また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2045157 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

涸沢紅葉ピークまでもう少し!!ジャン〜奥穂〜涸沢ワンデイ

日程 2019年10月01日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、 タクシー、 車・バイク
かすみ沢駐車場@600円
carタクシー相乗り@1050円
busバス@1250円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間45分
休憩
1時間8分
合計
9時間53分
S上高地バスターミナル06:0606:10無料トイレ06:14日本山岳会上高地山岳研究所06:19岳沢湿原・岳沢登山口06:367番標識06:3807:17岳沢小屋07:2008:34天狗のコル08:3809:43ジャンダルム09:4509:47ロバの耳09:5310:03馬の背10:0510:18穂高岳10:2810:56穂高岳山荘10:5711:22ザイテングラート11:2311:37パノラマ分岐12:07涸沢12:0812:28涸沢ヒュッテ12:4413:13屏風のコル14:00中畠新道分岐14:0214:35徳沢園14:4815:24明神館15:2515:55河童橋15:5915:59上高地バスターミナルG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
天狗沢上部がガレガレで石が安定せず、落石に細心注意必要。
その他周辺情報美鈴荘@500円

装備

備考 PLフィルター忘れた^^;;

写真

河童橋にサル
2019年10月01日 06:10撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河童橋にサル
2
撮影機材:

感想/記録

涸沢の紅葉が気になる時期。紅葉ピークにはちょっと早いが、台風が週末来る予報が出ているし、行ける時に行っておこう。去年も似たような周回ルートをとったが、今年は逆回りとしジャンダルムも踏んで行くことに。5時半前にかすみ沢駐車場到着。かなり空いていて、バスターミナルのトンネルのすぐ近くに駐車できた。バス運行前なので、待っている人に声をかけて4人のタクシー相乗りに成功。
上高地に着くと霧の中。少し上に行けば晴れそうだ、予報通りの好天。まずは岳沢へ、登りだすとすぐ身体が温まり、カッパを脱いで長袖シャツ1枚でちょうど良い。テンポよく登り1時間ちょいで岳沢、休憩なしで天狗沢へ。初めて歩くルートだがペンキマークがしっかりついていて迷うことはないが、上に行くにつれガレガレで登りずらい。特に天狗のコル直下は石が全く安定していなく足の置き場に苦慮した。このルート下りで使うと石落しそう…。稜線上もマークがあるので辿って進む。今日は一眼を持ってきていて、胸前のカバンに収納しているので足元が見えずらい&岩との間に距離ができるため、3点支持を意識しより慎重に。デカイ一眼持って西穂−奥穂のような岩稜帯進む場合はどこに収納するのが良いのだろうか、ザックには入れたくないしなぁ…。ジャンダルムで360度の展望を楽しみ奥穂へ。ジャンから見る奥穂は岩の要塞のようだ。馬ノ背はピーク付近を進む。奥穂もほとんど人がいない、貸切の奥穂は初めてだ。穂高岳山荘に到着するが、昼ごはんには少し早いので涸沢へ下る。ザイテン登って来る人もあまりいなく快適に下れた。涸沢上部の分岐でパノラマコースへ行くと紅葉ピーク(!?)を迎えていて、圧巻の風景だった。どこを切り取っても絵になる構図で、撮影時間が増えなかなか進まない。涸沢ヒュッテでカレーランチ。涸沢下部の紅葉を見に行くが、こちらはまだまだ緑色だった。パノラマ入り口まで引き返しこちらから下る。人もほとんどいなく、マイペースでくだれて正解。徳沢でソフトクリーム休憩し、バスターミナルへ。ちょうどバスが発車する時間で切符を買って飛び乗った。
訪問者数:923人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ