また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2070694 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走剱・立山

毛勝山〜山頂最高!だけど急登で危険で静かな山〜

日程 2019年10月21日(月) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
魚津ICから30分。最後は砂利道があります。FITだと少し腹を擦りました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間18分
休憩
46分
合計
9時間4分
S東又第五発電所登山口06:4806:55毛勝登山口06:5708:35三角点08:3610:03モモアセ山10:39クワガタ池10:4111:21毛勝山11:5512:20クワガタ池12:40モモアセ山12:4614:09三角点15:49毛勝登山口15:5015:52東又第五発電所登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険:木が濡れて滑ります。痩せ尾根あるので、転ばないように。
水場:無し。2l持って行きました。
過去天気図(気象庁) 2019年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 飲料 ガスカートリッジ 食器 ライター ヘッドランプ ファーストエイドキット 日焼け止め 携帯 サングラス タオル カメラ

写真

片貝の発電所を真っすぐ走って登山口に到着。
2019年10月21日 06:47撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
片貝の発電所を真っすぐ走って登山口に到着。
1
片貝川、清流です。
2019年10月21日 06:50撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
片貝川、清流です。
登山口まで通行止めでした。
2019年10月21日 06:50撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口まで通行止めでした。
ここからスタート。急登です。最初からロープの連続。
2019年10月21日 06:54撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからスタート。急登です。最初からロープの連続。
1
急登を抜けると紅葉が始まってました。
2019年10月21日 07:53撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登を抜けると紅葉が始まってました。
1
ホーク杉。どうしたらこうなるのだろう。
2019年10月21日 08:13撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホーク杉。どうしたらこうなるのだろう。
駒ヶ岳。
2019年10月21日 08:27撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳。
2
大明神山
2019年10月21日 08:53撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大明神山
2
山頂はしっかり紅葉してる。
2019年10月21日 09:02撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂はしっかり紅葉してる。
1
稜線に出ました。けど、毛勝山はまだ見えない。
2019年10月21日 09:02撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に出ました。けど、毛勝山はまだ見えない。
1
草紅葉ですね。
2019年10月21日 09:51撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草紅葉ですね。
1
白馬、雪倉山が見えてきました。
2019年10月21日 10:17撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬、雪倉山が見えてきました。
毛勝山!遠いなー。ここまで随分歩いたけど。
2019年10月21日 10:32撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
毛勝山!遠いなー。ここまで随分歩いたけど。
4
鹿島槍ヶ岳、五竜岳まで一望。
2019年10月21日 10:32撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿島槍ヶ岳、五竜岳まで一望。
2
今までの道のりを振り返って。登ってきたなー。
2019年10月21日 10:56撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今までの道のりを振り返って。登ってきたなー。
1
先っぽのハイマツの先が山頂だ!
2019年10月21日 10:56撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先っぽのハイマツの先が山頂だ!
着きました。1600mの登りはキツイよー。
2019年10月21日 11:18撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
着きました。1600mの登りはキツイよー。
5
荘厳な剱岳
2019年10月21日 11:19撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荘厳な剱岳
6
富山平野方面。大明神山方面。
2019年10月21日 11:19撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富山平野方面。大明神山方面。
3
鹿島槍ヶ岳、五竜岳
2019年10月21日 11:19撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿島槍ヶ岳、五竜岳
3
白馬岳、雪倉岳、朝日岳。
2019年10月21日 11:19撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬岳、雪倉岳、朝日岳。
1
富山湾が見える。
2019年10月21日 11:19撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富山湾が見える。
2
カップラーメン頂きまーす。隣の道祖伸は剱岳を向いてます。
2019年10月21日 11:35撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カップラーメン頂きまーす。隣の道祖伸は剱岳を向いてます。
5
山頂のガレ場は浮石の連続です。気を付けてください。
2019年10月21日 12:02撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂のガレ場は浮石の連続です。気を付けてください。
池塘がいくつかありました。
2019年10月21日 12:52撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池塘がいくつかありました。
2
真っ白な木です。
2019年10月21日 13:38撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真っ白な木です。
1
ここで転倒!木が滑るので気を付けて!
2019年10月21日 13:56撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで転倒!木が滑るので気を付けて!
目立たない三角点。本当にこの山は道標がありません。
2019年10月21日 14:08撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目立たない三角点。本当にこの山は道標がありません。
最後に最初のロープを取りました。今日は延べ30回はロープ使ったと思います。
2019年10月21日 15:36撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後に最初のロープを取りました。今日は延べ30回はロープ使ったと思います。
撮影機材:

感想/記録

朝日岳〜雪倉岳周回か、毛勝山か悩んだけど、距離が短く・累積標高が低い毛勝山に登りました。年次を取得して平日に登ったのですが、自分以外の登山者はソロ4名だけの静寂な山でした。

◆急登です。
燕岳も三大急登と言われますが、毛勝山の方が酷いです。何しろ、道標なし、山小屋無しなので、今どこら辺か現地の声を聴く事ができません。自分との闘いです。

◆水場なし、木の根スリップ、痩せ尾根あり
何も無いので、自己責任で登山装備を準備しなければならないです。2L持っていきましたが、夏場なら足りない量で10月に登山ログが多いのも分かります。また、雨上がりは木の根で滑るので注意してください。登山客も少ないので、細心の注意が必要です。

◆360度の絶景
山頂は北アルプスを一望できる大絶景。富山湾から北アルプスまではっきりと見えます。急登を上った後のご褒美ですね。

今回は修行でした。1ケ月ぶりだったのでがっつり登ったのですが、やはり登る山は
考えないとならないです。所々で転んで擦り傷もできたのですが、無事下山できた事に満足。無茶はできないと思い知らさせた山行でした。
訪問者数:521人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ