また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2092265 全員に公開 ハイキング塩見・赤石・聖

晩秋の池口岳、光岳散策

日程 2019年11月02日(土) 〜 2019年11月04日(月)
メンバー
天候土曜日は快晴。夕焼けが最高。
日曜日早朝は小雨が降ったが、その後は晴れていき、午後からは曇る。夜は霜がはらないほどの寒さだった。
月曜日は快晴。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
登山口近くの避難小屋横に駐車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち75%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間17分
休憩
7分
合計
4時間24分
S池口岳登山口12:1013:48クロナギ13:4914:21利検沢の頭14:2114:41ザラナギ14:4215:53ジャンクション15:5416:07池口岳16:1316:34鶏冠山分岐16:3516:38池口岳南峰
2日目
山行
6時間6分
休憩
59分
合計
7時間5分
池口岳南峰06:3106:35鶏冠山分岐06:3506:55池口岳07:0107:09ジャンクション07:1007:31鹿ノ平07:3108:14加加森山08:2008:53諸河内ノ頭08:5410:13光岳10:1510:24県営光岳小屋10:5911:58イザルヶ岳11:5812:12県営光岳小屋12:1212:48百俣沢の頭12:5913:38県営光岳小屋
3日目
山行
5時間10分
休憩
3分
合計
5時間13分
県営光岳小屋06:3606:45光岳06:4607:35諸河内ノ頭07:3608:11加加森山08:1108:45鹿ノ平08:4509:09ジャンクション09:1010:03ザラナギ10:0510:14利検沢の頭10:1510:40クロナギ10:4111:48池口岳登山口11:4911:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山口〜池口岳: 良好で、道標もある程度の間隔である。南峰への道は少し険しさが増す。
池口岳〜光岳: 割りとマークがあり、広い尾根も多く、倒木処理もされてあった。ただ、途中で道が分かりにくくなるところもある。
光岳〜百俣沢ノ頭: 出だしが不明瞭。崖の方ではなく、安全な平らなところを探していく方が良い。その後は、踏み跡は薄いが特に問題なし。
その他周辺情報道の駅遠山郷かぐらの湯利用。食堂もあり。
過去天気図(気象庁) 2019年11月の天気図 [pdf]

写真

池口岳南峰での夕暮れ
2019年11月02日 17:09撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池口岳南峰での夕暮れ
加加森と聖?
2019年11月02日 17:17撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
加加森と聖?
光岳南尾根から
2019年11月03日 12:31撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
光岳南尾根から
朝のテン場
2019年11月04日 06:19撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝のテン場
黒薙下部は紅葉真っ盛り
2019年11月04日 10:49撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒薙下部は紅葉真っ盛り

感想/記録

山深い152号を進みやってきた遠山郷から初めての経路で南アルプスへ。
深南部へのとっかかりが得られた山旅となった。
訪問者数:64人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

紅葉 倒木 テン 道標 ノ頭
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ