また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2050247 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 甲斐駒・北岳

紅葉はじまりの甲斐駒ヶ岳(北沢峠から反時計回り。直登、摩利支天)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2019年10月05日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
市営芦安駐車場を利用。4時半過ぎに乗合タクシーが満車。。良く分かりませんが台数は少なかったようです。で、5:00発のバスを利用、1250円。帰路は北沢峠16:00発のバスで広河原に到着しましたが、乗合タクシー1台のみ。ギリギリ乗車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち82%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間23分
休憩
1時間20分
合計
7時間43分
S北沢峠07:1307:18仙丈ヶ岳二合目登山口07:22長衛小屋(旧北沢駒仙小屋)07:49仙水小屋07:5108:18仙水峠08:2009:37駒津峰09:4610:05六方石10:1110:56甲斐駒ヶ岳11:3111:36駒ヶ岳神社本宮11:4012:11摩利支天12:2912:50六方石12:5213:26駒津峰13:57双児山13:5814:03双児山南峰14:55北沢峠 こもれび山荘14:5614:56ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
仙水峠手前はガレ場です。樹林帯を抜けるとガレ場の右端が登山道ですが、途中から岩の上を歩きます。ところどころケルンがあるものの、踏み跡を探しながら辿ります。うっかり右手の沢に向かわないよう注意したいところです。
駒津峰からちょくちょく岩場が出現します。六方石から上は直登ルート、巻き道ルートに分かれますが、直登は岩稜帯で、腕力とかも使い全身で登る箇所があります。個人的に大変だったのは、登り始めと山頂直下のザレ場です。
コース状況/
危険箇所等
仙水峠手前にガレ場があります。峠に向かって右端を通り、途中から岩の上を歩くのですが、この踏み跡が分かりづらいです。気付かずに右へ逸れていってしまい、後続の方からルートミスを教えて頂きました。前回も同じようなミスをしており、学習効果が無いですね。。
六万石から山頂まで直登ルートを利用、登り始めは全身を使う岩場が何か所か出てきます。ヘルメット着用しましたが、利用率は低いですね。。
その他周辺情報登山後は釜無川レクリエーションセンター かまなしの湯を利用。市外600円。広くて快適です。
過去天気図(気象庁) 2019年10月の天気図 [pdf]

写真

仙水小屋近辺は気持ちの良い樹林帯が続きます。
2019年10月05日 07:56撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙水小屋近辺は気持ちの良い樹林帯が続きます。
仙水峠手前のガレ場から紅葉が始まります。
2019年10月05日 08:07撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙水峠手前のガレ場から紅葉が始まります。
仙水峠に到着。手前にドドーンと摩利支天、奥に甲斐駒見えました。
ここで腕時計が落ちているのを発見。周りの方のものではないらしいので、持って登ります。持ち主が見つからなければ、山小屋に預ければ良いの?
2019年10月05日 08:20撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙水峠に到着。手前にドドーンと摩利支天、奥に甲斐駒見えました。
ここで腕時計が落ちているのを発見。周りの方のものではないらしいので、持って登ります。持ち主が見つからなければ、山小屋に預ければ良いの?
1
仙水峠から急登ですが、摩利支天と紅葉を眺めながら、こまめに小休止を入れます。
2019年10月05日 08:38撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙水峠から急登ですが、摩利支天と紅葉を眺めながら、こまめに小休止を入れます。
よく覚えてませんが、この辺りで腕時計の持ち主と遭遇、お返しすることができました。お互いに「良かった〜」。
2019年10月05日 08:55撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よく覚えてませんが、この辺りで腕時計の持ち主と遭遇、お返しすることができました。お互いに「良かった〜」。
1
駒津峰が見えてきましたが、なんか紅葉の塊みたいに。。
2019年10月05日 08:58撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒津峰が見えてきましたが、なんか紅葉の塊みたいに。。
映える。。
2019年10月05日 09:03撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
映える。。
1
良い季節です。
2019年10月05日 09:04撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良い季節です。
1
駒津峰が、良い感じ。
2019年10月05日 09:06撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒津峰が、良い感じ。
急登がキツイですが、ご褒美あれば頑張れる。
2019年10月05日 09:20撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登がキツイですが、ご褒美あれば頑張れる。
振り返ると北岳、間ノ岳。塩見岳も近い。
2019年10月05日 09:22撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると北岳、間ノ岳。塩見岳も近い。
2
中央アルプスも見えてきました。
2019年10月05日 09:23撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央アルプスも見えてきました。
1
鳳凰山の後ろに富士が。
2019年10月05日 09:27撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳳凰山の後ろに富士が。
1
駒津峰に到着!
2019年10月05日 09:38撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒津峰に到着!
1
六方石に向かうあたりが紅葉地帯になってます。
2019年10月05日 09:45撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六方石に向かうあたりが紅葉地帯になってます。
5
六方石に向かう途中で、駒津峰を振り返ります。
2019年10月05日 09:47撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六方石に向かう途中で、駒津峰を振り返ります。
1
直登ルート全貌。
2019年10月05日 09:52撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直登ルート全貌。
1
登り始めのあたり。
2019年10月05日 09:52撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り始めのあたり。
2
直登ルート入口。右下のほうから登っている方がおられます。
2019年10月05日 10:05撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直登ルート入口。右下のほうから登っている方がおられます。
→などペンキマークが意外に多く、ルートは明瞭です。
2019年10月05日 10:17撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
→などペンキマークが意外に多く、ルートは明瞭です。
全身を使って登ります。岩自体、思ったほどは斜度がありませんでした。
2019年10月05日 10:34撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
全身を使って登ります。岩自体、思ったほどは斜度がありませんでした。
直登ルートを振り返ります。
2019年10月05日 10:36撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直登ルートを振り返ります。
1
こうやってみると六方石がデカいのと、その向こうの紅葉が素晴らしいのが分かります。
2019年10月05日 10:37撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こうやってみると六方石がデカいのと、その向こうの紅葉が素晴らしいのが分かります。
紅葉も良いですが、尾根を伸ばしている仙丈ケ岳も良い。
2019年10月05日 10:42撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉も良いですが、尾根を伸ばしている仙丈ケ岳も良い。
1
甲斐駒ヶ岳登頂!直登ルートは岩稜が多いのですが、最後がザレ場の急登でキツかったです。
2019年10月05日 10:56撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒ヶ岳登頂!直登ルートは岩稜が多いのですが、最後がザレ場の急登でキツかったです。
草鞋が。。写真には写り込んでいませんが、山頂は登山者で賑わっています。
2019年10月05日 10:58撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草鞋が。。写真には写り込んでいませんが、山頂は登山者で賑わっています。
北岳、間ノ岳、塩見岳の向こうに悪沢岳も見えてます。
2019年10月05日 10:58撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳、間ノ岳、塩見岳の向こうに悪沢岳も見えてます。
北岳、間ノ岳をアップで。
2019年10月05日 10:59撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳、間ノ岳をアップで。
1
鳳凰山。地蔵岳のオベリスクが近く感じられます。
2019年10月05日 10:59撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳳凰山。地蔵岳のオベリスクが近く感じられます。
2
真ん中右手のアサヨ峰と日本3高山。
2019年10月05日 11:00撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真ん中右手のアサヨ峰と日本3高山。
1
鋸岳のはるか彼方に穂高も見えてます。
2019年10月05日 11:02撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鋸岳のはるか彼方に穂高も見えてます。
1
御嶽山と乗鞍岳。
2019年10月05日 11:02撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽山と乗鞍岳。
八ヶ岳全容。
2019年10月05日 11:02撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳全容。
1
八ヶ岳中心部。
2019年10月05日 11:02撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳中心部。
山頂から駒ヶ岳神社本社に移動。
2019年10月05日 11:37撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から駒ヶ岳神社本社に移動。
摩利支天へ向かいます。登りはじめにはガイドロープが張ってあります。
2019年10月05日 11:56撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
摩利支天へ向かいます。登りはじめにはガイドロープが張ってあります。
摩利支天に到着。
2019年10月05日 12:10撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
摩利支天に到着。
1
摩利支天は訪れる人も少なく、のんびりできます。駒ケ岳が近いので人の声が聞こえてきますが。。
2019年10月05日 12:10撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
摩利支天は訪れる人も少なく、のんびりできます。駒ケ岳が近いので人の声が聞こえてきますが。。
1
鳳凰山近い。
2019年10月05日 12:15撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳳凰山近い。
1
北岳はこの角度だとピラミダルというか、尖がってますね。
2019年10月05日 12:16撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳はこの角度だとピラミダルというか、尖がってますね。
1
塩見、悪沢。
2019年10月05日 12:16撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩見、悪沢。
仙丈ケ岳。
2019年10月05日 12:16撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙丈ケ岳。
仙丈ケ岳アップで。
2019年10月05日 12:16撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙丈ケ岳アップで。
手前に摩利支天の絵があるのですが、猪に乗ってるんですね。
2019年10月05日 12:26撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前に摩利支天の絵があるのですが、猪に乗ってるんですね。
摩利支天像。間違いなく強い。
2019年10月05日 12:26撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
摩利支天像。間違いなく強い。
3
摩利支天を後にします。摩利支天、鳳凰山、富士山、そろっているのも良いですね。
2019年10月05日 12:36撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
摩利支天を後にします。摩利支天、鳳凰山、富士山、そろっているのも良いですね。
1
紅葉に覆われた駒津峰。
2019年10月05日 12:42撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉に覆われた駒津峰。
六方石付近がすごいことに。
2019年10月05日 12:43撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六方石付近がすごいことに。
六方石から鋸岳アップで。
2019年10月05日 12:51撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六方石から鋸岳アップで。
1
六方石から駒津峰に向かう途中でこんなものを。裏には「最後まで残った空海の道」と書いてありました。落とし物?
2019年10月05日 12:56撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六方石から駒津峰に向かう途中でこんなものを。裏には「最後まで残った空海の道」と書いてありました。落とし物?
白い駒ケ岳が青空に映えます。
2019年10月05日 13:02撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白い駒ケ岳が青空に映えます。
4
駒津峰の北側もすごいことに。
2019年10月05日 13:12撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒津峰の北側もすごいことに。
駒津峰まで戻りました。白い山に紅葉がよく映えてます。
2019年10月05日 13:26撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒津峰まで戻りました。白い山に紅葉がよく映えてます。
1
駒津峰から双児山に向かう途中、ハイマツ地帯に一本だけダケカンバ。
2019年10月05日 13:29撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒津峰から双児山に向かう途中、ハイマツ地帯に一本だけダケカンバ。
双児山の南斜面も良い感じです。
2019年10月05日 13:29撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双児山の南斜面も良い感じです。
アサヨ峰。
2019年10月05日 13:37撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アサヨ峰。

感想/記録

紅葉始まりが期待できそうな甲斐駒ヶ岳に行って参りました。駒津峰・双児山より上は紅葉が進んでおり、楽しむことができました。甲斐駒ヶ岳はレコに載せていない登頂が3回ありますので、4回目になります。これまで六方石から上は巻き道で登っていましたが、今回は直登にチャレンジです。
混雑すると予想し、4時くらいに市営芦安駐車場に到着、第2が満車で第1駐車場に案内されました。4時半に、少し早いかと思いつつ乗合タクシー乗り場に行くと、まさかの「満車」。5:15のバスに乗ることになりました。バスもかなり混雑しており、立ち乗車で満杯状態で発車という感じでした。ちなみに、帰路、北沢峠→広河原の最終バス(この日は16:00)も3台満杯でした。広河原には乗合タクシーが1台しかおらず、ギリギリで乗せていただきました。
仙水峠で腕時計が落ちているのを発見、道すがら会った方に「落としてませんか」と聞きながら登っていったところ、駒津峰の中腹で落とした方に遭遇。落とし主の方にお返しすることができて良かったです。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:316人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ