また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2043122 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 甲信越

富士見平小屋テン泊で金峰山&瑞牆山

情報量の目安: A
-拍手
日程 2019年09月28日(土) 〜 2019年09月29日(日)
メンバー
天候曇り&晴れ
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち44%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間33分
休憩
1時間0分
合計
3時間33分
S県営無料駐車場09:0209:05瑞牆山荘09:0709:17富士見平林道交差09:2309:32富士見平林道終点09:35富士見平湧水09:3909:41富士見平小屋10:0810:35鷹見岩分岐10:41大日小屋11:01大日岩11:0411:45砂払いノ頭11:4911:54千代の吹上11:5612:02金峰山小屋分岐12:19五丈石12:2012:22金峰山12:3012:32五丈石12:3505:22富士見平小屋
2日目
山行
1時間2分
休憩
23分
合計
1時間25分
富士見平小屋05:2205:27富士見平湧水05:38小川山・瑞牆山分岐05:3905:43桃太郎岩05:4706:19大ヤスリ岩06:2106:26瑞牆山06:4206:47ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
天候が曖昧でしたので自作テントで雨も試せたらと富士見平小屋テン泊で金峰山と瑞牆山へ。
GPSログについて
1日目は大日小屋の辺りでGPSのバッテリー切れ。千代の吹上げを過ぎた辺りで切り替えたYAMAPログを結合。バッテリーがもったいないので復路のログは無し。2日目は最初から往路のみYAMAPで取得。2日分のログを無理やり結合したためジャンプしてます。
過去天気図(気象庁) 2019年09月の天気図 [pdf]

写真

金曜は21時に帰宅。そういえばと大急ぎで裁断済みのタイベックでシュラフを縫製。準備をしていたら睡魔に襲われベッドでウトウト。2時に目が醒めて出発。瑞牆山荘先の駐車場に朝方到着。仮眠して9時頃出発。週末の疲れもあってボロボロです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金曜は21時に帰宅。そういえばと大急ぎで裁断済みのタイベックでシュラフを縫製。準備をしていたら睡魔に襲われベッドでウトウト。2時に目が醒めて出発。瑞牆山荘先の駐車場に朝方到着。仮眠して9時頃出発。週末の疲れもあってボロボロです
瑞牆山荘前の登山口。9時に出発です(帰りは駐車場へショートカットする脇道を選びました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
瑞牆山荘前の登山口。9時に出発です(帰りは駐車場へショートカットする脇道を選びました
20分で稜線に出ました。こつ然と目の前に瑞牆山が見えてきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
20分で稜線に出ました。こつ然と目の前に瑞牆山が見えてきます
わずか30分で富士見平小屋着。恐ろしく手軽なBCです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
わずか30分で富士見平小屋着。恐ろしく手軽なBCです
ザックからテントを収納した米袋を荷解きします
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザックからテントを収納した米袋を荷解きします
1
張れました。クドのですが吊り下げ式は圧倒的に設置が速いです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
張れました。クドのですが吊り下げ式は圧倒的に設置が速いです
1
前室が欲しいところですがこれ以上の重量増加はキツいです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前室が欲しいところですがこれ以上の重量増加はキツいです
10時位にテン場を出発。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10時位にテン場を出発。
カラマツ、シラビソ林。地面は全面が苔むしています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カラマツ、シラビソ林。地面は全面が苔むしています
大日小屋。ファミリー&学生キャンパーを避けたいならここでテン泊するとよいと思いました
2019年09月30日 10:22撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日小屋。ファミリー&学生キャンパーを避けたいならここでテン泊するとよいと思いました
大きな大日岩
2019年09月30日 10:23撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな大日岩
瑞牆山。階調落として彩度を上げるとパタゴニアのパンフみたく
2019年09月30日 10:18撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
瑞牆山。階調落として彩度を上げるとパタゴニアのパンフみたく
稜線に出ると瑞牆山に八ヶ岳。風が強く涼しいです
2019年09月30日 10:19撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に出ると瑞牆山に八ヶ岳。風が強く涼しいです
千代のなんとか。
2019年09月30日 10:19撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千代のなんとか。
富士山はあいにく
2019年09月30日 10:19撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山はあいにく
谷川岳オキの耳へ向かうような稜線です
2019年09月30日 10:20撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川岳オキの耳へ向かうような稜線です
知らないオジサンです。風が強くズラが何度もハズれ...
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
知らないオジサンです。風が強くズラが何度もハズれ...
ランドマークの五丈岩は麓の増富からずっと見えていますが、さすがに大きいですね
2019年09月30日 10:20撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ランドマークの五丈岩は麓の増富からずっと見えていますが、さすがに大きいですね
山頂に着きました。風が強く体感温度は10度位です
2019年09月30日 10:20撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に着きました。風が強く体感温度は10度位です
山頂の向こうは、なだらかな奥秩父の稜線。大弛峠から金峰山は高低差が殆ど無いですね。いずれ奥多摩駅まで歩きたいです
2019年09月30日 10:22撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の向こうは、なだらかな奥秩父の稜線。大弛峠から金峰山は高低差が殆ど無いですね。いずれ奥多摩駅まで歩きたいです
今回は自作テント、自作シュラフカバー、自作サコッシュを使いました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は自作テント、自作シュラフカバー、自作サコッシュを使いました
さっさと登ってきた稜線を戻ります
2019年09月30日 10:09撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっさと登ってきた稜線を戻ります
カラマツの根本になんとM茸が!増富でもM茸を路上販売していたのでこの山系は産地のようです(ナイショ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カラマツの根本になんとM茸が!増富でもM茸を路上販売していたのでこの山系は産地のようです(ナイショ
富士見平小屋に戻ってきました
2019年09月30日 10:21撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見平小屋に戻ってきました
久々に肉を持ってきましたがMSRのフライパンを家に忘れてしまいました。いちおう牛脂&長方形のコッヘルで解決。残念ながら山で和牛は脂が多過ぎてイマイチ。アルファ米も殆ど残してしまいました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久々に肉を持ってきましたがMSRのフライパンを家に忘れてしまいました。いちおう牛脂&長方形のコッヘルで解決。残念ながら山で和牛は脂が多過ぎてイマイチ。アルファ米も殆ど残してしまいました
夜は提灯みたく。缶チューハイで落ちました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜は提灯みたく。缶チューハイで落ちました。
3時に目が醒めました。朝9時から雨予報が7時から雨予報に早まっています。試そうと思っていたものの、濡れたテントを収納するのは億劫なのでパン&インスタントコーヒーで朝食を済ませて下山準備を整えます。帰るか登るか躊躇していると瑞牆山へ向かう人が居たのでせっかくならばということでサコッシュ1つで瑞牆山へ向かいました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3時に目が醒めました。朝9時から雨予報が7時から雨予報に早まっています。試そうと思っていたものの、濡れたテントを収納するのは億劫なのでパン&インスタントコーヒーで朝食を済ませて下山準備を整えます。帰るか登るか躊躇していると瑞牆山へ向かう人が居たのでせっかくならばということでサコッシュ1つで瑞牆山へ向かいました
枯た川を渡渉するとアスレチックな登りが始まります。持ってきたトレッキングポールは完全に邪魔でした。代わりにドリンク持ってくればよかったです
2019年09月30日 12:20撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
枯た川を渡渉するとアスレチックな登りが始まります。持ってきたトレッキングポールは完全に邪魔でした。代わりにドリンク持ってくればよかったです
数mサイズの巨大な岩をガシガシ登ります
2019年09月30日 12:20撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
数mサイズの巨大な岩をガシガシ登ります
頭上に大ヤスリ岩が見えてきました
2019年09月30日 12:20撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頭上に大ヤスリ岩が見えてきました
稜線に出て振り返ったところ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に出て振り返ったところ
1時間掛からずに山頂に着きました。雨予報のせいか。誰も居ませんでした。が後から女性が独りで登ってきたので撮り合い。風が強くズラが何度も外れ...
2019年09月30日 12:11撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1時間掛からずに山頂に着きました。雨予報のせいか。誰も居ませんでした。が後から女性が独りで登ってきたので撮り合い。風が強くズラが何度も外れ...
昨日は拝むことができなかった富士がよく見えます。雨予報で期待していなかっただけに嬉しいです
2019年09月30日 12:19撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨日は拝むことができなかった富士がよく見えます。雨予報で期待していなかっただけに嬉しいです
八ヶ岳。天気予報は外れて登り調子のようです
2019年09月30日 12:19撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳。天気予報は外れて登り調子のようです
大ヤスリ岩。先々週登った甲斐駒や鳳凰三山の上部に雲が掛かっています
2019年09月30日 12:18撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大ヤスリ岩。先々週登った甲斐駒や鳳凰三山の上部に雲が掛かっています
昨日登った金峰山と富士。さっさと下山します。この後、天気は上向いて駐車場に着く頃は普通の晴れになっていました
2019年09月30日 12:21撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨日登った金峰山と富士。さっさと下山します。この後、天気は上向いて駐車場に着く頃は普通の晴れになっていました
富士が見えると苦労が報われます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士が見えると苦労が報われます
1
富士見平小屋は山岳テン泊デビューにもってこいな場所ですね。駐車場から僅か30分。ここを基点にして百名山2つ登れます。
2019年09月30日 12:22撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見平小屋は山岳テン泊デビューにもってこいな場所ですね。駐車場から僅か30分。ここを基点にして百名山2つ登れます。
小屋では地ビールのほか食事も買えるので炊事道具すら要りません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋では地ビールのほか食事も買えるので炊事道具すら要りません。
水場は3分。水量豊富でキンキンに冷たいです。自作テントを試すなら是非、富士見平小屋へ。ヨロシク
2019年09月30日 12:22撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場は3分。水量豊富でキンキンに冷たいです。自作テントを試すなら是非、富士見平小屋へ。ヨロシク
下山は20分ほど。増富の湯で風呂&食事して帰りました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山は20分ほど。増富の湯で風呂&食事して帰りました
須玉IC手前で地蔵岳のオベリスクと甲斐駒が見えました。雨予報はどこへ行ったのやら。地元の人は近くて羨ましいです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
須玉IC手前で地蔵岳のオベリスクと甲斐駒が見えました。雨予報はどこへ行ったのやら。地元の人は近くて羨ましいです
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:500人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ