆや)か露口かな?
2019年09月15日 10:18撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西のピークから南方面を眺める。下に見える集落は熊野(ゆや)か露口かな?
7
西のピークから下っています。相方はここが一番怖かったらしいです。
2019年09月15日 10:29撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西のピークから下っています。相方はここが一番怖かったらしいです。
6
帰りはテープがあるこの地点から西のピークを巻くつもりです。
2019年09月15日 10:36撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りはテープがあるこの地点から西のピークを巻くつもりです。
2
三ツ森山への登りは先程の西のピークの登りに比べ非常に安全です。
2019年09月15日 10:42撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツ森山への登りは先程の西のピークの登りに比べ非常に安全です。
3
三ツ森山山頂。
2019年09月15日 10:52撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツ森山山頂。
14
山頂から東のピーク・百間山方面を見る。
2019年09月15日 10:53撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から東のピーク・百間山方面を見る。
18
よく分かる山名板はこれだけでした。
2019年09月15日 10:54撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よく分かる山名板はこれだけでした。
8
大岩に立つ勇気はなく、大岩越しに南紀の山々を撮っています。
2019年09月15日 11:02撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岩に立つ勇気はなく、大岩越しに南紀の山々を撮っています。
8
三ツ森山山頂から下ります。
2019年09月15日 11:06撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツ森山山頂から下ります。
4
西のピーク巻き道は雑木で荒れ放題、獣道化しています。過去2回この巻き道を利用しているので何とか通れましたが、この巻き道を歩くときは要注意してください。
2019年09月15日 11:26撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西のピーク巻き道は雑木で荒れ放題、獣道化しています。過去2回この巻き道を利用しているので何とか通れましたが、この巻き道を歩くときは要注意してください。
5
巻き道の後半戦はテープもあり、薄いですが踏み跡もあります。
2019年09月15日 11:43撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻き道の後半戦はテープもあり、薄いですが踏み跡もあります。
3
木の造形が面白い。左の木の枝が右の木の中に入り上の方から出ています。すごい!
2019年09月15日 12:27撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の造形が面白い。左の木の枝が右の木の中に入り上の方から出ています。すごい!
7
縦走路は殆ど樹林帯の中なのでギンギラの日差しに当たると暑さが増し、木陰を求めてやや小走りになるよね。
2019年09月15日 12:40撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦走路は殆ど樹林帯の中なのでギンギラの日差しに当たると暑さが増し、木陰を求めてやや小走りになるよね。
3
半作峠からの下り道、疲れと安堵感さらに達成感、駐車地はもうすぐ。
2019年09月15日 13:26撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
半作峠からの下り道、疲れと安堵感さらに達成感、駐車地はもうすぐ。
3
行かなかった半作嶺を仰ぎ見る。
2019年09月15日 13:40撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行かなかった半作嶺を仰ぎ見る。
3
駐車地に帰って来ました。相方共々お疲れ様。
2019年09月15日 13:41撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車地に帰って来ました。相方共々お疲れ様。
5
半作峠のシコクママコナ群生 
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
半作峠のシコクママコナ群生 
9
シコクママコナ稜線に広く点在していました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シコクママコナ稜線に広く点在していました。
5
バイカオウレンの葉っぱが多いね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バイカオウレンの葉っぱが多いね。
2
ミヤマウズラの葉っぱ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマウズラの葉っぱ
4
ギンリョウソウモドキ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ギンリョウソウモドキ
16
ギンリョウソウモドキ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ギンリョウソウモドキ
7
チャボホトトギス
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チャボホトトギス
27
2年前に比べてチャボホトトギスの多い事。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2年前に比べてチャボホトトギスの多い事。
44
タイミングが良かったのかなあ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タイミングが良かったのかなあ。
7
私はここでしか見た事がないので、もっと楽な所で見たいものです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
私はここでしか見た事がないので、もっと楽な所で見たいものです。
5
どうなってんの?状態のチャボホトトギス
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どうなってんの?状態のチャボホトトギス
24
真ん中の芯を見ると何時も見ているヤマジノホトトギスに似ているね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真ん中の芯を見ると何時も見ているヤマジノホトトギスに似ているね。
9
今日のチャボホトトギスは数が多く、綺麗な花姿ばかりを撮り放題でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日のチャボホトトギスは数が多く、綺麗な花姿ばかりを撮り放題でした。
7
贅沢な撮影会でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
贅沢な撮影会でした。
23

感想/記録
by col25


一昨年チャボホトトギスを半作嶺登山で初めて見ました。
今年もその時期が来たので相方と二人、見に行く事にしました。

高速の南紀田辺ICから一般道で鮎川新橋北・富里温泉乙女の湯をへて登山口に着いたのは6時20分。
勿論駐車地は私達だけです。
ここで朝食を摂り出発しました。
半作峠から2年前は半作嶺へ登りましたが、今年は相方が初めて登る三ツ森山へ向かいました。

半作峠から三ツ森山へのルート上の注意点は。
 、845.1の登りは尾根の登りと左からの腹の登りがあります。
  以前はブッシュ気味の尾根の登りを選択していましたが今回は
  テープもある左腹から登ってみました。
◆\召離圈璽の登りは結構ハードです。
  私達は復路にその下りを避ける為、巻き道を選びました。
  これも良し悪しで行かれる方の判断にお任せします。

さて三ツ森山ピストンが終わり半作峠から半作嶺に行くつもりでしたが、相方のNO!の一言で断念。
2年前に行ったから今日は行かない、との事。
私はどちらでも良いし、花的には十分成果もあったので下山する事にしました。

帰りの高速は何時も印南PA先から渋滞するので、避けて裏道で帰る事にしました。
因みに裏道は、ここから滝尻の熊野古道館・水上栃谷トンネル・道の駅水の郷日高川龍遊から国道424号線で北上しました。
大阪への高速は有田南ICか海南東ICから乗れば渋滞はマシでしょうね。


訪問者数:392人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ