また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2075925 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

蓼科山(すずらん峠から周回)

日程 2019年10月26日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち72%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間34分
休憩
19分
合計
6時間53分
S女ノ神茶屋・蓼科山登山口06:2907:28標高2110m標識07:40幸徳平08:34蓼科山08:3908:41蓼科神社奥宮08:51蓼科山荘09:21赤谷の分岐09:28佐久市最高地点10:06大河原峠10:0710:30双子山10:3510:58双子池ヒュッテ10:5910:59双子池11:0011:14双子池キャンプ場11:43亀甲池11:4411:59天祥寺原12:0012:10天祥寺原・将軍平分岐12:1113:01竜源橋13:0213:10女の神展望台13:1113:20女ノ神茶屋・蓼科山登山口13:2113:22ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2019年10月の天気図 [pdf]

写真

登山口辺りから下が紅葉のピーク
2019年10月26日 06:34撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口辺りから下が紅葉のピーク
標高をあげると雲海が見られた(中央アルプス方面)
2019年10月26日 07:25撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高をあげると雲海が見られた(中央アルプス方面)
1
金色に輝く八ケ岳裾野
2019年10月26日 08:23撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金色に輝く八ケ岳裾野
山頂。槍穂稜線は冠雪
2019年10月26日 08:35撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂。槍穂稜線は冠雪
1
浅間山。佐久市にかかる雲がちょうど同じ高さにある
2019年10月26日 08:49撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間山。佐久市にかかる雲がちょうど同じ高さにある
大河原峠への下りは、一部登山道が川になっていたが、石があるので濡れずに歩けるがスリップ注意
2019年10月26日 09:37撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大河原峠への下りは、一部登山道が川になっていたが、石があるので濡れずに歩けるがスリップ注意
大河原峠が見えてきた。奥にこの後向かう双子山
2019年10月26日 10:06撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大河原峠が見えてきた。奥にこの後向かう双子山
大河原峠を過ぎ見返す
2019年10月26日 10:15撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大河原峠を過ぎ見返す
この角度からの蓼科山は初めて
2019年10月26日 10:24撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この角度からの蓼科山は初めて
双子山到着。木々も無く視界が良い
2019年10月26日 10:30撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双子山到着。木々も無く視界が良い
1
双子池(雄池)。湖畔へはリュックを下ろさないと入ってはいけない
2019年10月26日 10:58撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双子池(雄池)。湖畔へはリュックを下ろさないと入ってはいけない
1
双子池(雌池)は登山道が3か所水に浸かっていた。写真は1か所目。右の薄っすらある踏み後で進む
2019年10月26日 11:06撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双子池(雌池)は登山道が3か所水に浸かっていた。写真は1か所目。右の薄っすらある踏み後で進む
2か所目の浸水。浸水箇所の迂回は、少し藪コギがあるが通過できてよかった
2019年10月26日 11:11撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2か所目の浸水。浸水箇所の迂回は、少し藪コギがあるが通過できてよかった
黄金に輝く湖畔。ここで双子池とはお別れ
2019年10月26日 11:19撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄金に輝く湖畔。ここで双子池とはお別れ
1
亀甲池へは苔むす登山道。落ち葉とのコラボが美しい
2019年10月26日 11:30撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
亀甲池へは苔むす登山道。落ち葉とのコラボが美しい
1
亀甲池。問題なく通過できた
2019年10月26日 11:43撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
亀甲池。問題なく通過できた
貴重な赤い紅葉と蓼科山
2019年10月26日 11:56撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
貴重な赤い紅葉と蓼科山
1
天祥寺原からは基本歩きやすい登山道だと思うが、最近の多雨で水との闘いになるも、なんともならない箇所はなく、平和に歩けた
2019年10月26日 12:17撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天祥寺原からは基本歩きやすい登山道だと思うが、最近の多雨で水との闘いになるも、なんともならない箇所はなく、平和に歩けた
車道が見えてきた
2019年10月26日 13:02撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道が見えてきた
女の神展望台から1枚。紅葉に限っていえば本日ここが一番の色付きだったかな・・・
2019年10月26日 13:11撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
女の神展望台から1枚。紅葉に限っていえば本日ここが一番の色付きだったかな・・・
1

感想/記録
by yas11

昨日の雨で登山道の状況が多少心配だったが、双子池へ一度も行ったことがなかったので、紅葉見物も兼ねて蓼科山の周回へ。
登山道の状況は、水溜まりや少し川化しているところもあったが、靴がびしょぬれになることもなく歩けて良かった。双子池の状況もヤマレコの皆様の情報も参考にさせて頂きました。ありがとうございます。
訪問者数:353人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

雲海 紅葉 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ