また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 2029426 全員に公開 ハイキング甲斐駒・北岳

白峰三山+笹山、大龍岳、白河内岳、広河内岳

日程 2019年09月20日(金) [日帰り]
メンバー
天候快晴→晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間25分
休憩
2時間15分
合計
12時間40分
S奈良田バス停01:2002:40水場入口03:47225604:39笹山 (黒河内岳)南峰05:1505:51白河内岳06:0006:22大籠岳07:15広河内岳07:2007:33大門沢下降点07:59農鳥岳08:1008:30西農鳥岳08:50農鳥小屋09:0009:46間ノ岳10:1010:37中白根山10:53北岳山荘11:0011:42北岳12:1013:10大樺沢二俣13:1514:00広河原山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
奈良田→笹山:夜間は場所によっては少し迷います。初心者単独は控えましょう。
笹山→広河内岳:そこそこ歩き易い稜線。ガスってる場合は迷う可能性あり。(稜線の道が広いため)
その他周辺情報草塩温泉:ローカルですが、空いてて低温の温泉が良かった。

装備

備考 この時期は水分2ℓで足りる。不足分は小屋で購入。

写真

吊り橋渡ってスタートです!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊り橋渡ってスタートです!
1
途中、標識があり自分の位置がわかります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、標識があり自分の位置がわかります。
2
笹山ダイレクト尾根、確かに急登ですが、所々平らになる箇所があり、私の好きな尾根でした。
夜の間に笹山南嶺到着!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹山ダイレクト尾根、確かに急登ですが、所々平らになる箇所があり、私の好きな尾根でした。
夜の間に笹山南嶺到着!
3
日の出前の富士山。
雲海で素晴らしい景色。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日の出前の富士山。
雲海で素晴らしい景色。
1
笹山北嶺到着!
素晴らしい景色がそこにはありました(^^)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹山北嶺到着!
素晴らしい景色がそこにはありました(^^)
3
モルゲルロート
塩見、荒川
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モルゲルロート
塩見、荒川
1
雷鳥に出会えました!
写真でわかります?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷鳥に出会えました!
写真でわかります?
3
白河内岳からの眺め。
ここも素晴らしい景色。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白河内岳からの眺め。
ここも素晴らしい景色。
2
白河内岳から塩見、荒川の眺め
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白河内岳から塩見、荒川の眺め
3
これから歩く天空の稜線
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから歩く天空の稜線
2
富士山は雲の上からずっと見えてました!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山は雲の上からずっと見えてました!
5
広河内岳到着!
ここまでビバークしてた方一名以外誰とも会わず。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広河内岳到着!
ここまでビバークしてた方一名以外誰とも会わず。
2
中央アルプスもくっきり見えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央アルプスもくっきり見えます
1
振り返って歩いてきた天空の稜線
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って歩いてきた天空の稜線
1
農鳥岳到着!
誰もいないのでセルフタイマーで撮影。
相変わらず素晴らしい景色。
目指す北岳はまだ遠い。
2019年09月20日 08:01撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
農鳥岳到着!
誰もいないのでセルフタイマーで撮影。
相変わらず素晴らしい景色。
目指す北岳はまだ遠い。
3
これから目指す北岳と間ノ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから目指す北岳と間ノ岳
2
塩見、荒川も良く見えます!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩見、荒川も良く見えます!
1
振り返って南アルプスの南方面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って南アルプスの南方面
1
間ノ岳山頂到着!
撮って頂きました。
ありがとうございます!
登り返しはキツかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間ノ岳山頂到着!
撮って頂きました。
ありがとうございます!
登り返しはキツかった。
2
間ノ岳からの眺め
北岳方面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間ノ岳からの眺め
北岳方面
1
間ノ岳からの眺め2
南アルプスの南方面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間ノ岳からの眺め2
南アルプスの南方面
中白嶺はサクッと通過。
しかし標高は3000m超え!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中白嶺はサクッと通過。
しかし標高は3000m超え!
1
本日最後の山、北岳に登ります。
ここからの眺めはいつ見ても最高です!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日最後の山、北岳に登ります。
ここからの眺めはいつ見ても最高です!
2
北岳山荘到着。
相変わらずきれいな小屋。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳山荘到着。
相変わらずきれいな小屋。
2
北岳までまだまだあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳までまだまだあります。
1
北岳に到着!
素晴らしい稜線の旅でした!
2019年09月20日 11:45撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳に到着!
素晴らしい稜線の旅でした!
2
甲斐駒ケ岳と鋸岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒ケ岳と鋸岳
1
広河原到着。
さっきまでいた北岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広河原到着。
さっきまでいた北岳。
1
奈良田にバスで戻り、夜渡った吊り橋。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奈良田にバスで戻り、夜渡った吊り橋。
2

感想/記録

前々から行ってみたかった笹山から大門沢下降点までの稜線。
この稜線だけ歩くのに長い登り下りではもったいないので白根三山を含めた登山としました。
(笹山ダイレクト尾根と大門沢の登山道)

計画してたものの、天気や仕事でスケジュールが合わず、1泊予定が日帰りになってしまいました(^^;)
平日のバスは本数が極端に少なく、最終便も早いことから、逆算して笹山ダイレクト尾根はナイトハイクに。
皆さんが書かれている通り、急登の連続でしたが、途中途中でなだらかになる箇所があり、歩きながら休めるのでそこまでキツくはなかったです。

笹山北嶺からの眺めは最高の一言。
南アルプスの南側を眺めるには最高かと。
広河内岳までの稜線はアップダウンはあるものの最高の眺めで歩けるのでアップダウンも苦痛ではありませんでした。
しかしながら、あまり整備はされてないため、歩きにくさはあります。
広河内岳から笹山までの稜線からの景色はオススメします!

大門沢下降点以降は何度も通った白根三山ですが、各山の登り返しは疲れた体には堪えました。でも、素晴らしい景色が後押しして、北岳までずっと晴れており最高の稜線旅をする事が出来ました(^^)
訪問者数:413人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/3/3
投稿数: 903
2019/9/21 13:21
 凄すぎる!!白根六山??('◇')ゞ
いや、凄いレコです。
地図を見ながら驚いてしまいました。('◇')ゞ

バス時間を逆算するとナイトハイクだったんですね。
相変わらずのソロでの行動力には頭が下がります。

このロングコースをやるレコははじめて見ましたが、距離にしたらそんなに長くもないのがかえって驚きですね。
しかしこのロングを日帰りでやってしまうのも日頃のトレーニングの賜物と思います。3000m稜線の絶景の数々!ホント素晴らしいです。
これは実際に行ってみない事にはわからないでしょう。

来年は私も身体を復活させてコラボれるようにします!!

大変お疲れ様でした!m(__)m
登録日: 2013/12/5
投稿数: 112
2019/9/21 15:21
 Re: 凄すぎる!!白根六山??('◇')ゞ
クーさんコメントありがとうございます!

地図にすると距離や累積標高はさほどではないということは、稜線のアップダウンが少ないという事でしょうか。

稜線を日帰りで、ここまで歩ける片道コースはなかなか無いかと。

とても満足度の高い稜線コースでした。
クーさんも機会があれば是非行ってみて下さい!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ