また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2052735 全員に公開 ハイキング 甲斐駒・北岳

360度の大展望 栗沢山・アサヨ峰(梨百72座目)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2019年10月05日(土) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
電車バス
往:甲府駅南口.丱皇4:35→6:50(22分延着)広河原(山梨交通、1990円+利用者協力金200円、IC不可)
広河原7:20→7:45北沢峠(南アルプス市営バス、1000円)
広河原で切符売り場に並ぶのにもたもたして列の後ろの方になってしまい遅くなりました)
復:北沢峠16:00→16:25広河原
広河原16:40→18:30甲府駅


経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間20分
休憩
1時間5分
合計
7時間25分
S北沢峠07:5508:02長衛小屋(旧北沢駒仙小屋)08:0310:01栗沢山10:1411:26アサヨ峰11:5513:08栗沢山13:1414:54長衛小屋(旧北沢駒仙小屋)15:1015:20北沢峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2019年10月の天気図 [pdf]

写真

前泊したホテル傍のカラオケ館からの音漏れと暑苦しさで睡眠不足・食欲なし。
栗沢山・アサヨ峰と早川尾根を広河原峠まで歩く計画だけれど、大丈夫かぁ…
バスを待ちながらおにぎり半分押し込む。
みな同じ好天狙いで長蛇の列、広河原22分延着。
大丈夫かぁ(計画では広河原発最終バス5分前に到着というあぶない設計)。
2019年10月05日 04:03撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前泊したホテル傍のカラオケ館からの音漏れと暑苦しさで睡眠不足・食欲なし。
栗沢山・アサヨ峰と早川尾根を広河原峠まで歩く計画だけれど、大丈夫かぁ…
バスを待ちながらおにぎり半分押し込む。
みな同じ好天狙いで長蛇の列、広河原22分延着。
大丈夫かぁ(計画では広河原発最終バス5分前に到着というあぶない設計)。
もたもたして北沢峠行バス券売所の列に並び遅れ、キズをさらに広げる。その間、おにぎり1ヶ半食べる。
計画より25分遅れの出発。栗沢山で行末を考えよう。
2019年10月05日 07:55撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もたもたして北沢峠行バス券売所の列に並び遅れ、キズをさらに広げる。その間、おにぎり1ヶ半食べる。
計画より25分遅れの出発。栗沢山で行末を考えよう。
長衛小屋前の
2019年10月05日 08:02撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長衛小屋前の
この橋を渡った先が
2019年10月05日 08:03撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この橋を渡った先が
仙水峠との分岐、栗沢山登山口。
2019年10月05日 08:03撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙水峠との分岐、栗沢山登山口。
ずーっと樹林帯の登り。なんとか遅れを挽回しようと思うものの、ピッチが上がりません。
2019年10月05日 08:30撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ずーっと樹林帯の登り。なんとか遅れを挽回しようと思うものの、ピッチが上がりません。
登山口から1時間半、樹間から「南アの貴公子」甲斐駒が威容を見せ始めます(バスでは車掌さんが「山の団十郎」って言ってました)。
2019年10月05日 09:37撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口から1時間半、樹間から「南アの貴公子」甲斐駒が威容を見せ始めます(バスでは車掌さんが「山の団十郎」って言ってました)。
2
さらに10分ほど登るとハイマツ帯となり、眺望が一気に広がります。
2019年10月05日 09:46撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに10分ほど登るとハイマツ帯となり、眺望が一気に広がります。
右手(南)に日本第2,3位の高峰:北岳・間ノ岳、中央は塩見岳。
2019年10月05日 09:46撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手(南)に日本第2,3位の高峰:北岳・間ノ岳、中央は塩見岳。
後方(西)に「南アの女王」仙丈ヶ岳
2019年10月05日 09:48撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後方(西)に「南アの女王」仙丈ヶ岳
2
仙丈の右には御嶽山〜乗鞍岳〜槍穂が見えています。肉眼ではもっとすっきり見えているのです!
ここに来なければ見られない絶景です。
2019年10月05日 09:48撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙丈の右には御嶽山〜乗鞍岳〜槍穂が見えています。肉眼ではもっとすっきり見えているのです!
ここに来なければ見られない絶景です。
1
この岩々ピークを越えた
2019年10月05日 09:57撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この岩々ピークを越えた
1
手前のピークが栗沢山2714m、右奥がアサヨ峰
2019年10月05日 10:01撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前のピークが栗沢山2714m、右奥がアサヨ峰
3
栗沢山トーチャコー。来て実感!見て実感!まさにここは南の展望台。
2019年10月05日 10:14撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
栗沢山トーチャコー。来て実感!見て実感!まさにここは南の展望台。
4
山頂からの360度の大展望を満喫しています。
摩利支天を従えた甲斐駒ヶ岳と八ヶ岳
2019年10月05日 10:07撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からの360度の大展望を満喫しています。
摩利支天を従えた甲斐駒ヶ岳と八ヶ岳
4
「南アの女王」仙丈ケ岳
2019年10月05日 10:10撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「南アの女王」仙丈ケ岳
2
本邦第2の高峰:北岳・第3の間ノ岳、右端は塩見岳。
2019年10月05日 10:10撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本邦第2の高峰:北岳・第3の間ノ岳、右端は塩見岳。
5
金峰・瑞牆方面
2019年10月05日 10:08撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金峰・瑞牆方面
2
中央アルプス、御嶽山(中央)、乗鞍岳(右)
2019年10月05日 10:09撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央アルプス、御嶽山(中央)、乗鞍岳(右)
1
乗鞍岳(左)、槍穂連峰、右端の尖がりは鋸岳。
2019年10月05日 10:09撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍岳(左)、槍穂連峰、右端の尖がりは鋸岳。
1
そして、これから向かうアサヨ峰。左後方に鳳凰三山も見えています。山腹の黄葉がきれいです。
ちょっと挽回して、計画より10分遅れの出発です。アサヨ峰よりさらに先に行けるか微妙なところです。
2019年10月05日 10:08撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、これから向かうアサヨ峰。左後方に鳳凰三山も見えています。山腹の黄葉がきれいです。
ちょっと挽回して、計画より10分遅れの出発です。アサヨ峰よりさらに先に行けるか微妙なところです。
4
振り返って、先ほどまで絶叫を(心の中で)上げ続けていた栗沢山
2019年10月05日 10:29撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って、先ほどまで絶叫を(心の中で)上げ続けていた栗沢山
いい時節に来ることができました。
2019年10月05日 10:42撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい時節に来ることができました。
3
ストックをしまって、直登しました。足場がしっかりしているので、見た目ほど難しくありません。
2019年10月05日 10:56撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ストックをしまって、直登しました。足場がしっかりしているので、見た目ほど難しくありません。
岩々を越え
2019年10月05日 11:10撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩々を越え
右奥がアサヨ峰山頂です。その1つ手前のピークを越えるとぉ
2019年10月05日 11:13撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右奥がアサヨ峰山頂です。その1つ手前のピークを越えるとぉ
日本一の富士山が姿を見せてくれるのです!
鳳凰三山と富士山
2019年10月05日 11:20撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本一の富士山が姿を見せてくれるのです!
鳳凰三山と富士山
1
アサヨ峰トウチャコー!
2019年10月05日 11:26撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アサヨ峰トウチャコー!
4
山梨百名山72座目ゲットー!仙丈ケ岳と
2019年10月05日 11:28撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山梨百名山72座目ゲットー!仙丈ケ岳と
2
もう一丁、北岳達と
2019年10月05日 11:28撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一丁、北岳達と
2
栗沢山でと同じような展望なのですが、やはりここでも興奮しっぱなしでした。
「貴公子」甲斐駒ヶ岳と八ヶ岳
2019年10月05日 11:26撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
栗沢山でと同じような展望なのですが、やはりここでも興奮しっぱなしでした。
「貴公子」甲斐駒ヶ岳と八ヶ岳
5
中央は鋸岳、その左に槍穂連峰が見えています。
2019年10月05日 11:29撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央は鋸岳、その左に槍穂連峰が見えています。
3
「女王」仙丈ケ岳
2019年10月05日 11:30撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「女王」仙丈ケ岳
2
北岳・間ノ岳、塩見岳
2019年10月05日 11:27撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳・間ノ岳、塩見岳
2
甲府盆地と金峰方面
2019年10月05日 11:31撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲府盆地と金峰方面
2
秋色を帯びた山肌、鳳凰三山、富士山。見ていて飽きることがありません。いまここに居ることの幸せをフツフツと噛みしめています。
計画では早川尾根をさらに進んで広河原まで歩くつもりでしたが、予定よりだいぶ遅れてしまったので、ここで引き返します。ここでゆったり時を過ごします。
2019年10月05日 11:26撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋色を帯びた山肌、鳳凰三山、富士山。見ていて飽きることがありません。いまここに居ることの幸せをフツフツと噛みしめています。
計画では早川尾根をさらに進んで広河原まで歩くつもりでしたが、予定よりだいぶ遅れてしまったので、ここで引き返します。ここでゆったり時を過ごします。
3
アサヨ峰、さようなら!ありがとう!
2019年10月05日 12:44撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アサヨ峰、さようなら!ありがとう!
2
栗沢山も近づいてきました。
2019年10月05日 12:46撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
栗沢山も近づいてきました。
こんな岩々道でよろけたり
2019年10月05日 12:46撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな岩々道でよろけたり
ほっぺをバシバシ打たれながら
2019年10月05日 12:52撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほっぺをバシバシ打たれながら
栗沢山に戻ってきました。この先、仙水峠経由にしようかとも思いましたが、体調に不安があったので、来た道を戻ります。
2019年10月05日 13:10撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
栗沢山に戻ってきました。この先、仙水峠経由にしようかとも思いましたが、体調に不安があったので、来た道を戻ります。
1
栗沢山、ありがとう。
2019年10月05日 13:19撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
栗沢山、ありがとう。
1
甲斐駒ともお別れ
2019年10月05日 13:20撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒ともお別れ
3
仙丈ともお別れ。
栗沢山山頂近くから、素敵な若者二人と同道させていただき、心安らかに下山することができました。
「親父さん青空に映えてますね」には参りました。わたしゃ喜寿よ。
2019年10月05日 13:20撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙丈ともお別れ。
栗沢山山頂近くから、素敵な若者二人と同道させていただき、心安らかに下山することができました。
「親父さん青空に映えてますね」には参りました。わたしゃ喜寿よ。
1
秋も楽しめたし、
2019年10月05日 13:28撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋も楽しめたし、
素敵な山旅でした。
2019年10月05日 15:20撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素敵な山旅でした。

感想/記録

計画では、アサヨ峰〜広河原峠〜広河原BSと歩くつもりでしたが、前泊したホテルそばのカラオケ館から漏れてくる音と寝苦しさに翻弄されてほとんど眠れませんでした。
甲府駅から広河原行きのバスが遅れたのは大混雑でしょうがないとして、もたもたしているうちに北沢峠行のバスにも後れをとり、北沢峠出発が計画より25分も遅くなってしまいました。
これはもうアサヨ以東はダメかなと思いましたが、まずは栗沢山で行末を考えようと歩き出しました。
計画より15分遅れて栗沢山到着。ここで休憩を少し削って10分遅れで出発しました。
が、どうも体調が思わしくないのです。体がふらついたりするのです。久しぶりの2500m越え、睡眠不足、食欲減退…高山病?
戻るべきなのでしょうが、アサヨ峰で引き返そう、ならば十分時間がある、ゆっくり行けば、ここまできて、山梨百名山ゲットしたい…
等等の末になんとかアサヨ峰に到達できました。ここで30分ゆったりして無事下山することができました。
栗沢山からは素敵な若者2名と同道させていただき、心安らかに帰路を辿ることができました。ありがとうございました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:531人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ