Yamareco

記録ID: 2041156 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

栂海新道の旅1日目 大雪渓から朝日小屋

日程 2019年09月27日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス
猿倉まで夜行バス
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間44分
休憩
44分
合計
8時間28分
S猿倉荘05:2706:06白馬尻荘06:0706:12白馬尻小屋07:35岩室跡07:51避難小屋07:5208:47白馬山荘09:1109:26白馬岳09:43三国境09:4410:06鉱山道分岐10:36雪倉岳避難小屋10:3911:11雪倉岳11:2012:32小桜ヶ原12:48水平道分岐12:5213:50水谷のコル13:5113:55ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2019年09月の天気図 [pdf]

感想/記録

まずは北又から登ってくるメンバーと合流するために朝日小屋まで。
新宿発の夜行バスで猿倉に入り、久しぶりの大雪渓。
と言ってもこの時期は雪渓歩きはほとんどなしで、むしろ足場の悪いコースを登るのでかえって疲れます。

白馬山荘についたところで、長野県警の救助ヘリが来るタイミングと重なってしまったためしばらく待機。前泊していたお客さんが具合が悪くなったそうです。
一旦ヘリから救助隊1人が下りてきて、一旦ヘリは離れている間に吊り上げ準備を行い、帰ってきたヘリに無事搬送されていきました。

その後は三国境まで行き、ここから雪倉岳方面は初体験。一気に人も少なくなりますが一気に雪倉岳山頂へ行き、この先は携帯の電波もつながらなそうなので、合流するメンバー等に連絡を入れる。

雪倉岳までいくと目的の朝日小屋がはるか遠くに見えます。
でも気分的には、あとはもう楽勝だろうと思っていたのが大甘で、ここからが本当につらい。

結局なんとか予定通りの14時前に到着できましたが、ヘロヘロの1日目でした。
朝日小屋の料理は最高です!
訪問者数:207人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

雪渓 前泊 縦走
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ