また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2101382 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走剱・立山

剱岳(早月尾根〜岩と雪と雲海の殿堂へ)

日程 2019年11月10日(日) [日帰り]
メンバー
天候雨のち快晴!
アクセス
利用交通機関
車・バイク
11月中は馬場島まで車で入れる。
この時期になると駐車場はガラガラ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間34分
休憩
1時間33分
合計
11時間7分
Sスタート地点02:0102:28松尾平02:2903:37早月尾根標高1600m標識04:231920.9m三角点04:2405:10早月小屋05:2406:38標高2600m標識06:4807:45標高2800m標識07:5408:21カニのハサミ08:3408:39剱岳09:0009:03カニのハサミ09:1409:26標高2800m標識09:2910:01標高2600m標識10:57早月小屋11:0711:351920.9m三角点12:04早月尾根標高1600m標識12:47松尾平13:08ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
◆馬場島〜1400m地点
・完全夏道。危険個所なし。

◆1400m地点〜早月小屋
・徐々に雪が増え始めたがノーアイゼンで歩き通した。

◆早月小屋〜剱岳
・早月小屋を出発して2400m地点でアイゼン装着。
・登山道や岩の上にうっすら5cm〜10cmくらい新雪が乗っている状態で不安定だった。
・アイゼン、ピッケルがないと登頂不可能。
・カニのハサミ等鎖は全て出ていた。
・別山尾根分岐直下の鎖場は登りはルンゼを直登、下りは夏道を下った。
・山頂はこの時期にしては珍しく快晴無風だった。
過去天気図(気象庁) 2019年11月の天気図 [pdf]

写真

今日は雪の剱岳へ!
夜中2時スタート。
早速1,400mくらいから雪が出てきた。
2019年11月10日 03:23撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は雪の剱岳へ!
夜中2時スタート。
早速1,400mくらいから雪が出てきた。
4
久しぶりの雪の感触を楽しみながら歩く。
2019年11月10日 03:39撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久しぶりの雪の感触を楽しみながら歩く。
6
池塘は…うっすら凍ってる感じか。
2019年11月10日 04:46撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池塘は…うっすら凍ってる感じか。
5
早月小屋を超えて登っていくと徐々に明るくなってきた。
2019年11月10日 05:55撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早月小屋を超えて登っていくと徐々に明るくなってきた。
10
素晴らしい雲海!
みんなテンションアップ。
2019年11月10日 05:56撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素晴らしい雲海!
みんなテンションアップ。
23
マッタリ休憩したり、写真を撮ったり。
2019年11月10日 05:57撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マッタリ休憩したり、写真を撮ったり。
7
降りたての雪が美しすぎる。
そして雪の毛勝三山も。
2019年11月10日 06:11撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降りたての雪が美しすぎる。
そして雪の毛勝三山も。
28
大日岳を撮るセンセー。
2019年11月10日 06:15撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日岳を撮るセンセー。
20
剱岳ドン!
あの姿こそ岩と雪の殿堂だ!
2019年11月10日 06:15撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱岳ドン!
あの姿こそ岩と雪の殿堂だ!
23
立山川〜室堂乗越。
奥には薬師岳とか天狗山とか国見岳とか。
2019年11月10日 06:15撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山川〜室堂乗越。
奥には薬師岳とか天狗山とか国見岳とか。
15
今日はアイゼンとダブルウィペットで完全雪山装備。
2019年11月10日 06:16撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はアイゼンとダブルウィペットで完全雪山装備。
17
素晴らしき雪剱。
2019年11月10日 06:20撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素晴らしき雪剱。
12
白馬岳と旭岳。
2019年11月10日 06:25撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬岳と旭岳。
16
遥か下方に見える雲海が高度感を強調する。
2019年11月10日 06:28撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遥か下方に見える雲海が高度感を強調する。
16
毛勝に日が当たる。
あぁ今日来てよかったよ。
2019年11月10日 06:32撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
毛勝に日が当たる。
あぁ今日来てよかったよ。
47
だが岩と雪のMIXは歩き辛い。
2019年11月10日 06:39撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だが岩と雪のMIXは歩き辛い。
9
ホームマウンテンの白山。
まだそれほど白くない。
2019年11月10日 06:43撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホームマウンテンの白山。
まだそれほど白くない。
13
雲海のキャンバスに影剱!
2019年11月10日 06:43撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海のキャンバスに影剱!
29
もうちょっと雪が降ってくれた方が歩きやすかったりする。
2019年11月10日 06:45撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうちょっと雪が降ってくれた方が歩きやすかったりする。
7
だが行くしかない!
2019年11月10日 07:16撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だが行くしかない!
12
雲の上を歩いているようだ。
2019年11月10日 07:24撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲の上を歩いているようだ。
33
そして奇跡のブロッケン!
2019年11月10日 07:45撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして奇跡のブロッケン!
45
影剱の先っぽにブロッケンが。
結構長く楽しめた。
2019年11月10日 07:51撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
影剱の先っぽにブロッケンが。
結構長く楽しめた。
27
カニのハサミへ。
2019年11月10日 08:06撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カニのハサミへ。
7
鎖は出ていた。
使えるもんは使う!
2019年11月10日 08:09撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖は出ていた。
使えるもんは使う!
9
雪剱は2800mを超えてからが勝負。
2019年11月10日 08:11撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪剱は2800mを超えてからが勝負。
20
最後の急登は夏道じゃなくて直登ルートでルンゼを詰める。
2019年11月10日 08:22撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の急登は夏道じゃなくて直登ルートでルンゼを詰める。
13
余裕のパク
2019年11月10日 08:26撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
余裕のパク
22
さあもうちょいで別山尾根分岐だ。
2019年11月10日 08:28撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあもうちょいで別山尾根分岐だ。
8
ようやく別山尾根分岐到着。
2019年11月10日 08:32撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく別山尾根分岐到着。
8
鹿島槍バック。
2019年11月10日 08:39撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿島槍バック。
26
白馬も白い!
2019年11月10日 08:39撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬も白い!
23
立山の奥に槍!
パクは昨日登ってきたらしい。
2019年11月10日 08:39撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山の奥に槍!
パクは昨日登ってきたらしい。
25
浄土山の向こうに黒部五郎、笠ヶ岳、御嶽山。
2019年11月10日 08:39撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浄土山の向こうに黒部五郎、笠ヶ岳、御嶽山。
16
珍しく快晴無風だったのでのんびり過ごす。
2019年11月10日 08:44撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
珍しく快晴無風だったのでのんびり過ごす。
11
最近南アルプスLoveのパクが一枚撮ってくれって。
2019年11月10日 08:42撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最近南アルプスLoveのパクが一枚撮ってくれって。
31
さて、下山しますか!
2019年11月10日 09:01撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、下山しますか!
10
下山の方が気を抜けない。
2019年11月10日 09:11撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山の方が気を抜けない。
20
バックステップで慎重に。
2019年11月10日 09:13撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バックステップで慎重に。
11
高度感 その1
2019年11月10日 09:18撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高度感 その1
29
高度感 その2
2019年11月10日 09:24撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高度感 その2
41
さっきまでタップリだった毛勝の雪が一瞬で消えた!
2019年11月10日 09:58撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっきまでタップリだった毛勝の雪が一瞬で消えた!
19
さらば剱
2019年11月10日 10:31撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらば剱
13
早月小屋が見えてきた。
ここまで来れば一安心。
2019年11月10日 10:39撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早月小屋が見えてきた。
ここまで来れば一安心。
13
早月小屋。
今年は誰もテント張っていなかった。
2019年11月10日 10:56撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早月小屋。
今年は誰もテント張っていなかった。
9
あそこから短パンで下ってきたんだ!(嘘つけ)
2019年11月10日 11:00撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あそこから短パンで下ってきたんだ!(嘘つけ)
23
でもここからは本当に短パンだ。
2019年11月10日 11:10撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でもここからは本当に短パンだ。
13
センセー、乗れるかなーってやってみたがドボン!
2019年11月10日 11:22撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
センセー、乗れるかなーってやってみたがドボン!
10
この薄氷じゃ無理っすね
2019年11月10日 11:22撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この薄氷じゃ無理っすね
7
軍艦毛勝。
2019年11月10日 11:43撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
軍艦毛勝。
18
早月尾根には森の巨人が一杯。
2019年11月10日 12:40撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早月尾根には森の巨人が一杯。
14
ここにも巨人。
2019年11月10日 12:41撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにも巨人。
24
馬場島に近づくにつれて秋に逆戻り。
2019年11月10日 12:43撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬場島に近づくにつれて秋に逆戻り。
8
すっかり夏道だ。
2019年11月10日 13:02撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すっかり夏道だ。
6
お疲れさまでした!
2019年11月10日 13:08撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お疲れさまでした!
57

感想/記録

ようやく雪の季節がやってきた。

今年は待てど暮らせど雪の便りがなかったが、北アルプスでは昨日から今日にかけて夜のうちに雪が降るらしい。
ならばやっぱり剱岳でしょう、ということでYSHR先生とパクと3人で早月尾根から剱岳を目指すことにした。
もはや毎年の恒例行事となりつつある。

稜線で雪が降るということは下界は雨。
夜中1時半に馬場島に到着すると既に雨が降っていた。
少し待ってからスタートするか悩んだがYSHR先生と相談して予定通り2時スタートとなった。
フライングなしと言ってたのにセンセーは10分ほどフライングして出ていった。まあ完全に想定内ですけど。

パクとマイペースで準備してカッパのジャケットだけ羽織ってスタート。
それなりに雨は降り続いている…本当に晴れてくれるのか!?
半信半疑の状態でひたすら早月尾根の急登を登っていく。

1時間ほど歩いたところで雨が止んだ。
空を眺めると月も星も出ている…どうやら低い雲を抜けたようだ。
出だしから雨でずぶ濡れになっていたらモチベーションも上がらなかったが何とか濡れずに済んだ。

早月小屋まで登ってきたが全くの無人。
ここ2年同じ時期に来た時はテン泊の登山者がいたが今年は誰もいなかった。

さあルーファイ&ラッセルいくぜ!と気合を入れたものの、雪はそれほど深くなく5cm〜10cm程度で推移していった。
だが中途半端な積雪はとても歩き辛い。
登山道の石は隠れていて見えないし、アイゼンのグリップも効かない。
とはいえアイゼンがなければ岩が滑りまくるという状態。
ガッツリ降ってくれて根雪になってくれていればアイゼンやウィペットを効かせてガンガン登れるが夏道通りに慎重に歩いていくしかなかった。

早月小屋を出て30分ほど歩いたところで周囲が明るくなってきた。
眼下には雲海が広がり剱の稜線やピークもはっきり見えている。
毛勝三山が雲海にプカプカ浮いていて存在感がすごい。
さっきまでの雨はなんだったのか、雲の上はこんなきれいに晴れていたなんて。

みんなテンションマックスで写真を撮りながら高度を上げていく。

ふと後ろを見ると後続の登山者が一人登って来るのが見えた。
このコンディションで単独で剱に来るなんてなかなかモチ高い人だなーと思った。

2800mを超えたらいよいよ核心部。
カニのハサミを超えて直登ルンゼはダブルウィペットとアイゼンを効かせて一気に登り詰めた。

あとは山頂までウィニングラン。
この時期は風が強くて山頂であまりのんびりできる感じではないのだが今日は快晴無風で最高のコンディションだった。
写真を撮ったりエネルギー補給をしていると後続の登山者がやってきたので挨拶して先に下山させてもらう。

登りでも核心となる2800mまでの下りは下山でも核心部となる。
滑落したら池ノ谷まで真っ逆さまなので慎重に降りていく。

早月小屋手前でアイゼンを外したら後はひたすら下山するだけ。
パクは短パンになってすっかり夏山モード。
コケるなよ〜

さっきまで真っ白だった毛勝三山の雪はあっという間に融けて秋山に戻っている。
登山道も1400mより下はすっかり秋山だった。
最後の紅葉を楽しみながら馬場島まで下山。

最高のタイミングで雪剱を楽しむことができてよかった。

これで雪山シーズンスタートだ!
訪問者数:3538人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ